PC上でモバイルアプリ、何か使いたい?いらない?

1 day 4 hours ago
MicrosoftがWindows上でAndroidアプリを実行可能にするプロジェクトをまた進めているそうだ(Windows Centralの記事[1]、 [2]、 On MSFTの記事、 Softpediaの記事)。 Microsoftは2015年、Windowsストア(現Microsoftストア)アプリを増やすための方策として、4つのWindows BridgeプロジェクトをBuild 2015で発表した。その一つがAndroidアプリのAPKファイルをAppXパッケージに変換してWindows 10 Mobileで動作させるWindows Bridge for Android(Project Astoria)であり、2015年夏ごろにはWindows 10 Mobile Insider Previewにランタイムが搭載されてAPKが直接インストール可能になっていたものの計画は予定通り進まず、その後ランタイムも削除された。2016年1月にはWindows 10 Insider Previewで用途不明なLinuxサブシステム関連ファイルが見つかり、Project Astoriaは終わっていないのではないかと話題になったが、同年2月にはプロジェクトの中止が発表されている。 Microsoftが新たに進めているプロジェクトは「Latte」というコードネームで呼ばれているという。Project Latteの基本的な考えはProject Astoriaと同様で、Androidアプリをわずかなコード変更またはコード変更なしにMSIXパッケージに変換してWindows 10で実行可能にするというものだ。Androidアプリを実行するため、MicrosoftはAndroidサブシステムを提供する必要があるほか、Google Play開発者サービスに依存するアプリを実行可能にするには代替のAPIを提供する必要もある。AndroidサブシステムはWindows Subsystem for Linux(WSL)ベースになるとみられている。 Windows 10では「スマホ同期」アプリを通じてAndroidデバイス上のアプリを表示して操作できるが、対応はSamsung製の一部のモデルに限られる。もしもProject Latteが実現するなら、早ければ来年にも利用可能になるという。M1チップ搭載MacではiPhone/iOSアプリを直接実行可能になっているが、スラドの皆さんはPC上で使いたいモバイル向けアプリがあるだろうか。それとも必要ないだろうか。

すべて読む | ITセクション | モバイル | ソフトウェア | Java | Windows | デベロッパー | Android | スラドに聞け! |

関連ストーリー:
デスクトップアプリをUWPアプリに変換するツール、Microsoftストアで入手可能に 2016年09月18日
Microsoft、Windows Bridge for Androidの開発中止を発表 2016年02月29日
Windows 10 Insider Previewビルド14251で用途不明なLinuxサブシステム関連ファイルが見つかる 2016年02月06日
スティーブ・バルマー曰く、Windowsスマートフォンの成功にはAndroidアプリが必要 2015年12月08日
Windows Bridge for Android、計画通りに進まず 2015年11月22日
Microsoft、Windows Bridge for iOSを公開 2015年08月12日
MicrosoftがWindows/Windows Phone上でAndroidアプリを実行可能にする計画と報じられる 2014年02月16日
Androidアプリを実行可能なWindows 8.1パソコン、複数のPCメーカーがCESに出品予定 2013年12月29日
MS、Android端末に「第2のOS」としてWindows PhoneをインストールするようHTCと交渉中 2013年10月08日
Android上でWindowsアプリを動かす「Wine on Androidプロジェクト」 2013年02月07日
AndroidをWindows上で実行させる「WindowsAndroid」 2013年01月29日

headless

Canon USA、7月から8月に不正アクセスを受けて従業員の個人情報が流出

1 day 7 hours ago
Canon USAは11月25日、7月下旬から8月上旬にかけて同社のネットワークに不正アクセスがあり、従業員に関するデータが流出していたことを明らかにした(Canon USAの発表、 Softpediaの記事)。 Canon USAでは8月4日にランサムウェア攻撃を確認し、対策を行うとともに調査を進めていたそうだ。同社ネットワークでは7月20日から8月6日の間に不正な活動が確認されており、この間にファイルサーバー上のファイルへの不正なアクセスが行われていたという。ファイルサーバーの調査は11月2日に完了し、2005年~2020年にCanon USAまたは特定の子会社・前身会社・関連会社に勤務していた従業員(現・元)および、その受取人や扶養家族に関する情報を含むファイルへのアクセスが判明したとのこと。 ファイルには個人の名前および、その人の社会保障番号・運転免許証番号・政府発行の身分証明書番号・振込先金融機関の口座番号・電子署名・生年月日のうち少なくとも1つ以上のデータが含まれていたという。Canon USAでは影響を受けた人に謝罪するとともに、Experianの信用情報保護サービスIdentityWorksのメンバーシップ12か月分を無償提供すると述べている。

すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ | スラッシュバック | 情報漏洩 | プライバシ |

関連ストーリー:
Spotifyでアカウントデータが流出。30~35万人規模 2020年11月26日
チケット販売プラットフォーム「Peatix」に不正アクセス、最大677万件の個人情報が漏洩 2020年11月20日
フィリピン保健庁運営の医療従業者向けコロナアプリ、APIのURL直打ちで個人情報が見れる状態に 2020年11月16日
Mashable、ユーザーデータ流出に関する調査結果を報告 2020年11月10日
キヤノンUSAがサイバー攻撃を受け米国でのサービスに影響。一部ソフトウェア入手に問題も 2020年08月13日
キヤノンの写真クラウド「image.canon」、保存データの一部が消失 2020年08月07日
キヤノンのデジタルカメラにランサムウェア攻撃が可能な脆弱性 2019年08月15日

headless

知的財産侵害市場に関する米通商代表部の意見募集が米国外市場に限定されなくなったことにFacebookなどが反論

1 day 9 hours ago
米通商代表部(USTR)による知的財産侵害市場に関するスペシャル301条2020年版報告書「2020 Special 301 Out-of-Cycle Review of Notorious Markets」の意見募集で、知的財産侵害市場が米国外に限定されなくなったことに対しFacebookなどが反論している(意見リスト、 TorrentFreakの記事)。 もともと報告書は米国外の知的財産侵害市場に関するものだが、以前から米企業のAmazonやCloudflareなどを名指しする意見も寄せられていた。このような意見が報告書に取り入れられたことはなかったが、2019年版報告書ではAmazonの米国外ドメインが知的財産侵害市場として記載された。しかし、2020年版の意見募集では米国外に限定されなくなったことで、米企業を知的財産侵害市場として名指しする意見とそれに対する反論が目立つようになっている。 AmazonやInternet Associationなどは各社による知的財産保護対策を挙げて反論しているが、FacebookやComputer & Communications Industry Associationはそれに加え、米国市場を加えること自体が報告書の目的に合わないとする反対意見を提出している。特にFacebookでは、報告書の目的は知的財産保護システムの整っていない外国への対策を行うためのものであり、米企業のFacebookを加えようとすることは米国の知的財産保護システムが不十分だと指摘するようなものだと主張している。

すべて読む | ITセクション | YRO | パテント | 著作権 | Facebook | アメリカ合衆国 | 政府 |

関連ストーリー:
米Amazon、偽物対策専門ユニットを設立 2020年06月27日
米通商代表部、Amazonの米国外ドメインを知的財産侵害市場のリストに追加 2020年05月02日
米 トランプ政権、Amazonの「悪質な市場」リスト入りを検討 2019年12月09日
米通商代表部の意見募集でFacebookやAmazonが知的財産侵害市場と名指しされる 2018年10月28日
オンライン著作権侵害対策を盛り込んだスイスの著作権法改正案、ターゲットはコンテンツ提供者 2017年12月01日
EFF曰く、オンラインビデオから音声トラックを抽出するサービスは違法ではない 2017年10月27日
任天堂オブアメリカ、米通商代表部に著作権侵害対策への協力を要請 2009年02月28日

headless

サイバーセキュリティ企業 Sophos、ツールの設定ミスでごく一部の顧客データを流出させる

1 day 11 hours ago
Sophosが内部で使用するツールに設定ミスがあり、ごく一部の顧客に関するデータが流出したそうだ(Sophos Communityでのアナウンス、 HackReadの記事)。 このツールはカスタマーサポートが連絡を受けた顧客の情報を保存するもので、アクセス許可の問題があるという情報提供を11月24日に受けたという。既に問題は修正済みだが、ごく一部の顧客について姓名と電子メールアドレスが(顧客から伝えられた場合は電話番号を含む)流出したそうだ。Sophosでは影響を受けた顧客に電子メールで連絡しており、連絡がない場合は影響を受けていないとのこと。影響を受けた顧客に対しては、現時点で特別な対策は必要ないと説明している。

すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ | プライバシ |

関連ストーリー:
月例パッチでWindows 7などが起動不能に。一部ウイルス対策ソフト利用者の間で発生 2019年04月19日
信頼に足るWebブラウザーは? 2015年10月25日
ソフォスのディスク暗号化ツールに不具合、ノートPC紛失によって発覚 2014年06月30日
Sophos、自社製品をマルウェアと誤検出 2012年09月22日
Sophosのサポートエンジニア曰く、ライブチャットは電話サポートよりも効率が悪い 2012年08月04日

headless