アメリカの世界戦略を考える

米帝国軍「中東安全保障計画」に石油確保の本音切々

(アメリカ上院議事録)木村書店案内

最新! 21世紀アメリカの世界戦略を考える

(2000年入力)

(その1) 1992年の公開情報でコソボの運命は予測できた
(その2) 湾岸戦争の予測は10年前から可能だった
(その3) アメリカの産業戦略&国防基本戦略資料集(1)米国重要技術報告書 (復活へのカルテ)
(その4) アメリカの産業戦略&国防基本戦略資料集(2)ペンタゴン報告書
(その5) 2000年末に石油マフィア政権の出現の中締め

参捕鯨禁止はアメリカの「一石四鳥」謀略だった
鯨が増え過ぎて生態系を破壊する「反捕鯨」の大嘘

 1970 年代初め、アメリカはベトナム戦争という泥沼に入り込み、抜きさしならぬ 状況に陥りつつあった。 枯れ葉剤の大量投下と環境への壊滅的影響、反戦運動の盛り上がりと麻薬禍の拡散、 脱走兵の続出等々、反米、反体制、反戦気運を何としても方向転換させる戦略を 考え出す必要があった。 その結果、ホワイトハウスに特別戦略諮問機関が設置され、英知を絞った末の作戦 として自然保護が全面に打ち出されることとなった。 そして、その象徴として鯨に照準が定められたのである。 自然保護に関してカリスマ性に富む多くの理論家、運動家が動員され、それが 1972 年 のストックホルム国連人間環境会議の開催へとつながっていく。((その1)はしがき:『反捕鯨で「富と名誉」を得る人々 掘武昭』から引用) ⇒「反捕鯨」の大嘘へ進む

ブッシュを操りイラク戦争を推進させた「ネオコン」新保守主義 亜空間通信抜粋集

 ネオコンの言論界における代表格、ウィリアム・クリストル「坊や」は、第二次世界大戦後のアメリカの世界支配の先兵、CIAの資金網の中で育成された手先の一人の御曹司で、「甘やかされて育った)悪餓鬼だった。
 わが電網宝庫では、ネオコンの言論界における代表格、ウィリアム・クリストル「坊や」を、まさに「坊や、坊や」した甘ったれた面の顔写真と一緒に、以下のように紹介している。
 戦争の虫たち なんとかならないか、この連中
火付け虫(ネオコン科)2003.4.7 ネオコンの親玉・ウィリアム・クリストル 父は元祖ネオコンのアービング・クリストル イラク侵略戦争に火を付けた(かつてはクリントン元大統領の下半身に火を付けた) ⇒亜空間通信613号の全文を読む ⇒ネオコン特集に進む

1994年10月12日「湾岸平和訴訟」大法廷での木村愛二証言記録

(1)「湾岸戦争報道に関する単行本『湾岸報道に偽りあり』執筆に至る経過と調査の内容」
(2)「アメリカが仕掛けたイラン・イラク戦争以後の対イラク謀略の構図」
(3)「アメリカのダブル・スタンダード、振り回す正義の旗は二枚舌」
(4)「情報操作・アメリカのマスメディアと日本のTV系列の対米従属の実態」

関連亜空間通信抜粋
「アメリカの世界戦略を考える」から分離 2017.7.3

1 関連亜空間通信抜粋記事(2003年8月まで)

2 関連亜空間通信抜粋記事(2003.9~2004.8)

3 関連亜空間通信抜粋記事(2004.9~2005.9)