オリジナル資料


   分類1 分類2 主 な 内 容 ファイル 更 新
資料 いじめ防止対策
要望書
平成28年11月4日、NPO法人ジェントルハートプロジェクト(GHP)は
文部科学大臣あてに、「いじめ防止対策推進法見直しにあたっての要望」書を
提出してきました。

・いじめ防止対策推進法見直しにあたっての要望
・資料1 要望主旨についての説明資料(現場の現実)
・資料2 本の抜粋 (略)
・資料3 いじめの問題に関する校内研修の実態
・資料4 いじめの重大事態といじめ自殺の認定(報道との比較)
 (提出した資料を一部、更新・訂正)

要望書
20161104youbou

現場の現実
20161104s1

いじめ研修
20161104s3

重大調査結果
201701judai wo
201701judai ex

2017/1/4
資料 学校事故
対応指針

平成28(2016)年3月31日、文科省から「学校事故対応に関する指針」が
通知されました。
http://www.mext.go.jp/a_menu/kenko/anzen/1369565.htm 

概要版
http://www.mext.go.jp/a_menu/kenko/anzen/1369565.htm

通知内容をわかりやすく表組にしたもの(23頁)と、
被災者にとってとくに必要だと思われる内容を抜粋した資料(7頁)を
作成しました。(PDFファイル)
通知文
(一部略)
gakkoujikotaiou

抜粋
gakkoujiko
hisaishashien

2016/10/5
データ 指導死
・指導死一覧 更新 
1952年から87件 平成(1989)年になってから66件
(未遂10件を含む)

「わたしの雑記帳」2016年5月26日付け
http://www.jca.apc.org/praca/takeda/message.html
に指導死についての記述・闘う人びとに参考となる資料の紹介などあり
20160526
Sidoushi
ichiran
2016/5/26
データ 指導死
・指導死一覧 更新 83件

・体罰判例一覧 45事案

201602
sidoushi


201602
taibatsuhanrei


2016/2/28
データ 学校事故対応

第三者委員会

2015年11月10日 文部科学省の
「学校事故対応に関する調査研究」有識者会議 第4回
ヒアリングに、NPO法人ジェントルハートプロジェクトが呼ばれました。
小森美登里さんと、武田さち子が話をしました。
当日の武田の話の概略は、「わたしの雑記帳」me151110 にて。

【武田資料】

資料1 「学校事故事件の事後対応の主な問題点と課題」、「事後対応への
     提言と要望」(レジュメ代わり)
資料2 「外部調査委員会設置にみる学校事故事件の事後対応の主な
     問題点と課題一覧」
資料3 「保育学校事故事件外部調査委員会一覧」
     (資料4の目次・索引代わり)
資料4 「保育・児童施設及び学校における事件事故の調査・検証委員会
       (外部調査委員会) 一覧」 2015年11月3日更新版 108件
資料5 「武田さち子 発表要旨」 記者会見用レジュメ

資料1 
resume
 

資料2
jikotaiourei
 

資料3
mokuji


資料4
chousaiinkai list


資料5
mediayou
2015/11/10
考察 自殺
制度

2015年8月7日 作成
日本スポーツ振興センター(JSC)の主な問題点
〜 高校生の自殺不支給問題を中心に 〜
(2016年3月 一部追記)
20150807
jsc mondai
2016/3/27
データ 第三者
調査委員会

保育・児童施設及び学校における事件事故の調査・検証委員会
(第三者調査委員会)一覧 (95事案)を更新しました。

今まで一覧に入れていた人権救済申し立てによる調査(13事案)を
独立させました。
(こちらは、把握できていない事案がたくさんあると思われます)

20150410
chousaiinkai list


20150410jinken

2015/4/10
データ 第三者
調査委員会

保育・児童施設及び学校における事件事故の調査・検証委員会
(第三者調査委員会)一覧 (95事案)を分析しやすいよう表にしました。

・調査委員会は毎年、どのくらい設置されているか?
 ⇒委員会設置年 参照

・どんな事件事故で、第三者調査委員会は設置されているのか?
 ⇒調査事案

・いじめや指導死が疑われる事案の調査委員会の特徴は?
 いじめや指導と自殺との関連はどの程度認められているのか?
 ⇒いじめ・指導死


委員会設置年
20150410
chousaiinkai
sechi


調査事案
20150410
chousajian


いじめ・指導死
20150410
ijime shidou


2015/4/10
データ 子どもの
いじめ自殺

報道から拾った
いじめ要因が疑われる子どもの自殺・事件概要(大学生を含む)一覧
1962年から2015年4月までで、365件
(A4用紙で印刷すると58頁になります)
ijimejisatsu
houdou
2015/4/7
データ 第三者
調査委員会

