ジャパンユニオンは

労働者にとって最強のセーフティネットは労働組合!
労働問題を労働組合加入で解決しよう!
職場に労働組合をつくろう!
ジャパンユニオン組合費は月額1000円!

ジャパンユニオンに加入すると・・・


   ●
ジャパンユニオンは労働者のセーフティネット、いざというときの保険です。   
 
   ●ジャパンユニオンはあなたの労働問題での顧問コンサルタントです。
  
  
ジャパンユニオンはあなたの味方です。まずはご相談ください。   

   ●
日本国憲法、労働組合法の団結権、団体交渉権、団体行動権などによって
      組合員としての権利と保護を受けられます。


   ● 組合員として優先的に継続した個別相談(弁護士相談も)を受けられます。  
      (ご相談される場合は最初に組合員であることをお知らせください

   ● 本部役員同席の団体交渉が可能です。

   ●組合加入通知、団体交渉申入れ、要求書、警告書等を助言・発行します。

   ●会社の不当労働行為には組合活動、労働委員会、裁判などで闘います。

   ●ユニオン・ショップ協定でお困りの方にアドバイス、脱退の応援をします。

   ●労働者の立場にたつ弁護士、医師を紹介できます。

   ●ジャパンユニオンの研修講座など諸活動に参加できます。

   ●月刊「組合ニュース」など有用情報が得られます。

   ●希望者には「ジャパンユニオン組合員証」を発行します。

   ●地域ユニオン加入について助言と紹介ができます。

   ●ジャパンユニオンの脱退は組合員の意志で自由にできます。

    --詳細は「ジャパンユニオンとは」を参照してください。

 

なぜ個人でなく、ジャパンユニオン(労働組合)か


労働者はどうして個人では闘いづらくて、労働組合の組合員になると闘えるのか。

それは、労働組合が憲法などでさまざまな権利を持ち、守られているからです。

たとえば、あなたが会社に不満を持って、個人で社長に文句を言いに行く。その時に、社長が「お前とは話をしたくないよ」と言われて、「ちょっと待て、人の話を聞け」と、あなたが社長に食い下がって社長を追い詰めて話を無理矢理聞かせたら、それは場合によっては強要罪とか監禁罪、不退去罪とか、労働者が罰せられます。

それがいったん労働組合を作って、同じことを社長や会社に要求する。その場合は、同じ行為が労働組合の「団体交渉申し入れ」ということになります。

それに対して社長が「そんなの、お前の話など聞けるか」と、話し合いを拒否したら、 今度は社長が団体交渉拒否という法律(労働組合法第七条)違反になり、罪に問われるのです。

これぐらい労働組合に加入し組合員になることと、個人のままでやることとは違うのです。

ジャパンユニオンの組合員になるには・・・

トピックス 2016                                          更新履歴

<カレンダー>12月分掲示(10/1)
<相談してよかった>明日からまた頑張ります(9/30)
<相談してよかった>自分の要求が正当なものだったと分かって一安心しました(9/29)
<スタッフ日記>9月30日(金)18時~21時 「夜間労働相談」を実施します!(9/28)
<スタッフ日記>9/29 東部労組メトロコマース支部の非正規差別なくせ裁判第16回口頭弁論に支援傍聴を(9/27)
<スタッフ日記>埼玉で働く市進のみなさんへ(9/27)
<組合に入って(作って)よかった>会社の自己破産で寮を占拠(9/27)
<スタッフ日記>「労働時間」に関連したメール労働相談事例(2016年7月分)のまとめ(9/26)

twitter(ツイッター)に ジャパンユニオンのアカウントが開設されました。フォローお願いいたします!
Facebook(フェイスブック)にも登場!ぜひご覧ください!

 労働組合 入ってよかった 作ってよかった

会社の自己破産で寮を占拠

台東区浅草の紳士靴と部品の卸売り専門会社から各社員に突然、「会社が倒産したので、明日から出社しなくてよい。自宅待機せよ」との連絡が入った。

無責任な会社に対し、社員は東部労組に相談し、支部(労働組合)を結成し、労働債権確保の闘いを始めた。

会社の自己破産以来、寮の占拠を続けていたが、東部労組の組合旗やステッカー、「労働債権確保」の垂れ幕を5階建てのビルにかかげ、寮占拠体制を強化した。

他支部の組合員は毎夜、寮に行き、交流し激励した。

債権者集会でも一般債権者の同調を得た。

管財人との団体交渉や逃亡社長追及行動など3ヶ月半のたたかいで、未払い賃金、予告手当、退職金、解決金などをかちとった。

(2016年9月27日記入)

一覧


キャンペーン実行中!


ワタミグループで働く人からの集中労働相談を実施

サービス残業是正・不払い残業代請求獲得キャンペーン

ユニオンショップ協定や会社の御用組合で困っている方へ

  ユニオンショップ協定のために、会社に従属して労働者の利益を守れない「労働組合」にしばりつけられて、組合を脱退できない労働者、組合員からの不満の声が多くなっています。
  またユニオンショップ組合ではなくとも、会社の言いなりで働く者の利益を考えない労働組合(「名ばかり労働組合」とか「御用組合」と言います)で、被害を受ける労働者からの苦情や怒りの声も増えています。
  しかし、どうしようもないと諦めないでください。
  やり方、闘い方はいろいろあります。  
         
全文
論文「ユニオン・ショップと労働組合」

石川源嗣『労働組合で社会を変える』[情況新書]

(世界書院発行)定価1800円+税