フィードアグリゲータ

【時評】「実感なき景気回復」が語り出す日本経済の姿/白川真澄

ピープルズ・プラン研究所 - 2017/11/27(月) 21:37
以下の論評を掲載しました。

【時評】「実感なき景気回復」が語り出す日本経済の姿
白川真澄
2017年11月27日

経済指標はすこぶる好調
 日本の株価が高騰し、株式市場が活気づいている。日経平均株価は、10月に入って10月24日まで16営業日連続で上昇し、連騰は戦後最長となった。11月7日には、2万2937円と、バブル崩壊後25年10カ月ぶりの高値をつけた。

続きはこちらから!↓↓
http://www.peoples-plan.org/jp/modules/article/index.php?content_id=194

防衛省交渉 前日集会のお知らせ

いよいよ防衛省交渉が2日後になりました。

防衛省にはきちんと回答していただきたいと思っています。

さて29日の防衛省交渉の前日
11月28日に高江住民と島ぐるみ会議東のメンバーの現状報告をします。
みなさん!ぜひ参加してください!


法務省発注の工事・業務に関する情報のメール配信サービスについて

法務省(お知らせ) - 2017/11/27(月) 10:00
法務省発注の工事・業務に関する情報のメール配信サービスについて

法務省発注の工事・業務に関する情報のメール配信サービスについて

法務省新着情報 - 2017/11/27(月) 10:00
法務省発注の工事・業務に関する情報のメール配信サービスについて

SFLCとSFCの商標をめぐる争い

slashdot(open source) - 2017/11/23(木) 17:18
Software Freedom Law Center(SFLC)がSoftware Freedom Conservancy(SFC)の商標無効化を求め、米特許商標庁商標審判部(USPTO TTAB)に申立を行っていたそうだ(申立文書SFLCのブログ記事SFCのブログ記事The Registerの記事)。

SFLCが申立を行ったのは9月22日。SFLCの商標「SOFTWARE FREEDOM LAW CENTER」は2011年に登録されており、2012年に登録されたSFCの商標「SOFTWARE FREEDOM CONSERVANCY」が「Software Freedom」から始まるなどSFLCの商標と似ており、混乱を招くというのが申立の理由だ。

SFLCはFLOSSプロジェクトに法的支援を行う非営利の法律事務所。SFCはFLOSSプロジェクトへの資金援助などを行う非営利団体としてSFLCの従業員が2006年に設立し、2011年までSFLCがSFCの法律顧問を務めていた。SFCの代表者などはSFLCの元従業員だ。商標問題などについてSFLCは元従業員と話し合いを持とうとし、3年にわたり連絡を取り続けていたが実現することはなかったとのこと。

FLOSSコミュニティに法的支援を行うSFLCだが、FLOSSコミュニティの一員だとは考えていないことを今回の申立が示すなどとして、SFCはSFLCを批判している。申立は11月2日に却下されているが、SFLC側もこのままで終わらせるつもりはないようだ。

すべて読む | オープンソースセクション | オープンソース | パテント |

関連ストーリー:
Linuxカーネル開発コミュニティ、著作権トロール対策を議論 2017年10月19日
Thunderbirdの受け入れ先はどこになる? 2016年04月29日
X.Org Foundation、1文字ドメイン「x.org」を失う危機に 2016年01月10日
DuquがGPLのコードを使用していた 2012年06月09日
GPLライセンスの法令遵守に取り組むSFC、ターゲットはハードメーカー 2012年06月06日
Microsoft、ARMシステムでUEFIセキュアブートの設定変更を禁止 2012年01月15日
GPL違反:BusyBox/SFLC陣営とXterasysが和解 2007年12月19日
VerizonがGPL違反で提訴される 2007年12月11日
米国で初のGPL違反をめぐる訴訟 2007年09月23日
FSF、GPL Version 3の改定作業に着手 2005年12月21日

11.23 幌延デー北海道集会に1000人参加

フォーラム平和・人権・環境 - 2017/11/23(木) 15:24

 

