Bar Applicants Deserve Better than a Remotely Proctored “Barpocalypse”

3 months 1 week ago

This week was the California Bar Exam, a grueling two-day test that determines whether or not a person can practice law in California. Despite the privacy and security risks remote proctoring apps present to users, the California Bar, as well as several other state bars throughout the country, are requiring that students use proctoring and surveillance app ExamSoft to protect the “integrity” of the test. The results have been nothing short of disastrous, and test-takers have taken to calling these remotely proctored exams the “Barpocalypse.” 

All of this was avoidable. 

Students are reporting significant technical issues, including difficulty installing or downloading the software, failures to upload the exam files, crashes, problems logging into the site, last-minute updates to instructions, and lengthy tech support wait times resulting in students taking the exam hours late (if at all). Additionally, we have heard from numerous examinees who are concerned that their data has been breached, adding to the numerous reports of identity, credit card, and password theft reported by previous users. 

All of this was avoidable. 

Last month EFF sent a letter to the California Supreme Court, which oversees the California Bar, asking them not to require ExamSoft for the bar exam. Our concerns were threefold: Test takers should not be forced to give their biometric data to the company, which can use it for marketing purposes, share it with third parties, or hand it over to law enforcement, without the ability to opt out and delete this information. Without a clear opt-out procedure, this data collection violates the California Consumer Privacy Act. Additionally, this data collection creates obvious security risks, as the recent data breaches of proctoring apps have shown. And finally, technical issues, as well as requirements that could disadvantage users who cannot meet them, could wreak havoc on users, forcing them to withdraw from the exam. It is unfortunate that several of our concerns have been validated.

Thankfully, the California Supreme Court has heard at least some of these concerns. Shortly after receiving our letter, the Clerk and Executive Officer of the California Supreme Court asked the state bar [pdf] to propose a timetable within 60 days for the deletion of all the 2020 bar applicants’ personally identifiable information collected via ExamSoft: 

ExamSoft’s Privacy Policy appears to permit the company to use and disclose applicants’ data for many purposes, some of which appear to be unrelated to the administration of the examination. Thus, the court shares applicants’ concern that any unnecessary retention of their sensitive PII data may increase the risk of unintentional disclosure.

This is a good step forward in protecting applicants’ data, and we are glad to see it. However, it is not enough. After receiving a concerned letter from the deans of several California law schools, the Court replied [pdf], stating that ExamSoft’s proctoring tool would not make any determination about a student’s eligibility, nor would it be used to prevent any applicant from completing their exam: 

...the proctoring software will not determine any examinee’s identity, integrity, eligibility, or passing grade, nor will the software be used to prevent any applicant from completing their exam. Instead, multiple layers of human review of the exam videos will permit human proctors to make those determinations.

Unfortunately, that was not the case. At a minimum, the software’s technical issues prevented many students from taking the exam. Additional issues with remote proctoring, from the fear of not knowing what might invalidate an exam to lost time, created stressful experiences for many, many test takers. Some even report being *told* to withdraw due to tech support issues. Additionally, the Court should consider the disproportionate impact these remotely proctored exams have on examinees of color and those with disabilities, as outlined by the Consortium for Citizens with Disabilities (CCD) Rights Task Force and the Lawyers’ Committee for Civil Rights Under Law. The Court and the state bar must also recognize that the failure of the proctoring software’s facial recognition features created a much more difficult environment for some examinees—such as those with darker skin—who were forced to alter their environment by shining lights on their faces, for example, during the entirety of the test:

Regardless of whether human reviewers are ultimately responsible for determining the integrity of applicants’ test results, it is clear that this remote proctoring experience was not a success. While we applaud the California Supreme Court and the state bar for requiring deletion of biometric data, there are many unanswered questions: we still don’t know how long that data will be held by ExamSoft, which still creates privacy and security concerns; we don’t know whether breaches have already occurred; and we don’t how the California Bar will assist applicants who experienced issues with the exam due to the proctoring software. 

The simple truth is that the California Bar and the Supreme Court should not endorse these remotely proctored exams, and should not approve of this dangerous mass data collection, even if the data will be deleted—eventually. The California Supreme Court and the state bar want to have it both ways, admitting that “ExamSoft’s privacy policy appears to permit [pdf] the company to use and disclose applicants’ data for many purposes, some of which appear to be unrelated to the administration of the exam,” and simultaneously writing that “the collection of this data is critically important to ensure the integrity and security of the examination process.” 

