編集長の辛口時評 2005年12月

上に戻る

2005.12.31

ホロコースト調査をイランが国連安保理に要請は愛の年の大晦日の画期

辛口時評 20051231
ホロコースト調査をイランが国連安保理に要請は愛の年の大晦日の画期

「愛」はわが名の、木村愛二の一字である。出典は、九州のわが家に伝わる西郷隆盛の額、「敬天愛人」である。長男の亡兄が「敬天」の「天」を「「宇宙」の「宇」に換えた「敬宇」で、次には女児、「愛子」の予定だったのだろうが、男児だったので、二番目の子の意味の「二」となったものであろう。

 今年は、天皇の孫が「愛子」だからか、今年の文字が「愛」になった。

 1995年1月の『マルコポーロ』廃刊事件から、10年と11ヶ月が過ぎた大晦日に、12月8日のイラン大統領発言以来のホロコースト論争が、ついに、国連安保理の議題となる。個人のホロコースト見直し論者ではなくて、国連の基本的な構成要素の「国」の要請だから、決定的に重みが違う。

----------------------------------------------------------
イラン大統領、ホロコーストの事実関係を調査するよう国連安全保障理事会に要請(イラン・フォーカス)
http://www.asyura2.com/0505/holocaust2/msg/512.html
投稿者 Sun Shine 日時 2005 年 12 月 31 日 12:11:50: edtzBi/ieTlqA

 この記事は投稿されていないようなので、12月26日付け、イランの電子版「イラン・フォーカス(Iran Focus)]」より。

(テヘラン発) 西洋におけるイスラム教徒の権利保護団体の代表、モハメッドーアリ・ラミン氏は、「イランのアフマディネジャード大統領は、国連安全保障理事会に対し、600万人のユダヤ人ホロコーストが真実であるかどうかを証明するよう、関係諸国に働きかけることを望んでいる。また、西洋の学者達が調査したホロコーストに関する出版への許可を与えるよう、西洋諸国の政府に望んでいる」との発表を行った。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
男気いっぱいである。負けていない! 日本の「サムライ」にも通じるスピリッツである。
http://www.iranfocus.com/modules/news/article.php?storyid=5035

Iran’s Ahmadinejad wants committee to investigate Holocaust
Mon. 26 Dec 2005
Iran Focus
[後略]
----------------------------------------------------------

 久々に、来年が楽しみになった。

上に戻る

2005.12.28

アウシュヴィッツ博物館歴史部主任ピペル博士のガス室真相暴露に想う。

http://www.asyura2.com/0505/holocaust2/msg/502.html
辛口時評 20051228
アウシュヴィッツ博物館歴史部主任ピペル博士のガス室真相暴露に想う。

 今から11年前の1994年の12月初旬、私は、アウシュヴィッツ収容所跡を訪れ、博物館の歴史部主任、ピペル博士と面会した。その面会、面談の次第は、翌年、1995年に発表した拙著『アウシュヴィッツの争点』に記した。

 そのピペルが、イラン大統領による「ホロコースト神話」批判の状況下、以下の阿修羅戦争掲示板への投稿に記されたような「暴露」を行ったというのである。

 まさに、「十年一剣を研ぐ」想いの10年、11年の自分史の中の重大事件である。

----------------------------------------------------------
『「ガス室」はスターリン指示によるでっち上げ』、アウシュビィツ博物館長が暴露
http://www.asyura2.com/0601/war77/msg/138.html
投稿者 Wotan 日時 2005 年 12 月 28 日 00:11:07: AUfjWBSd5iP8w

http://www.rense.com/general53/aauz.htm

ガス室はソ連の占領後、スターリンによって命令されたでっち上げ。
ガス室は、建屋のどこにも指定されていなかった。

Auschwitz Museum Director
Reveals 'Gas Chamber' Hoax
By P. Samuel Foner
The Spotlight
Volume XIX, Number 2
5-31-4

In a dramatic and unprecedented videotaped interview, Dr. Franciszek Piper, senior curator and director of archives of the Auschwitz State Museum admitted on camera that 'Krema 1,' the alleged 'homicidal gas chamber' shown off to hundreds of thousands of tourists every year at the Auschwitz main camp, was, in fact, fabricated after the war by the Soviet Union -apparently on the direct orders of Josef Stalin.

What Piper said - in effect and on camera - was that the explosive 1988 Leuchter Report was correct: no homicidal gassings took place in the buildings designated as 'homicidal gas chambers' at Auschwitz.

With this admission by none other than the respected head of the Auschwitz State Museum, one of the most sacred 'facts' of history has been destroyed. This 'gas chamber' is the major historical 'fact' on which much of the foreign and domestic policies of all Western nations since WWII are based.

