[B] 自民議員渡辺元復興相、ミャンマー国軍トップと会談 在日ミャンマー人団体が抗議

3 months 2 weeks ago
自民党衆院議員の渡辺博道元復興相がミャンマー国軍のミンアウンフライン総司令官と11日、首都ネピドーで会談した。昨年2月のクーデター後、現職国会議員が同司令官と会談するのは初めてとみられる。これに対し、在日ミャンマー人団体が12日抗議声明を出した。
日刊ベリタ

【月刊マスコミ評・放送】低調な選挙戦とテレビの責任=岩崎貞明

3 months 2 weeks ago
  本紙が発行される頃には参議院選挙の結果もすでに判明していることだろうが、今回はスタート前から「史上最も低調な選挙戦」と言われるほど、盛り上がりの感じられない選挙だった。野党共闘が不十分な形になってしまったことはもちろん大きな要因だと思われるが、マスメディア、とくにテレビの報道が精彩を欠いていたことも、その責任の一端を担っていたのではないか。  たとえば、選挙が公示された6月22日の、各局の夜のニュース番組を見比べてみる。NHK『ニュースウオッチ9』はさすがに参..
JCJ

米連邦選挙委員会、選挙運動の大量送信メールをGmailがスパム扱いしないようにするパイロットプログラムを承認

3 months 2 weeks ago
米連邦選挙委員会 (FEC) は 11 日、選挙キャンペーンによる大量送信メール (バルクメール) を Gmail がスパム扱いしないようにするパイロットプログラムの実施を承認した (プレスリリース、 The Verge の記事、 Ars Technica の記事、 The Register の記事)。 バルクメールはスパム扱いされがちだが、Google の提案 (PDF) によるパイロットプログラムでは、認可された候補者・政党の選対本部や政治活動委員会 (PAC) 幹部が送信するバルクメールをデフォルトでスパム扱いしないようにする。上述のような選挙キャンペーン本部等は党派によらず参加資格が付与され、Google に申し込めば無料で参加可能だ。 受信者側ではプログラム参加者から最初のバルクメールを受信した時に特別な目立つ通知が表示され、今後も受信してよいかどうかを選択できる。受信を許可した場合は以降も通常通り受信トレイに配信されるが、送信者は 1 クリックでのサブスクリプション解除オプションを提供する必要がある。 オプトアウトした場合は同じ送信者からのバルクメールがスパムフォルダーに仕分けられるが、受信者がスパムではないと区分すれば再び受信トレイに配信されるようになる。一方、プログラム参加者側には送信した電子メールが受信トレイに配信された数を確認できるポストマスターツールが提供されるとのことだ。

すべて読む | ITセクション | Google | spam | 政治 | IT | アメリカ合衆国 | 政府 |

関連ストーリー:
新型コロナ関連の迷惑メールが大きく増加 2020年04月22日
2018年世界で発生した詐欺電話、300%も増加 2018年12月21日
自分のGmailアカウントが突然スパムを送信しだしたという報告が相次ぐ 2018年04月26日
共和党がオンライン投票を導入したユタ州での米大統領予備選挙、一部では問題も発生 2016年03月27日
GmailがLinus Torvalds氏あてのメールを大量にスパムと誤判定 2015年07月19日
Gmailに「配信停止」機能登場 2014年02月28日
Gmail への不正アクセスが相次ぐ 2012年12月28日
Gmailから発信されるスパム、急激に増加中 2008年07月18日

headless

子供をソーシャルメディア依存に導く手法の使用を禁ずる米カリフォルニア州法案、継続審議扱いに

3 months 2 weeks ago
米カリフォルニア州では子供のソーシャルメディア依存症を防ぐことを目的とした州法が提案されていたが、上院歳出委員会で保留となった (法案 AB 2408、 The Verge の記事、 Techdirt の記事、 Miami Herald の記事)。 共和党のジョーダン・カニンガム下院議員が提案した AB 2408 はソーシャルメディア依存症の原因として知られる手法について、特に影響を受けやすい子供に対してソーシャルメディアプラットフォームが用いることを禁じるというものだ。違反した場合は検察が提訴して最高 25 万ドルの市民制裁金を科すことができる。 今年最も注目される法案の一つであり、下院本会議や上院司法委員会では超党派の支持を集めて可決されていた。しかし、歳出委員会では保留の動議を全会一致で可決し、継続審議扱いとなった。 歳出委員会を通過しなかった理由は不明だが、法案にはプライバシーを脅かす年齢確認が導入される可能性や、ソーシャルメディア依存症の原因となる要素が隠ぺいされる可能性、子供たちが学習に役立つ情報を得られなくなる可能性があるなどの異論も出ていた。

