人権と報道・連絡会(人報連)ホームページへようこそ。
このウェブサイトでは人報連の活動を紹介するとともに、人権と報道、さらにはメディアの在り方を考えるために参考になると思われる情報を提供します。
Welcome to The Liaison Committee on Human Rights and Mass Media Conduct (JIMPOREN) homepage.

次回定例会等予告

人権と報道・連絡会主催の 「第 33 回人権と報道を考えるシ ンポジウム」は、1 2 月 17 日(日) 午後1時 30 分から5時まで、 東京・水道橋の「スペースたん ぽぽ」(千代田区三崎町/ダイ ナミックビル4階)で開きます。 テーマは「森友・加計疑獄と 報道――ゆがめられた行政を監 視する責任」。 パネリストは「森友学園問題 を考える市民の会」共同代表で 豊中市議の木村真さん、愛媛県 今治市の「加計獣医学部問題を 考える会」共同代表の黒川敦彦 さん、東京新聞社会部記者の望 月衣塑子さん、人報連世話人の 浅野健一。司会は人報連の山際 永三事務局長です。

第314回定例会(2017.9) 大崎事件再審・心理学鑑定への評価

人権と報道・連絡会の第314回定例会が9月15日夜、水道橋の「スペースたんぽぽ」で開かれ、約25人が参加した。テーマは「大崎事件再審・心理学鑑定への評価」。

第312回定例会(2017.5) 袴田事件再審とDNA問題

人権と報道・連絡会の第312回定例会が5月26日夜、東京・水道橋の「スペースたんぽぽ」で開かれ、約40人が参加した。テーマは「袴田事件再審とDNA問題」。弁護団の角替清美弁護士から報告を受けた。

第310回定例会(2017.1) 天皇「生前退位」と報道検証

人権と報道・連絡会の第310回定例会が1月20日夜、東京・水道橋の「スペースたんぽぽ」で開かれ、25人が参加した。テーマは〈天皇「生前退位」と報道〉。昨年7月以来、大々的に繰り広げられてきた「天皇明仁Xデー状況」ともいうべき報道について、人報連会員の中嶋啓明さんから報告を受けた。

第32回(2016年)シンポ やまゆり園事件と報道検証

人権と報道・連絡会主催の「第32回人権と報道を考えるシンポジウム」が12月3日午後、東京・水道橋の「スペースたんぽぽ」で開かれ、約70人が参加した。シンポのテーマは〈相模原やまゆり園事件をどう考えるか~ナチズム・保安処分・福祉行政・報道〉。
7月26日、神奈川県相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者多数が殺傷された事件と報道について、精神科医の野田正彰さん(元関西学院大学教授)、弁護士で監獄人権センター代表の海渡雄一さん、人報連世話人の浅野健一さんが、山際永三・人報連事務局長の司会で討論した。

第308回定例会(2016.7) 鈴鹿殺人事件の裁判と報道

人権と報道・連絡会の第308回定例会が7月22日夜、東京・水道橋の「スペースたんぽぽ」で開かれ、約20人が参加した。テーマは〈鈴鹿殺人事件の裁判と報道〉。フリージャーナリスト・今井恭平さんから報告を受けた。

第307回定例会(2016.6) 今市事件裁判・刑事訴訟法「改正」法案と報道

人権と報道・連絡会の第307回定例会が5月20日夜、東京・水道橋の「スペースたんぽぽ」で開かれ、約35人が参加した。テーマは〈今市事件裁判・刑事訴訟法「改正」法案と報道〉。人報連世話人の浅野健一さんと山口が報告した。

第306回定例会(2016.4) 刑事訴訟法「改正」法案と報道

人権と報道・連絡会の第306回定例会が4月15日夜、東京・水道橋の「スペースたんぽぽ」で開かれ、約30人が参加した。テーマは〈刑事訴訟法「改正」法案と報道〉。人報連世話人の山口が報告した。

定例会日程変更のお知らせ

3月18日(金)に予定しておりました定例会(テーマ:刑訴法「改正」法案と報道/報告者・山口正紀)は、やむを得ない事情により、延期することになりま
した。異例ですが、その後の定例会は次の日時・場所で開きます。
  4月15日(金)午後6時半
      テーマ:同上・刑訴法「改正」法案と報道     
         於:スペースたんぽぽ
人権と報道・連絡会 事務局

第305回定例会(2016.1) 映画「裁判所前の男」上映とトーク

人権と報道・連絡会の第305回定例会が1月15日夜、東京・水道橋の「スペースたんぽぽ」で開かれ、約40人が参加した。テーマは〈映画「裁判所前の男」上映とトーク〉。長編ドキュメンタリー(ビデオプレス・65分)を上映し、主人公の大髙正二さんと監督の松原明さんにお話をうかがった。

コンテンツ配信