【映画の鏡】保守王国にみる日本の縮図 『裸のムラ』 変化に対応しない構造に迫る=鈴木賀津彦

23 hours 46 minutes ago
                                 石川テレビ放送   なぜ日本がこんなにも「後進国」になってしまったのか、その理由を保守王国、石川県の現実を直視することで解き明かしてくれる。 7期28年の谷本正憲知事(75)に代わり今春の選挙で当選したのは、谷本の選対本部長を務めていた元文科相の馳浩。新知事に花束を渡すのが女性の役割? そんな場面を強調して男社会の「ムラ」の滑稽さを捉える。当選直後に谷本は県公立大学法..
JCJ

【月刊マスコミ評・新聞】政府言い分に疑問を挟まなぬ不快感=白垣詔男

1 day 23 hours ago
  岸田文雄首相が出席して9月8日、国会閉会中審査があった。しかし、岸田の答弁には、国民を納得させるものはほとんどなかった。 翌9日の朝刊全国紙は社説で、岸田の国会説明と国葬問題を取り上げた。「疑念の核心に答えていない」(毎日)、「首相の説明 納得に遠く」(朝日)と見出しを見てもこの2紙は「このままでは国葬反対」の姿勢が見て取れた。しかし、「政府広報」と言われる読売は「追悼の場を静かに迎えたい」、同じく産経「安倍氏を堂々と送りたい」と、岸田答弁への疑問はほとんどないかの..
JCJ

【今週の風考計】10.2─ああ、年金生活者に強いる‶悲惨な老後″

2 days 23 hours ago
イチジクを巡って■自宅の朝食には、健康に気を使ってサラダがよく添えられる。先日、ベビーリーフやトマト、梨に交じって、一口大に切ったイチジクを口にした。やわらかい果肉の甘みが口いっぱいに広がった。 ふっくらと丸みを帯び、濃い紫色した不老長寿の果物イチジク。昔は庭や道に伸びた樹から、葉の下に熟れて尻が割れたイチジクをもぎ取り、皮をむいてカブリついたものだ。 またイチジクの葉や茎を切ると、その切り口から牛乳のような白い汁が出る。それをイボに塗ると、とても効き目があった。■今は、とん..
JCJ

【おすすめ本】石田耕一郎『台湾がめざす民主主義 強権中国への対立軸』─「異なる立場の人の心情を理解する努力」が鍵=長岡義博(ニュ ーズウィーク日本版編集長)

3 days 23 hours ago
 台湾ほど複雑な「国」はない。事実上の独立国なのに、国際社会では国家として扱われない。これほど平和的な国民も珍しいのに、米中という対立軸の最前線で、戦争の危機にさらされている。 台湾を見る世界の目もまた込み入っている。日本の保守派は反共産党の盟友として熱い視線を送り、リベラル派は女性議員クオータ制や同性婚の容認という先進性に、日本の後進ぶりを重ねる。 著者は現在、朝日新聞台北支局長として、米中対立の狭間にある台湾を取材している。新聞記者の本らしく、本書は台湾の生の声がよく伝わ..
JCJ

【焦点】五輪選手村訴訟原告団、総会開く、92%減額を控訴審で訴える=橋詰雅博

4 days 23 hours ago
                                 五輪選手村用地を破格の安値で売却したのは違法だとして、周辺価格との差額約1200億円を小池百合子都知事らに請求するよう都に求める訴訟を起こした晴海選手村投げ売りを正す会は、9月27日に豊洲で第5回総会=写真上=を開いた。 一審で敗訴した原告団は、「不当判決」と昨年12月に控訴した。総会は10月11日(火)午後1時40分に東京高裁101号法廷で開かれる第1回控訴審に向け意思統一を図るのが目的だった。 裁判の最大の..
JCJ

【事件】「いじめ凍死」再調査へ 旭川市 政治力に揺らぐ客観性=山田寿彦

5 days 23 hours ago
北海道旭川市で昨年3月、中学2年生の廣瀬爽(さ)彩(あや)さん(当時14歳)が凍死体で見つかり、背景にいじめが指摘された問題で、いじめの実態などを調査していた市教委の第三者委員会は12日、最終報告書案を市教委に提出した。遺族側は報告内容に納得しておらず、市長直属の新たな第三者委..
JCJ

