slashdot(open source)

コンテンツ配信 スラド: オープンソース
アレゲなニュースと雑談サイト
最終更新: 10週 1日前

GIMP 2.10.0リリース

2018/05/06(日) 15:36
あるAnonymous Coward 曰く、

GIMPの最新安定版GIMP 2.10.0がリリースされた。GIMPの安定版は2.8以来約6年ぶりのリリースとなる(アナウンスリリースノートダウンロードページOSDN Magazineの記事)。

最近では、Photoshopが月額課金制になるなど、無料ソフトとしてのGIMPの需要は高まっていると思われるが、皆様はGIMPやInkscapeを使っているだろうか。Photoshopやその他のプロプライエタリソフトを使っている方は、どの辺りに利点を感じているだろうか。

画像処理のGEGL移行がほぼ完了したGIMP 2.10.0では高ビット深度処理やマルチスレッド化などが可能になっており、GEGLベースのフィルターが80点以上同梱されている。このほか主な変更点は、カラーマネージメントのコア機能化、テキストツールでのCJKサポート強化などツールの強化、ペイント機能強化、HiDPIサポートなど。また、新しい「Dark」テーマとそれに合わせた「Symbolic」アイコンがデフォルトに設定されている。

すべて読む | オープンソースセクション | オープンソース | ソフトウェア | グラフィック | IT |

関連ストーリー:
GIMPが浮動小数点画像に対応 2015年12月02日
SourceForge.net、GIMP for Winの管理権限を奪ってアドウェアを配布 2015年05月28日
Android端末上でX11を使って起動するAndroid版GIMP/Inkscape 2014年10月17日
GIMP for Windows 、ダウンロードサイトをSourceForge.netからftp.gimp.org に変更 2013年11月08日
GIMP2.8では「シングルウィンドウモード」が利用可能に 2010年02月09日

オランダの葬儀関連見本市に自殺装置が展示される、VRで体験も可能

2018/04/17(火) 13:29

オランダ・アムステルダムで開催された葬儀関連の見本市に、自殺(安楽死)を行うための装置が出品されたそうだ。また、この装置をVRで体験できるシステムも用意されていたという(AFP)。オランダでは一定の条件を満たした人物に対して安楽死が認められている。

この装置はオーストリアの安楽死推進活動家などによって開発されたもので、昨年に 発表されていたもの。密閉されたポット内に窒素を充填して酸素濃度を低下させることで安楽死させるというものだそうだ。

まだ設計段階だが年内に1号機を完成させる予定。3Dプリンタで製造できるということで、完成後は設計図をオープンソースで公開するようだ。

すべて読む | オープンソースセクション | オープンソース | ハードウェア | ニュース |

関連ストーリー:
ベルギーで未成年の安楽死が行われる 2016年09月21日
ホーキング博士、1985年には安楽死の危機があった 2013年08月01日
英デザイナー、「安楽死ジェットコースター」を設計 2011年09月26日
スタンドアローンVRヘッドセット「Oculus Go」発売開始 2018年05月02日

脆弱性公表をきっかけにbeepパッケージの不要論が出る

2018/04/13(金) 12:55
headless曰く、

Linuxの「beep」パッケージの脆弱性が先日公表されたのだが、便乗する偽特設ページが出現したり、他の問題も発見されたりした結果、beep不要論まで出る事態となった(Register)。

この脆弱性(CVE-2018-0492)はbeep 1.3.4までに存在し、setuidを設定した場合にローカルでの特権昇格が可能になる競合状態を引き起こすというものだ。偽特設ページはこの脆弱性を「Holey Beep」と名付け、でたらめな内容を織り交ぜた解説のほか、パッチと称するエクスプロイトも公開している。

Debianでは1.3-3+deb7u1(Wheezy)/1.3-3+deb8u1(Jessie)/1.3-4+deb9u1(Stretch)で修正されており、UbuntuでもDebianのパッチが適用されているようだ。しかし、Debianのパッチを適用した状態でも、beepが任意のファイルをrootとして書き込み用に開くことが可能とみられることが報告される。さらに整数オーバーフローの問題も報告された。

これらの問題を受けてoss-secメーリングリストでは、現在はビープ用スピーカーを備えるPCがほとんどない点や、周波数や長さなどの指定はできないものの「printf '\a'」で置き換え可能な点を指摘して、むしろbeepを廃止すべきではないかという意見が投稿されている。

すべて読む | セキュリティセクション | Linux | オープンソース | セキュリティ | バグ |

関連ストーリー:
Spectre/Meltdownに便乗した偽パッチ、ドイツ・情報セキュリティ局の偽サイトで配布される 2018年01月17日
ThinkPad新モデルはエラーの発生時に鳴る音をスマホアプリに聞かせると問題点を確認できる 2017年02月09日
LEDやビープ音でSOSを 2003年02月04日

Microsoft、Windows NT4のファイルマネージャをオープンソース化

2018/04/10(火) 12:58

MicrosoftがWindows NT4に搭載されていたファイルマネージャ(WinFile)をオープンソースで公開した(GitHubリポジトリ)。ライセンスはMITライセンス。