保育・児童施設及び学校における事件事故の調査・検証委員会  一覧
(2014年11月23日(日)、NPO法人ジェントルハートプロジェクト主催 
第10回『親の知る権利を求めるシンポジウム』武田作成資料に加筆)
99件の概要
chousaiinkai_list 2015/2/10
考察 道徳の教科化
2014年11月27日、文部科学省の記者クラブで、「道徳教育の教科化反対」の
記者会見を児玉勇二弁護士らとともに行いました。
その時の武田の記者会見用の読み原稿です。

doutokuk
youkaka
hantai
2017/3/28
データ 指導死統計
更新

2014年5月8日 指導死一覧 78件

2014年5月8日 指導死一覧 報道・警察・文科省数字
20140508jirei

20140508toukei
2014/5/17
資料 いじめ自殺裁判
いじめ自殺裁判一覧

※法律の専門家ではありませんので、私なりの解釈であることにご留意ください
20141116
ijimejisatu
saiban
2014/3/27
2014/11/16
データ 子どもの自殺
いじめ自殺

子どもの自殺といじめ自殺  2014年3月 更新版
表1  文部科学省の統計
    報道から拾ったいじめが関わっていると思われる自殺
表2  警察庁の職業別自殺統計
表3  厚生労働省 年齢別死亡原因
20140327
jisatu
2014/3/27
資料 いじめ防止対策
推進法
基本的な方針

いじめの防止等のための基本的な方針」から
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/1340770.htm 
全 文
kihonhoushin 2014/5/17
資料 いじめ防止対策
推進法
基本的な方針

「いじめの防止等のための基本的な方針」から
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/1340770.htm 
「重大事態への対応」 抜粋


※ 「重大事態への対応」として、こちらもぜひお読みください。(被災者必見!)
「子供の自殺が起きたときの背景調査の指針(改訂版) [ 概要]
http://www.mext.go.jp/component/b_menu/shingi/toushin/_
_icsFiles/afieldfile/2014/09/10/1351863_01.pdf


「子供の自殺が起きたときの背景調査の指針(改訂版)」
http://www.mext.go.jp/component/b_menu/shingi/toushin/_
_icsFiles/afieldfile/2014/09/10/1351863_02.pdf


judaijitai 2014/2/18
2016/11/7
更新
資料 いじめ防止対策
推進法
2013年9月21日(土)、NPO法人ジェントルハートプロジェクト
第8回「親の知る権利を求めるシンポジウム」 武田配布資料

【関 連】

2013年6月28日成立 9月28日施行
いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/1337278.htm
衆議院文教科学委員付帯決議
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/1337280.htm
参議院文教科学委員付帯決議
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/1337282.htm

2013年10月11日発表、文部科学省が「いじめの防止等のための基本的な方針」を発表。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/1340770.htm
PDF 2013/11/2
いじめ対応策 いじめ対策
問題解決のステップ

教職員向け研修で使用している資料

発見・事実確認・指導・チェックなど、問題解決のためのステップ
あくまで、ひとつの方法です
step 2013/5/12
いじめ対応策 いじめ対策の
10カ条

教職員向けや保護者向け研修で使用している資料

「わが子をいじめから守る10カ条」  武田さち子著 
WAVE出版 
定価1300円+税)  

「子どもとまなぶ いじめ・暴力克服プログラム 
  想像力・共感力・コミュニケーション力を育てるワーク」
 武田さち子著
(合同出版 定価 1700+税 )

にも掲載

taisaku10 2013/5/12
相関図 隠ぺいの背景 2012年11月24日 NPO法人ジェントルハートプロジェクト
第7回 親の知る権利 シンポジウム 「なぜ学校は隠ぺいするのか」
武田発表資料

隠ぺいの背景 相関図

PDF 2012/11/25
時系列表 学校・教育委員会の隠ぺいの手口 2012年11月24日 NPO法人ジェントルハートプロジェクト
第7回 親の知る権利 シンポジウム 「学校はなぜ隠ぺいするのか」
武田発表資料

