NHK放映:ETV特集「戦争をどう裁くか」4回シリーズの問題点

2001.1.29~2.1 NHK放送:ETV2001 シリーズ「戦争をどう裁くか」
第1回「人道に対する罪」、第2回「問われる戦時性暴力」、第3回「いまも続く戦時性暴力」、第4回「和解は可能か」
2005.1.12:朝日新聞報道:
「NHK『慰安婦』番組改変 中川昭・安倍氏『内容偏り』前日、幹部呼び指摘」

上に戻る

「従軍慰安婦」問題に見る「メビウスの帯」断章 より

「戦争をどう裁くか」改変事件をさらに裁く

因果は巡るNHK戦争裁判メビウスの帯2

(3) 2001年4月の電子手紙よりNHK「戦争をどう裁くか」改変事件をさらに裁く部分のみ抜粋

   連続番組は、これまでに続けてきた同種の番組の延長線上で企画したもので、改変された問題の2夜の中心となった「女性国際戦犯法廷」が下敷きではないとのことでした。
 そこで、私見の俯瞰的な評価になりますが、担当者は、おそらく、1夜の「ホロコースト」問題では、これまでに外部から中止圧力がなかったため、その延長線上で、日本の戦争犯罪を取り上げても、特に問題にはならないだろうと、思っていたのでしょう。⇒メビウスの帯(その03)へ

(4) 続:NHK戦争裁判の大いなる錯誤

(5)「ホロコースト」「ユーゴ民族浄化」「百人斬り」嘘の因果は巡るメビウスの帯

(6) 歴史は物語か実録かNHK戦争裁判の喜劇に見る「講釈師、見てきたような嘘を言い」の枠組


(1)「日記風」2000年5月分より「従軍慰安婦」問題の関連部分のみ抜粋

(2)「日記風」2000年6月分より「従軍慰安婦」問題の関連部分のみ抜粋

上に戻る

「戦争をどう裁くか」4回シリーズの問題点
@亜空間通信 ▼下へ続く

『亜空間通信』936号(2005/01/14)
【「国際女性戦犯法廷」には複雑な背景問題あれどNHKに自民圧力内容変更暴露は怪我の功名の評価】

 物事には常に複雑な背景、側面がある。このところ、急に新聞の紙面にも出現し始めたNHKの「国際女性戦犯法廷」番組への自民党の圧力問題では、その複雑さが、通常の数倍、いや、数十倍である。
 自民党の圧力とNHKの実態の暴露、権力と大手メディアの正体暴露は、結構なことである。NHKと自民党、幹事長代理の安倍晋三は、間違いなしに、「悪」である。
 しかし、それでは、その「悪」の「被害者」のように見える「国際女性戦犯法廷」は、「正義」の味方なのであろうか。 ⇒936号全文を読む

上に戻る

1086号(2005/08/24)
【NHK「慰安婦」番組8/11集会共催「人権と報道・連絡会」メディア支配の創価学会との関係疑惑】

1075号(2005/08/16)
【NHK「慰安婦」番組のアメリカ謀略の経過が8/11緊急集会の魚住昭報告で少し明らかになった】

1069号(2005/08/04)
【NHKvs.月刊『現代』9月号記事の論評を若干補正し1/19「部長の激怒」自主規制を強調】

1068号(2005/08/01)
【NHK広報vs.月刊『現代』9月号「1/19教養番組部長のDJ版1回目試写」に始まる手直し経過欠落】

1062号(2005/07/26)
【NHK「番組改変」朝日2頁超巨大「検証」記事「読者の皆様へ」徹底検証せざるを得ず不愉快至極】

988号(2005/03/26)
【NHK「従軍慰安婦」番組放映直後のわがホロコースト批判連続投稿を一般公開文書館で発見し再録】

970号(2005/02/15)
【NHK従軍慰安婦番組改変騒動の火元の女性国際戦犯法廷は不勉強で思い込み「偽の友」左翼の典型】(その2.被告側の調査報告)

969号(2005/02/15)
【NHK従軍慰安婦番組改変騒動の火元の女性国際戦犯法廷は不勉強で思い込み「偽の友」左翼の典型】(その1.被告側の調査報告)

968号(2005/02/13)
【NHK「従軍慰安婦」番組改変騒動は思い違い平和主義こと平和売人が憎悪商人となる悲喜劇の象徴】

965号(2005/02/11)
【NHK番組改変劇「暗黒の5日間」(魚住昭)とNHKvs.朝日メディアの自殺(文藝春秋編集部)激突】

964号(2005/02/10)
【NHKに「戦争をどう裁くか」の全部の複製を実費で引き渡せと求める訴訟を2/10東京地裁に提出】

963号(2005/02/09)
【NHK「従軍慰安婦」女性国際戦犯法廷はホロコーストの嘘洗脳シオニスト大量虐殺犯罪の手先】

961号(2005/02/08)
【NHK「従軍慰安婦」番組問題は週刊現代「福田vs.安倍バトル」凄惨情報により伏魔殿の謀略の様相】

960号(2005/02/06)
【NHK・自民批判は結構だがシオニストの手先で罪刑法定主義無視の国際戦犯法廷礼賛者は滑稽至極】

959号(2005/02/06)
【受信料支払い停止提案が東大教授から出たのはNHK抜本改革絶好の機会で電波主権者市民決起せよ】

958号(2005/02/04)
【NHKに告ぐ:放映番組常時公開せよ!当面は話題沸騰の4回シリーズの3回目ユーゴ問題で提訴する】

954号(2005/01/29)
【NHKvs.朝日新聞の醜い争い猟奇報道合戦は火種「女性国際戦犯法廷」猿芝居の仕掛け調べぬ空中戦】

951号(2005/01/25)
【NHKと朝日新聞「政治介入」抗争は落ち目のナベツネ読売を尻目のメディア政治権力主導権争い】

949号(2005/01/24)
【NHKへの安倍晋三ら自民党閣僚の政治介入説は時系列の経過を見て検討すると不可能で報告が正解】

948号(2005/01/25)
【『女性国際戦犯法廷』めぐる経緯の時系列と人名などの調査報告が電網に「転送可」として出現】

944号(2005/01/21)
【アメリカの侵略戦争提灯持ちを反戦と勘違いする無知蒙昧不勉強の朝日新聞読者に呆れ果て慨嘆!】

943号(2005/01/21)
【週刊新潮1/27記事は似非紳士朝日破落戸記者2号本田雅和批判の実感の籠もった傑作で必読】

942号(2005/01/20)
【平和売人のお粗末の典型が今話題の女性国際戦争犯罪法廷で靖国合祀A級とBC級戦犯の日付混同】

940号(2005/01/19)
【ホロコースト大好き不気味教授がNHK政治介入批判記者会見・討論会発言者で直接ニコヤカ挨拶】

938号(2005/01/15)
【従軍慰安婦NHK自民圧力改竄報道は朝日似非紳士面目躍如で米帝の謀略荷担廉恥心無し】

936号(2005/01/14)
【「女性国際戦犯法廷」には複雑な背景問題あれどNHKに自民圧力内容変更暴露は怪我の功名の評価】

935号(2005/01/13)
【好戦派の安倍晋三に追い討ちを掛ける雑誌記事3つの震源は季刊『真相の深層』04夏2号の特集】