さるの親子 小豆島にて  Photo by S.Takeda


日本の子どもたちの人権は、ほんとうに守られているでしょうか。

物質的に豊かということだけが、幸せの条件でしょうか。


ようこそ、あなたは  人目の訪問者です


「日本の子どもたち」の目次です


学校事故・事件の当事者と親の 「知る権利」  2012 9.20 更新 2012年11月15日から、ツイッターをはじめました。
@takeda828
わたしの雑記帳 2016 2.28
 
子どもに関する事件・事故 1  1999年以前
 【学校でのいじめ・恐喝・リンチなどに関する事件】
2012 9.20 更新
子どもに関する事件・事故 1-2 2000年以降
 【学校でのいじめ・恐喝・リンチなどに関する事件】
2016 1.31
子どもに関する事件・事故 2 
 【学校での事故・体罰・シゴキ・抗議自殺・その他の事件】
2014 3. 6 更新
子どもに関する事件・事故 3
 【学校災害】
2014 7. 2 更新
子どもに関する事件・事故 4
(体育会系部活動における事件等 
 事件・事故1-3とダブリあり)
2013 3. 1 更新
闘う人びとのために
いじめにあったら、訴訟をするなら・・・
問題解決のヒント集 
        
    STEP1 2005    更新
    STEP2 2005    更新
    STEP3 2005    更新
    STEP4 2005    更新
    STEP5 2004 12.19 更新
訴訟事例
 (いじめ・暴力教師・校則学校災害
2008 9.20 更新
問題解決に役立つ情報源 2013 3.29 更新
子どもの安全・安心に生かすデータ 2008  6.23 更新
事件・事故と心の傷について 2006 2.14 更新
自殺防止に役立てたい情報源 2006  1. 1 更新
  オリジナル資料  (武田作成資料ほか) 2016 2.28
  裁判情報 Diary 2016 2.28
インフォメーション 2012 6.10 更新
年 表 2015 8.11
検索・索引【サイト内、雑記帳・ほか一部対応】 2015 4 .10 更新
       





「日本の子どもたち」のサイトとは

私が所属する世界子ども通信「プラッサ」のサイト(http://www.jca.apc.org/praca/index.html) のなかで
武田さち子個人が作成・運営させてもらっているサイトです。
2000年11月11日に開設しました。
(当初、ひとり立ちするまでの予定でしたが、居心地がよいので、ずっと居座ることにしました)

なお当サイトは、いかなる政治・宗教組織・営利を目的とした団体にも所属していません。一市民による自発的な活動です。

プロフィール参照


2016年2月24日、東京地裁で、桜宮高校指導死事件の民事裁判の判決が言い渡されました。
裁判所は、
顧問教諭の有形力行使による暴行及び威迫的言動を、教育上の指導として法的に許容される範囲を逸脱した一連一体の行為として、不法行為法上違法と評価。自殺との相当因果関係、予見可能性を認定して、被告大阪市に、計約7500万円の賠償を命じました。
判決文には、「指導死」の文字が多用されており、ようやく「指導死」の概念が行きわたりつつあることを実感することができました。この画期的な判決を他の被害者のためにもぜひ活用していただきたく、少し詳細にわたって、わたしの雑記帳」に書きました。


2015年12月15日、鹿児島地裁で、鹿児島県出水市の中村真弥香さん(中2・13)(110901)の遺族が開示を求めていた学校が背景調査のために全校生徒対象にとったアンケートの開示を、一部認める判決が出ました。
出水市は控訴せず、2016年1月8日、市教委は、アンケートの回答者の氏名や学年、部活動名など、個人が特定される部分を黒塗りにして、パソコンで打ち直した全校生徒300人分のアンケートを、遺族に手渡したといいます。
遺族は、改めて自殺の原因はいじめだったとして、新たな第三者による調査委員会の設置を求めています。
簡単な報告と思うところを「わたしの雑記帳」に書きました。


2015年11月10日(火)、文部科学省の省「学校事故対応に関する調査研究」第4回有識者会議に、ジェントルハートプロジェクトが呼ばれ、小森美登里さんと、武田さち子が話をしました。
当日の配布資料は、オリジナル資料に、読み原稿は「わたしの雑記帳」me151110 に貼りつけました。

