JCA-NET は通信NGOとして、APC(進歩的コミュニケーション協会)とともに、世界の APC メンバー40カ国以上のパートナーとの協力により、社会的、環境的、経済的正義、性による差別の克服を求める社会運動を、情報通信技術を使って支援します。

JCA-NET5月のセミナー(オンライン開催)ご案内

-----------------
オンライン会議室jitsi-meetの使い方入門とさらに上手に使うために
-----------------

オンライン会議室、jitsi-meetの使い方のセミナーをオンラインで開催します。
すでに使い始めているみなさんもおられる一方で、オンライン会議には関心が
あるが、実際に使えるかどうか不安に感じている方もおられると思います。ま
た、すでにZoomなど他の会議室システムを使っているので、あえてJitsi-meet
を使う必要もないと感じている方もおられると思います。Zoomなどの商用サー
ビスではなく、オープンソースとして提供されている仕組みであることの意義
を私たちは重視しています。コミュニケーションの権利は売り物ではありませ
ん。できる限り、技術も含めて私たちが関与できること、透明性が確保されて
いることが大切だと考えています。

4月にひきつづきですが、全く初めての方と、使ってみたけれども思うように
いっていないという方の両方の方たちが参加できるように、二つに分けて開催
します。オンラインでの開催ですから東京以外の方もこの機会にご参加くださ
い。

----------------------------
(1)Jitsi-meetの利用がまったく初めての方。

(ミャンマー政府に対する共同声明)運輸通信省による221のウェブサイトをブロックするように4つの電気通信サービスプロバイダーに対して出された命令に関するデジタル権利組織その他の市民社会組織による共同声明

JCA-NETは下記の共同声明に賛同しました。

===============================
運輸通信省による221のウェブサイトをブロックするように4つの電気通信サービスプロバイダーに対して出された命令に関するデジタル権利組織その他の市民社会組織による共同声明

1. 2020年3月の最後の週に、政府はミャンマーの通信事業者に少なくとも221のWebサイトをブロックするように命令した。政府はこれらの指令を公表せず、影響を受けるWebサイトのリストも公開していない。

* 3月26日、27日、ミャンマーナウ(注1)とフロンティア(注2)は、4つの通信事業者が3月21日にウェブサイトをブロックする命令を受けたことを報じた。

* Telenor Myanmar(注3)は3月30日、運輸通信省の指示に従い、221のWebサイトへのアクセスをブロックしたことを発表した。

* 4月1日、BNI(注4)は、Rakhineに拠点を置く報道機関NarinjaraおよびDevelopment Media Group(DMG)が、それぞれ3月23日24日からMPTとMyTelでアクセスできなくなったと報じた。BNIはまた、カレンに拠点を置く地元の通信社カレンニュースが3月26日からMPTでアクセスできなくなったと報じた。

JCA-NET3月のセミナーご案内

下記のように東京会場ではLinuxの入門セミナーを、横浜では映画『グレートハック』の上映を行ないます。
(お知らせ)横浜会場の開始時間が、会場の都合で19時からに変更になりました。

●東京会場 Linux入門セミナー
3月18日(水)18時30分から21時
東京都新宿区西新宿7-9-5 オークプラザビル4階
map
■新宿西口駅D5出口からの道順(詳細は■■■まずご確認ください■■■に貼付のリンクをご覧ください)
(1)D5出口を出て右に進みます。
(2)70mほど直進して最初の交差点で左を向きます。
(3)大通りを斜め右(公園の銀杏が見える方向)に横断します。
(4)公園に突き当ったら左折して、すぐ左手に当ビル「オークプラザビル」が見えます。
(5)ビルの扉を入り、階段を4階まで上がります。
(6)「ふれあい貸し会議室 新宿⑳」の扉から入室します。

セミナー内容
Linuxのインストールから使い方までを実践します。2月にひきつづき、インストールの方法やネットの接続、文書の作成など日常的な利用が可能な環境作りに挑戦します。

2020年2月29日講演録を掲載

29日に開催した「監視社会に対抗する プライバシーの権利運動 ―韓国からの報告―」の講演録を下記にアップしました。
日本語PDF
日本語電子ブックepub
講演で使用したスライド
英語版(PDF)
韓国語版(PDF)

監視社会に対抗する プライバシーの権利運動 ―韓国からの報告―

●東京会場
2月29日(土)13:30〜16:30
場所:文京区男女平等センター会議室(アクセス)
参加費:800円

●大阪会場での開催は中止となりました。

●講演
オ・ビョンイル(韓国、進歩ネットワーク代表)

2020年2月のセミナーご案内(19日東京、26日横浜)