   11月23日に北海道の幌延町で、北海道平和運動フォーラムが主催し「北海道への核持ち込みは許さない!-11.23幌延デー北海道集会」が開かれました。今年で32回目を迎えるこの集会には北海道をはじめとして全国各地から1000人が集まりました。
 幌延は北海道の中でも北部にある町です。最北端の宗谷岬まで約54キロしか離れていません。幌延には核燃料のゴミを処理する方法を研究している深地層研究センターがあります。核のゴミとは原発で使われた後に生ずる高レベル放射性廃棄物です。この高レベル放射性廃棄物を処分する方法がいくつかあって、その方法のなかの一つが地下に埋める方法です。この研究は2000年に始まり2020年に終わるということで、研究が終わったら掘った土地は埋め戻すことになっています。本物の核のゴミが北海道に持ち込まれるわけではありません。
 しかしながら、5月には同機構の理事が「埋め戻すのはもったいない」と発言をし、7月には「科学的特性マップ」が公表されました。「科学的特性マップ」が指定している「最適地」に、北海道は幌延町を含め86市町村が該当しています。また、11月には埼玉会場で原子力発電環境整備機構が開催している「科学的特性マップに関する意見交換会」に学生が動員されたということが明確になり、北海道に本当の核のゴミを搬入しようとしているのではないかという道民の心配は高まる一方です。
 このような情勢の中で、集会では主催者を代表し、長田秀樹・北海道平和運動フォーラム代表が「深地層研究計画を変質させ、幌延周辺や道北地域、そして道内を、なし崩し的に最終処分場にさせないために、これまで以上に監視体制を強めるとともに、『最適地』をはじめ『適地』に該当するすべての自治体において、『処分場拒否』の議会決議採択の運動を展開しよう」と訴えました。
 平和フォーラムの北村智之副事務局長も「地震大国で地下水が多い日本で、安全に地層処分ができる地域などはない。全国のどの地域も高レベル放射性廃棄物の『最終処分場』にしないため、協力しあい、取り組みを強化しよう」と連帯挨拶を行いました。
 民進党北海道の三井あき子北海道議会議員、社民党北海道連合の豊巻絹子副代表、旭川大学の山内亮二学長などが挨拶をしました。また、生活クラブ生活協同組合の山崎栄子理事長、帯広平和運動フォーラムの松坂英嗣議長、道北核廃棄物処分場反対道北連絡協議会の藤田孝一代表、核廃棄物施設誘致に反対する道北連絡協議会の鷲見悟代表委員が決意を表明しました。
 集会の後、参加者は幌延の町をデモ行進をしながら、核の持ち込みに反対する声を上げました(下写真)。(報告=鄭恩珠(チョン・ウンジュ)平和フォーラム交換留学生)

 

Get active! Enjoy 80% off

NO!APEC TV - 2017/11/22(水) 22:10
When in doubt, go with the bow.
If the e-mail below is not displayed correctly,please click this is not spam or click here.Comfortably light and flexible molded EVA bottom with a patent protected outsole design.
THE INFORMATION IN THIS EMAIL IS INTENDED SOLELY FOR THE ADDRESSEE .
Home | Privacy Policy | Contact Us | Unsubscribe

防衛省交渉

沖縄も寒くなってきました。
昨日サシバを見かけました。
冬がやってきますね。

さて、10月11日の米軍ヘリの墜落に関して、ありえない国の対応を問いただすために
防衛省交渉に行きます!

11月29日(水)午前中(おそらく11時)

11月28日に集会をします。

防衛省交渉前の集会は、
28日19:00〜21:00 阿佐ヶ谷産業商工会館でやります。

みなさん是非きてください!

そして高江では工事が終わったと言われていますが
私たちの活動はこれからです。
米軍の超低空飛行訓練により、安心して生活ができなくなってしまうからです。
先日の墜落も含め、ありえない今の状況を1日も早く改善しなくてはいけません。
北部訓練場の全てヘリパッドの使用中止と撤去を求め実現させるために頑張りますので
皆様の変わらぬご支援をお願いします!

「ヘリパッドいらない」住民の会では今後新たな活動もしていくことになります。
カンパの方もどうかよろしくおねがします。





内閣総理大臣 安倍晋三 殿                       2017年11月29日
防衛大臣   小野寺五典 殿
沖縄防衛局長 中嶋 浩一郎 殿
                             「ヘリパッドいらない」住民の会
                               沖縄県国頭郡東村高江85-2 
                                  伊佐真次 安次嶺現達
                              島ぐるみ会議東
                                  當山全伸
                        賛同団体 ヘリパッド建設に反対する現地行動連絡会
                             共同代表 間島 孝彦 仲村渠 政彦
               