資料1 「学校事故事件の事後対応の主な問題点と課題」、「事後対応への提言と要望」(レジュメ代わり)
資料2 「外部調査委員会設置にみる学校事故事件の事後対応の主な問題点と課題一覧」
資料3 「保育学校事故事件外部調査委員会一覧」 (資料4の目次・索引代わり)
資料4 「保育・児童施設及び学校における事件事故の調査・検証委員会
       (外部調査委員会) 一覧」 2015年11月3日更新版 108件
資料5 「武田さち子 発表要旨」 記者会見用レジュメ


いじめ防止対策推進法(武田作成PDF)ができても、いじめ自殺が止まりません。あるいは、法の制定で今まで隠されていたものが見えるようになってきたということなのかもしれません。
子どもに関する事件・事故 1-2を更新しました。


オリジナル資料に、 報道から拾った「いじめ要因が疑われる子どもの自殺・事件概要(大学生を含む)一覧をUPしました。1962年から2015年4月までで、365件になりました。


2014年11月24日の「子どものいじめ自死を出さないために ~桐生いじめ裁判の真の和解と再発防止を求める集会~」に先立ち、オリジナル資料いじめ自殺裁判一覧(PDFファイル)を更新しました。


相変わらず、いじめ自殺や自殺未遂が後を絶ちません。
オリジナル資料に、昨年、文科省が発表した「いじめの防止等のための基本的な方針」から、「重大事態への対処」を抜粋したものjudaijitaiをUPしました。
「いじめ防止対策推進法」資料PDFのP5 第5章「重大事態への対処」と併せてご覧ください。
重大事態が起きたとき、学校や設置者がしなければならないことについて、書かれています。
被害にあわれた方は、「児童生徒の自殺後の背景調査と大津いじめ自殺事件」PDF「学校・教育委員会の隠ぺいの手口」PDFわたしの雑記帳2014年1月14日付け「アンケートや作文がどのように扱われてきたか」を併せてご覧ください。






2013年2月23日(土)より、毎日新聞・大阪版(京都・兵庫)の教育欄に、月1回、最終土曜日に「学校危機(スクールクライシス) 心と命を救おう」を書かせていただいています。
2013年11月30日の分からは会員登録(無料)が必要。
なお、1年を過ぎたものから順次、期限切れで見れなくなるようです

掲載日
(原則毎月
最終土曜)
15歳のニュース 学校危機(スクールクライシス) 心と命を救おう
(毎日新聞・大阪版 教育欄)
2016/1/30 誰かを傷つけてしまったら
http://mainichi.jp/articles/20160130/ddl/k27/100/454000c
2015/12/19 HIV、遠くの話ではない
http://mainichi.jp/articles/20151219/ddl/k27/100/479000c
2015/11/28 生き、生き抜くために
http://mainichi.jp/articles/20151128/ddl/k27/100/455000c
2015/10/31 組み体操、事故繰り返すな 
http://sp.mainichi.jp/edu/news/20151031ddlk27100536000c.html
2015/9/26 いざという時にはAEDを
http://mainichi.jp/edu/news/20150926ddlk27100547000c.html
2015/8/29 時には「避ける」という選択を
http://mainichi.jp/edu/news/20150829ddlk27100473000c.html
2015/7/25 今考えたい、戦争の残酷
http://mainichi.jp/edu/news/20150725ddlk27100501000c.html
2015/6/27 自転車事故、起こさぬために
http://mainichi.jp/edu/news/20150627ddlk27100480000c.html
2015/5/30 万引きは「犯罪の入り口」
http://mainichi.jp/edu/news/20150530ddlk27100457000c2.html
2015/4/25 見過ごしてならぬ下級生いじめ
http://mainichi.jp/edu/news/20150425ddlk27100525000c.html
2015/3/28 暴力事件、防ぐには 川崎中1殺害から 
http://mainichi.jp/edu/news/20150328ddlk27100508000c.html
2015/2/28 起こさない、ガス吸入事故 
http://mainichi.jp/edu/news/20150228ddlk27100380000c.html




「あなたは子どもの心と命を守れますか!」 武田さち子著
 
WAVE出版 
定価1600円+税)  

