季刊『真相の深層』2008冬第20号内容紹介@憎まれ愚痴

911・イラク戦争・シオニズム他、大手マスコミが取り上げない情報掲載の硬派雑誌。

季刊『真相の深層』冬第20号の内容紹介

バックナンバーご希望の方は、右欄の「購入方法の詳細とその他販売案内」をご覧ください。

木村愛二責任編集 四六版(12.8cm×18.8cm)120頁 400円

「真相の深層」冬第20号の内容紹介

◆編集・発行人・木村愛二の舌代

◆《9・11》闘いの正念場
 疑いようのない事実にこだわり切れ!6
  童子丸 開

◆イズラエル・シャミールが伝える歴史の分岐点
 9・11追究の先頭に立ちつつあるロシア
  訳・解説:童子丸 開

◆ティエリ・メイサン
 「仏サルコジ政権はCIAのでっち上げ!」
  訳・解説:江熊 裕志

◆[連続寄稿]イスラエル:暗黒の源流
 ジャボチンスキーとユダヤ・ファシズム(最終回)
 第11部 悪魔の選民主義
  石峰 昇一

◆カール・マルクスの大罪(9)
 階級闘争の概念による社会主義への暴力導入
  木村 愛二

◆デニス・クシニッチ下院議員
 ブッシュ米大統領弾劾告発書 88
  TUP速報770号

◆日本放送労働組合 放送系列
 原点からの告発~番組制作白書 '66~(抜粋)

◆編集後記