海兵隊CH53E大型輸送ヘリ墜落に対する抗議・要請

 10月11日午後5時35分ごろ東村高江の民間地に米軍機CH53Eが墜落しました。私たちが抱き続けていた不安が目の前でついに現実のものとなりました。高江集落を囲むように新しく6箇所のヘリパッド建設工事が着工してから10年。私たちは墜落の危険にさらされるのではないかという不安を抱え続けてきました。米軍機は県民の命の水瓶であるダムの上も飛び回ります。また私たちの住宅の真上を夜11時過ぎまでオスプレイやCH53などが超低空で飛び交うため、「このままでは子供達の命を守れない」と引越しをした家庭もあります。私たちは騒音や低周波の被害や墜落の危険などを、今まで何度も国にも防衛局にも東村にも国頭村にも沖縄県にも訴え続けてきましたが、「基地負担軽減のためだ」と言いながら、村は容認し国は工事を強行しました。
 今回の墜落においてはまさに起こるべくして起こった事故であり、今後もこのまま米軍が訓練を続ける限り、同じことが起こるであろうことは明確です。これは私たちの命に関わる大問題です。国も東村も住民の命を守るどころか犠牲にしているのです。更に墜落の原因究明やストロンチウムによる人体への影響など何も明らかになっておらず、私たち住民の不安は何一つ解消されていない状況で、わずか一週間後に飛行訓練が再開され日本政府もそれを追認するという全く住民の命を軽視する行動に憤りを覚えます。
国は「沖縄県民に寄り添う」と言っていますが、実際は寄り添うどころか私たちの声を無視し、排除し続けています。私たちには人として暮らす権利があります。そしてその権利を誰も奪うことはできません。いくら原因を究明しても再発防止を申し入れても同じことが繰り返されているという現実が沖縄にはあります。私たちが本当に安心して暮らせるようになるためには、すべてのへりぱっどの使用中止しかありません。
 私たちは今回の墜落事故を許すことは断じてできません。
 私たちは私たちの命を守るために、二度と同じことが起きないように、ここに米軍と国に対し抗議し、すべてのヘリパッドの使用中止と撤去を強く求めます。   

                 


第49回食とみどり、水を守る全国集会in熊本 分科会報告

フォーラム平和・人権・環境 - 2017/11/18(土) 11:29

第1分科会 シンポジウム「水俣病問題を考える」
 

参加者=97名
コーディネーター=田尻雅美さん(社会福祉学博士 熊本学園大学水俣学研究センター研究員)
パネラー=山下善寛さん(企業組合エコネットみなまた代表理事)
パネラー=隅川俊彦さん(熊本日日新聞社 社会部記者)
助言者=島田竜守さん(水俣市立水俣病資料館館長)

 最初に田尻雅美さんが「胎児性水俣病、小児性水俣病も含め、熊本や新潟では現在も被害者の認定裁判が継続しており、水俣病はいまだに終わっていない。また、被害がどこまで広がっているのか、未だに判明していない。水俣病の症状は患者自身が年をとるごとに変化していくため、患者自身の不安はいつまでも残ってしまうという現実がある」などと、水俣病事件の歴史的概要について解説しました。
 次に山下善寛さんが「水俣病事件とチッソ労働者の闘い」として、チッソに入社してから、組合が当局の操作により第1組合と第2組合に分裂。山下さんは1978~90年に新日本窒素労組委員長を務め、水俣病の支援を行ってきた経緯について報告しました。
 隅川俊彦さんは、新聞社の水俣支局記者として取材を行う中で、「被害は不知火海全域や天草まで及び、水俣からの転居者まで含めた住民健康調査は行われておらず、1956年の公式確認から60年以上を経ても終わっていないをいう印象を強く抱いている。水俣病は医師が診断する病気ではなく、行政が認定するという不自然な病気であるがゆえに複雑化しており、解決し得ないものとなってしまっている」と述べました。
 しかし、チッソは地元のトップ企業であり、水俣市民の中にも「水俣病問題を終わらせたい」という意見があり、報道が批判されることもあるとし、「終わらないもの、解決しないものとしてどうやって向き合っていくのか、一人一人が考えることが大切」と指摘しました。
 最後に島田竜守さんは「チッソは水俣市全体を支える企業であり、被害者ではない市民の空気としても『知らんがな』と無関心を装うものがある。胎児性水俣病患者であってもすでに60代と高齢になり、非患者の視点として『水俣病患者が騒ぐから水俣が悪くなる』といったものは確実にある」と強調しました。また、「水俣は農業を主産業としており、被害者の多くの漁業者は対岸から移り住んできたよそ者という差別意識がある。水俣市としては謝罪してきているが、国や県による謝罪はなされておらず、市民の向き合い方についても被害者との格差が存在する」ことも指摘されました。
 全体を通して、参加者は水俣病についての認識が深めることができました。
 

第2分科会「「食の安心・安全・安定をめぐって」
 

 参加者=145名
 コーディネーター・助言者=江藤ひろみさん(管理栄養士、熊本県立大学非常勤講師)
 報告者=澤村輝彦さん(有限会社肥後あゆみの会代表)
 報告者=高濱千夏さん(グリーンコープ生活協同組合くまもと理事長)
 報告者=福間智美さん(広島県世羅町立せらにし小学校栄養教諭)
 