【おすすめ本】島田雅彦―『パンとサーカス』テロ、暗殺、爆弾、世直し 明日への夢を描き出す政治小説=鈴木耕(編集者)

1 week ago
著者が帯に「私の暴走 にどうかお付き合い下さ い」と書いているくらい だから、その暴走ぶりは ハンパじゃない。なにし ろ「主な登場人物」のペ ージを見るだけで胸が躍 るほど、多彩な人物が登 場する。主人公は2人、 広域暴力団組長の息子と、 その幼な友達の東大出の 秀才でCIAエージェン ト。彼らは高校時代に2 人きりの秘密結社「コン トラ・ムンディ」を結成 する。この設定がすでに ぶっ飛んでいるが、そこ に聖なる娼婦、伝説のホ ームレス詩人、老右翼の 超大物フィク..
JCJ

【お知らせ】JCJ「夏のジャーナリスト講座」開く

1 week 1 day ago
JCJは7月16日から7回シリーズで学生向けに「夏のジャーナリスト講座」を開いている。最初の3回分をまとめた。米軍基地は生活の場と隣り合わせ▼明真南斗・琉球新報記者(7月16日) 沖縄には31の米軍専用施設があり、総面積では県内の8%を占め、生活の場と隣り合わせだ。沖縄に7割が集中する米軍基地は日本の安全保障を語る以前に、身近な暮らしの問題である。宜野湾市にある普天間飛行場そばの普天間第二小で体育の授業中、米軍ヘリの窓が落下し、奇跡的に被害はなかった。学校の抗議に対し..
JCJ

【今週の風考計】9.25─徹底捜査で<五輪汚職>の全貌を明らかにせよ!

1 week 2 days ago
出てくるわ、出てくるわ●<五輪汚職>は、底なしの泥沼に陥った。かわいい大会マスコットのぬいぐるみ「ミライトワ」「ソメイティ」にまで疑惑が波及し、東京地検は捜査に入った。ぬいぐるみ製造・販売会社「サン・アロー」が、組織委元理事・高橋治之容疑者(元電通専務)に800万円を提供した疑惑を解明するためである。●高橋容疑者はAOKI側から5100万円、KADOKAWA側からも約7600万円の受託収賄容疑で逮捕されている。さらに広告代理店・大広が絡む疑惑も深刻だ。大広は電通を補助する「販..
JCJ

【おすすめ本】徳田靖之『感染症と差別』―患者は危険で迷惑な存在か 差別を自分事として直視する=藤森 研(JCJ代表委員)

1 week 3 days ago
 感染症の患者を、社会は往々にして危険で迷惑な存在として差別・排除する。しかし感染者は、最善の治療が必要な、社会が挙げて守るべき存在ではなか。  それがハンセン病国賠訴訟や薬害エイズ訴訟で感染者側代理人となった筆者の信念だ。何故そう考えるに至ったのか、差別はどのように起こるのか、克服の道は何か。実践的に「感染者差別」を考える書だ。  ハンセン病差別は、戦前は「国辱」論、「民族浄化」論、戦後は「公共の福 祉」論で正当化された。差別に関わったのは、隔離を推進した国だけではない。医..
JCJ

【フォトアングル】「国葬反対」のプラカードを掲げる女性たち=酒井憲太郎

1 week 4 days ago
                              参議院選挙後初の臨時国会は8月3日から3日の会期で開かれた。山積みしている課題にこたえない政府与党。国会前では国葬をさせない女たちの会主催のアクションが3日連続で繰り広げられた。雨にも負けず、座り込み、トーク、エイサーとシュプレヒコール。「国葬やめろ」「国葬させない」「森カケ桜は終わりにしない」と安倍元首相の国葬に反対する声が響いた。=4日、衆議院第2議員会館前で、酒井憲太郎撮影 JCJ月刊機関紙「ジャーナリスト..
JCJ

【経済】報道は景気を左右する 物価高の不安煽る恐れ 事実の選択は適切か点検を=志田義寧

1 week 5 days ago
 物価高に関するニュースが連日、メディアを賑わせている。帝国データバンクの食品主要105社に対する調査によると、食料品の値上げは10月に今年最多の6000品目超が予定されており、すでに実施されたものも含めると今年2万品目に迫る勢いになっている。メディアが騒ぐのも無理はない。ただ、単に不安を煽るだけなら報道の役割を果たしているとは言えない。日本の消費者物価指数(CPI)の上昇率は前年比でまだ2%を超えた程度で、9%の米国とは明らかに状況が異なる。またCPI対象品目のうち、上昇は..
JCJ

