憎まれ愚痴入口木村書店 雑誌『憎まれ愚痴』100号項目別案内

電網雑誌『憎まれ愚痴』通算100号発行の感慨無量

5年余の長期にわたる御愛読の皆様への御礼と今後の抱負


 電網雑誌『憎まれ愚痴』は、1999年1月1日、元旦の払暁、週刊誌として創刊し、1年間は週刊で48号まで発行し続け、翌年の1992年1月の49号からは月刊に衣替えし、本年、2004年3月号は、通算で100号目となる。

 この間、別途、『亜空間通信』を発行し始め、これが今、741号まで発行済みとなった。『憎まれ愚痴』電網宝庫(ホームページ)記事及び関連の掲示板投稿、ヴィデオ製作、書籍発行など、状況の変化に応じ、または追われて、わが電網情報の発信および各種言論手段駆使の方法は、様々な紆余曲折を経た。
 
 本月、電網雑誌『憎まれ愚痴』の100号に至り、その節目、節目で、ヒット数を調べてみると、以下のようである。

1999年1月1日の1号-2,724
1999年11月の48号-1,036
2000年1月の49号-2,008
2001年1月の62-567
2002年1月の74号-278
2003年1月の86号-261
2004年1月の98号-239

 時を経て、低落しているのか、それとも、古い号のヒット数が数年のヒット数の累積だからなのか、ともかく、数字としては変化している。

 この間、「憎まれ愚痴総合案内」のヒット数は、着実に伸び、2004.03.04.現在、42,176となった。

 電網雑誌『憎まれ愚痴』創刊の直接のきっかけは、以下のような創刊号の目次の紹介を見れば、歴然となる。
 
---------- 引用ここから ----------
http://www.jca.apc.org/~altmedka/aiaiai-1.html
インターネット 週刊誌"I.eye.愛"(aiaiai!)
『憎まれ愚痴』
1999.1.1.創刊号
目 次
創刊の辞
[中略]
連載:シオニスト『ガス室』謀略周辺事態(その1)
連載:本多勝一"噂の真相"同時進行版(その1)
連載:仰天!武蔵野市『民主主義』周遊記(その1)
連載:元日本共産党『二重秘密党員』の遺言(その1)
以上、予定通り元旦払暁に間に合わせました。
---------- 引用ここまで ----------

 『ガス室』、ホロコーストは大嘘の主張と、それを妨害した『週刊金曜日』本多勝一を刀の汚れとして言論で粉砕する戦いを、当時の流行り言葉で、Think globallyとし、Act Locally として、地元の問題、わが追加のFight professionally、2000年『デカメロン』序章、この4課題に応じる記事の項目としたのである。

 わが電網宝庫の創始の記事も、翌年1月のパリ地裁、ロジェ・ガロディのホロコースト裁判傍聴の貧乏旅行の出発直前に、遺言の積もりで入力した以下の裁判訴状である。

---------- 引用ここから ----------
http://www.jca.apc.org/~altmedka/sojou.html
1997.4.18. 提訴
平成9年(ワ)7639号 名誉毀損・損害賠償請求事件
訴状
180 東京都武蔵野市西久保1-49-16むさしの荘3号室
原 告 歴史見直し研究会こと木村愛二

101 東京都千代田区三崎町3-1-5
被告 株式会社 金曜日
右代表者 代表取締役 本多勝一
[中略]
損害賠償等請求事件
訴訟物の価額 金10,375,ooo円
貼用印紙額    金59,600円

請求の趣旨

1、被告・3名は、原告に対し、金10,000,000円及びこれに対する1997年[平9]2月29日から完済に至るまで年5分の割合による金員を支払え。
2、被告・3名は、別紙1の謝罪広告を、そこに記した条件で、『週刊金曜日』に1回掲載せよ。
3、被告・本多勝一は、原告が執筆する本件に関しての反論を、文書による出版契約を交わした上、内容に関しては無条件で、『週刊金曜日』に、6週間連続して合計25頁にわたり、同誌の通常の原稿料で計算して 375,000円を支払って掲載せよ。
4、訴訟費用は被告・3名の負担とする。
との判決及び第1項につき仮執行の宣言を求める。
[後略]
---------- 引用ここまで ----------