いじめ自殺を例に、学校・教育委員会の隠ぺいの手口
スクールカウンセラーの役割

※ 「子どもに何があったのか 真実を知るための、いくつかの方法」
  冊子のダウンロード  http://npo-ghp.or.jp/data/ より可能になりました。

inpeino
teguchi
2012/11/25
2014/ 3/ 6
2015/ 7/24
2016/12/27
データ 指導死一覧
指導死の特徴
2012年11月17日 「指導死」シンポジウム
生徒指導による子どもの自殺 「指導死」を改めて考える

【ポイント!】
指導死41件(未遂4件を含む)の一覧と分析
教師のどんな対応が、子どもを死に追いつめるのか。
PDF 2012/11/25
対比表 自殺後の
背景調査
児童生徒の自殺後の背景調査と大津いじめ自殺事件
(2012年10月30日 NPO法人ジェントルハートプロジェクト 
 参議院会館 記者会見で武田使用)

【ポイント!】
・大津教育委員会は、文科省の指針を守らなかった。だから、遺族は情報を知ることができた。もし、守っていたら?

PDF 2012/11/5
統計データ
(グラフ)
いじめと
校内暴力
2012年
いじめ認知件数と、校内暴力
(2012年10月30日 NPO法人ジェントルハートプロジェクト 
 参議院会館 記者会見で武田使用)

【ポイント!】
・いじめが減ると、学校内暴力が増える。
・「暴力行為」といじめでの有形暴力との違い、定義があいまい。
・2006年度以降、小学校でのいじめの認知件数が中学校を上回る。

北海道滝川市のいじめ自殺(2005年自殺行為、2006年死亡)が影響しているとしても、ずっと高止まり。小学校での学校内暴力も増加。放置すれば中学校、高校にも影響すること必至。

2006年度から、公立だけでなく、私立や国立も調査対象になったが、ほとんど影響を与えていない。
2006年度からの急激な伸びは、公立学校でのいじめの伸び。私立学校の調査協力度合いが低い可能性大。

PDF 2012/11/5
データ 調査委員会 2012年9月5日現在   (2013年4月 追加)
学校事故・事件・自殺で設置された調査委員会の一覧

ネットで見られる報告書には以下のものがある

須賀川市の柔道部事故
http://gyousei1.city.sukagawa.fukushima.jp/cb/hpc/Article-276503-1266.html

名古屋市立高陽高校柔道部事故
http://www.city.nagoya.jp/kyoiku/page/0000036038.html

長野県飯田高校刺殺事件
http://www.pref.nagano.lg.jp/kyouiku/koukou/iida/

滋賀県愛荘町柔道事故(ご遺族のサイト)
http://judojiko.blog58.fc2.com/blog-entry-72.html
のPDFファイル
http://judojiko.net/dl_data/aishou_jiko_kenshou100714.pdf

福岡市学校施設窓サッシ事故検証検討会
http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/25547/1/230608-02-02.pdf


【ポイント!】
・遺族が納得する調査委員会とは?
・学校の隠ぺいに、「正しい」とお墨付きを与える調査委員会とは?

※大津市立中学校男子生徒いじめ自殺  調査委員会報告書 
http://www.city.otsu.shiga.jp/www/contents/1359682792674/

※桜宮高校体罰自殺 外部監察チーム報告書
http://www.city.osaka.lg.jp/kyoiku/page/0000217951.html

PDF 2012/9/5
2013/4/13
2013/5/12


統計データ 子どもの自殺
いじめ自殺
2012年10月現在
 2013年3月13日付けで、文部科学省の児童生徒の自殺統計に訂正あり
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/25/03/1331725.htm

子どもの自殺・いじめ自殺 (文部科学省・警察庁・報道) 表

【ポイント!】
・2007(平成19)年度までは、15歳〜19歳の死因で、自殺は第2位だったが、2008(平成20)年度から、死因の第1位を占めるようになった。

PDF 2013/3/13
更新
統計データ
(グラフ)
いじめ
自殺
2012年10月現在 
 2013年3月13日付けで、文部科学省の児童生徒の自殺統計に訂正あり
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/25/03/1331725.htm

