季刊『真相の深層』2007秋第15号内容紹介@憎まれ愚痴

911・イラク戦争・シオニズム他、大手マスコミが取り上げない情報掲載の硬派雑誌。

季刊『真相の深層』秋第15号の内容紹介

バックナンバーご希望の方は、右欄の「購入方法の詳細とその他販売案内」をご覧ください。

木村愛二責任編集 四六版(12.8cm×18.8cm)120頁 400円

「真相の深層」秋第15号の内容紹介

◆編集・発行人・木村愛二の舌代

◆9・11直後にペンタゴンは「7か国を5年以内に消し去る」ことを考えていた!
 W・クラーク将軍が明かす米国軍事政策の内幕
  訳:江熊 裕志

◆アラビア語の自由メディアが暴露する
 イラク占領米軍の卑劣な手口
  【アラビア・ニュース】 齊藤 力二朗

◆対外戦争政策は同時に国内資産収奪システムの強化である!
 『米国における戦争利権および収入と富の一極化』
  ホッセイン-ザデー著 訳:江熊 裕志

◆イズラエル・シャミール著
 さるぐつわを噛まされた女神
 (「ホロコーストと中東:口を封じられた歴史」会議での講演)
  訳:童子丸 開

◆『アツランの声』誌より
 シオニストこそ真の反ユダヤ主義者である!
  訳と解説:童子丸 開

◆イランでのホロコースト会議がアングロ=シオニスト
 世界秩序のアキレス腱を叩き切った!
 ムスタキム・ブレハー著:イラン革命が「ホロカルト」を終わらせる
  訳:江熊 裕志

◆マリア・ポウミエル著
 アフリカン・ホロコースト
  訳:童子丸 開

◆ステファン・レンドマン 筆
 イラン・パッペ『パレスチナの民族浄化』への書評
  訳:石峰 昇一

◆[連続寄稿]イスラエル:暗黒の源流
 ジャボチンスキーとユダヤ・ファシズム(第7回)
  石峰 昇一

◆編集後記