季刊『真相の深層』2005秋第7号内容紹介@憎まれ愚痴

911・イラク戦争・シオニズム他、大手マスコミが取り上げない情報掲載の硬派雑誌。

季刊『真相の深層』2005秋第7号

バックナンバーご希望の方は、右欄の「購入方法の詳細とその他販売案内」をご覧ください。

木村愛二責任編集 四六版(12.8cm×18.8cm)120頁 400円

「真相の深層」第7号の目次

◆責任編集・発行人・木村愛二の舌代
◆軟着陸を目指すイラク開戦の嘘、そして広がるブラックホール
 「ダウニング・ストリートの極秘メモ」全文翻訳付き
  訳・解説:江熊 裕志
◆米国・イラク調整委員会の手書き極秘文書が漏洩
  齊藤 力二朗・訳
◆米戦死兵の家族会が大統領糾弾の反戦集会
 息子亡くした母が苦しい心情を吐露 22
  『日刊ベリタ』記事(2005年6月16日)

◆第2次世界大戦の神話:米英「戦勝国」の残虐非道と欺瞞
 ―ロバート・リリー教授の欧州米兵強姦暴露本について―
  佐藤 雅彦
◆[連載]ラテンアメリカに敵対する米帝国とCIA(第2部)
  童子丸 開 ・訳
◆ベネズエラにおけるブッシュ・ファミリーのいかがわしい商売
  エドガー・ゴンサレス・ルイス著、レベリオン誌
  江熊 裕志・訳
◆[連載]「元シオニスト活動家の慟哭」イラクのユダヤ人(第1部)
  @ナエイム・ジラディ・著
  童子丸 開・訳
◆ユダヤ人に対する秘密の戦争
 (ジョン・ロフツス、マーク・アアロンズ共著)
  ディーン・リンクによる書評
  童子丸 開・訳
◆[連載]聖なるマフィア―オプス・デイの素顔を暴く(その6)
  童子丸 開
◆国際時評
◇2003年「カサブランカ爆弾テロ」事件の真相
  童子丸 開
◇「表現の自由」はどこへ行ったか フランスにおける二つの“検閲”裁判
  佐々木 衛
◇敢えて「ユダヤ人批判」を批判する――マハティール氏の最新インタビューによせて
  楡井 研
◆[連載]カール・マルクスの大罪(2)
  序章への緊急臨時挿入項目「宮本顕治“獄中12年”の嘘」
  木村 愛二
◆[連載]憎まれ愚痴・木村愛二の「言いたい放題」
 「虚名・言論詐欺師・偽の友」滅多斬り(その2)
  学歴詐称に始まる元・朝日新聞記者・本多勝一の呆れた正体暴露!
◆編集後記