連載:シオニスト『ガス室』謀略の周辺事態 (その64)

アラブ女性著述家がホロコーストの嘘暴露/アンマンで5.15.ホロコースト見直し会議

1.
件名 : アラブ女性著述家がホロコーストの嘘暴露

送信日時 : 2001年 4月 24日 火曜日 7:51 AM

 少しばかり、ややこしいのですが、ヨルダン在住のレバノン人の女性の著述家が「ホロコーストは嘘だと人々に暴露すべきだ」と語り、その談話が、レバノンのアラビア語の新聞、『アス・サフィール』(2001.4.20)に掲載されたことが、アメリカの歴史見直し研究所の電網宝庫情報検索により、判明しました。

 記事の見出しは、「ヨルダンにおける"ホロコースト否定"会議に関する論争」です。つまり、レバノンの首都、ベイルートで企画されながらアメリカ国務省まで動員する圧力で中止となった「見直し論とシオニズム」と同主旨の会議を、ヨルダンの首都、アンマンで開こうとする計画があり、そのことが、目下、公開の場での論争の対象になっているのです。

 英語の抄訳からの重訳となりますが、緊急に拙訳を、重要な国際的政治状況に関する事実上の鎖国、日本の皆様に、お届けします。江戸時代なら御法度の抜け荷の重罰覚悟の犯行、いやいや、刺激満点です。英文も添付します。なお、その他の膨大な英文情報も、次の電網宝庫に入っています。以下です。

➡ アメリカの歴史見直し研究所のベイルート「見直し論とシオニズム」会議に関する頁


 アンマンで、ホロコーストを否定する会議の組織者たちの一人、ハヤト・アティエは、「ユダヤ人は、ホロコーストに関してわれわれに嘘を付いてきたから、われわれは、人々に、この嘘を暴露すべきだ」と語った。

 ヨルダン政府は、ヨルダン著述家協会に対して、ベイルートで開く予定だったのと同様の会議を開くべきではないと警告した。この警告は、4月8日、すなわち、ヨルダン王アブドラ2世とアメリカのジョージ・ブッシュ大統領との会見の2日前に発せられた。

 ヨルダンの文化大臣モハメッド・カイードは、昨日(4月19日)、ヨルダン著述家協会はホロコーストを否定する会議を月曜日にアンマンで開く許可を得ていないと語った。彼は、ヨルダン当局が、この会議の開催を許可するのかどうかについての回答を拒否したが、「そのようなことをほじくり返すのには適切な時期ではない」と言いつつ、協会は会議の開催を控えるべきだと語った。

 ハヤト・アティエは、彼女自身はヨルダンに住むレバノン人の著述家だが、「この会議では、シオニズムとナチズムの関係、さらには、ユダヤ人が世界の同情を獲得するために、いかにホロコーストを利用しているか、を討論する」と語った。彼女は、この会議の組織者たちが、先月の31日にベイルートで開かれる予定だった同様の会議の組織者とは、いかなる連絡関係にもないと強調した。


As Safir

April 20, 2001

Dispute Over 'Holocaust Denial' Conference In Jordan

Translation of a portion of a report in As Safir newspaper
(Beirut, Lebanon),
Friday, April 20, 2001

 In Amman, Hayat Atiyeh, one of the organizers of a conference denying the Holocaust, said that "the Jews have lied to us concerning the Holocaust, and we want to expose these lies to the people."

 The Jordanian government had warned the Federation of Writers Unions against holding a conference like the one that was supposed to be held in Beirut. That warning came on April 8, that is, two days before the meeting of Jordanian King Abdullah II with US President George Bush.

 The Jordanian Minister of Culture Mahmoud Kayid said yesterday (April 19) that the Federation of Writers Unions had not obtained a permit to hold a Holocaust denial meeting in Amman on Sunday. He refused to disclose whether the Jordanian authorities would permit the holding of the meeting, but he said that the Federation must refrain from holding it, saying that "the time is not appropriate to dig up such issues."

 Hayat Atiyeh, herself a Lebanese writer who lives in Jordan, said that "the conference will discuss the relationship between Zionism and Nazism, and also how the Jews use the Holocaust to win the sympathy of the world." She stressed the absence of any connection between the organizers of thisconference and the organizers of a similar conference that was supposed to be held in Beirut last March 31.


