ジャパンユニオンは

労働者にとって最強のセーフティネットは労働組合!
労働問題を労働組合加入で解決しよう!
職場に労働組合をつくろう!
ジャパンユニオン組合費は月額1000円!

ジャパンユニオンに加入すると・・・


   ●
ジャパンユニオンは労働者のセーフティネット、いざというときの保険です。   
 
   ●ジャパンユニオンはあなたの労働問題での顧問コンサルタントです。
  
  
ジャパンユニオンはあなたの味方です。まずはご相談ください。   

   ●
日本国憲法、労働組合法の団結権、団体交渉権、団体行動権などによって
      組合員としての権利と保護を受けられます。


   ● 組合員として優先的に継続した個別相談(弁護士相談も)を受けられます。  
      (ご相談される場合は最初に組合員であることをお知らせください

   ● 本部役員同席の団体交渉が可能です。

   ●組合加入通知、団体交渉申入れ、要求書、警告書等を助言・発行します。

   ●会社の不当労働行為には組合活動、労働委員会、裁判などで闘います。

   ●ユニオン・ショップ協定でお困りの方にアドバイス、脱退の応援をします。

   ●労働者の立場にたつ弁護士、医師を紹介できます。

   ●ジャパンユニオンの研修講座など諸活動に参加できます。

   ●「組合ニュース」など有用情報が得られます。

   ●希望者には「ジャパンユニオン組合員証」を発行します。

   ●地域ユニオン加入について助言と紹介ができます。

   ●ジャパンユニオンの脱退は組合員の意志で自由にできます。

    --詳細は「ジャパンユニオンとは」を参照してください。

 

なぜ個人でなく、ジャパンユニオン(労働組合)か


労働者はどうして個人では闘えなくて、労働組合の組合員になると闘えるのか。

それは、労働組合が憲法などでさまざまな権利を持ち、守られているからです。

たとえば、あなたが会社に不満を持って、個人で社長に文句を言いに行く。その時に、社長が「お前とは話をしたくないよ」と言われて、「ちょっと待て、人の話を聞け」と、あなたが社長に食い下がって社長を追い詰めて話を無理矢理聞かせたら、それは場合によっては強要罪とか監禁罪、不退去罪とか、労働者が罰せられます。

それがいったん労働組合を作って、同じことを社長や会社に要求する。その場合は、同じ行為が労働組合の「団体交渉申し入れ」ということになります。

それに対して社長が「そんなのお前、話が聞けるか」と、話し合いを拒否したら、 今度は社長が団体交渉拒否という法律(労働組合法第七条)違反になり、罪に問われるのです。

これぐらい労働組合に加入し組合員になることと、個人のままでやることとは違うのです。

ジャパンユニオンの組合員になるには・・・

トピックス 2016                                          更新履歴

<組合に入って(作って)よかった>私にとっての東部労組は「勇気」をくれるところ(5/25)
<スタッフ日記>5月27日(金)18時~21時 「夜間労働相談」を実施します!(5/24)
<スタッフ日記>市進争議が全面勝利解決!(5/23)
<スタッフ日記>「職場のいじめ・嫌がらせ・パワハラ」まとめシリーズ第72弾2016年3月分を報告します(5/23)
<相談してよかった>教えていただいたアドバイスは今も大切に保管してあります(5/23)
<相談してよかった>労働組合の活用という方法も学ぶことが出来ました(5/20)
<スタッフ日記>東京・葛飾の労働組合が「戦争法の廃止を求める」共同アピール(5/18)
<4月の労働相談統計>(5/17)
<組合に入って(作って)よかった>今回の経験を生かして支える側になれたら(5/17)
<スタッフ日記>「有給休暇」を自由にとらせろ (2016月3月分)(5/16)

twitter(ツイッター)に ジャパンユニオンのアカウントが開設されました。フォローお願いいたします!
Facebook(フェイスブック)にも登場!ぜひご覧ください!

 労働組合 入ってよかった 作ってよかった

私にとっての東部労組は「勇気」をくれるところ

会社の経営陣の目に余る理不尽さ、また個人的ないじめ等に我慢ができなくなり青砥の事務所に相談に行ったのがきっかけです。

東部労組の担当の方は、本当に労働者の立場になって親身に相談に乗ってくれました。

だからこそ青砥まで行く気になったのです。

私のせっかちな性格が幸いしたのかわかりませんが、居ても立ってもいられず会社を早退して相談に行きました。

そして東部労組の方々が真剣に話を聞いてくれて真剣に答えてくれたからこそ私の気持ちも動いたのだと思います。

未払い残業代も解決はしていませんが、少しずつ進歩の兆しが見えています。

私は一緒に闘っている仲間が喜んでくれる事が嬉しい。

東部労組の方たちもみんな同じ気持ちだと思います。

人間は一人では生きていけない。

また、一人では強くなれないかもしれない。

私にとっての東部労組は「勇気」をくれるところ。

一人では何もできない。

でも後ろに仲間がいてくれるから頑張れる。

本当に「一人はみんなの為に みんなは一人の為に」の精神なんですね。

自分でも「勇気」をもらって本当に強くなったと思います。

経営陣に対して言いにくいことは今でもかなりあります。

しかし、「私は働いたことに対しての報酬を堂々ともらっているんだ。」、そして「報酬をもらうことで雇われているという負い目を持つ必要はまったくないんだ」ということに気がつきました。

いいえ、東部労組の方たちが気がつかせてくれました。

私は東部労組と知り合えて本当に良かったと感じています。

苦しんでいる労働者のみなさん、「勇気」を出して一緒に頑張っていきましょう。

こんなにたくさんの仲間がいるんだから大丈夫。

組合員としてはまだまだ新米ですが、これからも「勇気」をもらって頑張って行きたいと思います。

(2016年5月25日記入)

一覧


キャンペーン実行中!


ワタミグループで働く人からの集中労働相談を実施

サービス残業是正・不払い残業代請求獲得キャンペーン

ユニオンショップ協定や会社の御用組合で困っている方へ

  ユニオンショップ協定のために、会社に従属して労働者の利益を守れない「労働組合」にしばりつけられて、組合を脱退できない労働者、組合員からの不満の声が多くなっています。
  またユニオンショップ組合ではなくとも、会社の言いなりで働く者の利益を考えない労働組合(「名ばかり労働組合」とか「御用組合」と言います)で、被害を受ける労働者からの苦情や怒りの声も増えています。
  しかし、どうしようもないと諦めないでください。
  やり方、闘い方はいろいろあります。  
         
全文
論文「ユニオン・ショップと労働組合」

石川源嗣『労働組合で社会を変える』[情況新書]

(世界書院発行)定価1800円+税