 澤村さんは、「1985年に水俣病患者を支援する方々と出会い、有機農業を始めるきっかけとなった。30歳で全て有機農業に切り換えたが、知識も技術もなく、10数年間はモノができなかった。有機農業を地域に広げるため、2001年に柑橘と野菜農家7名で有限会社肥後あゆみの会を設立し、畑18ヘクタールと自然栽培水稲(無施肥、無農薬)3ヘクタールを作付けしている。有機農業でも美味しくないと売れない。有機農業に夢と希望、信念をもって取り組めることに幸せを実感している」と述べました。
 髙濱さんは、グリーンコープ生協の熊本地震の被災者支援活動報告を行いました。「前震の震源地である御船町に居住し、自宅も被災した。1年半に余震が4400回あり、家の中にいるのが怖い状況で、10日間ほどは車中泊だった。グリーンコープ熊本は組合員6万人で、組合員や職員も被災した。その中でも組合員へ商品を届けた。スーパーやコンビニが閉鎖状況でも、県内5店舗の生協は店を開け続けた。生協で災害支援センターを立ち上げ、ブルーシート等2545件の物資支援や、グランメッセ熊本等に避難している人々のSOSに弁当の炊き出し、宇城市へ味噌汁支援、仮設住宅でのバーベキューによるコミュニティづくりの手伝いをしてきた」等と報告しました。
 福間さんは「地元の広島県立世羅高校が一昨年、全国高校駅伝大会で男女アベック優勝を果たし、駅伝でつなぐものが『たすき』ということにちなんで、食育のキャッチフレーズにも『たすき』を使用している。せらにし学校給食センターでは昨年度、県産食材使用率46.9%、うち世羅町産の使用率は32.3%だった。たすきでつなぐ世羅町の食育事業により、子どもたちが地域に目を向け、農家に感謝の気持ちを持つようになってきた」等と報告しました。
 コーディネーターの江藤さんは、「食育活動を通しての『食の安心・安全・安定』を考える中では、幼稚園や保育園の給食の実施が食育情報の発信につながっている可能性がある」と、保護者へのアンケートをもとに指摘しました。
 質疑応答では、食育に対する保護者の関心をどう高めるかや、給食への地場産農産物を増やす困難さ、給食のセンター方式と自校方式の違い、添加物や遺伝子組み換え問題等について議論が行われました。
 

第3分科会「食料・農業・農村政策をめぐって」
 

 参加者=137名
 助言者・コーディネーター=磯田宏さん(九州大学大学院農学研究院准教授)
 報告者=村上進さん(有限会社木之内農園代表取締役社長)
 報告者=磯田毅さん(熊本県議会議員)
 報告者=西田毅さん(熊本県地方自治研究センター事務局長)

 初めに磯田宏さんから「『安倍政権』農政・現局面の重要問題と課題」と題して提起を受けました。アメリカ抜きのTPP11の現状、日欧EPAの大枠合意、日米(FTA)協定などが大企業・多国籍企業・国際金融資本の要求を実現するためのものでしかないこと具体例を挙げて述べ、それを「断れない」安倍政権が続く限り国難は去らないとしました。
 また、安倍政権の進める「農業競争力強化プログラム」農政について、「国民的農業」を解体し、「グローバル農業」化を進めるものであり、最大の受益者となるのは大企業・多国籍企業であるとしました。これに対抗して実現せねばならないのは「国民的農業」であり、国民経済の一環として、自国消費者の食料供給など、消費者・地域に向き合う農業をめざすべきとしました。
 磯田毅さんからは「熊本県の農林業の現状と課題」について報告を受けました。熊本は生産農業所得が全国5位の農業県であり、代表する作物はトマトであること、また木材生産でも全国4位だが、1964年に丸太の関税が撤廃されて、産出額が落ち込んで以降、回復していない状況が報告されました。こうした中で、政府が進める自由貿易の流れは脅威であり、輸出に依存するのではなく、内需拡大を目ざす農林業を実現すべきであるとしました。
 村上進さんからは、熊本地震による農園の被災の状況について報告を受けました。いまだに農業用水も幹線道路も復旧していない状況にあり、次第にボランティアが減っていく状況の中、人手の確保が困難になっていること。震災がなくても集落は高齢化で過疎になっていたかもしれないが、震災でそれが前倒しになって一層深刻な状況にあることだ。しかし、次世代のために何か行動しなければという思いで日々取り組んでいると報告を受けました。
 西田毅さんからは、「グローバル農業」化に対抗し、過疎が進む地域を立て直すための政策として、「環境支払い」の理念・制度について提案がされました。これは、農業を通して自然環境を守っている農家の営みを、新しい方法で評価し、その対価を国民全体で負担することであり、「いのち、環境」を価値基準にした社会の転換を進め、地域を守っていこうと提起がされました。
 パネルディスカッションでは、被災の実情に即した農業の復興や、新たに就農する場合の問題点や課題などが議論されました。
 

第4分科会「森林・水を中心とした環境問題をめぐって」
 

参加者=129名

講師=林 視さん(九州森林管理局 計画保全部長)
講師=武田かおりさん(NPO法人 AMネット事務局長)
  