It is the basis for the $100+ billion in foreign aid the United States has poured into the state of Israel since its inception in 1948 - amounting to $16,500 for every man, woman and child in the Jewish state and billions more paid by Germany in 'reparations' - not to mention the constructing of Israel's national telephone, electrical and rail systems...all gifts of the German people. It is the basis for the $10 billion 'loan' (read 'gift') made to Israel for housing its immigrants in the occupied territories...while Americans sleep on the streets and businesses are bankrupted by the thousands. (Note - As of 2004, not a single 'loan' of US tax money made to the state of Israel by Washington has ever been paid back. -ed)

Germany is paying 'reparations' - the the United States is making major contributions - to atone for the 'gassings at Auschwitz' and elsewhere. If the 'homicidal gas chambers' were postwar creations of the Soviets, in which no one was gassed regardless of race, creed, color or country of national origin, then these 'reparations' were unnecessary, and were based on fraud.

The videotape on which Dr. Piper makes his revelations was made in mid-1992 by a young Jewish investigator, David Cole and follows 12 years of intensive investigation by dozens of historians, journalists and scientists who have tried to get to the bottom of what really happened at Auschwitz.

Like most Americans, since his youth, Cole had been instructed in the 'irrefutable fact' that mass homicidal gassings had taken place at Auschwitz. The number of those executed - also declared irrefutable - was 4.1 million.

Then came the Leuchter Report in 1988 which was followed with an official 're-evaluation' of the total deaths at Auschwitz (down to 1.1 million). As a budding historian - and a Jew - Cole was intrigued.

Previous to 1992, anyone who publicly doubted or questioned the official 4.1 millon 'gassing' deaths at Auschwitz was labeled an anti-semite, neo-nazi skinhead at the very least. Quietly, because of revisionist findings, the official figure was lowered to 1.1 million. No mention was made of the missing 3 million.

The Cole videotape interview proves that the people who run the Auschwitz State Museum had made a practice of fabricating 'proofs' of homicidal gassings. Keep in mind that over the years millions of tourists have been told that 'Krema 1' is in its original state, while officials knew that 'original state' is a ie.

The political, religious, fiancial and historical ramifications of this proof of no homicidal gas chambers at Auschwitz cannot be measured. Coupled with the Leuchter Report, the Cole interview with Dr. Piper on videotape proves that what Western governments have taught about the Auschwitz gas chamber since WWII is a lie. It proves that what televangelists such as Jerry Falwell and Pat Robertson have been telling their flocks is simply not true.

No one, regardless of race, creed, color or country of national origin was gassed to death in any building so designated at Auschwitz. And without 'homicidal gas chambers' at Auschwitz, where is the reasoning for the special treatment of the state of Israel?

Note - This is excerpted from the orginal, much longer article by P. Samuel Foner.

Comment
From Michael Rivero
5-31-4

Current events should make it clear that deceptions in support of a war are the rule rather than the exception throughout history. Looking at the post-WW2 climate, the need for a cause on which to base the formation of Israel was clear. Here the allies had waged war on Germany for invading other peoples' lands and taking them by force, and here those same allies were asked to reverse themselves and allow the exact same thing to happen in Palestine. Clearly, only a monstrous propaganda hoax would trick the same world which halted the Nazi's land grab into turning a blind eye to the same thing being done in Palestine.

Michael Rivero
What Really Happened.com
----------------------------------------------------------

 以下は、拙著『アウシュヴィッツの争点』のピペルに関する部分の抜粋である。

----------------------------------------------------------
http://www.jca.apc.org/~altmedka/aus-54.html
『アウシュヴィッツの争点』
第6章:減少する一方の「ガス室」
(その54)ポーランドの法医学調査研究所がおこなった追試調査

「ガス室」検証の歴史的経過は、「歴史見直し研究所」が発行している最新のリーフレット、「“ホロコースト否定論”とはなにか」に簡潔にまとめられている。
 それによると、すでに紹介したユダヤ人の歴史学者メイヤーの問題の著書、『なぜ天は暗くならなかったか』は、ツンデル裁判で『ロイヒター報告』が提出されたのとおなじ年の一九八八年に発表されているが、そのなかでメイヤーは、「ガス室」の真相を見きわめるために「殺人現場とその直接の周辺の[考古学的]発掘調査」をよびかけていた。

 ロイヒターの調査と報告にひきつづいて、ドイツの化学者(公認の薬剤師で博士課程の研究者)、ゲルマル・ルドルフによる調査がおこなわれている。ルドルフの研究結果は『歴史見直しジャーナル』(93・11/12)に紹介されている。実地調査とサンプルの分析にもとづくかれの結論の骨子は、つぎのよう明確なものである。

「化学的・技術的な理由により、アウシュヴィッツの“ガス室”と称される場所における青酸による大量ガス殺人の主張は、存在しなかった」

 このほかにも、アメリカの化学者ウィリアム・リンゼイと、ドイツの技術者ヴォルフガング・シュスターが、同様の調査を行い、『ロイヒター報告』の正しさを裏付けているという。