 これらの錯綜する情報発信の新たな区切りとして、今後は、電網雑誌『憎まれ愚痴』に大型記事を掲載し、それを編集し直して、印刷媒体の季刊『真相の深層』に仕立てることを決意した。

 以下が、きたる4月1日を期して発行を開始する季刊『真相の深層』創刊の辞の草稿である。
 
---------- 引用ここから ----------
『噂の真相』創刊25周年記念04.4月号で休刊、その亡き後を襲う当面は季刊で発行の決意。『真相』は日本の敗戦直後の雑誌の題号、「特集版」は「ヒロヒト君を解剖する」であった。
『噂の真相』の編集長、岡留安則は、私が最初の寄稿、「マスコミ報道と大地震の危険な関係/関東大地震において『報知新聞』と務台光雄が果たした知られざる犯罪の教訓」(筆名・徳永正樹、1980年7月号)の情報提供をした際、創刊したばかりの『噂の真相』の題号は、戦後の『真相』を継承したものと語った。
 戦後の『真相』に関しては、以下の電網情報がある。
http://www.cc.rim.or.jp/~y-mikami/exp213.html
カストリ雑誌「だんらん」 (1958)「真相」(1948)特集版「ヒロヒト君を解剖する」
この電網宝庫(ホームページ)には、1948年発行の「真相」のカラーの表紙も入っている。
「ヒロヒト君を解剖する」を電網検索すると、以下が出てくる。
http://seijotcp.hp.infoseek.co.jp/text/genderd.htm
御茶の水女子大学・ジェンダー研究のフロンティアのシンポジウム・プロジェクトD
 理論構築と文化表象「ジェンダー研究の理論と表象分析のいま 国家・資本・表象の共謀と攻防」
 当時10万部発行されたという雑誌『真相』は、「ヒロヒト君を解剖する」ほか数々の天皇にまつわる特集を組み、女性週刊誌は皇室ゴシップ(「称徳天皇淫蕩伝」「桓武母子相恋伝」、昭和天皇「御落チョウ」タンなど)を載せている。これらは天皇が「家父長」であることが変わらぬまま、天皇を堕落させ、貶め、冒涜する。偽天皇と遊戯的なまなざしの増殖は天皇の身体を巡る欲望といえる。(了)
 不敬罪とか朝憲紊乱罪とかは、明治維新以後の日本の言論統制の象徴だったから、天皇制批判は、敗戦後の日本の新潮流となった。『噂の真相』も、天皇を取り上げて、二度も右翼暴力団に襲撃された。
 この徹底硬派の新雑誌『真相の深層』の創刊の本年、2004年は、来年で戦後60年を迎える年でもあり、最早、「戦後ではない」のであるが、『古代アフリカ・エジプト史への疑惑』の著者でもある私の歴史的視野は、遙かに広い。5世紀前のマキアウェリは、拙訳の原題、『ティトゥス・リウィウスの10章に関する論叢』、日本語の全訳は二つあるが、『政略論』(中央公論社、世界の名著)において、ギリシャ・ローマの歴史の事実の教訓に基づいて、鋭く喝破している。「君主政は容易に潜主政へ、貴族政は簡単に寡頭政へ、民衆政はたちまち衆愚政へと姿を変えてしまうものである」。簡単に言えば、君主、貴族、民衆(護民官)の権力対立関係に、自浄作用を見いだしているのである。民衆政、または民主政、さらには社会主義、共産主義を至上とした最近の事例は、旧ソ連の崩壊で、衆愚政、または暴政(岩波文庫『ローマ史論』の訳語)への「たちまち」の変化を如実に示した。
 この新雑誌は、それゆえ、君主政、貴族政、民衆政とその変態の潜主政、寡頭政、衆愚政、または暴政のいずれに対してもタブーを排した批判に徹するものである。
 創刊を決意した直後、私、責任編集者。発行人の木村愛二は、以下の通信を発行し、阿修羅戦争掲示板に投稿した。以下は、その抜粋への若干追加である。
『亜空間通信』734号(2004/02/12)
【民主・参議院若林議員の外交官惨殺は米軍の可能性と2月5日質問を大手紙報道せず新雑誌創刊決意】 
 新雑誌『真相の深層』は、すでに2度目、今度は本当の廃刊決定発表、創刊25周年記念、本年、2004年4月号で廃刊となる『噂の真相』の亡き後を襲うのである。私は、『噂の真相』の創刊当時からの定期的な寄稿者であった。
 昨晩(2004/02/05)、私は、以下の阿修羅戦争47掲示板投稿を見た。時事通信記事の紹介と投稿者の論評である。
 