2.
件名 : アンマンで5.15.ホロコースト見直し会議

送信日時 : 2001年 5月 5日 土曜日 11:51 PM

 先に送った電子手紙(特に重要ではないので省略)に記したように、下記のアメリカ歴史見直し研究所のベイルート「見直し論とシオニズム」会議に関する頁が、しばらく「中身なし」だったのですが、時間の掛かる英語作文の問い合わせをしようかと思いつつ、さぼりつついた間に、本日、訪問したところ回復していました。直接御覧になって下さい。

➡ アメリカの歴史見直し研究所のベイルート「見直し論とシオニズム」会議に関する頁

 いずれ事情は問い合わせますが、本日、以下の新情報が得られました。

 『ハアレツ』は、「偽」イスラエルの大手紙です。このように、シオニスト批判、ホロコースト「利用」批判を含む情報が、裏がえしの形で、「偽」イスラエルの人々にも届いてしまうのは、そこらじゅうにテレヴィ電波が飛び交い、インターネット情報が溢れる状況の中では、かつての「神の国」大日本帝国のような、大本営発表による敗北情報の封鎖が、不可能になってしまった現状の反映です。

 以下の新情報の目玉は、新王、アブドラ二世のブッシュ訪問の都合で開催を見合せたレバノンの首都、アンマンでの同種会議が、今月、5月15日に延期されて開かれる予定だということです。最早、この批判の大波を押し返すことは不可能なのです。

 面白いのは、日本の『マルコポーロ』廃刊事件、『週刊ポスト』謝罪事件で、ノーベル平和賞を狙うレイプ魔、池田大作を頭目に頂く日本のマフィア、創価学会と組んで荒し回った破落戸組織、サイモンズ・ウィゼンタール.センターの生臭坊主、クーパーが、「とても困る」(quite troubling to us)と泣き言を並べ始めたことです。

 おお、世界公認の勝利は近い。

 なお、米軍放送傍受によれば、「ホロコーストの嘘」を政府機関紙で報道し続けているシリアの首相は、「偽」イスラエルの新首相、シャロンを、「殺人が好きで、戦争を煽っている」と公然と批判したそうです。私も日本で、それに応え、「沈黙は共犯なり」の格言に照らせば、ホロコースト狂信者は、「共犯」以上の積極的な大量殺人教唆扇動罪に当ると告発します。ああ、悔い改めよ、救いはないかもしれないが、そこらの阿呆狂信者どもよ!


Haaretz

April 22, 2001

Jordanian writers postpone Holocaust revisionist meeting

The Associated Press

 AMMAN, Jordan - The Jordanian Writers' Federation has postponed a controversial meeting on the Holocaust until May 15, to coincide with the anniversary of Israel's creation in British-mandate Palestine in 1948, the federation's president said Sunday.

 "It would be more appropriate to discuss the Holocaust on that day since it is relevant to the creation of the Zionist entity -- the main theme of the meeting," the president, Fakhri Qawar, told The Associated Press.

 The meeting was to have been held Sunday. Qawar said the delay was an initiative by the federation, not the result of intervention from the government, which had previously said it opposed any such meeting.

 There was no immediate official comment on the delay, the second since April 8. The government had asked the federation to postpone the April 8 meeting because it came two days prior to Jordan's King Abdullah II's first White House audience with U.S. President George W. Bush.

 Rabbi Abraham Cooper, associate dean of the U.S.-based Simon Wiesenthal Center, a Jewish center of research on the Holocaust, sent a letter on April 11 to Jordan's ambassador to Washington, Marwan Muasher, inviting writers' federation members to visit the center and meet Holocaust victims to learn about the tragedy face-to-face. "This recent phenomenon of Holocaust denial in the Muslim and Arab world is, to say the least, quite troubling to us," Cooper said in a telephone interview Thursday from Los Angeles, California.

 Sunday's meeting was to be addressed by prominent Jordanian writers Hayat Atiyah, Arafat Hijazi, Hisham Hudeib and Ibrahim Alloush. Atiyah said the four will address the May 15 meeting. She said her lecture will focus on exploring the historical link between Zionism and Nazism and the Jews using the Holocaust to gain the sympathy of the world, while they are exposing the Arabs and the Palestinians to a similar Holocaust.  


以上で(その64)終り。(その65)に続く。


(その65) アメリカへの同時多発「ゲリラ攻撃」をどう見るか

2001年9月11日「911」事件発生
「glo-series」はこれ以降「911」関連の内容になりました。
911事件謀略説
「ガス室」に関する記述は 関連亜空間通信抜粋

「ガス室」謀略
『憎まれ愚痴』66号の目次