最新! 21世紀アメリカの世界戦略を考える
(その1)1992年の公開情報でコソボの運命は予測できた

2000.1.7

1992年の公開情報でコソボの運命は予測できた

 昨年、1999.10.30.土曜日の午後1時から5時、アメリカの民主的法律家団体、ナショナル・ローヤーズ・ギルド(National Lawyers Guild)の前議長ら5人の法律家を迎えて、東京都千代田区、四谷駅前のプラザエフ(旧主婦会館)で、「『21世紀!アメリカの世界戦略』を考える」と題する集会が開かれた。主催団体は「自由法曹団/日本民主法律家協会/日本国際法律家協会」であった。百人近い法律家と市民運動家が集まった。

 この集会では、実は、題名の「21世紀!アメリカの世界戦略」については、何も語られなかった。しかし、その意気込みを買うことにし、今後に期待したい。私自身も、「21世紀!アメリカの世界戦略」に関する具体的な資料は持ち合わせてはおらず、次に紹介する『ロサンゼルス・タイムズ』の特集記事を張り込んだ『歴史見直しジャーナル』28号などの急遽作成資料を無料配布して、いささか発言し、自らの非力と同時に世界の反体制勢力の分裂と低迷、情報収集、集積の不足と分析の遅れを嘆き、今後の提携への希望を述べるにとどめざるを得なかった。

 以下の文章は、すでに「ユーゴ特集」で発表し、わがホームページに入力済みのものに若干手を加えたものである。21世紀を考える以前に20世紀を振り返る必要があろう。

 次に紹介するのも、上記の地図と同時期に表面化した「地域紛争」に関するアメリカ国防総省の「作戦計画」と「国防計画指針」に関する私自身の旧稿である。

 冒頭に紹介した日米の法律家が中心の集会で、国際的な問題として報告され、議論が集中したのは、ユーゴ戦争の問題だった。ただし、歴史的経過についての材料は、ほとんど出てこなかった。だが、上記の資料紹介だけでも明白なように、すでに7年前の1992年の段階で、アメリカの国務省が「コソボはアルバニアの一部になる」との力学研究をしていたこと、アメリカの国防総省(通称ペンタゴン)が、その後の「十年に七つの地域戦争を想定した作戦計画」を立て、「アメリカの第一の戦略目標は、新たなライバルがふたたび台頭するのを阻止することである」という趣旨の「国防計画指針」を発表し、アメリカが世界中の「地域紛争」に国連を飛び越えて介入する方針を露骨に示していたことは、別に秘密でも何でもなかったのである。

 当時すでに、スロベニアとクロアチアの独立宣言に始まる20世紀末のバルカン戦争は、上記の「七つの地域戦争」の一つとして、開始されていたのだった。昨年のユーゴ戦争で、アメリカが諸国家連合(「国連」の正しい訳語)を「飛び越えて介入」し、NATOの盟主として勝手放題に振る舞うであろうことは、予測可能だったのである。問題は、私自身をも含めて、継続的な観測、情報収集、集積、分析、発表の努力を続けてこなかった方にあると言わねばなるまい。「彼(敵)を知り、己を知る」(孫子)努力をしないで負けるのは当たり前のことなのである。

 以上で(その1)終り。(その2)に続く。


(その2)湾岸戦争の予測は10年前から可能だった

Web雑誌『憎まれ愚痴』49号の目次へ
21世紀アメリカの世界戦略を考えるに戻る