季刊『真相の深層』2005冬第8号の内容紹介内容紹介@憎まれ愚痴

911・イラク戦争・シオニズム他、大手マスコミが取り上げない情報掲載の硬派雑誌。

季刊『真相の深層』冬第8号の内容紹介

バックナンバーご希望の方は、右欄の「購入方法の詳細とその他販売案内」をご覧ください。

木村愛二責任編集 四六版(12.8cm×18.8cm)120頁 400円

「真相の深層」第8号の内容紹介

◆責任編集・発行人・木村愛二の舌代

9.11
◆ブッシュとシャロンに獄門台をプレゼント
 米国政府関係者から9・11とイラク戦争に対する重大告発
  訳・解説:江熊 裕志
◆英国随一の保守系大衆紙『デイリーメール』が911謀略説を一挙紹介
 付録:「刑事コロンボ番外編:パンケーキの秘密」
  楡井 研

◆バスラで逮捕、奪取された2英人秘密工作員の任務はテロ実行
 ファイサル・ファハド博士の評論
  齊藤 力二郎・訳

London 7.7
◆《7・7ロンドン爆破事件》各言語による情報発信ぶり比較
  童子丸 開
◆ロンドン7・7大量虐殺の真相とその深層
  江熊 裕志

◆イズラエル・シャミールへのインタビュー
 パレスチナ/イスラエルでの人権の平等はユートピアに非ず
  童子丸 開・訳
◆国際時評
◇アメリカの侵略政策に奉仕する「国境なき記者団」の素顔
  佐々木 衛
◆連載「元シオニスト活動家の慟哭」イラクのユダヤ人(第2部)
 ナエイム・ジラディ・著
  童子丸 開・訳
◆ラテンアメリカに敵対する米帝国とCIA(第3部)
 尊厳・主権・反戦平和の法廷」(エクアドル)
  童子丸 開・訳
◆聖なるマフィア―オプス・デイの素顔を暴く(その7)
  童子丸 開
◆カール・マルクスの大罪(3)
 プルードンの主著の邦訳がないのにマルクスの批判本を鵜呑みの怪談
  木村 愛二
◆新連載
 佐藤 雅彦・訳
『南西アジアにおける合衆国の安全保障上の関心と政策』
  米上院外交委員会記録のうち『付録』その1
  問題点概要 No.IB80027―緊急展開軍
◆編集後記