日刊ベリタ

コンテンツ配信
国際報道高級紙
最終更新: 4週 6日前

[B] 安倍政権の知恵袋 田原総一朗氏  二つの顔を持つ新自由主義の導き手

2017/08/29(火) 11:43
田原総一朗氏が支持率激減で悩む安倍首相になにやら提案をしたことが話題を呼んだ。中身が不明だったため、冒険的な内容らしいとか、北朝鮮への電撃訪問か、といった憶測が飛び交った。田原総一朗氏と言えば1987年に始まった「朝まで生テレビ!」の司会者としての顔が最も代表的と言ってよいだろう。この番組では左派から右派まで様々な論客を集め、1時間とか2時間と言った昼間の時間帯の番組編成の常識を破り、夜通し討論をする、というスタイルで人気を集めてきた。

[B] 中国、2020年に世界一の臓器移植大国に

2017/08/29(火) 00:04
「2017年全国人体臓器提供・移植工作会議」が5日、雲南省昆明市で開催された。(JCLIFセミマンスリーニュース)

[B] 日本の男女の賃金格差  平均で女性の賃金は男性より27%低い  イタリアは約5% 

2017/08/28(月) 19:24
日経新聞の今年の記事によると、フルタイムで働く日本の男女の賃金格差は27%、つまり仮に男性が30万円の収入だとすると女性は約22万円ということになる。この差は大きい。これは憲法に保障された男女の平等に反していないのだろうか。

[B] 自民党の政治家たちの危機感の”ずれ”

2017/08/27(日) 10:51
今では東京新聞と並んで、この国で政府批判ができる数少ない新聞が日刊ゲンダイである。その日刊ゲンダイに自民党内で反安倍を標榜する議員が集結したという記事が出た。記事によると彼らは「日本の明日を創る会」という30人の勢力で、未だ大臣になれていない中堅議員たちだと言う。記事にはこう書かれていた。

[B] 【西サハラ最新情報】  TICADに西サハラが参加!  平田伊都子

2017/08/27(日) 08:12
「モザンビークで開かれたアフリカ開発会議(TICAD)閣僚級会合の会場で24日夜(日本時間25日未明)、議長国の日本が招いていない西サハラの関係者が強引に会場に入ろうとし、西サハラと対立するモロッコの出席者と小競り合いとなる一幕があった」と、8月25日の共同通信が伝えています。 真相はどうだったのか? モロッコと西サハラの言い分を検証してみます。 朝日新聞の西サハラ難民キャンプ訪問後、西サハラを巡る動きが急展開を見せています。 いよいよ、日本の出番ですかネ?

[B] NHK局員のエリート意識  NHKの辞書に「平等」という言葉はない

2017/08/26(土) 04:35
NHKが安倍政権におもねって報道すべきことをネグレクトしていると言われてもう4年以上になる。NHKはなぜ権力に弱いのだろうか。その理由はNHKに出入りしている制作会社の人たちに聞けば一番よくわかる。すなわち、NHKの中にもいろんな人がいるから全部をひとまとめにはできないが、多くの人が激しいエリート意識を持っているのだそうだ。民放よりもはるかにその意識が強く、日本の放送業界を代表するのが自分たちである、と思っているらしい。

[B] NHKスペシャルで「前川前文科省事務次官のインタビューの真実」 を  

2017/08/25(金) 19:02
NHKに期待したいのは現在の報道だ。もちろん、戦時中の史実を明かす番組もよい。だが、所詮、それらの番組を作ることにさしたる勇気は必要ない。本当に勇気と覚悟を求められているのは今の時代の真実を解き明かすことだ。それができないようなら、NHKは安倍政権の下請け放送局に過ぎないと言われても仕方がないだろう。まずは国民が関心を持っている以下の番組を放送して欲しいものだ。

[B] 日本は高齢化にどう対処してきたか 中国が学ぶべき点

2017/08/25(金) 17:30
日本は高齢化に対処するため、年金、医療、介護など社会保障制度を構築し、常にその内容を充実させている。(JCLIFセミマンスリーニュース)

[B] 日本政府提訴の元「慰安婦」最後の1人、黄有良さんが死去

2017/08/25(金) 17:28
8月14日の世界「慰安婦被害者メモリアルデー」を前に、日本政府を提訴した元「慰安婦」の黄有良さんが12日、海南省陵水リー族自治県英州鎮田仔郷乙堆村の自宅で死去した。90歳だった。(JCLIFセミマンスリーニュース)

[B] NHKが731部隊のドキュメンタリーを放送 日本人は「見て見ぬふり」複雑な気持ちに

2017/08/24(木) 00:08
8月15日は日本で「終戦記念日」と呼ばれている。13日夜、日本の放送局NHKが「731部隊の真実〜エリート医学者と人体実験〜」という50分間にわたるドキュメンタリーを放送したことが、日本で世論の関心を集めた。(JCLIFセミマンスリーニュース)

