フィードアグリゲータ

タイガー魔法瓶、模倣品対策として「真贋判定シール」を導入

slashdot(security) - 2018/01/10(水) 18:18

中国や東アジア地域で、タイガー魔法瓶製品の偽物が多く流通しているという。そのため同社は模倣品対策として、製品に「真贋判定シール」を導入することを発表した。このシールは製品のパッケージなどに貼り付けられており、シールをめくると現れるQRコードをスキャンしてWebサイトにアクセスすることで、製品が正規品かどうかを判定できるという。

同じQRコードが複数回スキャンされるとその旨が表示され注意が促されるほか、登録されていないコードだった場合は不正なものとの警告を出すという仕組み。

すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ | 海賊行為 |

関連ストーリー:
EA、Zyngaのソーシャルゲームは盗作・模倣だとして訴える 2012年08月07日
ソニー製メモリースティックの模倣品が市場に出回る 2006年04月21日
特許庁、デザイン模倣品の保管も処罰方針に 2005年12月02日

香川銀、顔認証で残高照会ができる金融機関向けアプリ(ニュース)

日経ITPro - 2018/01/10(水) 18:10
 香川銀行は2018年1月9日、地方銀行で初めて顔認証で残高照会ができるアプリの取り扱いを始めると発表した。AndroidとiPhone向けに提供する。

英単語の問題を自動作成 ベネッセ、ソフトバンクらが実証研究へ

ITmedia(ITと社会) - 2018/01/10(水) 17:46

ベネッセホールディングスとソフトバンク、Classiは、東京工業大学と自動問題作成を実用化するための実証研究を開始する。

第1回「第四次産業革命スキル習得講座」を認定しました

経済産業省 - 2018/01/10(水) 17:00
経済産業省は、IT・データ分野を中心とした専門的・実践的な教育訓練講座を経済産業大臣が認定する「第四次産業革命スキル習得講座認定制度」について、厳正な審査の結果、16事業者23講座を認定しました。

ミス・ユニバース日本代表等による表敬[総理の動き]

首相官邸 - 2018/01/10(水) 16:25
安倍総理は、総理大臣官邸でミス・ユニバース日本代表等による表敬を受けました。

Googleの女性従業員に対する待遇差別をめぐるクラスアクション訴訟、原告側が修正訴状を提出

slashdot(IT) - 2018/01/10(水) 14:03
headless曰く、

Googleの女性従業員に対する待遇差別をめぐって元従業員が提起していたクラスアクション訴訟で3日、原告側が修正訴状を米カリフォルニア州上位裁判所に提出した(The Register訴状PDF)。

この訴訟は9月に提起されたもので、元の訴状(PDF)では訴状提出日から4年前までを対象期間と定義し、対象期間内の任意の時点にカリフォルニア州でGoogleに勤務していたすべての女性をクラスと定義していた。しかし、州上位裁判所のMary Wiss判事は12月、クラスの定義があいまいで具体的なグループの女性がどのような待遇差別を受けているのか示されていないとして、訴状の修正に30日間の猶予を与えていた。

修正訴状では対象を6カテゴリ(ソフトウェアエンジニア、ソフトウェアマネージャー、エンジニア、プログラムマネージャー、保育)の計30職種とし、待遇差別の内容も追加された。また、原告も1名増えて4名となっている。

すべて読む | ITセクション | Google | 法廷 | スラッシュバック | IT |

関連ストーリー:
Googleの男女格差巡る集団訴訟、カリフォルニア地裁が訴えを却下 2017年12月13日
Googleの従業員らが社内で年齢差別を受けたとして訴えていた集団訴訟、原告は269人に 2017年08月15日
Googleトレンドのデータでは米国における人種差別の兆候が確認できる 2017年06月20日
Googleの従業員、性差別と戦うため男女を問わず肩書に2日間「Lady」を付ける 2016年06月19日

「『人間研究』の先に見えたロボティクス技術」――ホンダ、「CES 2018」でロボットのいる社会語る

ITmedia(ITと社会) - 2018/01/10(水) 13:33

本田技研工業は、「CES 2018」で同社の目指すロボティクスの方向性について述べた。

パナソニックが北米ソリューション事業を強化、社内分社を設立(ニュース)

日経ITPro - 2018/01/10(水) 13:02
 パナソニックは2018年4月1日に、北米のシステムソリューション事業を手掛ける「パナソニック システムソリューションズノースアメリカ社(PSSNA)」を新設する。狙いは同地域での事業強化。米国ニュージャージー州ニューアークに本拠地を置く。従業員数は約870人の見込み。

三井住友カード、パスコードを入力しないと使えないクレジットカードを発表

slashdot(security) - 2018/01/10(水) 11:34

三井住友カードがパスコード認証機能付きのクレジットカードを発表した。日経新聞では「電源付きクレカ」などとして紹介されているが、このクレジットカードには入力ボタンや数字を表示するディスプレイ、スイッチが組み込まれている。クレジットカード番号は一部のみが表示されており、正しいパスコードを入力するとクレジットカード番号の残りがディスプレイに表示される仕組み(ITmedia)。

