『週刊ポスト』Bashing反撃:ホロコーストは嘘だ@憎まれ愚痴

ユダヤ民族3000年の悲劇の歴史を真に解決させるために ― 論証と資料

『週刊ポスト』Bashing反撃:ホロコーストは嘘だ!

「虐殺」写真に異議

ユーゴ戦争が欺瞞立証

近代造語の真相

真相アイヒマン裁判

迷惑mail

SWC批判番組

『週刊ポスト』バッシング対応:緊急資料

1.東側から“ユダヤ人虐殺”写真に異議あり!

連載:シオニスト『ガス室』謀略周辺事態(その22)

 同記事は、「ユダヤ人資本人脈」とか「ユダヤ系金融資本」の動きに注目しているのであって、いわゆる「気の毒なユダヤ人」としての「ホロコースト犠牲者」を「侮辱」したわけではない。

……「ナチ・ハンター」を誇称するSWCが、「ユダヤ系金融資本」の動きの紹介やら批判やらを、猛攻撃するのは、筋違いも甚だしい。⇒全文を読む

2.ユーゴ戦争が立証!"ジェノサイド真理教"の欺瞞

 アメリカの国務長官オルブライトは、「ユーゴのミロソヴィッチ大統領がジェノサイドを行っているから人道的武力介入をすべきだ」と主張して、劣化ウラン弾まで使用しました。

 そこで、現在、目の前で出されつつある演習課題の答えですが、オルブライトが「ジェノサイド!」とか「ホロコースト!」とか叫ぶと、事実の検証なしに、NATO諸国のメディアは、ウォー(war)と吠えたのでした。

 なぜかといえば、欧米では、「ジェノサイド!」「ホロコースト!」「ショア!」などの政治的シオニスト作成の呪文を唱えると、言論禁止、疑問封殺、刑事罰、魔女狩り、追放、などなどの日本なら戦前の特高警察並みの恐怖が、世間を覆うからです。事実の検証は禁止されてしまうのです。⇒全文を読む

3.近代造語"ジェノサイド"の驚くべき真相

 ナチがユダヤ人に加えた虐待を定義するために、三つの用語が、しきりに使われている。ジェノサイド、ホロコースト、ショアである。

 このような定義が字義通りに当てはまるのは、ヨシュアによるカナンの征服の場合をおいて他にない。ヨシュアは、あらゆる町の征服に関して、《一人も生き残らせなかった》⇒全文を読む

4.アイヒマン裁判で露呈した驚くべき真相

 ジェノサイド”という用語は、語源そのものからして、正確な意味を持っている。一つの人種の絶滅である。ユダヤ人という“人種”が存在するという仮定は、ヒトラーの人種主義の主張そのままなのだが、同じ主張をイスラエルの指導者が支持しているのである……

 だが実際に、戦争の最中に、ユダヤ人の“ジェノサイド”が行われたのだろうか? このような定義が字義通りに当てはまるのは、ヨシュアによるカナンの征服の場合をおいて他にない。ヨシュアは、あらゆる町の征服に関して、《一人も生き残らせなかった》(たとえば『民数記』21章35節)と語っているのである。⇒全文を読む

5.迷惑mail憲法違反の検閲行為vs百科事典記述

 「週ポBash反撃Web無料公開」と銘打って、零細出版社にも通告の上、拙著『アウシュヴィッツの争点』と『偽イスラエル政治神話』の連続mail発信を始めたところ、いくつかのメーリングリストで、見慣れた発信者名による「迷惑mail」が出現。

 サイモンズ・ウィゼンタール・センターは、アメリカ国内で40万人の会員を有すると宣伝。

 アメリカに住むユダヤ人は、総人口の4%弱、約1000万人ですから、40万人は、その4%の4%、つまり、アメリカの総人口の0.0016%……この0.0016%が、法的には憲法で言論の自由が最高度に保障されているアメリカで、実質上の検閲を行い、日本まで恫喝支配しようとしている。⇒全文を読む

