『亜空間通信』677号(2003/10/15) 阿修羅投稿を再録

10/25イラク・パレスチナ・人種差別反対国際統一行動日に東京でも集会あり木村書店出動

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

『亜空間通信』677号(2003/10/15)
【10/25イラク・パレスチナ・人種差別反対国際統一行動日に東京でも集会あり木村書店出動】

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 転送、転載、引用、訳出、大歓迎!

 まずは、来る10月25日の集会とデモの案内:

 昨年は、この日に、日本では屋内集会が開かれたが、今年は、以下の屋外の行動の呼び掛けが発表された。
 自衛隊はイラクに行くな、殺すな、死ぬな。自衛隊をイラクに送るな。イラク占領にカネを出すな。10・25 世界のひとびとと共に、ワールド・ピース・パレード (東京)
日時:10月25日(土)13:00~
場所:大久保公園
 (新宿区・新大久保駅から職安通りすこしすすんで右側)
    13:30~ 集会
    14:00~ ピース・パレード
主催:実行委員会
戦争反対、有事をつくるな! 市民緊急行動、平和フォーラム、ATTAC Japan、日本消費者連盟、許すな!憲法改悪・市民連絡会、憲法を生かす会、ふえみん婦人民主クラブ、全国FAX通信、NO! レイプ NO! ベース女たちの会、ピースアクション21ほか
協力:WORLD PEACE NOW

 私は、この集会に、昨年来の携帯式木村書店を持参し、わが新著を売る。出来たてのほやほやである。定価は1冊1,500円だが、個人でも2冊目からは6掛けの900円、5冊以上は全部900円、書店などの流通組織には1冊でも6掛けの900円で卸すことにした。これが、わが大手メディアとの壮絶なる戦いの新局面である。

 わが新著、『イラク「戦争」は何だったのか?』の発行日、10月25日は、昨年の前編著『9・11事件の真相と背景』(副題:「テロ」か? 自作自演の戦争挑発謀略か?アメリカ=イスラエル=世界支配構想の核心を突く)の発行日と月日が同じであるが、その日付の理由も同じで、この日が、昨年に引き続き、アメリカのレムゼイ・クラーク代表の国際行動センターが、人種差別・パレスチナ・イラク問題の統一行動日として呼びかけた日だからである。

 以上。


「イスラエル関与疑惑」関連記事総覧へ
アメリカ「ゲリラ攻撃」関連記事総覧へ

亜空間通信2003.11に戻る