 最初に林視さんが「安全・安心な暮らしと森林」と題し、森林の推移・機能、治山事業について説明。熊本地震や九州北部豪雨を例に山地災害と復興対策について提起しました。九州森林管理局は震災直後から職員を派遣し、ヘリコプターと地上での現地調査を実施、災害復旧事業計画作成を支援しました。また、特定個所に集中した豪雨は、森林の有する山地災害防止機能の限界を超えたために山腹崩壊が発生、多量の雨水が周辺森林から凹地形へ集中し土壌の深い部分まで浸透したため表層崩壊が発生し、立木と崩壊土砂が流水により渓流周辺の立木や土砂を巻き込みながら下流域に流下したことを説明しました。
 今後の対策として、災害発生の恐れがある場所を把握し、発生区域では保安林の配備や伐採、土留工事を行うこと、流下地域では流木化する可能性の高い立木の伐採や流木捕捉式治山ダムなどを設置する。下流では、森林緩衝林として機能させることが必要であると述べました。最後に、先人が植えて育てた森林を適切に管理し、上手に利用し、次の世代に引き継ぐことが重要であると訴えました。
 続いて、武田かおりさんが、大阪市の水道民営化計画に対する取り組みを報告しました。民営化提案の経過や背景、市議会で明らかになったさまざまな懸念事項などを説明し、市議会への慎重審議要求、陳情書提出などを行った経験から、「市民が積極的に活動すれば議会の議論が深まることを実感した。無関心であった市民にも、海外での失敗例などを通し水道民営化は時代遅れであることが浸透したことで、民営化案の廃案につながった。住民が関与しないと自治体の政策は変わらない」と訴えました。
 水道労組も市民主催の集会などに出向き、あるいは水道サポーターのような仕組みで住民参加を進めることで、現場を知る組合と市民が「市民にとってのより良い公共サービス」を共有化することが重要なこと、市民にとって必要とわかれば市民に守ってもらえることを強調し、さまざま説明を重ねるよりも「海外で民営化は失敗している、民営化より公営が得である」とシンプルに100万回言おうと訴えました。
 さらに、佐藤智洋・全水道九州地本選出政策推進委員が、水道と森林とのつながり、水道民営化における自治体・事業体の責任やユーザーとしての市民の監視の必要性などについて助言しました。
 その後会場から、①流木災害などに対する国の対応、②外国人による水源涵養林の土地購入の規制などの質問と意見が出されました。
 

第5分科会 フィールドワーク「熊本地震の被災地を訪ねて」
 

参加者=52名

 前夜からの雨も明け方には止み、快晴の中、フィールドワークは予定通り開催されました。 企画・運営を熊本県実行委員会が担当し、熊本地震の語り部として、連合熊本森岡雅史・副事務局長と熊本地協議長代行が現地案内をしました。
 熊本駅前からマイクロバス2台で出発し、車内では熊本地震に関するDVDと併せて、語り部から震災発生当時から今日までの経過等の説明がありました。車窓からは、震災から1年7ヶ月が経過した現在の益城町や南阿蘇村の街並みを見学しました。
 益城町では、倒壊した家屋の多くは解体され更地が目立ちましたが、その中でも、一部残った倒壊した家屋や、波打つ歩道などが見受けられ、発生当時の凄まじさが垣間見えました。また、町内には仮設の町役場や多くの仮設住宅が建設されており、特に県内最大の仮設住宅地には、避難されている方のための簡易集合商業施設や平屋の住宅展示場なども併設されていました。
 南阿蘇村では、崩壊した阿蘇大橋の迂回路として8月27日に改修され、供用が開始された長陽大橋を渡り、復旧工事がまだ行われている道路を通って「東海大学阿蘇キャンパス」を訪ねました。東海大学阿蘇キャンパスは、現在も震災当時のままの姿が多く残されており、現地の語り部を担当していただいた東海大学の椛田聖孝名誉教授からキャンパス内の説明を受けながら見学をしました。キャンパス内の中庭には断層が走り、校舎周りのアスファルトの地面は凄まじい地割れと波打つ状況で、歩くのにも気が抜けない所もありました。耐震補強工事が施されている校舎さえも地震の影響で、外壁のひび割れ等による損傷が激しいため解体が予定されているとの説明がありました(上写真)。
 最後に、熊本県中北部を流れる一級河川の白川の総水源であり、日本名水百選の一つである南阿蘇村にある「白川水源」に移動し、毎分60トンの湧水が地底の砂とともに勢い良く湧き上がる光景を見学しました。熊本地震直後はこの水も一時は枯れたということで、改めてその影響を実感しました(下写真)。
 早朝から半日の行程は非常にタイトなスケジュールでしたが、熊本地震が残した爪痕を見る中で、多くの住民の方の日常が奪われたこと、しかしながら、1年7ヶ月が経過した中で、少しずつ確実に復旧・復興に向けて進んでいることを、参加者は身近に感じることができました。
 

 

食とみどり、水を守る全国集会in熊本に780人参加

フォーラム平和・人権・環境 - 2017/11/18(土) 10:46


 

