┃憎まれ愚痴入口木村書店 ┃カール・マルクスの大罪┃項目別案内

カールマルクス1 カールマルクス2


社会主義に暴力と憎悪を導入したカール・マルクスの大罪
社会改革の道は労働組合が開く 

木村愛二著 2010年3月5日発行/木村書店/120頁 850円

木村書店注文方法


内容紹介(目次)

第1部 カール・マルクスの大罪

●はじめに――『共産主義黒書』が欧州共産党の存在基盤を揺るがした  9

●カール・マルクスの人格的評価―人類愛を論じる資格はない  10

●カール・マルクスが社会主義に暴力と憎悪を導入した   11

●『資本論』は始めに「革命」の結論ありき   12

●批判のキーワードは「共産主義」ではなく「共産党」の「組織悪」   13

●「一匹の妖怪がヨーロッパを徘徊している─共産主義という妖怪が」は剽窃・詐称  13

●カール・マルクスは労働組合の主体的地位を簒奪した   14

●「階級闘争」を錦の御旗に独裁はびこる共産党王朝   14

●上級機関による権力支配の実体験  15

  ■「邪魔者」党員の「座敷牢」押し込め

  ■「ご都合主義者」の労組役員 

  ■総評の社会党支持を批判する一方で党員には政党優位の支配介入

  ■真の狙いは労協からの切り離し 

  ■訴願委員会では埒があかない

  ■不当解雇撤回闘争で党組織は実質的な責任放棄

  ■「民主集中制」の奇怪な実態

  ■党は中央から作られる

  ■地域支部の代表に他支部の地区委員を選出

  ■投票してないのに「満票」

  ■地区党大会はシャンシャン大会

●マルクスもレーニンもスターリンと同様の権力主義者  28

●狂信の権力を共産党の指導者が握る  29

●初めに党組織ありきで「党の指導が当然」  30

●自画自賛「科学的社会主義」の業績誇大宣伝  30

●先輩プルードンを蹴落とすマルクス  31

●日本共産党の聖典『空想から科学への社会主義の発展』  32

●〈科学的社会主義〉プルードン――マルクスが口汚く罵った『貧困の哲学』とは  32

●『貧困の哲学』邦訳がないのにマルクス『哲学の貧困』を鵜呑みにする怪談  34

  ■マルクスの才気と悪意の書

  ■プルードンの『貧困の哲学』はまさしくバランスをテーマとする

  ■プルードンをリカードとみくらべるのはフェアでない

  ■客観性を装い相手の言い分を巧みにゆがめる手口

  ■戦闘性をそなえない社会科学は無意味だと結論

  ■青年マルクスの自己否定の苦悶とその断固たる意志

●プルードンの鋭い逆説「最も勇敢で有能な革命家のブルジョワ諸君  41

●「諸党派の一員」とカール・マルクスを批判  42

●マルクス・エンゲルスの「画期的な業績」以前の社会主義の流れ  42

●『共産党宣言』は共産主義者同盟の綱領的文書  44

●狂信に取り付かれる人々と独裁への道  45

●社会改革の道は、労働組合によって開かれる  46

第2部 ラダイトからボルサまで
  ――社会改革の道は労働組合が開く 47

第2部詳細目次   52

第1章:ヨコ組織の国際的相違   56

第2章:労働組合運動の発祥地   ―イギリスの場合―   63

第3章:地方的ヨコ組織からの出発 ―アメリカの場合―   79

第4章:革命の落とし子・ブールスは生き残った ―フランスの場合―   90

第5章:商工会議所vs労働会議所  ―イタリアの場合―   94

第6章:現代をリードするヨコ組織 ―CGILとカメラを典型に―   99

第7章:意外史の分岐点 ―ロシア革命と社会主義国の労働組合組織―   109


社会主義に暴力と憎悪を導入したカール・マルクスの大罪
 社会改革の道は労働組合が開く 

 木村愛二著 2010年3月5日発行/木村書店/120頁 850円

木村書店注文方法


憎まれ愚痴入口木村書店上に戻る マルクスと亜流の暴力革命思想徹底批判(お問合せ)
2010.2.25