レイバーネット

コンテンツ配信
レイバーネット日本に投稿された全カテゴリの記事
最終更新: 5週 2日前

写真速報 : 「何があっても戦争をしない」〜焦眉の「北朝鮮問題」に迫ったレイバーネットTV

2017/09/13(水) 10:36
9月12日のレイバーネットTVは、「夜生スペシャル」と題した討論番組を放送した。

社会変革を夢見て闘った若者たち〜ドキュメンタリー映画『三里塚のイカロス』

2017/09/13(水) 08:54
代島治彦監督作品『三里塚のイカロス』を、封切りの9月9日、京都の片田舎から上京して渋谷のシアター・イメージフォーラムで見た。

東進ハイスクールの問題集に「大東亜戦争」の表記〜憂慮される「教育産業」の右傾化

2017/09/13(水) 08:21
東進ハイスクールという予備校をご存知の方も多いだろう。「いつやるの、今でしょ」の林修氏が国語講師として在籍していることで有名である。

太田昌国のコラム「サザンクロス」 : 米軍の在外兵力の現状から見えてくるもの

2017/09/11(月) 11:11
2016年9月段階での米軍の在外兵力の実態が発表された。米調査機関ピュー・リサーチ・センターが米国防総省の統計資料を集計し、発表したものだ。

「北朝鮮問題において米国に勝算はない」

2017/09/11(月) 05:10
オーストラリアのラ・トローブ大学の国際政治研究者、 ベンジャミン・ハビブ(Benjamin Habib)氏は、 現地の非営利オンライン学術ジャーナル「ザ・カンバセーション(theconversation.com)」に9月4日(現地時間)、 「北朝鮮が核兵器保有国の一歩直前まで来た状況で、トランプ政権には勝算がない」とし 「われわれは東北アジアの盟主が米国から中国に移動する覇権の過渡期を目撃している」と指摘した。

韓国:[ワーカーズ イシュー]万病の根源

2017/09/10(日) 23:44
チェ・ゴンビョン(61)氏は慶南のある自動車部品の塗装会社で 嘱託職(元請が直接雇用した短期契約職)として働いている。 一昨年、この工場に日雇職として入った後、正規職を経て、嘱託職の身分になった。 安定的であるわけではないが、それでも大きな不満もない。 彼の雇用は常に劣悪だったし、似たり寄ったりだった。 これまでに味わった苦痛と挫折を思い出させないのなら、 それでも耐えられるものだった。

韓国:[ワーカーズ イシュー]先輩の福祉は元気ですか?

2017/09/10(日) 23:44
今回は適性にぴったりな仕事だと思った。 自分のように老いていく老人を世話する仕事はかなり意味があった。 お金ばかり好む会社のために忠誠をつくさなくてもいいという点も気に入った。 長い間、回り回ってここまできたので、 過去の傷と怒りを忘れて新しく始めようと決心した。 2010年、清州市老人専門病院に入社したクォン・オクチャ(63)氏は 「療養保護士」という職業で人生第2幕の第一歩を踏み出した。

韓国:[ワーカーズ イシュー]スペックは一生積むものだという

2017/09/10(日) 23:43
不動産不敗神話に力づけられて公認仲介士になった。 不動産業を開業した後、それなりにいい暮らしをしていた。 率直に言えばこれまで経験した業種と職種の中で一番良かった。 財政的にも、精神的にも、肉体的にも。

韓国:[ワーカーズ イシュー] 面接の歴史

2017/09/10(日) 23:42
「私たち皆は今、汗と涙と…苦痛を要求されていています」

韓国:[派遣美術-現場美術]釜山に発つ希望の旅程(6)

2017/09/10(日) 23:31
希望バスを派遣美術という大きな構図で見よう。 派遣美術チームは現場に自らを派遣する人たちの集まりで、 彼らは派遣に行ったところで自分たちの才能とできる全てのことを連帯にする。 希望バスの乗客はすべて派遣美術チームだと考えて、 彼ら1人一人の連帯が活動につながり、大きな構図の希望バスが作られたのだ。

社会運動・市民運動サイトからの情報