The only real way to square this circle is to offer all applicants an alternative to the ExamSoft proctored test in the future. We hope the Supreme Court of California will insist on this for February’s test, and we hope other states will take note of this #Barpocalypse, so that future applicants will not be forced to experience these unacceptable levels of privacy, security, and technical issues.

Jason Kelley

[B] イタリア現代史ミステリー 第一弾「イラリア・アルピの死」(その7)〜チャオ!イタリア通信

3 months 1 week ago
ボサソに何があるのか。イラリアが残したメモには、「ボサソとガロエを結ぶ道路」と書かれていた。ボサソとガロエという都市を結ぶ道路は、イタリアの経済援助の一環で建設されたが、その道路建設については、ある噂があった。それは、道路建設中に有害廃棄物や放射性廃棄物を埋められたいうものである。(サトウ・ノリコ=イタリア在住)
日刊ベリタ

【焦点】 コロナで電子図書館の導入加速 100超の自治体が住民サービスで=橋詰雅博

3 months 1 week ago
 電子出版制作・流通協議会(電流協)が実施した自治体が運営する公共図書館へのアンケート調査(約500カ所が回答)によれば、コロナ禍による全面休館は80%で、その期間は1カ月以上2カ月未満だ。 一方、同じく電流協が行った公共電子図書館(スマホやタブレット端末で閲覧できる電子書籍を貸し出す)アンケートでは、35都道府県の100を超える自治体が取り入れている。増えたのは図書館を訪ねるや書籍にふれる必要がないからコロナ感染防止になり、住民サービスとして導入が加速したから。 電流協の9..
JCJ

[B] 日本の農作物の輸出は伸びているのか? 輸入はどうか? 〜政府に騙されないためには輸出統計は必ず輸入統計とセットで全貌を見ることが大切

3 months 1 week ago
39%まで落ち込んだ日本の食料自給率を政府は近い将来、50%まで少なくとも改善する方針である、とメディアの記事で読んだことがありますが、その際、マジックの1つとして輸入大豆などで飼育されている家畜(肉牛や養豚)を「国産」にカウントすることがあるようです。菅首相は秋田の農家のせがれを自称するように、農家を支援すると言って、農産物の輸出を掲げていますが、いったいどこまでの可能性があるのでしょうか?政府(農水省国際部国際経済課)のグラフを見ると、農産物の輸入量は1966年に1兆円強だったのが、ほぼ右肩上がりに年々増え、2018年には6兆6220億円に達しています。一方、農作物の輸出は安倍政権に入って確かに伸びてはいたものの、2018年でも総額は5661億円と輸入農作物の10分の1にも達していません。
日刊ベリタ

米下院民主党報告書、GAFAの事業分割を提言。共和党は同意せず実現性は不透明

3 months 1 week ago
米下院の民主党が主導する反トラスト(独占禁止)小委員会は6日、Google、Apple、Facebook、Amazonのいわゆる「GAFA」と呼ばれている米巨大IT4社が、独占的な力を使って競争を妨げているとする報告書を公表した(下院司法委員会プレスリリース、報告書[PDf]、ITmedia、Bloomberg、共同通信)。 この報告書はGAFAに対する16か月以上にわたる調査の結果がまとめられたもので、449ページに及んでいる。4社は経済の広い範囲にわたって大きな市場支配力を発揮しており、近年、それぞれの企業は反競争的な方法で市場の支配力を高めている。 この調査は、議会および独占禁止法執行機関が、市場の競争を回復させ、技術革新を促し、民主主義を保護する行動を取る必要があると主張している。そして推奨事項として、企業の構造的分離を提案している。ただ共和党側は指示していないことから、報告書による提言が採用されるかは不透明だとしている。