【映画の鏡】経済成長で変わる農村の姿『出稼ぎの時代から』地方の在り方 根本から問う=鈴木賀津彦

2 weeks ago
             「飯場で暮らす。枕元には長靴。」   山形県白鷹町教育委員会の倉庫から見つかった50年余り前のスライド作品「出稼ぎ」。スライドと台本、オープンリールの録音テープ。高度成長期の1966年冬から翌年春に出稼ぎに行った二十歳の青年が、働いた川崎市北部の団地造成現場や飯場の暮らしをカメラに収め、撮りためた写真で構成した作品を置賜地区視聴覚作品コンクールに出品したものだ。 1960年代に年間約2000人が出稼ぎしていたという白鷹町。作品発見をきっかけに、出稼ぎ..
JCJ

【おすすめ本】布施祐仁『日米同盟・最後のリスク なぜ米軍のミサイルが日本に配備されるのか』─対中ミサイル網が誘発する危機=吉田敏浩(ジャーナリスト)

2 weeks 1 day ago
 台湾をめぐり米中対立が緊張の度を増すなか、日本政府は対米追随で日米同盟強化の一点張り。だが、それは台湾有事への米軍の軍事介入と連動して、日本が戦火にさらされ、最悪の場合、核戦争の戦場とも化す巨大なリスクを孕んでいる。 著者は情報公開制度を駆使して外務省内部文書を分析し、安全保障専門家にも取材、かつ自衛隊ミサイル部隊が置かれた奄美・沖縄を踏査した結果、警鐘を鳴らす。 著者が強調するのは、水面下で進む米軍の新型中距離ミサイルの日本配備計画の危険性である。中国を睨んで配備..
JCJ

【今週の風考計】9.18─国連が日本の精神医療などへ90に及ぶ勧告!

2 weeks 2 days ago
障害当事者の切実な声◆国連の「障害者権利条約」を推進する委員会から、日本政府に対し精神科への強制入院を認める法律の廃止など、90項目にわたる改善勧告が出された。 「障害者権利条約」とは2006年に国連が採択し2014年に日本も批准した国際条約である。多くの障害当事者が「私たち抜きに私たちのことを決めないで!」をスローガンに、条約策定に関わってきた。◆今回の勧告に際しても、日本から100人もの障害当事者がジュネーブへ渡航し、権利委員会の委員に日本の現状について訴えた。日本政府に..
JCJ

【出版界の動き】五輪汚職と統一教会そして出版社=出版部会

2 weeks 3 days ago
●22年7月の出版物販売金額745億円(前年比9.1%減)、書籍397億円(同6.9%減)、雑誌348億円(同11.5%減)。月刊誌284億円(同13.4%減)、週刊誌63億円(同2.4%減)。返品率は書籍41.8%、雑誌43.8%、月刊誌44.1%、週刊誌は42.7%。●CCCの売上高1819億円(前年2982億円)、経常利益81億円(前年42億円)。連結決算による経常利益とはいえ、この驚異的な収益率は、どこからきているのか。紀伊國屋書店が売上高978億円に対し、経常利益1..
JCJ

【お知らせ】第65回JCJ賞贈賞式・記念講演 9月24日(土)午後1時から5時まで 会場・東京の全水道会館・4階大会議室からオンライン配信<br />記念講演「何のために報じるのか」講師:上西充子・法政大学キャリアデザイン学部教授

2 weeks 5 days ago
 「何のために報じるのか」。ジャーナリストの皆さんはこの問いに何と答えるでしょうか――。法政大の上西充子教授は根源的な問題を提起する。 「『知る権利』に応えるため」? けれど、「知る」ことの先に何を想定しているでしょうか。それとも、「事実を伝えるため」? とはいえ、伝える事実も選択されています。あるいは、「権力監視のため」? けれども、権力監視はジャーナリストだけが独占的に担うものではありません。国民も権力監視を行います。そのために必要な情報を報道は伝えているのか。 以上のよ..
JCJ
Checked
1 hour 26 minutes ago
日本ジャーナリスト会議(JCJ)のブログです。
Subscribe to 日本ジャーナリストクラブ(JCJ) feed