「ガス室」裁判 原告本人陳述書 その3
両被告の反論なし/「ガス室の有無は判断しない」

1997.4.18. 提訴
平成9年(ワ)7639号 名誉毀損・損害賠償請求事件
『週刊金曜日』本多勝一徹底批判「偽」市民派の正体を見破る42頁

原告本人陳述書 3

読みやすくするため、区切りなどを入れています。

両被告の反論なし/「ガス室の有無は判断しない」

(掲載ミス・その2と同内容。2007.12現在、原本不明のため未訂正)と記しましたが、2017.9のサイト整理で、一部が「ガス室」裁判最終準備書面に引用されていることが判明。

『三、最も特徴的な最近の事実』の『5~11』と思われる部分の5~8(前半)が、
➡「ガス室」裁判・最終準備書面 3
  被告の敗訴覚悟-両被告が反論をなし得なかった

に、引用:『原告準備書面(三)五~八(前半)』として。

『三、最も特徴的な最近の事実』の『5~11』と思われる部分の8(後半)~9が、
➡「ガス室」裁判・最終準備書面 4
 「ガス室の有無は判断しない」-日本の裁判所

に、引用:『八(後半)~九』として。

お手数ですが、そちらをご覧ください。

2017.10.5付で、(その2)と同内容となっていた本文は削除しました。
2017.10.5現在、目次から推察される「十~十一」の所在は不明です。

その4に進む


原告本人陳述書に戻る
「ガス室」裁判へ戻る / 「ガス室」謀略へ戻る
ホロコースト神話 掲載記事一覧に戻る