『憎まれ愚痴』03月号(2004)

インターネット週刊誌 “I.eye.愛” (aiaiai!)

『憎まれ愚痴』3月号

2004.3.8発行:月刊(100号)

目次

〔ついに百号だ豪華版(風)だ号〕

3月の話題:

電網雑誌『憎まれ愚痴』通算100号発行の感慨無量

5年余の長期にわたる御愛読の皆様への御礼と今後の抱負


随時追加「編集長日記風」木村愛二の生活と意見


表紙

木村書店 新・徹底硬派雑誌!! 予約受付中
季刊『真相の深層』

四六判100頁・850円・年4回発行。
年間予約3000円。5年予約1万2千円。
➡ 詳しい案内

表紙

木村書店【イラク情勢理解 必読の名著】
改訂新版 2004年3月15日発行
『湾岸報道に偽りあり』

アメリカの湾岸戦争報道操作は 最早、誰の目にも明白だ。
だが、そのさらに奥には、十数年前からの対イラク軍事計画が潜んでいた?!
(汐文社より1992年初版発行分は売切れ)
 ➡ 詳しい案内


911~イラク戦争 三部作

表紙

木村書店 2002年10月25日発行
『911事件の真相と背景』

テロか?謀略か?/なぜアメリカとイスラエルだけが/何をしても許されるのか/神と悪魔の最終戦争の展望は?
➡ 詳しい内容  ➡ 9・11事件国際リンク基地

表紙

木村書店 2003年10月25日発行
『イラク「戦争」は何だったのか』

目的は石油だけか? それとも、世界制覇の狂信か?
メディアの報道操作の仕組みは何処まで進んだか?
➡ 内容紹介(目次)  ➡ 購入申し込みはこちら

表紙

木村書店緊急出版 2004年1月30日発行
『外交官惨殺事件の真相と背景』

国連外交と米日軍事同盟の狭間に翻弄された若き血気の日本人外交官の悲劇
兵力1万以上の米英イスラエルの傭兵暗殺軍団はクルド地帯で何をやっているのか
➡ 詳しい内容  ➡ 出典リスト


木村書店 メルマガ発行中 (購読無料) 登録

お知らせ:

リーダー教育・実践 ワールド・フォーラム
3月例会のご案内

  2004年3月27日(土)

「米国で起こった2度の軍事クーデター
- ケネディ大統領暗殺と9・11事件の真相とその狙いに迫る -」
歴史研究家・ワールド・フォーラム代表幹事 佐宗 邦皇 氏


マッド・アマノの 週刊パロディ・タイムズ

 ➡ 「マイケル・ムーア監督に"HIROSHIMA-NAGASAKI"のドキュメンタリー映画を作ってもらおう運動」
 ➡ 次は新幹線爆破か?


9.11.以後の緊急事態対応


『亜空間通信』 & 01-01~08 電子手紙文書館
2004年3月分