連載:シオニスト『ガス室』謀略の周辺事態 (その54)

ユダヤ教の法師がホロコースト慈善資金を略奪

2001.2.18.mail再録。

 2月16日、金曜日の夜、NHK3チャンネル「地球時間」では、「ホロコーストの大嘘」の上塗りを目的とするアメリカ製の言論詐欺番組「ブルナー・最後のナチス」を放送しました。この種の作品の制作については、ホロコーストを否定はしないユダヤ人の歴史家自身が、「ホロコースト・プログラミング」という言葉を使って、アメリカのユダヤ人が、イスラエル支援を目的として定期的に作ることを認めています。

 私は、NHKの視聴者触れ合いセンターとやらに一応電話をして、立場を名乗り、極右支配のイスラエルの応援をすることになるから、調べ直せと要求しました。

 厳密に見て頂ければ、どこにも、ホロコーストの事実を立証する物的証拠が出てこないことが分かります。思わせぶりの映像と発言だけなのです。ユダヤ人の大量移送は事実ですが、収容所に付属した軍需工場の労働力としての移送であり、現在の偽イスラエルの建国の中心となったユダヤ人の政治的シオニストは、この移送によって形成される集団を建国の人的資源と考えて、積極的に協力したのでした。だからこそ、映像を見れば、立ち合うドイツ兵の姿が非常に少ないのです。拙訳『偽イスラエル政治神話』参照。

 上記の番組の中にさえ、収容所へのユダヤ人移送には、ユダヤ人の大物が協力していたことが出てきます。イスラエル建国という歴史的な狂気の沙汰を目的とする政治的シオニストは、日本の歴史に照らせば、偽の満州国をでっち上げた連中、満州浪人とか、満蒙浪人とか呼ばれた連中と同様の破落戸右翼で、最初からナチと手を結んでいたのです。その事実の一端は、エルサレムで行われたアイヒマン裁判の中でも暴露されています。

 番組には、『マルコポーロ』廃刊事件の引き金を引いた組織が名を冠する破落戸、サイモン・ウィゼンタールも登場しますが、彼は、経歴を様々に偽っています。わがホーム頁参照。彼は、戦争中に、普通の収容者の2倍の食糧を与えられたなどと、ナチ協力の事実を裏打ちする証言さえしているのです。

 そんなことですから、怪しい人脈だらけで、その後にも、怪しい事実が次々に発覚しています。暴露する人々の中には、ユダヤ人もいます。先に送った『ホロコースト産業』という批判本の執筆者は、ユダヤ人の歴史家でした。次の情報は、日本のメディア、特にNHKなどは、絶対に報道しないでしょうから、とりあえず、英文のままで、お届けします。私のホーム頁の友好関係リンクの中の「CODOH」を見ると、この種の新情報が「Newsdesk」に入っています。

Rabbis: We Looted Holocaust Charity

New York Post
| Saturday, February 10, 2001
By DAVID SEIFMAN and DAN MANGAN

Two Brooklyn rabbis - including an adviser to former Mayor Ed Koch - yesterday pleaded guilty to swindling the federal government out of hundreds of thousands of dollars earmarked for Holocaust survivors. Rabbis Jacob Bronner, 51, and Efroim Stein, 55, each agreed to serve 33 months in prison and repay up to $162,500 in restitution.

The Hasidic rabbis - who controlled the not-for-profit charity Project Social Care - remain free on $500,000 bond until their June 8 sentencing. They read details of their crimes in Brooklyn federal court in front of U.S. Magistrate Viktor Pohorelsky, but would not comment afterward. Bronner served for 12 years as unpaid adviser on Jewish affairs to Koch, who appointed him to the city's Human Rights Commission. "I only have nice things to say about him," Koch said yesterday. Brooklyn-based Project Social Care was established in 1994 to provide Holocaust survivors and immigrants with medical, job training, and other services. In 1995, the organization applied for and received a $2.5 million grant from the U.S. Housing and Urban Development department.

The application detailed a program "of support and counseling tailored to meet the needs of elderly Holocaust survivors," helping them "deal directly with the Holocaust experience." The court papers say Bronner and Stein conspired to misspend hundreds of thousands of dollars of the grant in three ways from 1995 to 1996:

* Project Social Care allegedly paid companies for non-existent goods and services, with the bulk of that money then kicked back to the rabbis.

* Funds were paid to an institute and several of Stein's relatives for nonexistent training; most of the institute-earmarked funds then went to a Stein-controlled synagogue.

* Project Social Care paid the Council of Jewish Organizations of Borough Park (COJO) in a subcontracting deal that required the council to kick back money to businesses controlled by Bronner and Stein. Those included United Housing Community Services, B Furniture Company, and CCI Community Consultants. COJO officials were prosecuted in Brooklyn federal court in the late 1990s on charges of swindling the federal government out of funds. Several were convicted. City records show Bronner signed a letter of intent with lobbyist Suri Kasirer on Dec. 29, 1998 to try to win city contracts. But the $3,000-a-month deal apparently was never consummated, since Kasirer reported receiving no payments and said she conducted no lobbying. Kasirer, who is married to Bruce Teitelbaum, Mayor Giuliani's former chief of staff, couldn't be reached last night.

以上で(その54)終り。(その55)に続く。


(その55) ドイツのテレビ局がホロコースト産業批判のドキュメンタリーを中止

「ガス室」謀略
『憎まれ愚痴』63号の目次