憎まれ愚痴入口木村書店 雑誌『憎まれ愚痴』バックナンバー項目別案内

インターネット 週刊誌"I.eye.愛"(aiaiai!)

『憎まれ愚痴』9月号

2003.9.5発行:月刊(94号)

目 次

9月の話題:

随時追加「編集長日記風」木村愛二の生活と意見

2003年9月5日(金) 敗戦後58年目の夏の終わりにわが精神の基本の歴史感覚の大陸的かつ非日本的なる違いを強く意識し振り返る

木村書店 メルマガ発行! 9.18(購読無料)登録

編集長の超偏執的投稿日誌
(別名:投稿魔の足跡)

*******************************************************************
阿修羅http://asyura.com/
戦争掲示板最新(http://www.asyura.com/0310/war39/index.html
ダウンした時→(避難所 http://asyura.us/
*******************************************************************
ご注意:このページは阿修羅サイト停止中は役に立ちません。

2003年9月分-2 2003年7月分-1 2003年4月分-1
2003年9月分 2003年7月分-2 2003年4月分-2
2003年8月分-1 2003年6月分 2003年3月分
2003年8月分-2 2003年5月分  

自己紹介追加記事:1946年、北京から引揚げ船で送還された

“少年A”の物語 

(0) 時代の始まり―予告編 03.8.19
03.9.02追加
(1) 僕等は侵略者の子供達だった
(2) 重い扉をバラバラと叩くつぶての音が、敗戦の知らせであった
(3)-1 収容所に向かうトラックは、田舎道の黄色い埃の中を揺れながら走った
(3)-2 城壁のない街は、北京の近所と似ていた
03.09.15追加
(4)-1

街の子供達は見覚えのない旗を振っていた

(4)-2 「日本は戦争に敗けたんだから、喧嘩なんかしてはいけないよ」
(4)-3 「戦争に敗けてサンキューベリマッチもないものだ」
(5) 正月になって、浮き立った雰囲気が生れた
(6) 妹が生まれて、和代―平和な時代、という名がつけられた
(7)-1 暖かくなって、引揚げ船の噂が出始めた
(7)-2 クリークの氷は毎日溶けては薄くなっていた
(7)-3 僕等の恐怖と狂気が中国兵に乗り移った
(8) 僕は誰にも構われずにベッドの傍らに立っていた
(9)

帰還船の来る港への移動が始まった

(10) 行列の横をアメリカ兵が陽気に往き来していた

木村書店 近刊!
『イラク「戦争」は何だったのか』

連載開始連載4回の第3回)

1994年10月12日「湾岸平和訴訟」大法廷での木村愛二証言記録
(その3)
「アメリカのダブル・スタンダード、振り回す正義の旗は二枚舌」

お知らせ

『911事件の真相と背景』(木村書店)第2刷 11月20日発行
好調につき 販売方法改訂 木村書店から お知らせ!!

現代史研究会 第148回 2003年9月27日(土)
「マルクスの『ドイツ・イデオロギー』をめぐる世界」(仮題)

マッド・アマノの 9/11事件の2周年記念日怒りの山拓


WEB雑誌『憎まれ愚痴』に戻る

バックナンバー

バックナンバー目次一覧

連載記事一括

各号の時事論評&投稿一括


憎まれ愚痴総合案内
雑誌『憎まれ愚痴』
木村書店
亜空間通信
亜空間放送局