 平和フォーラムなどで作る実行委員会主催の「第49回食とみどり、水を守る全国集会in熊本」が11月17~18日に熊本市の「クラウンプラザホテル熊本ニュースカイ」などを会場に開催され、全都道府県から780人が参加しました。同集会は毎年、食の安全や農林業政策、森林や水を中心とする環境問題などについて、情勢や課題を話し合うために各県持ち回りで開かれているもので、今年は、昨年4月に大地震に見舞われた熊本で、地震からの復旧・復興に向けた課題や、61年前に熊本県水俣市で公式確認された「水俣病」の歴史や教訓を学ぶことも目的に開催されました。
 初日の全体集会は、熊本県のキャラクターの「くまもん」などによるアトラクションから始まり、主催者を代表し、石原富雄・集会実行委員長(全農林労組委員長)が、熊本地震や水俣病問題に触れた後「10月22日の衆議院総選挙で自公政権が3分の2を超え、憲法改悪の危機も迫っている。農林業政策でも、多面的機能を無視した効率優先の政策が一層進められようとしている。今後の政策や運動方向についてしっかり議論しよう」と訴えました。
 熊本県実行委員会からは、久保研一・実行委員長が「昨年の地震で大きな打撃を受けたが、全国からの支援に感謝したい。熊本は全国的にも農林水産業が盛んであり、熊本市の水道が全て地下水でまかなわれるなど、環境も恵まれている」などと歓迎のあいさつを行いました。
 さらに、連帯あいさつを上田淳連合熊本会長が行い、来賓として熊本県知事の代理で小野泰輔副知事、熊本市長の代理で西嶋秀樹農水局長があいさつを行いました。 
 北村智之・集会副事務局長が、①通商交渉の動き、②食の安全・安心、③農林業政策、④環境問題についての情勢や運動の課題を提起し「政策の転換をめざして地域から運動を再構築しよう」などと呼びかけました。

 

  続いて、「熊本地震の復旧・復興から見えてきた課題」と題し、全体シンポジウムが開かれました。(上写真)。上益城農業協同組合の松本和文・益城総合支所長が、地震による農業の被害状況を説明し、「まだまだ復興まで道のりは長いが、日頃から祭りをやっているなど、地域のまとまりが大事だということを実感じている」などと説明しました。
 また、熊本市内の水道局に務める佐藤智洋さん(全水道九州地本選出政策推進委員)は、水道の復旧に尽力した経験を振り返りながら、「熊本はまだ回復も早かったが、これが東京など水道管の老朽化が激しい大都市で起こったならば大変なことになる。今から対策が必要ではないか」と警鐘を鳴らしました。
 さらに、地元の熊本日日新聞編集委員の小多崇さんは、被災者の避難所生活などを取材した経験から「さまざまな課題を顕在化させるのが震災だ。みなし仮設を退去した後の生活再建までの見通しや生活困窮、孤立に陥らない目配りが必要だ」などと、今後の課題を提起しました。
 質疑討論でも、宮城県の参加者から2011年の東日本大震災の時の仮説住宅問題についての経験なども披瀝されました。
 続いて特別報告として、「水俣病のあらまし~水俣病の歴史と教訓、そして今の水俣に学ぶ~」として、水俣市立水俣病資料館館長の島田竜守さんが、事件の発生からチッソや国、県
の責任、被害者に対する差別や偏見、事件を教訓にした水俣市の環境行政などを説明し「水俣病は単に一企業の問題ではなく、経済成長を重視し、人の命や環境を省みなかった時代の問題として捉え直すべきだ」と訴えました。
 別会場でも熊本地震や水俣病関連のパネル展示、映像の上映も行われました。また、全体交流・懇親会では、地元高校生による「山鹿灯籠踊り」などを見た後、熊本の地酒を交わしながら交流が行われました。
 第二日目は分科会が開かれ、「シンポジウム水俣病問題を考える」では、熊本学園大学水俣学研究センター研究員をコーディネーターに、水俣病裁判を支援してきたチッソの元労働組合委員長や、長年、水俣病問題を取材してきた熊本日日新聞記者などが、「水俣病60年」を振り返りながら、今後の課題を議論しました。
 また、有機農業生産者や地元の生協理事長、学校給食栄養教諭による「食の安心・安全・安定」や、熊本の生産者、県議会議員、九州大学准教授などが討論した「食料・農業・農村政策」、九州森林管理局担当者や大阪の市民運動団体代表による「森林・水を中心とした環境問題」の分科会が開かれました。(下写真は第2分科会の様子)
 また、フィールドワークは、熊本地震の被災地である益城町や南阿蘇村を訪ねて、震災の実態を目の当たりにしながら、「震災の語り部」の説明を受けました。

分科会の報告はこちら


「カンタ!ティモール」上映会 @高江公民館のお知らせ



「カンタ!ティモール」上映会 @高江公民館

日時: 11月18日(土)19:00 - 22:00
場所:東村高江公民館
★入場無料(カンパ大歓迎)、事前申込み不要
★映画の上映終了後、21時頃より、現在も東ティモールに通って活動するNGOのスタッフによるお話やシェアリングなどの時間を設ける予定です(自由参加)
主催者: Mio Nogawa、石原 岳

