季刊『真相の深層』2005夏第6号内容紹介@憎まれ愚痴

911・イラク戦争・シオニズム他、大手マスコミが取り上げない情報掲載の硬派雑誌。

季刊『真相の深層』2005夏第6号

バックナンバーご希望の方は、右欄の「購入方法の詳細とその他販売案内」をご覧ください。

木村愛二責任編集 四六版(12.8cm×18.8cm)120頁 400円

関連リンク 政権の一角に不気味に食い込む憲法違反の政教一致政党
創価学会ー公明党

「真相の深層」第6号の目次

◆責任編集・発行人・木村愛二の舌代
◆カール・マルクスの大罪
 序章 千年紀に寄す カール・マルクスとその亜流の暴力革命思想への徹底批判(その1)
 「大きな思想」が失敗したら「小さくて現実的な思想」か?/世紀と千年紀を区切る楽譜の頂点の交響楽/
 マルクスの『資本論』が「科学的」だから狂信者が大量発生した矛盾
  木村 愛二
◆創価学会名誉会長池田大作の正体・発言記録を被害者の会が告発!
 創価学会の目的は日本国支配だった!? すでに各分野に送り込まれた工作員/
 恐るべきファシズム国家「創価王国」学会員はすべて使い捨てという残酷/
 「目的のためなら嘘も暴力も何でも使う」学会が起こした反社会的事件の数々/
 右翼団体までが学会に反対する者を攻撃 私たちの未来「握られて」しまってよいのか!?
  (『自由の砦』より抜粋紹介)
◆創価学会・池田大作ヨイショ本の警告
◆“911事変”ブッシュ政権追及集団訴訟の補足資料
  佐藤 雅彦・訳
◇資料【1】スタンリー・ヒルトン弁護士へのインタビュー
◇資料【2】ブッシュ政権版の“トワイライトゾーン”
 ――9・11に世界貿易センターとペンタゴンに突入した航空機の正体は何だったのか?
◇資料【3】「法的な誤魔化し」という名の誤魔化し
 ――ヒルトン弁護士とその9・11追及訴訟に対する露骨な妨害工作の一例
◆[連載]ラテンアメリカに敵対する米帝国とCIA(第1部)
  童子丸 開・訳
◆第2次世界大戦の起源を巡る、決定的に重要なのに抑圧されてきた局面
 ――大戦の起源を間近に目撃した4人の外交官の証言――
  佐藤 雅彦・訳
◆第2次世界大戦の指導者たちの家系の秘密
  佐藤 雅彦
◆国際時評
◇「反テロ世界戦争」第2幕は切って落とされた3・11マドリッド列車爆破事件の  「真相の深層」
  童子丸 開
◇フレンシェロン――米国からの「独立」を果たそうとする欧州
  童子丸 開
◇「今は世界大戦前夜なのか」と問うフランスのドキュメンタリー映画
  佐々木 衛
◇誤解を恐れない デュードネの芸人魂
  佐々木 衛
◆[連載]聖なるマフィア―オプス・デイの素顔を暴く(その5)
  童子丸 開
◆編集後記