6.ドイツでSWC批判番組放映、日本では腰抜け沈黙

 ドイツ公共第1テレビ(ARD)はナチスの戦争犯罪追及者(ナチハンター)として世界的に著名なウィーゼンタール氏を批判する内容の番組を8日夜に放映した。番組はウィーゼンタール氏個人の業績に疑問を投げかけ、反響は世界のユダヤ人社会に. ⇒全文を読む

上に戻る

SWC-Blackmailに屈した小学館『週刊ポスト』前半

『噂の真相』(1999.12)は、冒頭の「うわさの真相」欄の、そのまた冒頭に「『週刊ポスト』にユダヤ団体が抗議中で大危機」を組んだ。人気抜群の頁左余白「1行太字情報」の末尾には、「創価学会仕掛け説」とある。⇒全文を読む

SWC-Blackmailに屈した小学館『週刊ポスト』後半

『ニッケイ・ウィークリー』(93.8.9)の論説欄の最下段に、縦24センチ、横19センチの「手紙」という2重線のかこみをもうけ、実質的な謝罪文を発表した。

 日経幹部や関係者の話を総合すると、サイモン・ウィゼンタール・センターは弁護士を立てて、日経が謝罪に応じなければ「不買運動を展開する」などと、おどしまくったようである。⇒全文を読む

上に戻る

「恐ろしいほどの無知」は反核記事剽窃が典型の朝日記者

(引用) 東京で翻訳業をしている50代のユダヤ系米国人男性は、仕事場近くのコンビニに立ち寄るのが日課となっている。ドーナツやコーラを買い、その日発売の週刊誌を立ち読みする。目次を開き、時々、目を止める。

 「ユダヤ人」「陰謀」「世界制覇」

 彼は「在日ユダヤ人名誉保護委員会」の会員である。

 昨年10月、この男牲は「週刊ポスト」の記事を読み、行動に出た。「長銀『われらが血税5兆円』を食う/ユダヤ資本人脈ついに掴んだ」と題した記事だ。男性は米ロサンゼルスにあるユダヤ系人権保護団体「サイモン・ウィーゼンタール・センタ一」にEメールで連絡した。⇒全文を読む

上に戻る

『亜空間通信』1067号(2005/07/31)
【ユダヤ外資に売り渡す郵政民営化の議論は長銀事件で萎縮の可能性あり希有な電網記事に注目!】

 本日から5日後の8月5日には、参議院での法案採決が予定されている郵政民営化に関して、もう一つの郵政民営化ユダヤ外資への売り渡し論を紹介する。阿修羅では常識だが、大手メディアは萎縮しており、まったく沈黙している。

 ユダヤ資本は、言い換えれば、アメリカ資本である。鬼畜米英である。

 すでに6年前の1999年には、たっぷり公費をつぎ込んで、アメリカのリップル・ウッドにせしめられた長銀の例がある。批判すると、この後半で紹介する「ユダヤ団体、週刊ポスト記事に大反発」という事態が発生する。⇒全文を読む

関連記事
連載「シオニスト『ガス室』謀略周辺事態」
Web無料公開『アウシュヴィッツの争点』
Web無料公開『偽イスラエル政治神話』
アラブ諸国ガロディ英雄視
木村愛二の「ガス室」裁判
本多勝一「噂の真相」
南京大虐殺vsホロコースト


「虐殺」写真に異議

ユーゴ戦争が欺瞞立証

近代造語の真相

真相アイヒマン裁判

迷惑mail

テーマ別 ホロコースト神話検証

『週刊ポスト』バッシング対応:緊急資料

1東側「ユダヤ人虐殺」写真に異議あり!

2ユーゴ戦争が立証「ジェノサイド」の欺瞞

3近代造語「ジェノサイド」の驚くべき真相

4アイヒマン裁判で露呈された驚くべき真相

5迷惑mail憲法違反の検閲行為vs百科事典記述

6ドイツでSWC批判番組

▼SWCに屈した週刊ポスト

▼在日ユダヤ人名誉保護委員会

▼郵政民営化ユダヤ外資


●謀略「ガス室」は嘘だ

●極右政治的シオニスト

●シンドラーのリスト疑惑

●イラクの政治的位置

●「偽」イスラエル神話

●中東問題総合

●阿修羅ホロコースト