すべて読む | アップルセクション | ビジネス | Google | IT | アメリカ合衆国 | Facebook | アップル | 政府 |

関連ストーリー:
DuckDuckGo曰く、Android初回起動時に表示する検索プロバイダーの入札は競争を阻害 2020年10月03日
米議会で大手IT4社のCEOを招いた公聴会が開かれる。市場の独占について5時間以上の議論に 2020年08月01日
EUの欧州委員会、Appleに対し独占禁止法違反の疑いがあるとして本格調査へ。App StoreやApple Payが対象 2020年06月18日
COVID-19治療薬の独占禁止を求める声に対し、中国は自国でワクチンが開発された場合「公共財化」すると述べる 2020年05月21日
AppleのApp Storeルールは、Apple Arcade以外のゲーム配信サービスを許容しない 2020年03月27日
米司法省、AppleのApp Storeに対し調査へ。競合を排除する行為の疑い 2020年02月07日
ビル・ゲイツ曰く、米国での独占禁止法違反訴訟がなければ今頃はみんなWindows Mobile携帯電話を使用していた 2019年11月09日

nagazou

国勢調査のネット回答を20日まで延長へ。回答率が目標に達しないことから

3 months 1 week ago
国勢調査の回答率の低迷が続いているという。このため、総務省は国勢調査のインターネット回答の締め切りを10月20日まで延長すると発表した。回答期限の7日の回答率はネットからの回答が37.6%、郵送による回答が26.0%ほどしかないとされている(共同通信、ITmedia、NHK、時事ドットコム)。 総務省は今回、コロナ渦の影響もあって、インターネットでの回答率の目標値を50%に定めていた。2015年に行われた調査の回答率はネット36.9%、郵送34.1%で、回答がなかった世帯を調査員による回収を加えることにより、最終的な回答率は86.9%となっていた(過去記事)。 NHKによると回を重ねるごとに回答拒否が増えているという。2000年の調査では回答拒否は1.7%だったのに対して、2015年の調査では13.1%にまで増加したという。その記事によれば、回答拒否急増の理由は、オートロックマンションの増加やライフスタイルの変化などにより、回収員と世帯主が会えなくなっていることもあるとしている。また個人情報の保護意識の高まりも回答拒否の理由となっている模様(NHKその2、毎日新聞)。

すべて読む | ITセクション | 日本 | 統計 | IT | 政府 |

関連ストーリー:
国勢調査オンライン、地下に住んでいても「B1」と入力できない 2020年09月29日
米国では新型コロナの感染拡大で鬱や不安障害になる人が大きく増加 2020年06月02日
携帯電話の在圏情報を活用した国勢調査がスペイン全土で実施予定 2019年11月01日
日本の人口、初の減少 2016年10月27日
国勢調査、37%の世帯がオンラインで回答 2015年09月23日

nagazou

マクドナルドのFacebookに寄せられた苦情、バーガーキングが代理で返信する救いの手

3 months 1 week ago
デンマークのバーガーキングが、同国マクドナルドの公式Facebookに寄せた苦情に対して、代返していたようだ。もちろんバーガーキングの宣伝も兼ねてだが(ガラパイア、ADWEEK)。 多くの企業でSNSは利用されているが、寄せられたコメントやクレームにすべて対応しているのはごくわずかだ。デンマークのマクドナルドもそのパターンだったようで、そこにバーガーキングが活路を見出したらしい。バーガーキングは、マクドナルドに寄せられたクレームに丁寧に対応しつつも、「ワッパー」の無料クーポンを添付することで客引きしていたという。 この返信大会は9月24日に行われたそうで、バーガーキングは、マクドナルドに寄せられたコメントに対し1,000件を超える回答をした模様。それも数日、数週間、数か月、場合によっては数年前のコメントに遡ってまで。バーガーキング側は「最も関係の近い近い競合他社が、オンラインカスタマーサービスに関しては適切ではなかった」ため、「救いの手を差し伸べる」ことにしたと語った。

すべて読む | ITセクション | 変なモノ | Facebook | 広告 | idle | IT |

関連ストーリー:
バーガーキング、COVIDの世界でのゲストエクスペリエンスを向上させる新しい店舗設計を公開 2020年09月06日
米バーガーキングが寄付メッセージの読み上げ機能を悪用してTwitchで広告キャンペーンを実施、違法との指摘も 2020年08月25日
フロリダ州のバーガーキング、クリスマスモードで激ヤバ2020年に早期お別れ 2020年07月30日
米バーガーキング、メンタルヘルス月間に合わせて「Real Meals」キャンペーンを開始 2019年05月06日
バーガーキングニュージーランド、人種差別的との批判により巨大箸でハンバーガーを食べる広告を中止 2019年04月12日

