憎まれ愚痴入口木村書店 1998年4月28日の開設以来、この城を訪れたのは あなたで   人目です。 項目別案内

2000年『デカメロン』 序章の城

20世紀末
デカメロン
メディア批判
日本近現代「意外史」
本多勝一
日本共産党
マルクス
平和売人
政策提言集ほか
労働組合運動 論説集

マスコミ業界 アカデミー業界  自称革新政党批判
“fight professionaly series”

ボッカッチョの『デカメロン』は、「騎士」や「聖職者」の「堕落ぶり」と、それを面白おかしく赤裸々に描き出し、十二分に「神聖を冒涜する不敬の書としてローマ教皇庁の禁書目録に加えられ」るに値する危険が満ち溢れていた。
今、「権力の司祭」などと評しては、官僚機構批判を飯の種にしてきた「マスコミ業界」そのもの、その提携者たる「アカデミー業界」そのもの、しかもその内の特に「自称」「左」「市民派」、自称「革新政党」をこそ、20世紀末の「聖職者」として位置付け、その真相の暴露、批判に全力を傾けることを宣言するのである。

この城には3つの丸があります。

本丸:なぜ『デカメロン』なのか?

そしてなぜ、それが、“fight professionaly series”なのか?
外国禁の書を恐れて、何の言論の自由ぞや
「権力の司祭」とは何か?

2の丸:現代の「聖職者」マスコミ業者の実態

シオニストに無知なマスコミ業界
多数意見に同調する強烈かつ必須の本能

3の丸:電波メディア「学界」批判

学界嫌い事始め/学説公害/周知の「ナレアイ性」
当局見解の守護神殿/学説公害の徹底的暴露
独占と非民主的な社会主義/ジャーナリズム本来?

アジア侵略の思想戦の先兵としての日本の大手メディア

(このページは開設当時の表現を残しています。)


WEB雑誌『憎まれ愚痴』
バックナンバー
目次一覧>
連載記事一括
各号時事論評&投稿一括
亜空間通信
亜空間通信項目別分類


憎まれ愚痴入口木村書店上に戻る 亜空間通信(お問合せ)

2002.12/2007.10.25