*****

この映画の舞台は、赤道直下の小さな島国・東ティモール。
ひとつの歌から始まった運命の旅が、音楽あふれるドキュメンタリー映画となった。この島を襲った悲劇と、それを生き抜いた奇跡の人びと、その姿が、世界に希望の光を投げかける。

当時23歳だった広田奈津子監督は、人びとの暮らしの中で現地語を学び、彼らの歌に隠された本当の意味に触れてゆく。そして出会う、光をたたえるまなざし。詩のようにつむがれる言葉の数々。それは観る者の胸をそっと貫き、決して消えない余韻となる。

日本が深く関わりながら、ほとんど報道されなかった東ティモールの闘いを取りあげた国内初の長編。

「カンタ!ティモール」予告編
https://www.youtube.com/watch?v=vQ-e_RNEOoI

The perfect Winter pairing.

NO!APEC TV - 2017/11/16(木) 03:43
See the Wonderful,See the Good Life.
If the e-mail below is not displayed correctly,please click here.I love the effect of putting them with some gold and two-tone charms, including the new 14kt Tumbling Hearts charm.
The information in this email is confidential and is intended solely for the addressee.
Home | Privacy Policy | Contact Us | Unsubscribe

新しいテント



N1入口に新しいテントがたっていました。
とても新鮮です。
高江はまだまだ終わっていません。
私たちはこれからなのです。
私たちが普通に暮らせるように、ヤンバルの森をいつまでも未来へ残すために
毎日変わらず座り込みを続けています。

皆さんも高江にきてくださいね!


Здравствуйте! Вас интересуют клиентские базы данных? Ответ на Email: prodawez400@gmail.com

NO!APEC TV - 2017/11/15(水) 08:33
Здравствуйте! Вас интересуют клиентские базы данных?                                          ДА  

Wikipedia記事のほとんどは1%の編集者によって作られている

slashdot(open source) - 2017/11/13(月) 15:24
あるAnonymous Coward曰く、

ここ10年間でWikipediaに作成されたページの77%は、約1%の編集者によって作られているという(MOTHERBOARDSlashdot)。

過去10年間分、2億5000万の記事を元に調査を行ったところ、このような結果が出たという。先月ウィキペディアで活動していた編集者は約13万2000人。1日に投稿される約600件の記事のうち4分の3は、約1300人という限定された編集者によって作成されたとしている。主任著者であるSorin Matei氏は「Wikipediaは組織であり社会運動でもある。献身的なリーダーシップなくして実現はできなかったであろう」とコメントしている。

すべて読む | ITセクション | オープンソース | Wikipedia |

関連ストーリー:
ウィキメディア財団、退職するマネージャーに約50万ドルの退職金を支払っていた 2017年06月10日
Wikipediaの常時HTTPS化によって政府による検閲が減少 2017年06月01日
Wikipedia創設者、新プロジェクト「WikiTribune」をスタート 2017年04月29日

東京でのイベントのお知らせ!

高江もだんだん涼しくなってきました。
秋ですね。

東京でのイベントのお知らせです!

ここ一年。高江ではほんとに酷い状況が続いています。
あまりにも酷すぎて現実のことなのか疑ってしまうほどですが
残念ながら現実です。

この現実を東京の皆さんに伝えにいきます!
現状を知ってこれからどうしたらいいのか一緒に考えましょう!
皆さん是非来てください!






ClamAVのシグネチャファイル配信システムでトラブル発生中

slashdot(open source) - 2017/11/08(水) 16:12
utahime 曰く、

オープンソースのウィルス対策ソフトウェア「ClamAV」で、ウィルス検出に用いられるシグネチャファイルの配信でトラブルが発生しているようだ(公式ブログの記事)。

問題が発生したのは11月1日だが、現時点でも復旧の告知はされていない。何か深刻なトラブルが発生しているのかもしれない。

すべて読む | オープンソースセクション | オープンソース | セキュリティ | ネットワーク |

関連ストーリー:
Sourcefire、“ClamAV”プロジェクトを買収 2007年08月20日

安倍9条改憲NO!全国市民アクション 国会包囲大行動に4万人が参加!