ファイルマネージャはWindows 3.xに搭載されていたファイル管理ソフトウェア。Windows 95以降は標準のファイル管理ツールの座をExplorerに譲ったが、しばらくの間はオプションとして別途インストールできた。

今回公開されたファイルマネージャはWindows NT4版をベースに現行のWindowsでコンパイル・実行できるよう修正を加えた上で、いくつかの新機能を追加しているとのこと。もちろん64ビット化もされている。バイナリについては現行のWindowsでコンパイル・実行するための最低限の修正のみを加えたバージョン(「origina_plus」タグ)と、新機能追加版(「v10.0」タグ)の2種類が公開されている。

すべて読む | オープンソースセクション | オープンソース | Windows |

関連ストーリー:
ビル・ゲイツ、Ctrl+Alt+Deleteについて語る 2017年09月23日
Officeアシスタント「クリッパー」がVisual Studioの拡張機能として復活 2017年08月31日
Microsoft、CodePlexを終了へ。「GitHubがデファクトになった」 2017年04月04日
GitHub上で公開されていた流出したWindows NT4のソースコード、削除される 2015年04月16日

LG、webOSをオープンソース化した「webOS Open Source Edition」を公開

2018/03/22(木) 14:12
headless曰く、

LGがwebOSをオープンソース化し、「webOS Open Source Edition」として公開した。ソースコードはGitHubで入手できる(ニュースリリースPhoronixThe VergeSlashGear)。

webOSはPalmがPalm OSの後継OSとして開発したLinuxベースのモバイル向けOSで、オープンソース化されるのは今回で2回目となる。1回目のオープンソース化は2010年にPalmを買収したHPによるものだ。HPは2011年にwebOSのオープンソース化計画を発表し、2012年にOpen webOSとして公開した。2013年にLGがHPからwebOS関連資産を買収したことで、以降のバージョンはクローズドソースとなっていたが、Open webOSも著作権表示をLGに変更したうえで引き続きGitHubで公開されている。LGはwebOSを同社のスマートTVなどで使用する一方で、再度のオープンソース化を進めていた。

すべて読む | オープンソースセクション | オープンソース | ハンドヘルド | デベロッパー |

関連ストーリー:
iOSやAndroidはWebOSを目指しているのか 2017年09月08日
TCL、2018年にPalmブランドを復活させる計画 2017年09月02日
LG、Palm由来の「webOS」関連資産をHPから買収へ 2013年02月27日
webOS、オープンソース化 2011年12月12日
Palm、「Palm webOS」と「Palm Pre」を発表 2009年01月09日
Palmブランドの新端末が今年下半期にリリースされるという噂 2018年04月06日

エリック・レイモンド、オープンなUPS開発に乗り出す

2018/03/13(火) 15:04
あるAnonymous Coward曰く、

オープンソース文化に多大な影響を与えたことで知られるエリック・レイモンド氏が、オープンな無停電電源装置(UPS)の開発を行おうProject UPSideをスタートさせた(Slashdot)。

レイモンド氏は市販されているUPS(無停電電源装置)について、落雷対策などに不可欠ながらも、バッテリーが使えなくなったら本体ごと買い換えさせられるといったことなどに不満を持っていたそうだ。そして、UPS自体の構造はプリンタやスキャナよりも単純であり、Arduinoクラスのマイクロコントローラ、Programmable ROMなどの市販部品と、電気自動車などで使われるようなインテリジェントバッテリ電流センサなど使うことで、長持ちで環境にやさしいUPSが作れるはずだと主張している

その記事を掲載後、同様の不満を持つ人などから大きな反響があったようだ。そういった経緯から、レイモンド氏はUPSをオープンハードウェア・オープンソフトウェア化するということを決めたようだ。現在ブログ上でファームウェアの開発者などの募集をしており、UPSの設計経験者などが集まりつつあるという。また作り出すUPSのアウトラインについても固まりつつある模様。

すべて読む | ハードウェアセクション | オープンソース | ハードウェア |

関連ストーリー:
UPS、使ってますか? 2005年08月10日
Contiki 、オープンソースハードのEthernut に移植 2003年07月15日
「オープンハードウェア」は本当に不可能なのか? 2003年04月19日
APC製UPSがリコールに 2003年01月24日

Windows版のChrome 64以降はClangでコンパイルされている

2018/03/10(土) 11:39
Windows版Google Chromeでは、2月に安定版がリリースされたChrome 64以降でコンパイラーにClangが使われているそうだ(LLVM Project Blogの記事Ars Technicaの記事BetaNewsの記事Neowinの記事)。

Microsoft Visual C++(MSVC)からClangに移行する計画は数年前から進められており、MSVCビルドとClangビルドによるA/Bテストも実施していたそうだ。既に他のOS版はClangでコンパイルされているため、Windows版の移行によりClangへの移行が完了したことになる。ただし、ClangはVisual Studioに加えて使われるもので、置き換えるものではないという。現在もWindows版ChromeではMicrosoftのヘッダーやライブラリ、SDKバイナリを使用しているほか、Windows版Chromeの開発者の多くはVisual Studioを使用しているとのこと。

