『亜空間通信』2005年5月発行分

2005年 5月 1004-1020号

1020号(2005/05/31)
【マハティール元マレーシア首相が「ユダヤ人が代理人を使い世界を支配している」確認の爆弾発言】

1019号(2005/05/28)
【中国会談ドタキャン赤っ恥の敗戦記念「靖国参拝」に薄汚い経済的算術の早め再録で激論求む】

1018号(2005/05/26)
【ホロコースト「生き残り」は絶滅政策が嘘の証人であるがアフリカなどから新たな追加が出現】

1017号(2005/05/25)
【カスピ海石油パイプライン本日通油式典の日経夕刊記事あり英文情報と旧稿再録で世界を変えるか】

1016号(2005/05/21)
【911事件の真相を突く『新真珠湾攻撃』著者グリフィン教授の80分の講演を衛星放送が放映】

1015号(2005/05/18)
【英米イスラエルの遺伝学者がユダヤ(レヴィ)人の遺伝的起源を調べ半数以上が中央アジア起源】

1014号(2005/05/17)
【イラク派兵違憲確認・差止・損害賠償請求事件に典型的「門前払い」判決は逃げの一手の卑怯未練】

1013号(2005/05/16)
【ホロコースト生き残り代表ノーベル平和賞エリ・ヴィーゼルは偽善の象徴で見せ物の道化役者】

1012号(2005/05/15)
【杉花粉症患者には朗報か日経エコノ探偵団「国産木材の生産なぜ回復?中国需要で国際市場激変】

1011号(2005/05/14)
【フラッシュ記者ら10万円罰金刑に服すも「仰天!」小泉レイプ事件提訴記事は実存し糾弾を継続す】

1010号(2005/05/13)
【イラク派兵違憲確認・差止・損害賠償事件判決5月16日:季刊『真相の深層』05夏号発刊6月1日】

1009号(2005/05/12)
【「第4番目の権力」に成り下がった「メディア」との甚だしき誤解に基く岩波書店全4冊仰天早仕事】

1008号(2005/05/10)
【911事件の世界貿易センター崩壊に保険金詐欺の謀略疑惑を株主が提起で新局面が展開の期待増大】

1007号(2005/05/08)
【ホロコーストの大嘘シオニストに脅され続けたドイツ人は戦後60年でアイデンティティ回復か】

1006号(2005/05/07)
【フラッシュ記者清水一男ら逮捕は警察にマークされていたと疑う有力な根拠は小泉レイプ事件報道】

1005号(2005/05/04)
【杉花粉症で「燃えろスギ山」本当に山火事があったらしいから私は放火教唆煽動の罪の本望達成か】

1004号(2005/05/01)
【日米メディア批判を装う創価学会・池田大作ヨイショ本の共著者に累犯者・渡辺武達「教授」登場】