インターネット週刊誌 “I.eye.愛” (aiaiai!)

『憎まれ愚痴』

1999.9.24.(金)発行:祝「日本裁判官ネット」発足特集・39号

目次


時事論評

祝「日本裁判官ネット」発足:司法改革提言

 『日本経済新聞』(1999.9.19)によると、さる18日に現職裁判官20人が霞ヶ関の法曹会館で記者会見し、「司法改革に積極的に取り組みたい」として、「日本裁判官ネット」発足を発表 ⇒全文を読む

東京争議団「司法反動」下の労働裁判闘争
東京争議団結成25周年を目前にして

 1985.11.22-24.東京地方争議団共闘会議 第24回総会議案書 第4章「分野別総括(その1)」

 はじめに
 一、東京争議団の運動経過から
 二、司法反動攻勢の概略
 三、権利意識の問い直しから歴史的総反撃へ
 四、国際的にみた日本の労働裁判制度
 五、市民事件との連携は、すぐれて階級的な戦略課題


ユーゴ戦争特集

Racak検証(24):先のユーゴ戦争mail&HPに注記

 木村元彦さんは、ご自分ではインターネットしていないので、友人から聞いてHPを見たとのことでした。そして、「『絶句』はしてはいない。知らなかったと言った」と主張します。私は、某東芝HP事件の場合とは違って、電話の録音などはしていませんから、細部の確認はできません。私は、比較的大声を出す元気の良い若者の木村元彦さんが、急に静かになったので、その全体の印象を「絶句」と表現したのですが、木村元彦さんは、「絶句と表現されると[私の注:上記の死体の検死結果に基づく私の主張を]認めてしまったと受け取られる」と主張します。かなり長時間の電話の会話の結果、私は、他の前例と同様に、本多勝一流の「改竄」を疑われる書き直しはせずに、以上の木村元彦さんの主張を明記し、注釈を加える約束をしました。
 なお、わがHPを正確に読んで頂ければ、お分かりのように、私が批判しているのは、木村元彦さん個人ではありません。 ⇒全文を読む

Racak検証(25):記事紹介『週プレ』(1999.8.31) 嵌められたミロソビッチ

『週刊プレイボーイ』(1999.8.31)  《迷走のアメリカ》 第4部「ユーゴ空爆」編として堂々の連載開始! 嵌められたミロソビッチ 空爆の大義名分「虐殺事件」は 米国とコソボ解放軍によって仕掛けられた 巧妙な罠だった (取材・文/河合洋一郎) ⇒全文を読む


緊急連載:ユーゴ人道介入の口実「虐殺」デッチ上げ

(その11)「米ロ覇権争い」カスピ海石油の報道状況

 かつて、大日本帝国の「皇軍」は、 「東洋平和の為ならば、何で命が惜しかろか!」  と蛮声でガナり歩いては、中国大陸を侵略しまくりました。背後の権力者の本音は、「平和の為」どころではなくて、「大陸の権益獲得」にありました。
 『日本経済新聞』の最近の情勢分析に私なりの見出しを付け直すと、「カスピ海石油めぐる武装勢力と大国の思惑」 ⇒全文を読む


雑誌憎まれ愚痴 バックナンバー 目次一覧 連載記事一括 時事論評&投稿
憎まれ愚痴入口 テーマ別発言集 木村書店 亜空間通信 亜空間放送局

1999.9.24 2002.11.7 2016.11.15 2018.7.19