トップページ >ジャパンユニオン案内 >加入方法とその後の流れ

 


ジャパンユニオン

加入方法とその後の流れ


 
加入方法
加入申込書に必要事項を記入して送信してください。
●加入希望者は次のうちから納入方法を決めて入会金、組合費を納入してください。
 
組合費納入方法

納入方法は3つのパターンがあります。下記からお選びください。

(1)郵便振替
口座番号 00100-3-135760
加入者名 ジャパンユニオン

(2)銀行振込
りそな銀行青戸支店
口座番号 普通1215268
加入者名 ジャパンユニオン

(3)郵便局自動支払い
①まず、郵便貯金通帳が必要です。郵便貯金通帳をお持ちでない方は、新しく作って下さい。
②郵便局にある「自動払込利用申込書」に、あなたの郵便貯金通帳の通帳記号、通帳番号、おところ、お名前を記入し、捺印します。 
③ 「払込先口座番号」に、「00100-3-135760」と記入します。
④ 「払込先加入者名」に、「ジャパンユニオン」と記入します。
⑤ 「払込金の種別」に、「会費」と記入します。
⑥ 「払込開始月」を記入します。
⑦ 「自動払込利用申込書」を郵便局に提出して下さい。
⑧ この後、あなたの郵便貯金通帳からジャパンユニオン郵便振替口座に第1回目の引き落とし日に、会費2千円と第1回目の月会費千円が引き 落とされ、以後毎月指定した日(毎月5日・再引落とし毎月15日)に、月会費千円が引き落とされますので、郵便貯金通帳に不足がないよう、お金を預け入れて下さい。

 
組合加入の承認について

1.ジャパンユニオンへの加入の承認は、加入希望者が入会金・組合費を組合に納入され、組合側がその入金を確認するところから始まります。

2.その後、ジャパンユニオンから加入希望者に組合加入の承認メールが発送されます。それをもって、その時点からジャパンユニオンの組合員とな り、組合員としての規約上の権利と義務が生じます。それ以前はあくまでもジャパンユニオンへの加入希望者であって、まだジャパンユニオンの組合員ではあり ません。

3.また、労働組合の一員になられることによって、労働組合法の保護下に入り、労働契約を結んでいる会社又は事業所からの不当な干渉、処分等に対して対抗する法的権利(労働組合法第7条不当労働行為の排除)を有するようになります。

 

 
加入にあたって

●ジャパンユニオンに加入後の組合員の活動は組合規約が基準となります。
●組合員にはパスワードが送付されますので、それによって「組合員専用ページ」が閲覧できます。
●希望者には組合員証を発行します。写真(ヨコ2センチ×3センチ)を送ってください。
 
加入後の流れ
●それまでの労働者個人ではなく、労働組合加入組合員としての権利が保障されます。
●それぞれの組合員の労働環境・事情に合わせた相談を受けることができます。
●必要に応じて、使用者側と団体交渉をすることができます。
ユニオン・ショップ協定労働組合加入の労働者に脱退の助言ができます。
労働組合研修講座に参加できます。
 
組合からの脱退について

脱退は自由です。脱退したい場合は、必ずメール、ファックス、電話などでご連絡ください。

但し、納入いただいた組合費は、お戻しできません。

 

日本全国どこからでもだれでも入れる個人加盟インターネット労働組合
ジャパンユニオン(JAPAN UNION)
/【組合費】入会金2,000円(初回のみ)、月額組合費1,000円(できるだけ年12,000円、半年6,000円の一括払いでお願いします)*詳細は「加入方法とその後の流れ」を参照してください。/ジャパンユニオン加入申込書/〒125-0062東京都葛飾区青戸3-33-3野々村ビル1階/電話03-3604-1294/FAX03-3690-1154/E-mail: j-union@jca.apc.org組合事務所への行き方