外交官殺害、米軍の可能性も?=民主・若林氏が推論-参院特別委 [時事通信]【こんな重大な国会論議を大手メディアはなぜ無視する!】
http://www.asyura2.com/0401/war47/msg/692.html
投稿者 あっしら 日時 2004 年 2 月 05 日 23:11:48:Mo7ApAlflbQ6s

 民主党の若林秀樹氏は5日午後の参院イラク復興支援特別委員会で、昨年11月の日本人外交官殺害事件について、「米軍から不審者と間違えられて撃たれた可能性があるのではないか。あまりにも不明な点が多過ぎる」と、独自の推論を展開した。若林氏は、外交官が乗っていた車の弾痕の位置などを根拠に挙げた。 
若林秀樹議員の「日々の雑記帖」の記事(日付の順序は逆にした)
 2004年2月6日(金)「日本人外交官襲撃は米軍の誤射か」
 昨日、時間は短かったが、イラク支援特別委員会において総理等に質問する機会があった。詳細な内容は後に掲載する「国会質問会議録」を参照願いたい。委員会の中で私は「日本人外交官殺害の謎」を中心に質問し、殺害は「テロリストによる襲撃」ではなく「米軍の誤射」の可能性を示唆した。質問に集中していた私でも、あまりの内容の衝撃度に場内はざわめきだった感じがした。
 この分野の専門家でない素人が仮説をたて、推論を展開していくことに戸惑いはあった。しかしこの2ヶ月間、真相解明は全くなされず、むしろ疑惑は深まるばかりであり、国会審議を通じて明らかにするしかないと思ったのである。質問終了後、早速ジャーナリスト等から私の質問を評価する問い合わせがあった。もしこの推論が本当であれば小泉政権は崩壊し、一時的には日米関係に影響しかねない。それだけにマスコミはその取り上げ方に慎重だ。
 私の推論はこの2ヶ月状況証拠をつなぎ合わせ、考えに考え抜いたものであり、可能性は高いと思う。しかし願わくば日本政府は早急に真相を解明し、私の推論を否定して欲しいと思っている。

2004年2月9日(月)「マスメディアの良識に期待」
 本日午後のイラク特別委員会にて小泉総理他三大臣をまじえ最後の総括質疑が行われる。私も再度質問することになっているが、残念ながら与党多数の力により「自衛隊のイラク派遣」は承認されそうな見込みである。
 前回の私の質疑内容に関し、通信社系や英字新聞を除いて全国紙やテレビの報道は全くなかった。内容の重要度からマスメディアが慎重になることはある程度想定していたが、むしろ意図して報道しなかったのではないかと「ひがみ」さえ感じた報道振りであった。例えば日本を代表するA新聞は、質疑の主なやり取りを紹介した囲み記事で何故か私だけを除外し、他の8人全議員の質疑内容を記載していた。
 いずれにせよマスメディアはこの問題についてあまり熱心ではないような気がする。外交官殺害の真相解明は自衛隊派遣の前提となる「非戦闘地域」かどうかの判断にもつながり、万が一自衛隊が襲われた時の貴重な情報になるはずである。そのことをなおざりにした自衛隊派遣は後で禍根を残すことになろう。この雑記帖を読んでいるマスメディアの皆さんの良識に期待しています。(了)
 文中の「A新聞」は、朝日新聞である。
 朝日新聞の報道の酷さに関しては、拙著、緊急出版『外交官惨殺事件の真相と背景』でも詳述した。さらに、今度も、わが批判の通りの「沈黙の共犯」、あまりに酷い報道状況なので、以下の決意を表明した。
 メディアも政党もおかしいから、私は、ここに、新たな構想を発表する。

