「偽」イスラエル

「偽」イスラエル@憎まれ愚痴

ユダヤ民族3000年の悲劇の歴史を真に解決させるために ― 論証と資料

シオニストの謀略国家「偽」イスラエル

イスラエル核疑惑国

なぜゴラン高原を奪ったか

ユダヤ人音楽家メニューイン

国策映画『ショア』は大嘘

何故「イスラエル」なのか


イスラエルは、中東 パレスチナ アラブ イスラム世界をどうするのか
➡「世界シオニスト機構1980年代戦略」全文

➡ イスラエル核疑惑国って何? 1998.5~6

パキスタン抗議、イスラエル?
 イスラエル核兵器保有は、セイモア・ハーシュ著『サムソン・オプション』などで知る人ぞ知る状態
アメリカの二枚舌
 イスラエルを見逃してパキスタン核実験だけ抗議の暗愚
インターネット情報の現況
 エルサレム・ポストさえも「実戦配備可能な核弾頭は100発」と報じている。
イスラエルは「核使用国」だ!
 「核威嚇使用」で現在の侵略ラインを維持した第4次中東戦争
極秘扱い米軍艦リバティ攻撃
 13年間も極秘扱いされたイスラエル空軍のアメリカ軍艦攻撃
シオニスト・ロビーのメディア支配
 アメリカ議会のロビーで最も強力なのは、アメリカ=イスラエル公事委員会

パキスタンの「核」資金の出所 ➡ソロスの背後の大物・アイゼンバーグ(三浦英明)

➡「モサド」関与 アキレ・ラウロ号事件

➡「科学関係局」(レケム)関与 ジョナサン・ポラード事件「チュニス爆撃」

➡ イスラエルはなぜゴラン高原を奪ったか 1997.12

 国際世論を敵に回してまでそうするかと言えば、領土の広さの問題だけではなくて、リタニ川もゴラン高原も、水源地帯だからである。しかも、この両地帯をイスラエル領として確保するのは、一九四〇年どころか一世紀以上前からのシオニストの構想だった。⇒全文を読む

➡ イスラエル関連 ▼辛口時評 ▼資料倉庫 ▼亜空間通信

編集長の辛口時評 2006.08.02

偽ユダヤ人カザール問題の解決法(1)

 イスラエルはなぜ、このように凶暴なのか。端的に言えば、その存在自体が、国際世論から孤立し、矛盾に満ちており、正常ではないからである。イスラエルは、動物にたとえれば、「はぐれ狼」、「手負いの猪」なのである。

 核心的な問題点は、「ユダヤ人」が他の民族とは違って、宗教による区分の「ユダヤ教徒」のことであり、ユダヤ人国家イスラエルの住民の9割が、本来のユダヤ人ではなくて、ユダヤ教に改宗したカザール(ハザル)人の末裔だということである。 ⇒他イスラエル関連 辛口時評一覧 へ


giga-i 国際情報総分析研 文書倉庫 2003.6.6

イスラエル首相「パレスチナ国家との共存容認」-日本経済新聞

↑本日、たったの今、日経記者に、この報道は政治犯罪の言論詐欺と認めさせた。Re: パレスチナ国家との共存容認-日本経済新聞 ⇒他イスラエル関連 資料倉庫 へ


亜空間通信 955号(2005/01/30)

イスラエルの蛮行は幼児虐待経験者が残虐になる犯罪心理と同じでホロコーストの嘘の暴露が急務

 今の今、世界中を陰惨な気分、自称人類の一員であることを、この上もなく惨めに感じさせる事態が、次々に暴露され続けている。言わずもがな、アブグレイブ収容所の惨劇である。 ⇒他イスラエル関連 亜空間通信 へ

以下は「『ガス室』神話」と重複する頁です。

➡ ガロディ支持を表明したユダヤ人音楽家長老メニューイン 1998.3

「多くの平和・国際理解推進活動によりインドのネルー平和賞、米国の核時代平和財団の傑出した平和指導者賞などを受賞し、ユネスコ親善大使でもあるメニューイン氏は、自身、ナチの迫害を受けたれっきとしたユダヤ人だが、大戦後、指揮者フルトヴェングラーの対ナチ協力の嫌疑を晴らすべく、米国のユダヤ人たちとの対立を辞さなかった ⇒全文を読む

➡ イスラエル国策映画『ショア』は大嘘だ! 1998

 まずは、ランズマンがイスラエル支持のユダヤ人であり、イスラエルの存在を擁護する目的で映画を作ったのだという、最も核心的な情報が、まるで伝えられていない。 ⇒全文を読む

外部サイト:BCN童子丸 ホームページアーカイブ 

【1】 イスラエル:暗黒の源流  ジャボチンスキーとユダヤ・ファシズム 他

イラクはイスラエルの「目の上のたんこぶ」

なぜイラクなのか? 1998.3
 イラクの政治的位置 その政治力学の解明

 石油資源に恵まれ、反イスラエル、その結果として反米を貫くアラブ人の独立国は、リビアとイラクだけである。

 クウェイトとサウディの傀儡政権については多言無用。リビアは人口が 200万そこそこでイスラエルからは遠い。

 イラクは人口約1700万人で、今は同じイスラム教国だがペルシャ語圏のイランに接するために、昔から東端の守りを固めていた尚武の国柄である。日本でいえば防人の国、九州のような位置付けである。

 だから当然、アラブ圏に無理やり割り込んだ「偽」イスラエルにとっては「目の上のたんこぶ」なのである。⇒全文(イラクの政治的位置 :予備知識なき報道1)を読む
2:10年の湾岸戦争準備  3:アメリカ上院議事録  4:世界シオニスト機関誌
 


小泉首相@イスラエル2006.7

小泉はイスラエルに何しに行ったのか? /  小泉、シオニストへの忠誠を誓う
(外部サイト(阿修羅掲示板)にリンクします。)


イスラエル核疑惑国

なぜゴラン高原を奪ったか

ユダヤ人音楽家メニューイン

国策映画『ショア』は大嘘

テーマ別 ホロコースト神話検証

イラクの政治的位置

中東問題総合 湾岸/イラク戦争

●核疑惑国イスラエル

●なぜゴラン高原を奪った

●関連@亜空間通信他
偽ユダヤ人カザール問題 他


●BCN童子丸 ホームページ アーカイブ イスラエル


●音楽家メニューイン

●国策映画『ショア』大嘘

●イラクの政治的位置


●極右政治的シオニスト

●シンドラーのリスト疑惑

●週刊ポストBashing

●謀略「ガス室」は嘘だ

●ホロコースト関連@亜空間通信他

●阿修羅ホロコースト

▼イラク

▼イラン

▼シリア

▼レバノン

▼パレスチナ

▼イスラエル

➡中東関係ニュースサイト

2016.3