パスコードを入力しないと、磁気ストライプやICチップ機能を使った決済もできないとのこと。これにより、盗難クレジットカードなどによる不正決済を防止できるという。

すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ |

関連ストーリー:
Apple Payを利用したクレジットカードの不正利用が発覚 2017年09月14日
磁気ストライプ式カードのトラブルが増加、手帳型スマホケースで使われている磁石が一因 2017年04月25日
非接触型カードとPOSシステムを悪用した電子スリが登場? 2016年02月22日
暗唱番号認証を無効化するよう改造されたクレジットカードが確認される 2015年10月23日

メルカリ、振り袖大量出品者の入手先を確認中 「『はれのひ』との関係は未確認」

ITmedia(ITと社会) - 2018/01/10(水) 10:37

「メルカリに振り袖を大量に出品している」と話題になっていたユーザーの出品物について、「利用規約違反の疑いがある」としてメルカリが商品を一時非公開に。商品の入手先の確認などを行っている。

[B] 哲学者、エチエンヌ・タッサン(Etienne Tassin)氏が亡くなる ハンナ・アレントの研究家、難民・移民の問題も考察

日刊ベリタ - 2018/01/10(水) 10:15
日本で言及されることは少ないが、哲学者のエチエンヌ・タッサン(Etienne Tassin)氏が事故がもとで亡くなった。62歳だった。事故が何かは具体的に伝えられていない。以下は哲学雑誌に掲載された訃報。今月の6日のことだった。タッサン氏は政治哲学者のハンナ・アレントの研究で知られるフランスの哲学者だった。パリ第七大学に拠点を置いていた。以下はタッサン氏のインタビューの映像だ。

Adobe、Flash Playerの脆弱性に対処 悪用されれば情報流出の恐れ

ITmedia(セキュリティ) - 2018/01/10(水) 10:00

脆弱性を悪用されれば情報流出の恐れがあるとされ、緊急度は同社の3段階評価で中間の「重要」、優先度は「2」と位置付けている。

Microsoft、1月の月例更新プログラムを公開 56件の脆弱性を修正

ITmedia(セキュリティ) - 2018/01/10(水) 09:45

今回の更新プログラムでは計56件の脆弱性が修正された。このうち16件が最大の深刻度である「緊急」に指定されている。

Windowsパッチで一部AMDマシンに不具合、Microsoftが対応説明

ITmedia(セキュリティ) - 2018/01/10(水) 09:30

AMDマシンで「Meltdown」「Spectre」と呼ばれる脆弱性に対処するWindows向けのパッチをインストールしたところ、起動できなくなったという報告が相次ぎ、Microsoftがパッチの配信を停止した。

プロセッサの脆弱性、Microsoftの対策パッチでパフォーマンス大幅低下も

ITmedia(セキュリティ) - 2018/01/10(水) 09:00

Microsoftによると、2015年代以前のプロセッサを搭載したPCや、Windows Serverでは、対策パッチを適用すると、パフォーマンスに相当な影響が出ることが分かった。

米中より韓国のビットコイン市場が熱狂のワケ

ITmedia(ITと社会) - 2018/01/10(水) 06:56

韓国でビットコインの市場が急速に過熱している。韓国の仮想通貨市場は昨年まではほとんど存在感がなかったが、この1年間で取引が一気に拡大した。その理由は。

Facebookの「不適切な投稿」チェックを行うレビュワーは1コンテンツに対し数分しか時間を割けない

slashdot(IT) - 2018/01/10(水) 06:00

Facebookは「不適切な投稿」をブロックするためにさまざまな技術を導入しており、実際に不適切と判別された投稿の削除も行っている。しかし、NPO団体Pro Publicaの調査によると誤判定も多く、適切な投稿を不適切と判断したり、逆に不適切な内容であるにも関わらず削除されずに残っている、といったケースは多数見られるという(ギズモード・ジャパン)。

Pro Publicaがこういった誤判定について、実際に誤った判定がされた投稿49件を提示して意見を求めたところ、うち22件についてFacebookはレビュアーによるミスだと認めたという。

Facebookではプログラムによる投稿内容の自動判定だけでなく、人力のレビューも行っている。しかし、投稿数に対してレビュアーは少なく、レビュアーは1つのコンテンツのチェックに数分しかかけられない状況になってるそうだ。これが誤判定の原因となっているとギズモード・ジャパンの記事では指摘されている。

すべて読む | ITセクション | 検閲 | Facebook | インターネット | SNS |

関連ストーリー:
ロシアTwitter、テロ攻撃後SNSの議論誘導を行う。英国の分裂が目的か 2017年12月26日
Facebook、偽ニュースなどに「いいね!」したかどうかを確認できるツールを提供へ 2017年11月28日
Facebook、小鳥の絵をアダルトコンテンツ扱い 2017年11月16日
オーストラリア、Facebookでのリベンジポルノ拡散を未然に防ぐ取り組み 2017年11月11日

社会運動・市民運動サイトからの情報

コンテンツ配信