NO!APEC TV スタート!

NO!APEC TV スタート!
http://noapectv.blogspot.com/

横浜からAPECを批判する人々の声を伝える市民メディア「NO!APEC TV」が発足しました。
11/12(金) 夜〜11/14(日)夜まで「いらない!APEC横浜民衆フォーラム」を含めた48時間の生放送を行うほか、いらない!APEC横浜民衆フォーラムの実行 委員会や、いらない!APEC神奈川の会と協力し、さまざまなコンテンツの配信を行います。ぜひご注目ください。


 

NO!APEC TV設立趣意書

NO!APEC TVは、横浜からAPECを批判する人々の声を伝える市民メディアです。

横浜APEC開催について、横浜市や神奈川県は、まるで祝祭でもあるかのように歓迎し、記念イベントや警備などに多くの予算を使っています。

また、警視庁は、反グローバリズムを掲げる過激な団体が暴徒化するなどとして、全国の警察を横浜市内中心部に集め、大規模な訓練を繰り返し、厳戒態勢をしいています。

そのような中でマスメディアは、APECを歓迎し、厳戒態勢の警察を賞賛しているかのような報道をしているように見えます。それは一見、当然のように思えるかもしれません。

しかし果たしてそうでしょうか。

私たちは、多くの国の人が横浜を訪れることを、素晴らしいと思いますし、私たちの住むまちを大切に思っています。

だからこそ、APECを口実とした莫大な予算編成や、過剰警備を容認することはできません。

「反グローバリズム」を主張する人、「APEC反対」を叫ぶ人すべてが過激派で、その過激派が暴徒化すると広報している、警視庁が行っているメディアを使ったプロパガンダを認めることもできません。

APECを、まるですべての人が歓迎しているかのように報道する多くのマスメディアにも、大きな疑問をもっています。

APECを批判する市民は世界中に存在します。

それぞれにAPECを批判する確固たる理由があります。

APEC批判や反対を唱えるだけで犯罪者のように扱う警察や、あたかも存在しないかのように、マスメディアから無視されてしまうことが多いAPECへの批判や疑問を、NO!APEC TVは伝えます。

それは、どんな意見をもつことも、表現することも自由であり、いつでもどこでも誰にでも伝えることができるという当然の権利です。よりよい社会の実現に向けて、NO!APEC TVは発足しました。

===== 

NO!APEC TV
http://noapectv.blogspot.com/
http://www.facebook.com/pages/Noapectv/163046347057851
http://twitter.com/noapectv

=====

社会運動・市民運動サイトからの情報