連載:シオニスト『ガス室』謀略の周辺事態 (その56)

待ちに待ったアラブ圏での画期的「歴史見直し論とシオニズム」会議に参加決定

送信日時 : 2001年3月3日 土曜日4:07 PM

件名 : アラブ圏での画期的歴史見直し会議に参加

 苦手な英作文E-mailのやり取りの結果、下記の英文案内のごとく、もちろん、自腹を切ってではありますが、今月末からレバノンの首都ベイルートで開かれる画期的な史上空前の会議、「歴史見直し論とシオニズム」に参加することになりました。アラブ人との議論もさることながら、3年前にパリで会った拙訳『偽イスラエル政治神話』の原著者、ロジェ・ガロディ、7年前にカリフォルニアで会った歴史見直し研究所の編集長、マーク・ウェーバーらとの再会が楽しみです。

 極右支配の偽イスラエル国家の首相に、もっとも極悪の極右、シャロンが、実際には有権者の30%の投票しか得ていないのに就任した現状の下で、むしろ、それだからこそ、私がかねてから主張し続けてきたシオニストとナチの協力関係や「ガス室の嘘」の暴露などの政治的かつ思想的な包囲によって、真実の上にこそ成り立つ真の平和への模索が、熱烈に議論されることになるでしょう。

 なお、本日の午後11時からは、NHK/BS1で「ナチスに協力したユダヤ人」を放映するようです。中身の保証はできせんが、いずれにしても、事実が広く知られるようになることでしょう。(イスラエルの制作で実際の中身は誤魔化しだらけだった!)

『マルコポーロ』廃刊事件、『週刊ポスト』攻撃などでは、恐れてか、無知の為か、世過ぎ身過ぎの為か、私に公然と逆らわないまでも、大方は口を閉ざしたままだった日本の自称文化人とか、自称平和主義者とかは、気の毒ながら、小利口に右顧左眄している間に、完全に国際路線のバスに乗り遅れたのです。

 参加を希望される方は、急いで私に連絡してくれれば、参加者の身元保証が不可欠なのではありますが、私が保証できる方については、やってみますが、いかがでしょうか。

 以上。以下は、案内の英文です。

=====================================
Mark Weber / weber@ihr.org
News from the IHR December 26, 2000
INTERNATIONAL CONFERENCE ON REVISIONISM AND ZIONISM SET FOR BEIRUT

Prominent scholars, researchers and activists will participate in a landmark international conference on "Revisionism and Zionism" in Beirut, Lebanon, March 31-April 3, 2001. The meeting reflects, and will further strengthen, growing cooperation between revisionists in the West and in Muslim countries.

The event is being organized by the Swiss revisionist organization Verite et Justice, in cooperation with the Institute for Historical Review. Conference addresses will be given in Arabic, French and English. Measures have been taken to insure complete security for the event. Verite et Justice director Jurgen Graf, who was sentenced by a Swiss court in July 1998 to 15 months imprisonment for "Holocaust denial," has fled his homeland to live in political exile rather than serve the politically-motivated sentence.

The 49-year-old educator is currently visiting Tehran, Iran, as a guest of scholars. Guests are welcome to attend the Beirut conference, but they must cover their own travel and hotel expenses.

There is no registration charge or attendance fee. United States citizens traveling to Lebanon require a valid US passport and a visa issued by the Lebanese embassy or a Lebanese consulate. Updated information about the Beirut conference is posted on the special "Beirut 2001" section of the IHR web site as it becomes available.

For further information, contact:
Mark Weber,
Institute for Historical Review
E-mail: weber@ihr.org
Web site: http://ihr.org
P.O. Box 2739, Newport Beach, CA 92659, USA
Tel. 949 - 631 1490 Fax: 949 - 631 0981
=====================================

以上で(その56)終り。(その57)に続く。


(その57) 私も参加のベイルート「見直し論とシオニズム」会議に米国務省が妨害の圧力

「ガス室」謀略
『憎まれ愚痴』64号の目次