Google曰く、サードパーティcookieに代わるユーザー追跡の仕組みは開発しないが、個別のユーザー追跡なしに関連性の高い広告を表示する仕組みを開発する

2 days 5 hours ago
Googleは3日、Chromeでサードパーティcookieを廃止しても、それに代わるユーザー追跡の仕組みを作ることはないと明言した(Google Ads & Commerce Blogの記事、 The Vergeの記事、 SlashGearの記事、 Ghacksの記事)。 サードパーティcookieによるユーザー追跡はプライバシーの観点から問題になっており、Webブラウザーではデフォルトでブロックする動きが広がっているが、長らくGoogleは慎重姿勢を示していた。Googleはサードパーティcookieをブロックした場合の弊害として、より不透明な追跡手法が使われてユーザーのプライバシーが逆に低下する点や、広告の表示による無料コンテンツ公開の仕組みが損なわれる点などを挙げ、2019年には広告主が取得できるユーザー情報を制限しつつ関連性の高い広告を表示可能にするオープン標準「Privacy Sandbox」を提唱している。 しかし、昨年1月にChromeでサードパーティcookieを廃止する計画を発表して以降、それに代わる新たなユーザー追跡の仕組みを開発するのではないかと繰り返し尋ねられてきたそうだ。そのため、サードパーティcookieに代わるユーザー追跡技術に関しては、開発する計画も製品で使用する計画もないことを明確化する一方で、個別のユーザーを追跡しなくても関連性の高い広告を表示できる技術の開発に注力することも明確化している。たとえば、共通の興味を持つユーザーを大きなグループに分けることで関連性の高い広告を表示しつつ、個別のユーザーを群衆の中に隠すことが可能なFLoC(Federated Learning of Cohorts)のテストでは、サードパーティcookieを十分置き換え可能という結果が出ているとのことだ。

すべて読む | ITセクション | Chrome | Google | YRO | 広告 | プライバシ |

関連ストーリー:
Firefox 86リリース、クロスサイトcookieによる追跡からの保護を強化する「Total Cookie Protection」が利用可能に 2021年02月27日
Firefox 85リリース、メジャーブラウザーの大半でFlashサポートが削除される 2021年01月29日
英競争・市場庁、Googleの提唱する「Privacy Sandbox」が競争を阻害しないか調査を開始 2021年01月10日
フランスのデータ保護当局、cookie保存などについてAmazonに3,500万ユーロ、Googleに1億ユーロの制裁金 2020年12月13日
Google、Chrome拡張機能プラットフォームのManifest V3ロールアウト計画を公式に発表 2020年12月11日
Chromeウェブストア、拡張機能がユーザーから収集するデータに関する情報の表示を1月に開始 2020年11月22日
Google ChromeのSameSite cookie強制、7月に再開へ 2020年05月31日
Google Chrome、SameSite cookie強制を一時的に中止 2020年04月07日
Safari、すべてのサードパーティCookieをブロックへ 2020年03月25日
Google、ChromeでUser Agent文字列を凍結する計画 2020年01月17日
Firefox 69.0リリース、「サードパーティのトラッカーCookie」のブロッキングが全ユーザーのデフォルトで有効に 2019年09月07日
Google、Webユーザーのプライバシーを強化しつつ関連性の高い広告を表示可能なオープン標準の開発を提唱 2019年08月28日
WebKit、サードパーティーによるユーザー追跡を禁じる新ポリシーを発表 2019年08月20日
Chrome 76ではWebサイトによるシークレットモード検出が困難に 2019年07月21日
Firefox、サードパーティのトラッカーCookieをデフォルトでブロックへ 2019年06月07日
ログリー、「Cookieを使用せずにユーザー属性を推定する技術」の特許を取得 2019年05月14日

headless

Brave、プライバシーを重視する独自サーチエンジンを提供する計画

2 days 7 hours ago
Braveは3日、オープンサーチエンジン「Tailcat」の買収を発表した(Braveのブログ記事、 The Registerの記事、 SlashGearの記事、 Ghacksの記事)。 Tailcatは昨年サービスを終了したプライバシー重視のサーチエンジンCliqzの元開発者によるサーチエンジンで、Braveではこれを基礎として独自サーチエンジン「Brave Search」を開発する計画だ。Tailcatは完全に独立したインデックスを用い、ユーザーのプライバシーを損なうことなく高品質な検索結果を提供するという。これにより、Brave Searchはユーザーを追跡しないプライベートなサーチエンジンとなり、匿名化されたコミュニティからの貢献により改善を進めていく。広告の表示される無料版のWeb検索だけでなく、広告なしの有料版を提供する計画もあるそうだ。 なお、CliqzはMozillaが2017年にドイツでFirefoxユーザーの一部を対象に無断で拡張機能を同梱する実験を行って問題になったあのCliqzだ。