 本年1月と2月の国会議事録から、拙著、緊急出版『外交官惨殺事件の真相と背景』にかかわる部分を収録すれば、それだけでも満杯、かねてよりの構想、季刊『真相の深層』の創刊を決意した。

 現在、木村書店は、911、イラク、外交官、3冊の発行、すべて成功である。基礎はできている。

 創刊当時から寄稿し続けていた『噂の真相』も、ホロコーストの嘘(題は編集者がつけたものだが「映画『シンドラーのリスト』が訴えた“ホロコースト神話”への重大疑惑」)で1994年9月号に寄稿して以来、阿呆な偽善系左翼の弁護士の抗議で、以後は、署名なしの記事を載せたり、時折の情報提供にカンパを送ってくれるものの、署名入りの記事を載せようとしなかった。その裸写真も載せるマイナー雑誌も、読者が増えて水準が低下、全共闘世代の岡留編集長も、疲れて廃刊、その亡き後、私は、徹底硬派の雑誌を創刊するのである。(了)
---------- 引用ここまで ----------

 現在、拙著、特に中東関係の拙著には、以下の「読者の皆様へ」と題する折り込みをしている。ヴィデオ上映も含む講演を、湾岸戦争からカンプチアPKO出兵当時の勢いで、これから展開するのである。
 
---------- 引用ここから ----------
 中東関係の拙著の読者の皆様へ

2001年の911事件以後、『9.11事件の真相と背景』(共著)『イラク「戦争」は何だったのか?』『外交官惨殺事件の真相と背景』計3冊を木村書店から発行、それ以前の中東3部作『湾岸報道に偽りあり』『アウシュヴィッツの争点』『偽イスラエル政治神話』(訳・解説)と合わせて、中東問題の著作が6冊になりました。

講演は、しばらく途絶え、2001年には1回だったのが、2002年に3回、2003年に4回、本年の2004年にもすでに1月に1回。

『アウシュヴィッツの争点』「ホロコーストの嘘」主張で攻撃を受けて以来、すでに9年目、残酷な話ですが、イスラエルの極右首相シャロンとアメリカの暴虐振りが、わが主張の理解につながり、「10年1剣を研ぐ」覚悟の言論戦も「捲土重来」、自称凶状持ちの「ながの草鞋」を脱ぎます。

乏しい年金でも生き抜けるので、遠慮は無用、今後は講演の「お布施」は無用、ただし、遠いところなら交通費と宿泊費、本やヴィデオを売る場所は必要、質疑応答含め3時間は欲しい、終了後の懇親会は歓迎、3年後の70歳を期し電網登場予定の国際歌手として、原語のシャンソン、アラビア語の歌などが披露できれば幸いと、「大道芸」宣言に踏み切ることにしました。

ご縁があれば、よろしくお願いします。

2004年2月3日   木村愛二
---------- 引用ここまで ----------

 以上。


WEB雑誌『憎まれ愚痴』に戻る

バックナンバー

バックナンバー目次一覧

連載記事一括

各号の時事論評&投稿一括


憎まれ愚痴総合案内
雑誌『憎まれ愚痴』
木村書店
亜空間通信
亜空間放送局

2004.3.8