子どもの自殺・いじめ自殺 (文部科学省・警察庁・報道) グラフ

【ポイント!】
・1984年から児童生徒の統計を取り始めてから、2011年度は2番目に児童生徒の自殺者が多かった(文科省で前年度比44人増、警察庁で66人増)。大津事件が大きく報道されたのは2012年7月なので、報道の影響ではない。2011年3月11日の震災の影響か?
・2006年度調査から、「自殺した児童生徒が置かれていた状況」で、複数回答を可とする。自殺の理由に関係なく、学校が事実として把握しているもの以外でも、保護者や他の児童生徒等の情報があれば該当する項目すべてを選択する」と変更されたが、実際には、遺族が「いじめが原因の自殺」と訴えていても、学校・教育委員会は、自殺の背景に「いじめ」があったとは報告していない。
2011年度、警察庁統計では、小学生の自殺13人で、いじめ自殺1人だが、文科省統計では、小学生の自殺4人で、いじめ自殺0人。
高校生の自殺は、報道されることの多い中学生に比べて常に倍以上ある。


PDF 2013/3/13
統計データ
(グラフ)
いじめ事件 2012年8月現在
いじめに起因する事件の検挙・補導件数、人数の推移

【ポイント!】
・大人は「やられたら、やり返せ」と言うけれど、報復事件は起きている。
・いじめには、警察は関われない?


PDF 2012/11/6
対比表 いじめ
自殺
調査委員会
群馬県桐生市のいじめ自殺・神奈川県川崎市のいじめ自殺
調査委員会対応の比較
(2011年11月19日 NPO法人ジェントルハートプロジェクト
第6回「親の知る権利」シンポジウムで使用)

【ポイント!】
・外部調査委員会といっても、中立性・公平性に疑問のあるものも少なくない。

PDF 2012/5/31
アンケート
概要
学校事故事件 2010年2月〜9月
NPO法人ジェントルハートプロジェクト 
「当事者と親の知る権利について」のアンケート結果(概要)

【ポイント!】
・事件事故後の学校の説明に9割が納得していない。

※ アンケート結果全文のダウンロード  http://npo-ghp.or.jp/data/ より可能になりました。

PDF 2012/5/31
2014/3/6
考察 いじめ自殺
文科省の対策
文部科学省(文部省)のいじめ対策とその問題点
第1期〜第4期

【ポイント!】
・幻のいじめ自殺多発第3期がある。

PDF 2012/9/7
フォーマット
対比表
自殺後の
調査票
NPO法人ジェントルハートプロジェクトが文部科学省に提案した
児童生徒の自殺3日以内に実施すべきアンケート調査
文科省が指針で示したアンケート調査の対比表
(2011年11月19日 NPO法人ジェントルハートプロジェクト
第6回「親の知る権利」シンポジウムで使用)

【ポイント!】
・GHPの提案目的は、アンケート結果を遺族が見られるようにすること。
そのための文言をすべてカットした協力者会議の指針。


PDF 2012/7/5
提案書 児童生徒の自殺
現状課題と
提案
2009年9月15日、
文部科学省の自殺予防に関する調査研究協力者会議での
ヒヤリング
で武田が使用した資料

【ポイント!】
・子どもの自殺防止のためには、何をするべきか?

PDF 2012/7/5
データ 指導死 2009年9月15日、
文部科学省の自殺予防に関する調査研究協力者会議での
ヒヤリング
で武田が使用した資料 3

【ポイント!】
・子どもはいじめだけでなく、教師の指導や人間関係で自殺している。
・指導死はほとんど報告もされず、注目もされていない子どもの自殺。学校・教師は認識して、防止策を立てるべき。

PDF 2012/7/5
データ 調査委員会 2009年9月15日、
文部科学省の自殺予防に関する調査研究協力者会議での
ヒヤリング
で武田が使用した資料 5

【ポイント!】
・第三者委員会は本当に事実解明の役に立っているのか?

PDF 2012/7/5
※ 主に研修やシンポジウム、ほかで使用するためにtakedaが作成した資料です。




日本のこどもたち(HOME) http://www.jca.apc.org/praca/takeda/  検索・索引
闘う人びとのために 問題解決に役立つ情報源 わたしの雑記帳
子どもに関する事件・事故 1
(いじめ・生徒間事件)
子どもに関する事件・事故 2
(教師と生徒に関する事件)
子どもに関する事件・事故 3
(学校災害ほか)
いじめ・生徒間事件に関する
裁判事例 1
教師の体罰・犯罪・その他の
裁判事例 2
学校事故・災害の
裁判事例 3
子どもの安全・安心に生かすデータ 事件・事故と心の傷について 自殺防止に役立てたい情報源
裁判情報 Diary
インフォメーション プロフィール



Copyright (C) 2012 S.TAKEDA All rights reserved.