[B] 日本はなぜあんなにきれいか ゴミを厳格に分別し収集

2017/08/24(木) 00:04
日本を初めて訪れた外国人観光客はみな、空が青い、水が澄んでいる、街がきれい、道路にはゴミも紙くずも全然落ちていないと感じるに違いない。「きれい」がおそらく日本に対する第一印象になる。(JCLIFセミマンスリーニュース)

[B] 中国で専業主婦をめぐる熱い議論、「社会貢献大きい」は6割

2017/08/22(火) 23:04
中国では、女性が専業主婦になるべきかどうかが話題となり、熱い議論が巻き起こった。きっかけとなったのは専業主婦をテーマとしたドラマだ。職場で働く女性が高く評価される一方、専業主婦は十分に認められていないのが現状だ。(JCLIFセミマンスリーニュース)

[B] 深セン、放射能漏れの影響受ける日本の地域が産地の果物密輸を摘発

2017/08/22(火) 22:57
深セン皇崗検験検疫局は8月2日、福島第一原子力発電所事故の影響を受けている長野県や山梨県が産地の果物を密輸しようとしたワゴン車を摘発した。(JCLIFセミマンスリーニュース)

[B] 【西サハラ最新情報】  西サハラ難民キャンプに行ってきました  平田伊都子

2017/08/22(火) 06:41
成田を出たのが8月13日22時。 格安エメレーツ航空機のエコノミークラスはお盆休みと重なり、満席でした。 飛行時間10時間40分で、乗り継ぎのハブ空港ドバイに着陸し5時間待たされ、さらに7時間シートベルトをして、アルジェリアの首都アルジェに到着しました。 延べ約23時間もの辛い飛行機旅行でした。 そして同日8月14日22時30分、西サハラ難民キャンプのあるティンドゥーフに向け飛び立ち、翌15日午前2時、現地空港に到着。 空港から50キロメートル離れた難民キャンプに、やっと午前4時に着きました。 それなのに、その日の23時には、難民キャンプにさよならをしたのです。 帰りの便も乗り継ぎが悪くドバイでは23時間待たされ、成田に着いたのが8月18日17時15分でした。 6日もかけて難民キャンプの滞在は僅か19時間、仮眠と休憩を差し引くと、僅か10時間の取材、、「そんな短時間で何が分かるんだ?」と、野次が飛んできました。 ごもっともです、、

[B] ネットで議論することは必要か?  必要なし

2017/08/21(月) 19:25
インターネットではネトウヨとか(最近ではネトサヨとか?)、人を敵味方に区分して、敵と見れば徹底的にけなし、味方と見ればその意見を拡散する・・・言論活動という意味では後退的な現象が目につく、としばしば批判されています。異なる政治意識や思想を持った人間同士が平和にかつ冷静に有意義な議論を交わしてそこから、さらに考えを高め、より優れた解決策を導き出す言論活動はネットでできないのか、と。

[B] 江蘇省連雲港市、休漁シーズンを終えた漁船が出港

2017/08/20(日) 17:01
漁船が8月1日、江蘇省連雲港市贛■区(■は木へんに兪)青口中心漁港を出発し、東中国海での漁獲に向かった。(JCLIFセミマンスリーニュース)

[B] 中国の高資産層が11年で8倍に 49兆元が投資可能

2017/08/20(日) 16:59
招商銀行プライベートバンキング事業チームが米ベインキャピタルとともにこのほど発表した「2017年中国個人資産報告」によると、2016年には中国の高資産層は158万人に上り、06年には18万人だったことを考えると、過去11年間で8倍以上増加したことになる。(JCLIFセミマンスリーニュース)

[B] 極右か、新自由主義か

2017/08/19(土) 12:16
今年のフランスの大統領選挙は決選投票がエマニュエル・マクロン候補VSマリーヌ・ルペン候補となり、フランス人にとっては新自由主義VS極右の二者択一になってしまった。この二つの政治に反対する左派の人々にとっては、一種の悪夢的な状況が出現したのだった。純粋に経済政策だけを見ればマリーヌ・ルペン候補の方が左派に近く、一方で反レイシズムという視点から見ればマクロン候補の方が左派に近かった。マリーヌ・ルペン氏がレイシストと言えるかどうかは議論の余地があるが、少なくともイスラム教徒への言動や政策を考慮するとウルトラナショナリストとは言えるだろう

[B] 第3次「日中不再戦の誓いの旅」― 北京、哈爾浜、瀋陽、撫順、大連を訪問

2017/08/18(金) 08:46
日中労交の第三次「日中不再戦の誓いの旅」は、7月25日に出発し、北京、哈爾浜、瀋陽、撫順、大連を訪問して、30日に帰国しました。(JCLIFニュース)

[B] 九州北部豪雨災害支援活動(福岡県朝倉市)〜36℃超えのなか、チーム広島10(テン)が奮闘〜

2017/08/17(木) 23:49
7月22日(土)福岡県朝倉市は、曇天。朝5時に広島市を出発したチーム広島10は、9時半に、朝倉市に到着。杷木インターを降りるころには、土砂に埋もれた家もチラホラ。すでに多くのボランテイアが活動しています。(広島災対連NEWS No.25)

社会運動・市民運動サイトからの情報