フォーラム平和・人権・環境 - 2017/11/03(金) 11:23

 

 日本国憲法が公布されてから71年目を迎えた11月3日、安倍政権の9条改憲を阻止するために新しく発足した「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」は、「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」と共催し、国会周辺で「11・3国会包囲大行動」を開催。約4万人が国会を包囲、「改憲反対、9条守れ!」「安倍政権打倒!」を訴えました。
 集会は、13時から中川五郎さんなどのプレコンサートの後、主催団体を代表して、全国市民アクション運営委員の高田健さんが「選挙の結果、改憲勢力が3分の2を確保したが、これまで作り上げてきた野党と市民の結束の力をさらに一層発展させて、安倍9条改憲の流れを打ち砕いて行かなければならない。国会での改憲発議を阻止するたたかいを強めよう!」と訴えました(上写真)。
 スピーチは、ルポライターの鎌田慧さんが「国会では立憲野党は少数だが、デモや集会の力、市民の力で、改憲発議を阻止しよう」と呼びかけました。また、作家の落合恵子さんも「本当の安全保障とは、原発をなくし、米軍基地をなくし、憲法を守ることだ。諦めることなく前に進もう!」と強調しました。
 ピースボートの共同代表であり、ノーベル平和賞受賞の「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」の国際運営委員でもある川崎哲さんは「核兵器廃絶と憲法9条は、あの戦争からの教訓だ。9条をまもり、核兵器を世界からなくすことが、私たちの進むべき道だ!」と、安倍政権を批判。
 また、韓国の朴大統領を倒した市民のたたかいを担った、キム・ヨンホさんは「日本の憲法9条はアジアの宝だ。9条改憲は戦前のファシズムへの復帰と新しい軍国主義への出発になり、周辺国の軍拡を招く」と警告しました。
 政党からは、枝野幸男立憲民主党代表、志位和夫共産党委員長、江崎孝参議院議員、福島瑞穂社民党副党首が登壇、「国会の中の闘いと市民の闘いを両輪として、立憲主義を取り戻そう」などと、闘う決意を述べました。また、自由党の小沢一郎代表からもメッセージが寄せられました。
 その後、集会は国会正門前、議員会館前、国会図書館前、町村会館でステージごとに集会を開催。多数の文化人や著名人がスピーチを行い、国会周辺を包み込む「戦争する国絶対反対!」「安倍政権をみんなで倒そう!」「立憲や野党と市民は共闘するぞ!」「改憲反対!9条守れ!」のコールが響き渡りました。
 このうち、「戦争をさせない1000人委員会」が担当した国会議員会館前の集会では、内田雅敏弁護士、ジャーナリストの高野孟さん、東海大教授の永山茂樹さん、落語家の古今亭菊千代さん、一坪反戦地主会関東ブロックの木村辰彦さんがスピーチを行いました(下写真は議員会館前集会)。
 

賢く「記憶」をたどれ

フォーラム平和・人権・環境 - 2017/11/01(水) 19:45

 今年のノーベル文学賞は、日本生まれのイギリス人作家カズオ・イシグロさんに決定した。今年こそはと期待を持っていた村上春樹ファンを失望させたが、イシグロさんも日本人の両親を持つ長崎生まれだから、喜んでもいいのかもしれない。彼の小説の通底するのは「忘れたいけど忘れてはならない記憶。イシグロの受賞には優れて現代的な意味がある」と、生物学者の福岡伸一・青山学院大学教授は述べている。

 「感情的なポピュリズムの嵐が吹き荒れる世相に対して、文学が立ち向かうには『ポピュリズムとは正反対の深く沈潜する純粋な美学と、知的な言葉』だという、まさに文学の本質に戻ろうとした」とは、作家の冷泉彰彦さんの言葉だ。ノーベル賞もまた現在の政治状況とは無縁ではない。

 9月20日(現地時間)、安倍晋三首相はニューヨークの国連総会で発言し、北朝鮮の核問題の解決に必要なのは「対話ではない。圧力なのです」と述べた。私たちは、現在を語るために「忘れてはならない記憶」を呼び起こさなくてはならない。1940年9月、日本は先の見えない日中戦争を打開しようと、米英を敵に回して、北部仏印(インドシナ半島)進駐と日独伊三国同盟に踏み切った。

 翌年、米国の英・中・蘭と協力した対日経済封鎖(ABCD包囲網)と、11月26日の強硬な米国提案(ハル・ノートまたはTENPOINTS)によって追い詰められた日本は、12月8日、真珠湾奇襲攻撃を敢行し、山本五十六・太平洋艦隊司令長官に「是非やれといわれれば、初めの半年や1年は、ずいぶん暴れてごらんにいれます。しかし2年、3年となっては、全く確信は持てません」と言わしめた対米戦争に突入した。結果は皆さんご存じの通りだ。北朝鮮が日本と同じ道をたどることはないのだろうか。ないと誰が断言できるのだろうか。

 総選挙で安倍首相は「愚直に、誠実に、まっすぐに政策を訴えていく」と強調した。愚直にとは「正直すぎて気のきかないこと」と広辞苑にはある。愚直にトランプとともに戦争への道に一直線に進むのか。近衛内閣から東条内閣、愚直な人間の集まりではなかったか。記憶をたどればそう思う。愚直な人間は愚直に戦争の道を選んだ。
(藤本泰成)

社会運動・市民運動サイトからの情報

コンテンツ配信