すべて読む | ITセクション | 政治 | 教育 | IT | SNS | アメリカ合衆国 |

関連ストーリー:
Snapchat、保護者が子供の行動を把握できるようにする「ファミリーセンター」機能を発表 2022年08月13日
米ニューヨーク州議会、電子機器の修理する権利を定める法案を可決 2022年06月04日
検閲・監視・アクセス制限、Internet Archive が考えるディストピアな未来のインターネット 2021年10月05日
ドナルド・トランプ前米大統領、Twitter 復帰を目指して事前差止請求 2021年10月03日
米カリフォルニア州、実際にはリサイクルされない製品やパッケージにリサイクルマーク等の表示を禁ずる法案 2021年09月14日
米カリフォルニア州、狭い場所での家畜飼育を禁ずる州法の施行でベーコンが入手困難になる可能性 2021年08月06日
米連邦地裁、ソーシャルメディアの政治家排除を禁ずるフロリダ州法に事前差止命令 2021年07月04日

headless

AppleがFacebookに広告収入の一部を要求していたとの報道

3 months 2 weeks ago
Apple が Facebook に広告収入の一部を要求し、話し合いが行われていたと WSJ が報じている (Mac Rumors の記事、 The Verge の記事、 9to5Mac の記事)。 話し合いが持たれていたのは 2016 年 ~ 2018 年だといい、Apple 側は Facebook の「投稿の宣伝」機能をアプリ内購入と同様だとして 30 % の手数料支払いを求めたほか、Facebook のサブスクリプションサービス導入も要求していたという。Facebook 側もこれらの要求を検討したものの、最終的にいずれも拒否した。 Apple は iOS / iPadOS / tvOS 14.5 で AppTrackingTransparency を導入してアプリによるユーザー追跡にユーザーの許可を必須化し、Facebook の広告収入に大きな打撃を与えているが、Apple の広報担当者は上述の話し合いとユーザー追跡の制限導入に関連はないと WSJ に説明したそうだ。 Automattic CEO Matt Mullenweg 氏のツイートによると、傘下の Tumblr で「投稿の宣伝」と同様の Tumblr Blaze を 4 月に導入した際、Apple のアプリ内購入 (IAP) を実装するまでアプリの更新が拒否されたとのことだ。

すべて読む | アップルセクション | Facebook | 広告 | アップル | IT | お金 | プライバシ |

関連ストーリー:
iOS 14.5でユーザトラッキングを許可したのは世界全体でわずか12%のみ 2021年05月10日
FacebookアプリとInstagramアプリ、iOS 14.5でユーザートラッキング許可を求める理由の表示を開始 2021年05月04日
アプリのユーザートラッキング許可を求めるiOS 14のプロンプト、一部で表示されるようになる 2020年12月27日
Facebook、米主要紙にAppleによるターゲティング広告規制を批判する全面広告 2020年12月21日
Facebook、iOS14から導入されるポリシー変更で広告収益は50%以上も減少すると予測 2020年08月28日

headless

Playing for All the Jelly Beans at the EFF Benefit Poker Tournament at DEF CON

3 months 2 weeks ago

EFF members come from all over the world to DEF CON to experience the world’s largest computer hacking conference and enjoy what Las Vegas has to offer. This year some of EFF’s supporters combined their love for internet freedom and a good time by competing in the first EFF Benefit Poker Tournament hosted by security expert and EFF advisory board member Tarah Wheeler.

Thirty-five EFF supporters and their friends played in the charity tournament on Friday, August 12 at Bally’s Poker Room. The tournament was kicked off by emcee Jen Easterly and EFF Deputy Executive Director and General Counsel Kurt Opsahl.

Kurt Opsahl, Mike Wheeler, Jen Easterly, and Tarah Wheeler.

Before the tournament, Tarah and her father, professional poker player Mike Wheeler, hosted a poker clinic to teach Poker 101 to those new to the game. In a video promoting the event, Tarah describes how her father taught her the game as a child by using jelly beans as the currency of choice. The jelly bean-filled championship trophy pays homage to the spirit of teaching and the humble beginnings of a great player.

Tarah drops some knowledge at the pre-event clinic. Marcus Hutchins (twitter.com/MalwareTechBlog) got his first poker lesson with Russ Handorf (twitter.com/dntlookbehindu) at the table. Photo courtesy of Deviant Ollam (twitter.com/deviantollam).

After the clinic, Tarah added some fun by announcing a proposition bet: she would make an extra donation to EFF if someone knocked her father out of the tournament.

Tarah pays up after Michael Devegas (twitter.com/mdev3_) knocks out poker pro and awesome dad Mike Wheeler.

After three hours of fun and competitive play, Carolina Terrazas (D0rkph0enix), Josh Hawkins (BinaryFaultline), and Kris Bailey remained, with Bailey as the chip lead. After fifteen minutes, Bailey went all in and saw his two pair bested by Terrazas’s straight. Twenty more minutes of blind trading and intense heads-up play saw Hawkins and his overpair walk away with the top prize and the inscribed jellybean trophy made and etched personally by Tarah.

Tarah Wheeler stands proudly behind BinaryFaultline and D0rkph0enix.

It was an exciting afternoon of competition raising exactly $12,500 to support civil liberties and human rights online. If we play our cards right, perhaps we’ll see you at DEF CON for another EFF benefit tournament next year.

Aaron Jue