EFF Sues the U.S. State Department over Documents Related to Activist Leila Khaled

5 days 10 hours ago

Over the last few years, technology platforms have repeatedly censored online expression by Palestinians and their allies. In one example of this, technology companies have refused to host speech by Palestinian activist Leila Khaled. Khaled is associated with the Popular Front for the Liberation of Palestine, a group on the State Department’s list of designated terrorist organizations. Since 2020, Zoom, Facebook, YouTube, and Eventbrite have all censored academic events hosted by colleges and universities at which Khaled was invited to appear. 

EFF filed a Freedom of Information Act request for records from the State Department last summer to find out whether the federal government directed technology platforms to censor Khaled’s speech. Six months later, the State Department has still not confirmed whether any such records exist, much less turned records over as required by the Freedom of Information Act. EFF is suing to force the agency to comply with its obligations under FOIA and to learn what role the federal government played in this platform censorship.

 As EFF Legal Director Corynne McSherry wrote in 2020, "Particularly now, when so much intellectual debate depends on Internet communication, we need Internet services willing to let that debate happen. And if those service don’t exist, now would be a good time to create them—and for universities to commit to using them."

You can read the complaint below:

Naomi Gilens

【焦点】五輪選手村訴訟、不当判決と高裁へ 25日に報告集会開く=橋詰雅博 

5 days 12 hours ago
                                     原告団が中心の「晴海・正す会」1月17日号ニュース  東京地裁が昨年12月23日に下した「譲渡価格は適正」という不当判決に対して五輪選手村訴訟の原告団は、25日(水)午後3時から江東区文化センターで判決内容の報告と控訴審に向けた意思統一を図る集会を開く。 この訴訟は、東京・晴海の選手村用地を東京都がデベロッパーに〝投げ売り〟したとして都民32人が小池百合子都知事らに周辺地価との差額約130..
JCJ

DSA: EU Parliament Vote Ensures a Free Internet, But a Final Regulation Must Add Stronger Privacy Protections

5 days 14 hours ago

The European Parliament had an important decision to make this week about the Digital Services Act (DSA). After months of considering amendments, members oscillated between several policy options on how to regulate online platforms, including the dystopian idea of mandating dominant platforms act as internet police, monitoring content on behalf of governments and collecting user information to keep the internet "safe."

European Parliament Got Many Things Right...

In today's vote, the EU Parliament made the right choice. It rejected the idea of a made-in-Europe filternet, and refrained from undermining pillars of the e-Commerce Directive that are crucial to a free and democratic society. Members of Parliament (MEPs) followed the key Internal Market Affairs Committee (IMCO) and opted against upload filters and unreasonable take down obligations, made sure that platforms don't risk liability just for reviewing content, and rejected unworkably tight deadlines to remove potentially illegal content and interfere with private communication. Further analysis is required but, on the whole, the EU Parliament avoided following in the footsteps of prior controversial and sometimes disastrous EU internet rules, such as the EU copyright directive.

Parliamentarians also advocated for greater transparency by platforms, more professional content moderation, and users' rights rather than speech controls and upload filters. In other words, lawmakers focused on how processes should work on online platforms: reporting problematic content, structuring terms of use, and responding to erroneous content removals. If the proposed DSA becomes law, users will better understand how content decisions are made and enjoy a right to reinstatement if platforms make mistakes.

This is the right approach to platform governance regulation. It was a victory for civil society and other voices dedicated to making sure that all users are treated equally, including the Digital Services Act Human Rights Alliance, a group of civil society organizations from around the globe advocating for transparency, accountability, and human rights-centered lawmaking. For example, the Parliament rejected an unworkable and unfair proposal to make some media content unblockable so that publishers could profit under ancillary copyright rules. The Parliament also decided to step up efforts against surveillance capitalism by adopting new rules that would restrict the data-processing practices of big tech companies. Under the new rules, Big Tech will no longer be allowed to engage in targeted advertising if it is based on users' sensitive personal data. A "dark patterns" provision also forbids companies from using misleading tabs and obscuring functions to trick users into doing something they didn't mean to do.

But It Also Got Some Things Wrong

The DSA strengthens the right of users to retain anonymity online and promotes options for users to use and pay for services anonymously wherever reasonable efforts can make this possible. However, the DSA also requires mandatory cell phone registration for pornographic content creators, posing a threat to digital privacy. Also, no further improvements were made to ensure the independence of "trusted" flaggers of content, which can be law enforcement agencies or biased copyright industry associations.

Even worse, non-judicial authorities can order the removal of problematic content and request platforms to hand over sensitive user information without proper fundamental rights safeguards. That recent calls by EFF and its partners to introduce such safeguards haven't found majority support shows that lawmakers are either oblivious to, or unconcerned about, the perils of law enforcement overreach felt acutely by marginalized communities around the globe.

Negotiations: Parliament Must Stand Its Ground

It is clear that the DSA will not solve all challenges users face online, and we have a long way to go if we wish to reign in the power of big tech platforms. However, the EU Parliament's position, if it becomes law, could change the rules of the game for all platforms. During the upcoming negotiations with the European Council, whose positions are remarkably less ambitious than those of the Parliament, we will be working to ensure that Parliament stands its ground and any changes only further protect online expression, innovation, and privacy.

