さざ波通信(2003.02.08) 一般投稿欄投稿を再録

唖然:2002年11月7日「国労に人権と民主主義を取り戻す会 」が「国労本部執行部に対する公開質問状」

国鉄闘争に寄せる 労働組合運動の拙文集

『ストライキ基金』を役職員の『退職金積立金』に流用

 転送、転載、引用、訳出、大歓迎!

「さざ波通信」一般投稿欄
唖然:2002年11月7日「国労に人権と民主主義を取り戻す会 」が「国労本部執行部に対する公開質問状」
2003/2/8 木村愛二、60代、元日本テレビ社員、現・電網雑誌発行人

 木村愛二です。

 昨日、以下の投稿を拝見。

一般投稿欄
新・東京地評の人事に大問題
2003/2/5 赤旗記事研究分析員、20代、民間労働者
 03年2月3日「赤旗」は、東京地評発足の記事のなかで、地評の人事問題でとんでもないことになっているのを、なにも問題がないかのように平然と客観報道している。
 ここではっきり指摘し、「赤旗」編集部および日本共産党中央委員会のばかで犯罪的なダラ幹諸君に重大なる警告を発すると同時にこの投稿を見たこころある人々に知らせておきたい。
 手元に当該赤旗記事のある人はぜひ実際に見てもらいたいし、それができない人のために、問題部分のみ紹介しておきます。

 副議長/中略/国労東京地本・酒田充/後略
 国鉄労働組合東京地方本部執行委員長・酒田充(さけたみつる)が、新たに発足した東京地評の副議長に納まった、という、ただそれだけの何の変哲もない記事である。
 問題は、この酒田氏についてである。彼は国労東京地本委員長として、地本だけでなく国労中央(全体)に大きな影響力を行使してきた。全国2万5千人の組合員がいる国労で、東京地本は組合員1万人という飛びぬけた最大組織だからである。
 組合役員の任務がらみで、国労の子会社である(有)アルバという会社の、さらにそのまた関連会社を”個人的に”経営している。[後略]

 関係者には知らせ、本日、「国労、アルバ」で検索。

 以下の「アルバ」に電話したところ、アルバの社長は、国労の東京地本委員長ではなくて、本部委員長とのことでした。

国労闘争団からのご挨拶
国鉄「分割・民営化」
アルバの発足
国労闘争にご支援を!
物資販売商品情報
  日頃より、国鉄闘争にご支援いただいている皆様に対し、心よりお礼申し上げます。
  国労全国36闘争団は、「解雇撤回・JR復帰」という要求を勝ち取るために全力で闘い続けます。
  是非とも、闘争にご理解いただき、勝利解決まで物資販売にご協力をお願い申し上げます。

 ? (まま、質問に答えての意味)アルバからのお願い

 国鉄闘争に多大なるご支援をいただき、感謝申し上げます。
 2003春季物資販売が2月1日より開始いたました。
 カタログにつきましては、発送させていただきまた。
 webshopでは、カタログ価格よりも特別値引きにて大ご奉仕中です。是非、ご利用をお待ちしております。
 これからも闘争にご理解頂き、国労の物資販売にご協力頂きますことを重ねてお願い申し上げます。
? (同上)アルバ 社員一同(闘争団員)
  お問い合わせ
    電話:0088-22-5432
  FAX:0436-24-8774
  E-Mail:info@alba-inc.co.jp

株式会社 アルバ

 以下は、「国労、アルバ」の検索で出てきた状況の典型。以下の「共同代表」はアルバの電話に出た「社員」によると、実在の闘争団員。

 以上


元共産党「二重秘密党員」の遺言 または 日本共産党犯罪記録  に戻る

国鉄闘争に寄せる労働組合運動の拙文集の目次に戻る