JCA-NET は通信NGOとして、APC(進歩的コミュニケーション協会)とともに、世界の APC メンバー40カ国以上のパートナーとの協力により、社会的、環境的、経済的正義、性による差別の克服を求める社会運動を、情報通信技術を使って支援します。

批判的監視研究のデイビッド・ライアン教授来日講演・集会(4月14日~21日)

カナダ、クィーン大学のディビッド/ライアン教授が来日する。昨年『監視スタディーズ」の翻訳が刊行された。ライアン教授は監視社会批判の理論家の第一人者。共通番号制(マイナンバー制度)や秘密保全法が国会に上程されているこの国にあって、いま一度監視社会を根本から批判する視点を考えるまたとない機会となるだろう。以下、東京、関西、福岡で開催される集会等の案内です。


 

3月30日院内集会のビデオがアップされました

3・30院内集会「情報統制への道、「秘密保全法」反対! 共通番号法案=マイナンバー法案を廃案に! 野田政権による共謀罪復活反対!」のビデオがアップされました。
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/7018

3・30院内集会:情報統制への道、「秘密保全法」反対! 共通番号法案=マイナンバー法案を廃案に! 野田政権による共謀罪復活反対!

3・30院内集会
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
情報統制への道、「秘密保全法」反対!
共通番号法案=マイナンバー法案を廃案に!
野田政権による共謀罪復活反対!
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

■と き 3月30日(金)12:30~14:00
■ところ 衆議院第二議員会館第6会議室室
院内連絡先:服部良一事務所(内線:衆70505 担当:芦澤)
■お話し 山下幸夫さん(弁護士) 
「秘密保全法案とその罰則について」
白石 孝さん(反住基ネット連絡会)
「共通番号制度は、強い国家、小さな政府への道」
■発 言 国会議員、表現者、市民団体 ほか
■共 催 盗聴法に反対する市民連絡会/反住基ネット連絡会
■連絡先 [盗聴法に反対する市民連絡会]
東京都新宿区西早稲田1-9-19-207 日本消費者連盟気付
TEL 090-2669-4219 
[ネットワーク反監視プロジェクト ] TEL  070-5553-5495

3.6緊急院内集会:いらない!共通番号制(マイナンバー法案)

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
3.6緊急院内集会
いらない!共通番号制(マイナンバー法案)
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

*日時:3月6日(火)12:00~13:30
*場所:衆議院第二議員会館 地下1階 第7会議室
院内連絡先:服部良一事務所(内線:衆70505 担当:芦澤)

*発言者:石村耕治さん(PIJ代表) 、清水雅彦さん(日体大准教授)、辻村祥造さん(税理士)、水永誠二さん(弁護士)、知念哲さん(神奈川保険医協会)斉藤貴男さん・予定(ジャーナリスト)、田島泰彦(上智大)

<法案解説> 原田富弘さん(やぶれっ!住基ネット市民行動)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ついに14日マイナンバー法案が国会上程されてしまいました。
至急国会に対する取り組みを開始しなければなりません。
まず第1弾として上記のように院内集会を企画しました。
ご多忙化とは思いますが、是非ともご参集ください。
とにかく国会議員に勉強してもらわなければなりません。

秘密保全法制定に反対する意見書を提出

JCA-NETは、他の市民団体T共同で、下記の意見書を本日衆議院内閣委員宛に提出しました。

JCA-NET総会決議:経済産業省資源エネルギー庁(エネ庁)による原発報道監視に反対する

CA-NETは、12月17日に開催した総会において下記の決議を採択しました。

JCA-NET総会決議:携帯電話GPSを利用した被疑者の位置確認情報取得に反対する

JCA-NETは、12月17日に開催した総会において下記の決議を採択しました。

JCA-NET総会決議:コンピュータ監視法の廃止を

JCA-NETは、12月17日に開催した総会において下記の決議を採択しました。

11・30集会:社会保障と税の共通番号制度

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

社会保障と税の共通番号制度

わたしたちの疑問第2弾 <税と共通番号>

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

◉日時:2011年11月30日(水)  午後6時30分から

◉場所:かながわ県民センター  1501号室

◉お話: 辻村祥造さん(税理士)
  プライバシー・インターナショナル・ジャパン副代表

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★ 政府のいう「共通番号制度」とは、社会保障サービスや徴税をより適切
に行うために、国民一人一人に番号を割り振ると説明しています。番号を導
入することで、より公平・公正できめ細やかな社会保障のできる社会が実現
できるといいますが、果たしそのようなバラ色の社会となる制度でしょうか。

★ 番号を活用することで、より正確な所得把握が可能となり、個人の納税状

転載【声 明】携帯電話GPSを利用した被疑者の位置確認情報取得に反対します

2011年11月21日

【声 明】携帯電話GPSを利用した被疑者の位置確認情報取得に反対します

盗聴法(組織的犯罪対策法)に反対する市民連絡会
 日本消費者連盟気付
 TEL090-2669-4219                 
ネットワーク反監視プロジェクト  

社会運動・市民運動サイトからの情報

コンテンツ配信