ClangとMSVCを比較すると、Clangによるビルドは15%遅くなるが、Clangのデバッグ情報出力方法は並列化可能であり、Gomaのような分散ビルドサービスを使用することでMSVCよりも高速になるそうだ。バイナリサイズは32ビットビルドでMSVCよりも大きくなる一方、64ビットビルドは小さくなる。パフォーマンスに関しては、Clangビルドが高速な場合とMSVCビルドが高速な場合があるものの、すべて5%程度の差に収まっているという。また、安定性の差異はみられないとのことだ。

すべて読む | ITセクション | オープンソース | Chrome | Windows | デベロッパー |

関連ストーリー:
Android版Chrome 64、共有したWebページURLから不要なパラメーターを除去する機能が実装される 2018年02月23日
Google Chromeの「迷惑な広告」フィルタが2月15日より有効に。日本はまだ対象外 2018年02月21日
Google Chromeは新たなInternet Explorer 6になりつつある 2018年01月17日
Microsoft、C言語を拡張した「Checked C」をオープンソース化 2016年06月19日
Linux版Google ChromeのビルドにClangが使われる理由 2015年01月07日
IntelがClangベースのC++コンパイラを開発 2014年05月02日
RMS曰く、LLVMはフリーソフトウェアに対する大きな障害 2014年01月26日
Chrome 66では音声付きメディアの自動再生が制限される 2018年03月24日
Google Chrome、保存したパスワードをCSVファイルへエクスポート可能に 2018年03月11日

開発リソース不足という問題に直面するBSD系カーネル

2018/02/01(木) 16:32

FreeBSDやOpenBSD、NetBSDといったBSD系カーネルの開発者が不足しており、報告されたバグの修正に時間がかかっている状況だそうだ(YAMDAS現更新履歴LWN.net)。

また、開発者リソース不足のため報告されるバグが見つかっていない可能性もあるという。

すべて読む | オープンソースセクション | オープンソース | BSD |

関連ストーリー:
386BSD 2.0が公開されていた? 2016年10月12日
PC-BSD、「TrueOS」に「進化」することを発表 2016年09月22日
AppleとARM、64ビットARM向けコンパイラ開発リソースをLLVMに投入 2014年04月21日

今こそ「オープンプロセッサ」について考えるとき

2018/01/26(金) 19:25
あるAnonymous Coward曰く、

CPUの脆弱性「Meltdown」や「Spectre」が世間を騒がせており、また少し前にはIntelのCPUが備えている管理機能の脆弱性が発覚するなど、最近CPU関連の問題が多く話題となっている。このような状況を受け、Linuxカーネル開発者の一人として知られるJonathan Corbet氏が「オープンプロセッサ」について考えてみても良いのではないかという考察記事を公開した(LWN.netSlashdot)。

記事では我々のシステムで使用されているCPUが独占的な存在であり、それ故に「不愉快な驚き」がもたらされているとし、それへのカウンターとして設計が公開されているオープンプロセッサという考え方が存在すると述べている。

オープンプロセッサはすでに複数が存在しており、たとえばPOWERアーキテクチャに基づいたOpenPOWERは(開発参加にはクラブ会員になる必要があるものの)共同開発によってプロセッサの設計を行える一例だという。

また、まだ先の見通しは不透明なものの、SPARC T1およびT2プロセッサの設計を完全にオープンにした「OpenSPARC」も存在する。さらに組み込みアプリケーション向けには「OpenRISC」が存在しており、すでに「OpenRISC 1000」などのプロセッサ製品が登場している。そのほか、「RISC-V」アーキテクチャも最近勢いがあり、これは命令セットアーキテクチャ(ISA)に重点を置いたものだがフリーハードウェア設計が存在しているという。

ただ、オープンソースのハードウェアにはいくつかの利点があるものの、万能ではないという。コンパイラは無料で利用できるが、プロセッサ自体の製造にはコストがかかるし、設計を検証する方法も必要となる。またRISC-Vが市場で成功を収めたとしても、市販のプロセッサには自由なライセンスが適用されないという可能性もある。

また、完全にオープンなプロセッサであっても、脆弱性がなくなるわけではない。しかし、以前はフリーなOSを作成することは困難だとみられていたが実現している。従来のCPUから離れる挑戦をすることは、自由を保つための最良のチャンスかもしれないとしている。

すべて読む | オープンソースセクション | オープンソース | ハードウェア |

関連ストーリー:
Western Digital、同社製品で採用するプロセッサをRISC-Vへ移行すると発表 2017年12月06日
SiFive、RISC-Vアーキテクチャの64ビットクアッドコアCPUをリリース 2017年10月12日
Intel x86プロセッサに含まれている遠隔管理システムに危険性? 2016年06月24日
AMDのRyzenおよびEPYCプロセッサに脆弱性があるとの報告、開示プロセスを巡っては批判 2018年03月15日
IntelのCPUの欠陥、米国政府より先に中国政府が把握していた可能性 2018年02月02日

社会運動・市民運動サイトからの情報