Windows 10 21H1は小規模なアップデートとなり、21H2が大規模なアップデートになるという報道

1 day 13 hours ago
Windows CentralのZac Bowden氏が情報提供者からの話として、2021年のWindows 10は春(21H1)が小規模なアップデートとなり、UI刷新などを含む大規模なアップデートは秋(21H2)に提供されると報じている(Windows Centralの記事、 Softpediaの記事)。 当初のWindows 10は数か月ごとの機能アップデート提供が計画されており、2015年にはRTMに続いてバージョン1511(コードネーム: Threshold 2)がリリースされた。2016年はバージョン1607(Anniversary Update)だけで終わったが、2017年からは年に2回の機能アップデートが提供されている。ただし、2019年と2020年はそれぞれ2回の機能アップデートが同じサービシングコンテンツを共有し、秋の機能アップデート(バージョン1909と20H2)はイネーブルメントパッケージを実行して新機能を有効化する小規模なアップデートになっている。 Bowden氏の情報提供者によれば、21H1も同様の小規模アップデートになるとのことで、これが正しければ今後のバージョン2004/20H2の更新プログラムには21H1の新機能が無効化された状態で含まれることになる。

すべて読む | ITセクション | アップグレード | Windows | デベロッパー |

関連ストーリー:
Windows 10のUI、来年秋のバージョン21H2で大幅な変更か。Windows 10Xの機能を反映など 2020年11月02日
Windows 10 October 2020 Updateリリース 2020年10月23日
Windows 10 Insider Preview、初の20H2ビルドが登場 2020年06月20日
Microsoft、今後のWindows 10機能アップデートで19H2と同様にダウンロードサイズを縮小するかどうかは未定 2019年11月27日
Windows 10 November 2019 Update、オプションの更新プログラムとして一般提供開始 2019年11月16日
Windows Serverの新リリースモデル「Semi-annual Channel」が発表される 2017年06月20日
Microsoft、2017年にはWindows 10の機能アップグレードを2回提供する計画 2016年08月07日
Windows 10初のメジャーアップデート、一般向けに提供開始 2015年11月14日
Windows 10一般リリース、アップグレードエラーの発生も報告される 2015年07月30日
Windows 10がWindowsの最後のバージョンになる? 2015年05月09日

headless

【今週の風考計】11.29─「釣りキチ三平」など画業50年の矢口高雄さんを偲ぶ

1 day 15 hours ago
◆漫画「釣りキチ三平」を始め数多くの名作を手掛け、11月20日、すい臓がんで81年の生涯を閉じた矢口高雄さん。心からご冥福をお祈りします。 思えば筆者が矢口高雄さんと出会ったのは、今から27年前になるだろうか。『ボクの学校は山と川』(白水社)を文庫に収めたくて、東京目黒区自由が丘のご自宅をお訪ねし、2階の仕事場で懸命に矢口さんを口説いたときを思い出す。◆その後、矢口さんや白水社の承諾を得て、実際に文庫化する作業に入り、打ち合わせを重ねていくうちに、文字だけでは飽き足らなくなっ..
JCJ