1986年から2003年までの
いじめ事件を中心に、子どもたち、教師、親の対応を分析。あわせて、子どもたちを守るための提言をおこなっています。いじめ・暴力をなくしていくために、一人でも多くの方たちにお読みいただければと思います。

芹沢俊介氏の新刊「いじめが終わるとき 根本的解決への提言」(彩流社)のなかでも、紹介していただきました。 

★ アマゾン http://amzn.to/1cTJsz5


「わが子をいじめから守る10カ条」  武田さち子著 
WAVE出版 
定価1300円+税)  

親が陥りやすい、いじめ対応の落とし穴を回避し、徹底的にわが子を守るための本。
子どもを亡くしてしまう前に、ぜひお父さん、お母さんに読んでもらいたいのです。

★ アマゾン http://amzn.to/1NmeNPN 


「子どもとまなぶ いじめ・暴力克服プログラム」 
  想像力・共感力・コミュニケーション力を育てるワーク  / 武田さち子著

(合同出版 定価 1700+税 )


いじめを相談した子どもが大人や友だちに言われたくない言葉。「いじめていない」「あそびだよ」「けんかだもん」と言う児童生徒をどう指導するか。いじめがおきてしまったとき、どのように関係を修復したらいいか。ネットいじめにならないためにはどのようなことに気をつけたらいいか。友だちに「死にたい」と言われたときにどうするか等など、「いじめがあるとわかっても、子どもたちにどう指導したらよいかわからない」という学校・家庭の困った感に答える本です。
子どもと一緒に、先生や保護者もぜひ、いじめとは何か、どうすればなくすことができるか、考えていただきたいと思います。

教育評論家で、法政大学教授の尾木直樹先生に、推せん文をいただきました。
池田八恵子さんに素敵なイラストをいっぱい描いていただきました。

以前執筆した(2007年4月号「いじめ」と子どもの自殺」)ことのある金子書房の『児童心理』2009年12月号の「今月の本棚」のコーナーに、拙書の紹介を載せていただきました。ありがとうございます。

「子どもとまなぶ いじめ・暴力克服プログラム 想像力・共感力・コミュニケーション力を育てるワーク」(合同出版 定価 1700+税 ) が、
山田養蜂場の第12回みつばち文庫寄贈図書の一冊に選ばれました!

http://beekeeper.3838.com/activity/bunko/

★ アマゾン http://amzn.to/1e3Uvd6


「保育事故を繰り返さないために  
  ~かけがえのない幼い命のためにすべきこと~」


武田さち子 著  
赤ちゃんの急死を考える会 企画・監修 (http://isa.sub.jp/)
(あけび書房 
定価::1400円+税)

内 容 :
 第1章 大切な子どもの命を返してください
 第2章 安全で安心な保育のために大人たちがすべきこと
 第3章 不幸にして事件・事故が起きたとき
 第4章 座談会 かけがえのない命のために

 本書で取り上げている主な事例
 ・「ちびっこ園」 ・「みんなのベビーホーム」 ・「ラッコランド京橋店」 ・「あざみ保育室」 ・「スマイルマム大和ルーム」 ・「小鳩幼児園」 ・「上尾市立保育所」など。

 「虐待やいじめを発見する」(第2章) や 「保護者がすべきこと」(第3章) 「座談会」(第4章)はとくに、保育事故だけでなく、幼い子どものいじめ発見や学校事件事故の被害者にも役立つ内容です。

★ アマゾン http://amzn.to/17KqxRS 


高文研から2013年5月、「『指導死』  追い詰められ死を選んだ七人の子どもたち」が出ました。

NPO法人ジェントルハートプロジェクト理事で、指導死親の会の代表世話人、かつ「指導死」の名付け親である大貫 隆志さん(000930)が編著京都精華大学人文学部准教授の住友 剛さんとともに、武田さち子も少し書かせていただいています。

★ アマゾン http://amzn.to/16ZWvwb 



2000.11.11より
最終更新日 2016.2.28.


このページへのリンクは自由に張っていただいてかまいません。
でも、連絡をいただけると嬉しいです。

現在はどのサイトとも相互リンクをいたしておりません。ご了承ください。





プラッサのトップページへ
ポスト メールは s-takeda828 アットマーク r9.dion.ne.jp ま
Copyright (C) 2013 S.TAKEDA All rights reserved.