Christoph Schmon

ドイツの連邦地裁、広告ブロックソフトウェアの使用は Web サイトの著作権を侵害しないと判断

5 days 20 hours ago
headless 曰く、Adblock Plus の親会社 eyeo GmbH は 18 日、広告ブロックソフトウェアの使用はWebサイトの著作権を侵害しないとの判断をドイツ・ハンブルクの連邦地裁が示したことを発表した (eyeo のブログ記事 [1]、 [2]、 TorrentFreak の記事)。 この裁判は広告ブロックが違法だと主張するAxel Springerがeyeoを訴えていたものだ。当初Axel Springerは広告ブロックが不当競争行為にあたるとしてeyeoを訴えたが、この主張を否定する判決がドイツ連邦最高裁で2018年に確定している。そのため、Axel Springer側は広告ブロックソフトウェアによるソースコードの改変が著作権侵害にあたるという主張に切り替え、新たな訴訟を提起していた。 これに対し、eyeo側は広告ブロックだけでなく多くのモダンブラウザーが備える追跡防止などのプライバシー機能やWebページの翻訳機能、アクセシビリティー機能なども著作権侵害になってしまうと反論。TorrentFreakによれば、連邦地裁はAdblock Plusが改変するのはブラウザー内で表示するコードのフローのみであり、コード自体は改変していないことから著作権法で定める著作物の「改訂」には当たらないと判断したという。Axel Springer側は判決を不服として控訴する意向を示しているとのことだ。

すべて読む | ITセクション | EU | インターネット | 法廷 | ソフトウェア | YRO | スラッシュバック | 広告 | 著作権 |

関連ストーリー:
米インテリジェンスコミュニティ、不正広告攻撃を防ぐため広告ブロックテクノロジーを導入していた 2021年09月27日
Vivaldi 3.8リリース、cookieダイアログやバナーの非表示化が可能に 2021年05月04日
Google、Chrome拡張機能プラットフォームのManifest V3ロールアウト計画を公式に発表 2020年12月11日
角川アスキー総合研究所、スマホでのコンテンツ視聴時の広告比率調査。転送量の4割は広告 2020年11月09日
Brave、CNAMEクローキングブロック機能追加へ 2020年10月31日
ウェブサイトに広告掲載を予定している気象庁、民間放送に広告ブロックの使用を提案 2020年09月09日
Webブラウザ「Brave」、広告ブロックツールを導入したブラウザを狙ってポップアップ広告を表示して不評を買う 2020年05月26日
マーケティング企業がこっそりと人気VPNアプリや広告ブロックアプリからユーザーデータを収集していたとの指摘 2020年03月14日
ドイツ連邦最高裁、広告ブロックを合法と認める 2018年04月22日

nagazou

伊海軍、元空母現ヘリ揚陸艦「ジュゼッペ・ガリバルディ」をロケット打ち上げプラットフォームに改装へ

5 days 22 hours ago
1985年にイタリア海軍に就役、今年には運用終了を予定していたイタリア海軍のヘリコプター空母「ジュゼッペ・ガリバルディ」が衛星打ち上げロケットのためのプラットフォームへと改装されるという。この計画は「SIMONA」(Italian System for NAve Orbit)と名付けられ、ガリバルディを低軌道(高度約600km)衛星の発射台として使用するために必要な技術条件を検証していくとしている(Difesa Onlin、SMS Engineering[PDF])。 すでにアメリカ、ロシア、中国は同様の曳航式のプラットフォームを用いた衛生打ち上げ能力を所有しているという。昨年のStrategyPageの記事によれば、イタリアは、固体燃料ロケットの打ち上げに対応する斬新な新設計をガリバルディに採用する予定であるという。一部の潜水艦で採用している発射管/サイロを備えた浮遊プラットフォームに類似したものになるだろうとしている(StrategyPage)。

すべて読む | ITセクション | 軍事 | アップグレード | 宇宙 | IT |

関連ストーリー:
H3ロケット不具合修正の目処立たず、打ち上げ再延期へ 2022年01月18日
ジェームズ・ウェブ宇宙望遠鏡、打ち上げ成功 2021年12月26日
Rocket Lab、再使用可能な大型ロケット「Neutron」の詳細を発表 2021年12月05日
NASA の惑星防衛実験ミッション DART、打ち上げ成功 2021年11月26日

nagazou

施錠された郵便受けを勝手に開けて入らない定形外郵便を配達して問題に。埼玉

6 days ago
昨年12月に埼玉県内の郵便局で、配達員が施錠された郵便受けを勝手に開け、定形外郵便を入れていたというトラブルが起きていたという。NHKの情報提供窓口「ニュースポスト」に投稿されたもので、投稿主の女性は3回同じことが続いたとしている。この郵便受けはダイヤルを回し、数字を合わせることで開閉するタイプだったそうだ(NHK)。 NHKがこの件に関して日本郵便に問い合わせたところ、該当地域を担当する配達員が、荷物が郵便受けに入らない大きさだったことから、施錠されていた郵便受けを勝手に開けて入れていたと話しているという。日本郵便は不適切な行為であると認め、各郵便局に対して再発防止を求めたとしている。

すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ | 通信 | ニュース |

関連ストーリー:
普通郵便物などの配達が一日程度遅くなるそうです。来年1月21日から 2021年11月03日
総務省、郵便局が顧客データを企業に販売できるよう法改正へ 2021年10月14日
佐世保郵便局で配達員全員がCOVID-19クラスターに。一部引き受けを停止する事態に 2021年09月13日
日本郵便、氏名の記載なしでも配達する新サービス。NHK受信料徴収など向け 2021年06月08日
日本郵便が10月からサービス変更へ。土曜日配達の休止や速達料金引き下げなど 2021年04月03日
日本郵便が自宅への再配達の電話受付にAIを導入。追跡番号や連絡先の聞き取りを担当 2020年10月29日
郵便配達を土曜日は廃止へ。総務省が改正法案を次の臨時国会に提出方針 2020年10月16日

nagazou