鯨ジャンプ・ショーで日本の子供たちを殺した真珠湾原潜艦長

2001.2.10「えひめ丸」事件

平成13年2月10日(日本時間)、ハワイ州オアフ島沖で愛媛県宇和島水産高等学校の練習船「えひめ丸」(35名乗船)が、緊急浮上した米原子力潜水艦「クリーンビル」に衝突され沈没、乗員35名中9名(内高校生4名)が行方不明。(外務省 各国・地域情報 北米:「えひめ丸」衝突事故の概要 平成14年2月28日より引用)

(その00) 2.25.放映のテレビ朝日『スクープ21』の評価と問題点の徹底検証

 本当は、すれすれを狙って失敗したのではないか、この恐るべき事実を誤魔化すために、民間人による満員状態、それによる航路図作製中断(あり得ることか!)とか、ソナー操作者は訓練生とか、モニターの故障とか、などなど、愚にも付かぬ弁解の口実をでっち上げているのではないか。以上の疑問は、実物大の模型による再現によって、ますます、昼なお暗く天を覆う黒雲のごとく…… ⇒全文を読む

(その01) 「日記風」2月分記載から原潜問題関連部分のみ抜粋

ツアーの「民間人」と招待者の正体が判明 原潜グリーンビルは酒気帯び操舵!?  謝罪しないのが米国のデモクラシーなのだ
『週刊文春』(2001.3.1)「吐き気をもよおす米国ヤフー掲示板『原潜事故』の書き込み」「日本政府よ米軍発表を鵜呑みにするな/原潜「グリーンビル」は酒気帯び操舵だった!/スクープ!」
『週刊新潮』(2001.3.1)「『鯨ジャンプは訓練ではない』/米メディアが報じた『原潜衝突』の真相」
 さあ、いよいよ、鯨、鯨、捕鯨禁止問題に接近中。目くじら立てて、怒り狂おう。 ⇒全文を読む

(その02) 米原潜「事故」か「故意」かの既存全情報に基づく仮説による捜査方針

 真珠湾沖に向かう航跡の船を見つけ出して、敵駆逐艦発見と想定、前方に出て、魚雷を避けるジグザグ前進、訓練海域ではなくて、わざわざ「真珠湾を記憶せよ!」の歴史的記念の海上に狙いを定めて、急旋回、緊急浮上、迎撃、と計画したのが、民間人による操作の遅れによるものか、ほんの少しの誤差で、衝突してしまったのです。
「耶蘇!」などと自分を罵倒してみても、もう後の祭り。真っ青な顔の艦長は茫然自失、なす術を知らず、これは国難と心得た上官の潜水艦軍総参謀長は、咄嗟の判断で、民間人をも含めた搭乗者全員に箝口令を敷きましたが、隠すより顕わる…… ⇒全文を読む

(その03) 米原潜の前艦長はやはり軟禁の箝口令下に置かれ真相を隠していたのだ

『日本経済新聞』(2001.3.5.夕)「ワドル前艦長の発言要旨」によれば、ワドルは、「事故から2日後の2月11日、えひめ丸の行方不明者の家族との面会を望んだが、上司から行くべきではないと言われた」と米タイム誌に語ったようです。
 つまり、有り体に白状すると「上司」らが困る事態があったに違い無いのです。事実は明らかなのに、理由が明示されていない決定的に重要な核心的鍵言葉を再び強調すると、なぜ、訓練海域ではない真珠湾の沖だったのか、なぜ、そこで急旋回して緊急浮上という最も危険な芸当を演じたのか、 ⇒全文を読む

(その04) 16人の民間人の所為には出来ない報道されざるもう1つの謎は潜望鏡録画(3.7.追加と訂正)

普段ならば、潜望鏡で見えたものは、「事故」の最中も前後も録画されているべきところが、「この仕掛けを作動させていなかった」というのです。 keeping with the Navy's luck という部分は、微妙なので、念のために、翻訳家の萩谷さんにも見て貰ったところ、直訳すれば、「海軍の運勢と調子をあわせて」となるが、「たぶん、『なんと海軍には都合のよいことに、その装置が作動していなかった』という皮肉でしょうね」との御返事が即座に戻ってきました。 ⇒全文を読む

(その05) 「潜水艦教本やーい!」からNスペ原潜CGの犯罪的映像詐欺告発まで

 艦長は、涙ながらに家族に謝罪し、家族会の会長は、怒りが消えたとか、艦長も気の毒とか語っているようです。軍法会議を控えた弁護士も同意の駆け引きの疑いもあり、微妙な問題ではありますが、「上司から止められていた」ことが本人の口から再度語られたわけです。これでまた、軍上層部による真相隠蔽工作の疑いが、NHKはともかく、一応の世間常識のある者の目には、ますます、濃厚になってきました。いずれは、これも、やはりマフィア型の弁護士の統制さえ崩壊し、艦長が泣き崩れて、本当の真相、急旋回、緊急浮上、海上での迎撃、などのごくごく通俗的な作戦の立案者が、実は、YIP接待役の上司の潜水艦軍総参謀長だったと檄白するのではないでしょう。その方が、艦長にとっても、艦長の家族にとっても…… ⇒全文を読む

(その06) 悲嘆は謝罪にあらず/腑抜け日本を嘗め切る殺人原潜処理と報道に唖然

父親、寺田亮介さんが、「日本であれば、[中略]業務上過失致死罪 で起訴されるはず」と言ったそうですが、これは、国際的にも当然の常識です。
 念のために、早速、警視庁に電話をして、広報と指名し、かくかくしか じか、日本で自衛隊が同じような事故を起こして人が死んだら、警察は、指を加えて 見てるか、と聞くと、当然、そんなことはありません、と、いささか憤然…… ⇒全文を読む

以上。