●東京会場 2月19日 (水)18時30分
ふれあい貸し会議室 新宿No20
東京都新宿区西新宿7-9-5 オークプラザビル4階
※JR・私鉄「新宿駅」西口徒歩5分
(1月の会場とは場所が違いますのでご注意ください)
map
テーマ:Linuxインストール入門
持参のノートPCにLinuxインストールします。Windows7からの切り替えや、
使っていないPCなどあればご持参ください。また、インストールまではま
だちょっと...という方の参加もOKです。このセミナーではLinuxを普段使
いのOSにすること、セキュリティとプライバシーを確保することを目標に
しますので、インストール後の様々な使い方を毎月取り上げます。

Linuxをインストールしたけれども実はちゃんと使えていない、という方も是非おいでください。

参加費:500円、JCA-NET会員は無料

●横浜会場 2月26日(水) 18時30分
神奈川県民センター会議室603
横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2

1月23日:JCA-NET入会説明会(インターネットを民衆の手に取り戻そう)

下記の日程で、JCA-NETの入会を検討している皆さんを対象に、説明会を開催します。JCA-NETは、インターネットとコミュニケーションの権利運動を担うとともに、会員のインターネットアクセスのためのサービスも提供してきました。インターネットの多くのサービスが無料で便利という宣伝のなかで個人情報が営利目的や監視社会化に利用される傾向に多くの皆さんが危惧を抱きはじめています。メール、メーリングリストからブログの作成やグループでの利用まで様々な活用が可能です。JCA-NETの利用を検討されている皆さんに直接お会いして、活用の事例、セキュリティやプライバシーなどの取り組みなどについてご説明する機会です。是非お気軽にご参加ください。

なおJCA-NET会員の皆さんで使い方や疑問などお持ちの方もご参加いただければ相談させていただきます。

日時 2020年1月23日(木) 18時30分〜
場所 秋葉原 ブルックリン会議室
東京都台東区台東1-29-4 第一共和ビル501(昭和通り沿い、秋葉原と御徒町の中間付近)
日比谷線・仲御徒町駅4分/銀座線・末広町駅5分/JR線・秋葉原駅6分
map

2020年1月のセミナーご案内(東京・横浜)

■■■2020年1月のセミナーご案内■■■
東京は1月20日、横浜は22日です。内容は異なります。
===========================================
横浜会場 1月22日(水) 18時30分
神奈川県民センター会議室303
横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2
※JR・私鉄「横浜駅」西口・きた西口徒歩5分(アクセス)
============================================
▼テーマ: マジックミラーの裏側で―企業はどうやって私たちを監視し個人情報を集めているのか(EFFレポートを読む 第1回)+Linux相談会

米国の電子フロンティア財団は、2019年12月に、「マジックミラーの裏側で」と題するレポートを出しました。JCA-NETがこのレポートの日本語訳を作成しました。

(電子フロンティア財団)マジックミラーの裏側で:企業監視テクノロジーの詳細

ここに訳出したのは、Bennett Cyphers、Behind the One-Way Mirror: A Deep Dive Into the Technology of Corporate Surveillance、Electronic Frontier Foundation, December2, 2019, https://www.eff.org/wp/behind-the-one-way-mirror#Data-brokers です。このレポートは企業がどのように私たちの個人情報を収集しているのかについて、その裏側の仕組みを詳細に解説しています。タイトルにあるOne-way mirrorを翻訳では「マジックミラー」と訳しましたが、まさに私たちからは見えないけれども鏡の後ろからじっと私たちの行動や心理を観察している仕組みがあるということをこの言葉で端的に表現していると思います。レポートの対象は米国ですが、ここで述べられている多くのことは、法制度は違っても日本でも共通していえることと思います。

(JCA-NETからの注意喚起)マルウエア Emotetの感染に注意(概要と対策)

マルウエア Emotet の感染に注意(概要と対策)
JCA-NET理事会

JCA-NET会員の皆様へ。
最近様々な種類の「なりすましメール」が横行していますが、なかでもEmotetと呼ばれるマルウェアに感染した場合に深刻な事態を招く恐れがあります。以下、対処法と概要を説明いたします。是非対処をお願いいたします。

■■Word添付のメールに注意!!その対処法:マイクロソフトWordのマクロを無効にする■■
(1) 知り合いからのWord添付のメールに特に注意してください。Emotetは、既知の団体、会社、個人などをよそおってマイクロソフト社のWordのファイルを添付したもので感染させます。メールの文面や送信元のアドレスだけでは判断が困難な場合があります。Wordのファイルが添付されている場合は注意が必要です。「怪しいかも」と思ったばあいには、場合によっては、送信者に電話するなどしてメール送信の事実を確認することも有効な対処方法かもかもしれません。

(2) 絶対にやってほしいのは、Wordのセキュリティ設定で「マクロを無効」にするように設定を変更すること。
Wordの添付ファイルが利用されるので、以下のように設定を変更してください。

Microsoft Office Word のセキュリティセンターのマクロの設定で、

社会運動・市民運動サイトからの情報

コンテンツ配信