nagazou

[B] 学問・研究の自由を脅かす菅政権の暴挙 日本学術会議推薦の新会員6人の任命を拒否  坂井定雄:龍谷大学名誉教授

3 months 1 week ago
菅首相は早くも、“衣の下に隠した鎧”をあらわにした。首相が最終的な承認を行う日本学術会議推薦の新会員105人のうち、6人の任命を拒否したのだ。政府が推薦された候補者を拒否したことは初めて。学術会議を所管する総理府、あるいは文科省の担当者が、平和憲法と学問研究の自由を重視する同会議に反感を抱き、菅首相が就任したばかりで、重要要件でも各省任せにしていることを好機として、新会員任命を拒否させた可能性もある。日本学術会議は、会員は人文・社会科学、生命科学、理学・工学全分野からの210人、連携会員は約2,000人。会員は3年ごとに半数が入れ替わる。
日刊ベリタ

Chrome Canary、タブストリップのスクロールが可能に

3 months 1 week ago
headless 曰く、Chrome Canaryでタブストリップのスクロール機能が利用可能になっている(Ghacksの記事)。 タブストリップのスクロール機能はタブの数が増えてもタブ幅を一定幅よりも小さくならないようにし、はみ出した部分をマウスホイールでスクロール表示できるようにする機能だ。この機能を利用するにはChrome Canary 88.0.4284.0以降(88.0.4285.0で確認)でchrme://flagsの「Scrollable Tabstrip (chrome://flags/#scrollable-tabstrip)」を「Enabled」にしてChromeを再起動すればいい。 この機能は2018年から開発が進められており、フラグ自体は安定版のChromeにも実装されているが、タブが一定幅よりも小さくならないようになるだけでスクロールはできなかった(Macでは少し前からスクロールできるようになっていたようだが未確認)。また、タブストリップの隣に左右のスクロールボタンを配置してスクロールできるようにする機能の実装も進められているようだ。

すべて読む | ITセクション | GUI | Chrome | デベロッパー | IT |

関連ストーリー:
Chrome 86 Dev/Canary、アドレスボックスにドメイン名のみを表示するテストを実施 2020年08月15日
Android版Chrome Canary、ダウンロードのスケジュール機能をテスト中 2020年07月23日
デスクトップ版Chrome Canary、限定的ながらWebページのQRコード生成が可能に 2020年04月21日
Mozilla、2021年初めにFirefoxのFTPサポートを削除する計画 2020年03月20日
Google Chromeのタブ機能は改善するか 2018年11月25日

nagazou

[B] 【西サハラ最新情報】   メラニア大統領夫人のコロナ・ツイッター  平田伊都子

3 months 1 week ago
1週間前の世論調査では、民主党大統領候補のジョー・バイデンが全国的にトランプ候補より8〜12ポイントリードしていたそうです。 2020年10月7日には副大統領候補同士の対決がありました。 そして10月15日には、「トランプVSバイデン一騎打ち!」の予定でしたが、どうも中止か変更になりそうです。 討論会主催者がオンライン討論を提案したところ、トランプ候補が「有権者が見たいのは、丁々発止の対決だ。映像に向かって喋るのはナンセンス」と断りました。 「コロナ汚染のトランプ候補と同席したくない」と、直接対決を避けたいバイデン候補は、支持者を相手に討論すると言いました。 10月15日の次は、10月22日に大統領候補討論が予定されています。
日刊ベリタ

[B] カマラ・ハリス副大統領候補が米大統領になる可能性は

3 months 1 week ago
カリフォルニア州選出の上院議員カマラ・ハリス氏については民主党予備選では筆者は注目していませんでしたが、ふたを開けてみると、副大統領候補に選出され、バイデン氏が大統領になった場合は副大統領、バイデン氏が病気か死で執務不能となると、大統領に昇格します。ハリス氏が、予備選でもっと上を走っていたエイミー・クロブシャー候補やエリザベス・ウォーレン候補ではなく、ハリス氏を選んだポイントはどこにあったのでしょうか。クロブシャーもウォーレンも白人女性のエスタブリッシュメントの候補者であるに対して、ハリス氏は有色人種であるとともに、ライバルのバイデン候補に対して歯に衣着せぬ言葉を投げかけていたことにもあったかもしれません。
日刊ベリタ