その3:アメリカ上院議事録 @憎まれ愚痴

中東パレスチナ・ユダヤシオニスト・湾岸戦争・イラク戦争 ― 論証と資料

イラクの政治的位置 その4:世界シオニスト機構機関誌

1:予備知識なき報道

2:10年の湾岸戦争準備

3:アメリカ上院議事録

4:世界シオニスト機構機関誌

1998.3.8.初入力。

その4:世界シオニスト機構機関誌

(1998年6月発行『偽イスラエル政治神話』よりの抜粋)

外部資金による“偉大なイスラエル”への野望

 イスラエルには、外部からの資金が溢れるように流入した。

 1、ドイツとオーストリアからの“賠償”。

 2、アメリカからの無条件な贈与。

 3、“ディアスポラ”からの献金。

 これらの流入資金に力づけられて、イスラエルの指導者たちは、外交政策の中で、“偉大なイスラエル”の実現という途方もない野望を抱くことができた。

 その野心の正確な証言となる論文が、エルサレムで発行されている世界シオニスト機構の機関評論誌、『キヴーニム』(指針)[14号、82・2]に掲載されていた。論文の題名は、「1980年代のためのイスラエルの戦略計画」であり、つぎのよう主張が述べられている。

 《中央集権的機構として見た場合、エジプトは、特に、ますます深まるイスラム教徒とキリスト教徒の間の対立を勘定に入れると、すでに死体同然である。西欧の最前線におけるわれわれの1980年代の政治的目標は、エジプトを明確に、その地理的条件にもとづく各州ごとに分割することでなければならない。

 ひとたびエジプトが、このように分解して中央権力を失うならば、スーダンや、リビアや、その他の離れた国々も、同様の崩壊に至るであろう。上エジプトにコプト人の国家が形成されたり、その他、さして重要な力を持たない地方政権が生まれたりすることは、歴史的な発展への鍵であり、現在は平和協定の締結によって速度が緩まってはいるものの、長期的に見て避け難い必然的な結果である。

 西部戦線の状況は見掛けとは違って、東部戦線と比べれば、はるかに問題が少ない。レバノンが5つの地方に分割されている状況は、アラブ世界全体が経験する将来の予告である。シリアとイラクの、民族的または宗教的な基準で決定される各地方への爆発的な分裂は、長期的に見ると、イスラエルに最も有利な到達目標であり、その最初の段階は、両国の軍事力の破壊である。

 シリアは、民族的構成が複雑なために、分解の危険にさらされている。やがて、長い海岸線に沿ってシイア派の国、アレプ地方ともう一つはダマスカスにスンニ派の国、ドゥルーズがまとまれば、彼らには……とりあえず、われわれが支配するゴラン高原に、……いずれはフーラン地方とヨルダン北部を含む地域に、自分たち国を希望する権利がある。……このような国家の成立は、長期的に見て、この地域の平和と安全を保障するものである。これらは、すでにわれわれの射程距離内の目標である。

 石油資源は豊富だが内部抗争に苦しむイラクは、イスラエルの照準線内にある。イラクの分裂は、われわれにとって、シリアのそれよりもさらに重要である。なぜなら、イラクこそが短期的に見て、イスラエルに対する最も危険な脅威を代表しているからである》(『キヴーニム』14号、82・2)

 この膨大な計画の実現のために、イスラエルの指導者たちは、アメリカの無制限の援助を思い通りに使った。レバノン侵略の最初の襲撃に投入した 507機の内、 457機は、ワシントンの贈与と同意による貸し付けのお陰で、アメリカからの購入が可能になったものである。アメリカ人のロビーは、シオニストの“ロビー”の圧力の下で、自分たちの国の利益に反しても、あえて、必要な財源の獲得を引き受けた。

『キヴーニム』の計画の目標は、極めて遠大で非常に危険な対立に満ちていたが、イスラエルのロビーは、作戦の実現をアメリカに託すことに成功した。イラクに対する戦争は、その最も戦慄すべき実例の一つである。

《2つの有力な圧力団体が、紛争に際してのアメリカの攻撃開始を推進する。

 第1は、“ユダヤ・ロビー”である。なぜなら、サダム・フセインの除去とは、とりもなおさず、最も強力なアラブ人国家による脅威の粉砕だからである。……アメリカのユダヤ人は、大西洋周辺のメディアの仕組みの中で重要な役割を演じている。大統領と議会とが常に緊張関係にあるため、ホワイトハウスは、メディアを握る彼らの願望に対して最も敏感に反応せざるを得ない。

 第2は、“財界ロビー”である。……彼らは、戦争が経済を活性化させる効果を考える。第2次世界大戦と、あの膨大な軍需は、アメリカにとって、1929年の世界恐慌以来まだ抜け切れなかった危機に、終止符を打ってくれるものだったのではなかっただろうか?、朝鮮戦争は、その後に、また新しいブームをもたらしてくれたのではないだろうか?

 幸多き戦争よ、なんじはアメリカに繁栄をもたらすであろう……》(『フィガロ』90・11・5)

《アメリカ=イスラエル公事委員会(AIPAC)の政治的影響力は、いくら高く評価しても、し過ぎることはない。

 ……彼らは、1982年から1988年の間に、4倍以上(1982年には 160万ドルが、1988年には690万ドル)に増えた予算を思い通りに処理している》(『ウォール・ストリート・ジャーナル』87・6・24)[中略]

 アメリカの下院で22年間も議席を確保し続けてきたポール・フィンドレイは、1985年に発表した著書、『彼らは遠慮なく語る』の中で、シオニスト“ロビー”の実際の機能や、その影響力の強さを描き出した。この事実上の“イスラエル政府の出店”は、下院と上院、合衆国の大統領、“国務省”とペンタゴン、“メディア”はもとより、教会と同じ程度に大学までも支配している。[中略]

 ポール・フィンドレイは、つぎのように主張していた。

《イスラエルの政策を批判する者は、苦しく絶え間ない復讐に悩まされ、イスラエル“ロビー”によって、収入の道さえも閉ざされる。大統領も彼らを恐れる。議会は彼らの要求のすべてに応じる。最も有名な大学では、彼らに反対する講義がまるで組まれていない。メディアの大物と軍の首脳は彼らの圧力に屈している》(『下院公聴会記録』パート9、63・5・23)

 以上の証拠文書などから、私は、イスラエルという奇妙な人造国家そのものの変化なくしては、イラク攻撃の終了はあり得ないと結論する。

 とりあえず以上。


1:予備知識なき報道

2:10年の湾岸戦争準備

3:アメリカ上院議事録

4:世界シオニスト機構機関誌

テーマ別 ホロコースト神話検証 イラクの政治的位置

シオニスト機関誌

中東問題総合 湾岸/イラク戦争

●極右政治的シオニスト

●シンドラーのリスト疑惑

●週ポBashing

●謀略「ガス室」は嘘だ

●イラクの政治的位置

●「偽」イスラエル

●中東問題総合

●阿修羅ホロコースト

1:予備知識なき報道

2:10年の湾岸戦争準備

3:アメリカ上院議事録

4:世界シオニスト機関誌

湾岸/イラク戦争

●イラクの政治的位置

●イラク威嚇情勢

イラク3邦人誘拐

劣化ウラン弾重金属

日本人外交官殺人

英ケリー「変死」

クルド人毒ガス謀略

2016.3