高校生の原発劇 放映中止 福井ケーブルTV「差別」口実に=伊藤洋子

1 day 13 hours ago
 毎年秋開かれている福井県高校演劇祭では上演された全作品を地元の福井ケーブルテレビが放送してきた。今年の演劇祭はコロナ下のため無観客で開催され、唯一見てもらえる機会は同テレビ局の放送だったが、「差別用語の使用」を理由に県立福井農林高校の劇だけが放送されない事態になった。 農林高の劇は、1948年の福井地震から原発が集中する福井の歴史をたどり未来へと、女子生徒2人の掛け合いで将来への不安と闘うというもの。題名は「明日のハナコ」。 上演した翌日(9月20日)に、同テレビか..
JCJ

元オリンピック選手、Youtubeに飛行機墜落の動画をアップして炎上、FAAの調査対象に

1 day 22 hours ago
元オリンピックスノーボーダーのトレバー・ジェイコブ(Trevor Jacob)氏が、購入したばかりの航空機「Taylorcraft BL64」を操縦中、エンジンが停止し再始動ができなくなり、カリフォルニア州の国有林に墜落した。そしてその様子を撮影した動画をYouTubeに投稿した。しかし、この投稿が自身のYouTubeチャンネルでのアクセス数を増やすために行った意図的な演出ではないかとの指摘が出て炎上している。その結果、アメリカ連邦航空局(FAA)が調査に乗り出す事態となっているという(TheDrive、Trevor Jacob氏の問題の動画、FAA、GIGAZINE)。 あるAnonymous Coward 曰く、オリンピックスノーボーダーのTrevor Jacobは購入したばかりの飛行機Taylorcraft BL64の操縦をしている時、エンジンが止まって再始動ができなくなり、飛行機のノーズを下げパラシュートで脱出する動画を、別のYoutuberがアップロードした。Trevor は動画で、こんなことに備えいつもパラシュートを用意していると述べた。あっという間に再生回数が上がり、コメントが殺到、墜落は演出であり、再生回数稼ぎのためだと非難されている。コメントはOFFにされたものの炎上は続き、動画の不自然さを解説する第三者による動画がアップされている。例えばパラシュートをいつも付けているという話は他の動画で付けており否定されている。他に不自然な点として切断された燃料選択バルブが見えたり、エンジンが停止すると同時に計器を映すのをやめたりしている。

すべて読む | ITセクション | YouTube | IT |

関連ストーリー:
令和納豆が再び炎上か。パス剥奪時の動画が上がる 2020年12月02日
ホロライブ所属のVTuber二人が台湾を国として扱い中国で炎上。事務所の謝罪対応から日台でも炎上 2020年09月29日
YouTuberにおける悪ふざけやおバカチャレンジ、エスカレート 2018年01月09日

nagazou

厚労省の感染者等情報把握・管理支援システム、感染者急増でアクセス集中が発生する事態に

2 days 1 hour ago
厚生労働省は20日、「新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム(HER-SYS)」で入力ができない不具合が同日に発生したと発表した。不具合が生じたのは午後1時半から6時半ごろの期間で、東京都、大阪府、神奈川県などの一部地域からHER-SYSにログインできなかったり、データ入力などができなかったりする不具合が生じていたという。ここ最近のオミクロン株による感染者急増を受け、感染者のデータ入力が増えアクセス集中が起きたのが原因であるとしている。Med IT TechによるとシステムはマイクロソフトのAzure上で構築されていることから、サーバー増強で不具合は解消されたとしている(日経クロステック、Med IT Tech)。

すべて読む | ITセクション | クラウド | 医療 | IT | 政府 |

関連ストーリー:
COVID-19関連のデータベース、6種類のシステムに重複入力させられる運用 2021年07月21日
新型コロナ管理支援システム「HER-SYS」、誤入力などさまざまな問題を抱える 2020年09月30日
COCOAで陽性者が「陽性登録」できない。理由はCOCOA登録用の処理番号が届かないから 2020年08月11日
新型コロナウイルス発生届、手書きFAX廃止にはさまざまな壁 2020年06月16日

nagazou

[B] ”#ミャンマー国軍の資金源を絶て” 6市民団体が国軍系事業体を支える日本企業の資金引き上げを投資家に要請

2 days 2 hours ago
”#ミャンマー国軍の資金源を絶て”がツイッターで拡がっている。このハッシュタグを支える具体的な動きも立ち上がっている。そのひとつ、今年1月18日にはミャンマーの人権団体を含む6つの市民団体が投資家宛に「ミャンマーでビジネスを継続している企業に対して ミャンマー国軍の資金源を確実に断つ措置を」を出した。ティラワ経済特別区(SEZ)開発など国軍の資金源となっている4つの事業について、日本の事業出資者(ENEOS株式会社、住友商事株式会社、丸紅株式会社、三菱商事株式会社)にあてたものだ。(大野和興)
日刊ベリタ