すべて読む | ITセクション | YRO | 広告 | インターネット | プライバシ |

関連ストーリー:
BraveのTorモード、.onion URLに対して通常のDNSクエリを実行するバグ 2021年02月23日
Brave 1.19、分散型WebプロトコルIPFSをネイティブサポート 2021年01月24日
Brave、プライバシーに配慮したニュースリーダーを新規タブページに追加 2020年12月13日
Brave、1年間で月間アクティブユーザー数が倍以上に増加 2020年11月07日
Brave、CNAMEクローキングブロック機能追加へ 2020年10月31日
Braveブラウザー、検索ボックスの入力補完候補にアフィリエイトコード入りURLを提示して批判される 2020年06月11日
Webブラウザ「Brave」、広告ブロックツールを導入したブラウザを狙ってポップアップ広告を表示して不評を買う 2020年05月26日
Braveブラウザー製品版、バージョン1.0に到達 2019年11月17日
ChromiumベースのMicrosoft Edgeベータ版、初回起動時に130回以上のネットワークリクエストを送る 2019年09月01日
Chrome派生のBraveブラウザ、Chromeの広告ブロック仕様変更に反対し独自に高速なAPIを実装 2019年07月04日
Mozilla、ドイツのユーザー向けに無許可でアクティビティ記録ツール入りのFirefoxを配布 2017年10月12日

headless

[B] ミャンマーの人々を軍事クーデターから守って下さい! 東京外大ビルマ語学生有志が署名を呼びかけ

2 days 15 hours ago
東京外国語大学でビルマ語を専攻する学生有志が、「ミャンマーの人々をクーデターから守って下さい!」と署名への参加を呼びかけている。署名は外務省と賛同してくれる国会議員に提出し、日本政府に適切な対応を要求するという。署名はオンラインで、下のURL からできる。http://chng.it/4tptbX86q6
日刊ベリタ

[B] ミャンマーの名もなき英雄たち「恐怖からの自由」を武器に非暴力で軍の銃口に立ち向かう

2 days 16 hours ago
クーデターに抗議するミャンマーの民主化デモに対する治安部隊の武力弾圧は、日を追って残虐化し、犠牲者の数は増えつづけている。軍政機関に拘束されて姿を消す市民も後を絶たない。デモ参加者で、本サイトでインタビューを紹介した最大都市ヤンゴンの若い男性のその後も気がかりだ。ファッション会社のマーケティングマネージャーの彼、通称ジャックさんと、彼らが解放をもとめるアウンサンスーチーさんの声に耳を傾けながら、人びとはなぜあくまで素手で軍の銃口に立ち向かうのか、私たち海外の人びとに何をうったえようとしているのかを理解したい。(永井浩)
日刊ベリタ

Why You Can’t Sue Your Broadband Monopoly

2 days 18 hours ago

EFF Legal Fellow Josh Srago co-wrote this blog post

The relationship between the federal judiciary and the executive agencies is a complex one. While Congress makes the laws, they can grant the agencies rulemaking authority to interpret the law. So long as the agency’s interpretation of any ambiguous language in the statute is reasonable, the courts will defer to the judgment of the agency.

For broadband access, the courts have deferred to the Federal Communications Commission’s (FCC’s) judgment on the proper classification of broadband services twice in the last several years. In 2015, the Court deferred to the FCC when it classified broadband as Title II in the Open Internet Order. In 2017, it deferred again when broadband internet was reclassified as Title I in the Restoring Internet Freedom Order. A Title II service is subject to strict FCC oversight, rules, and regulations, but a Title I service is not.

Classification of services isn’t the only place where the courts defer to the FCC’s authority. Two Supreme Court decisions – Verizon Communications, Inc. v. Law Offices of Curtis V. Trinko, LLP, and Credit Suisse Securities (USA) LLC v. Billing – have established the precedent that if an industry is overseen by an expert regulatory agency (such as broadband being overseen by the FCC) then the courts will defer to the agency’s judgment on competition policy because the agency has the particular and specific knowledge to make the best determination.

In other words, civil antitrust law has to overcome multiple barriers in applying to broadband providers, potentially denying it as a remedy for monopolization for consumers. EFF's conducted an in-depth analysis on this issue. For a summary, read on.

The Judicial Deference Circle and How It Blocks Antitrust Enforcement Over Broadband

What this creates is circular deferential reasoning. The FCC has the authority to determine whether or not broadband will be subject to strict oversight or subject to no oversight and the courts will defer to the FCC’s determination. If the service is subject to strict rules and regulations, then the FCC has the power to take action if a provider acts in an anti-competitive way. Courts will defer to the FCC’s enforcement powers to ensure that the market is regulated as it sees fit.

However, if the FCC determines that the service should not be subject to the strict rules and regulations of Title II and a monopoly broadband provider acts in an anticompetitive way, the courts will still defer to the FCC’s determination as to whether the bad actor is doing something they should not. If the courts did otherwise, then their determination would be in direct conflict with the regulatory regime established by the FCC to ensure that the market is regulated as it sees fit.

What this means is that individuals and municipalities are left without a legal pathway when a broadband service provider abuses its monopoly powers under our antitrust laws. A complaint can be filed with the FCC regarding the behavior, but how that complaint is handled is subject to the FCC’s decisions, not on whether the conduct is anti-competitive.

A Better Broadband World Under Robust Antitrust Enforcement

The best path forward to resolve this is for Congress to pass legislation that overturns Trinko and Credit Suisse, ensuring that people, or representatives of people such as local governments, can protect their interests and aren’t being taken advantage of by incumbent monopoly broadband providers. But what will that world look like? EFF analyzed that question and theorized how things could improve for consumers. You can read our memo here. As Congress debates reforming antitrust laws with a focus on Big Tech, there are a lot of downstream positive impacts that can stem from such reforms, namely in giving people the ability to sue their broadband monopolist and use the courts to bring in competition.

Ernesto Falcon