レイバーネット

コンテンツ配信
レイバーネット日本に投稿された全カテゴリの記事
最終更新: 5週 4日前

韓国:[ワーカーズ]華城外国人保護所ルポ、長期拘禁者と会う

2017/08/17(木) 19:13
6月14日。 水原のある建設現場に入管公務員たちが押しかけた。 入管の公務員は中国出身の移住労働者Y氏を見るとすぐ集団殴打した。 Y氏の顔を拳と足で攻撃し、三段棒で脚を打ちつけた。 二日後、Y氏は全身あざだらけのまま華城外国人保護所に移送された。

韓国:8・15汎国民大会...「韓米同盟ではなく私たちがキャンドル」

2017/08/17(木) 18:41
光復72周年を迎え、主権回復と朝鮮半島平和実現のための8.15汎国民大会が開かれた。 大会に参加した1万人は降り注ぐ雨脚にもその場を守り 「軍事演習を中断しろ」「平和協定を締結しろ」などのシュプレヒコールをあげた。 星州と金泉でも各々住民40人ほどが参加してTHAAD配置を撤回しろと声を高めた。 大会の最後には駐韓米国大使館までデモ行進して 「米国と戦争に反対する」とし、戦争の危機を高めた米国政府の責任を問うた。

韓国:集示法事前申告制、また憲法裁判所へ

2017/08/17(木) 18:41
カトリック人権委員会は8月14日午前、報道資料で、 請求人キム某氏が集示法に憲法訴願を提起したと明らかにした。 キム某氏は2014年4月24日、ソウル市光化門広場世宗大王銅像の前で 「オバマ訪韓反対青年・学生記者会見」を開催したが、 未申告集会を主催したことを理由に略式起訴され、 罰金100万ウォンの略式命令を受けた。

韓国:文在寅政府が戦争の威嚇を加重...韓米合同軍事演習即刻中断を

2017/08/17(木) 18:40
最近の南・北・米の「強対強」対峙局面で、 朝鮮半島の緊張が急激に高まっている中、 国内の市民社会団体が南・北・米すべてが条件ない対話を始めるよう要求した。

韓国:サムスン電子の李在鎔副会長結審公判の日に起きたこと

2017/08/17(木) 18:33
私たちが暴力をふるうことを望む人のように、熱情的に私たちを刺激する人たちの努力にもかかわらず、 われわれはよく耐え忍んだ。 一生に聞く悪態を10倍ぐらい膨らませて、2日間聞き続けたことによる傷まではどうしようもないが。 それでも私たち一生で何日か、あのような人たちと付き合えば良いのだから、何、大丈夫だ。 これからまた良い人たちと長い間、過ごすのだから。 それでも、後で傷つくことなく、この経験を思い出させかどうかわからない。 感じ続けたサムスンの陰湿な気勢も、良い経験であるはずがなかった。

韓国:集配労働者の過労死と自殺防ぐための市民社会対策委発足

2017/08/17(木) 18:32
集配労働者の過労死を防ぐための市民社会対策委員会が発足宣布式を開いた。 対策委は文在寅(ムン・ジェイン)政府の最初の国民真相調査委員会の課題として、 集配労働者の過労死問題を扱うべきだと主張した。

韓国:2か月で2人が自殺…馬匹管理士、人権委に緊急救済を要請

2017/08/17(木) 18:31
公共運輸労組がレッツランパーク釜山慶南で深刻な人権と労働権が侵害されているとし、 国家人権委員会に緊急救済要請および人権侵害陳情を提出した。 レッツランパーク釜山慶南は、2か月で新しい馬匹管理士2人が苦しさを訴えて自ら命を絶った事業場だ。

韓国:光化門座込場に連鎖侵奪…民主労総「労政関係を再確立」

2017/08/17(木) 18:30
鍾路区庁と警察が8月2日、光化門近くの座込場3棟を連鎖侵奪した中で、 文在寅(ムン・ジェイン)大統領を糾弾する労働者、市民社会の声が高まっている。

韓国:プラットホーム資本主義? 人生と労働の新しい「場」を組む方式

2017/08/17(木) 18:29
プラットホームはどんな特性で新しい「場」を組む媒体になっているのだろうか? 基本的に、プラットホームには生産者が工場や事務室の中にいないという点を上げられる。 その言葉は企業が生産者、あるいは労働者を雇用する必要がないという意味だ。 プラットホーム企業の外部の生産者は、やはり外部の消費者とプラットホームを通じて相互作用し、 それぞれが望む価値を創出したり目的を達成する。

〔週刊 本の発見〕『軟骨的抵抗者−演歌の祖・添田啞蟬坊を語る』

2017/08/17(木) 13:37
この唄を聞いた記憶はわたしにある。ザ・ドリフターズのカバー、あるいはエノケンだったかもしれない。

戦争する国ゴメンです!〜8.15「ふじさわ・不戦の誓い・平和行動」

2017/08/17(木) 13:17
8月15日、今年の「ふじさわ・不戦の誓い・平和行動」は「戦争する国ゴメンです! 子どもたちの未来のために」を合言葉に、115人の市民と超党派議員が一緒に、2時間に亘って道行く人々に平和をアピールした。

喜多見と狛江の小さな映画祭・実行委員長インタビュー

2017/08/15(火) 19:24
8月20日、23日〜27日まで、東京の喜多見・狛江で開かれる映画祭の実行委員長、高山正樹さんに映画祭について聞いてみた。

社会運動・市民運動サイトからの情報