 これとは別にアウシュヴィッツ博物館が、近くのクラコウ市にある法医学調査研究所に同様の調査を依頼した。その報告書の全文英訳が『歴史見直しジャーナル』(91夏)にのっている。「“ホロコースト否定論”とはなにか」では、「いわゆるガス室ではゼロか微量のシアン化合物しか発見できないというロイヒター報告を裏づける」結果だと評価している。

追試調査報告の公表と判断をさけるアウシュヴィッツ博物館

 わたしは、アウシュヴィッツ博物館で歴史部主任のピペル博士に会ったさい、最後の第三番目の質問として、博物館がクラコウの法医学調査研究所に調査を依頼した件をもちだした。

 その質問の前提として、わたしが持参した英文の『ロイヒター報告』をしめしたところ、とたんにかれの態度は急変した。それまでに見せていた余裕がなくなった。それまではゆったりと椅子の背にもたれて、気楽に肩をすくめたりしながら語っていたのだが、わたしが『ロイヒター報告』をひろげた机に身をよせて、息をひそめるような低い声で、「この報告はドイツ語の翻訳で読んだ」という。持っているとはいわなかった。そして、あわただしく手帳に『ロイヒター報告』の題名や出版元などをメモした。

 わたしは、カリフォルニアの「歴史見直し研究所」の前述のリーフレットの該当箇所をしめし、事実経過にまちがいはないかと聞いた。ピペルは黙ってうなずく。つづいて、アウシュヴィッツ博物館として調査結果を公表したかと聞くと、ピペルは肩をすくめ、しばらく考えてからこう答えた。

「博物館としては公表していない。クラコウの研究所が医学雑誌に発表した」

 わたしは、ふたたびリーフレットの該当箇所を指さして、「ここには博物館が調査を依頼したと書いてある。基本的には博物館の仕事ではないか。なぜ博物館が公式発表をしないのか」とせまった。しかし、ピペルは肩をすくめるばかりで、これには返事をしない。わたしには、かれらの立場がわかりすぎるほどわかっている。これ以上せめても仕方ないので、つぎの質問にうつった。

「わたしは、事実にもとづく諸民族の和解こそが永続的な平和の基礎だと考えて、この問題を取材している。もしも、ガス室とされてきた部屋ではゼロか微量のシアン化合物しか発見できないという結果がでたのなら、ガス室によるユダヤ人ジェノサイド説は否定されると思うがどうか」

 この質問にもピペルは肩をすくめて口をゆがめ、しばらく黙っていたが、ついにこう答えた。

「真実を語る口は沢山ある。残留がすくない理由は、シラミの消毒の場合とちがって、人を殺す場合は短時間だったからとも考えられる」

 わたしは、この答えにたいして内心あきれながらも、仕方なしにほほえんで、やはり照れ笑いのような表情をうかべるピペルの顔をしばし見つめた。この答えは、決してピペル一人がとっさに思いついた逃げ口上ではないと感じた。博物館だけの判断でもない。東西冷戦の壁がくずれたとはいえ、否も応もなく地理的にドイツとロシアにはさまれ、アメリカやイスラエルの思惑を気にせずにはいられないポーランドの、まさに歴史的宿命としかいいようのない悲哀が、ピペルの照れ笑いの背後に透けて見えるような気がした。

 すでに一二時をすぎてもいたが、ピペルの態度には、もうこの問題は勘弁してくれという雰囲気があった。あとは直接、クラクフの研究所にアタックする以外にない。もっとくわしく状況をしりたい。平和行進の出発を見送る予定を変更してクラコウにいこうと、その場で決意した。

 そこで最後に、クラクフの研究所をたずねたいが場所はわかるか、と聞いた。ピペルは、クラクフで聞けばすぐにわかると答えた。わたしはいさぎよく礼をのべてピペルの部屋をでた。

 [後略]
----------------------------------------------------------

 以上のような経過の中でも、わが質問、「わたしは、事実にもとづく諸民族の和解こそが永続的な平和の基礎だと考えて、この問題を取材している」の部分が、ピペルの今回の「暴露」に影響していると思うが、どうか。続報に期待する。

 以上。

上に戻る

2005.12.27

イスラエルを認めないのはイランの国是という基本的問題点を強調

辛口時評 20051227
イスラエルを認めないのはイランの国是という基本的問題点を強調
http://www.asyura2.com/0505/holocaust2/msg/496.html

 イランのアフマディネジャド大統領の「ホロコースト神話」に関する「大胆発言」で、目下、話題騒然であるが、もともと、ホロコースト神話の大嘘の異常性は、イスラエル建国の異常性に起因するのである。

 その点を、概略ではあるが、意外にも一応、記していたのが、以下の朝日新聞の電網(インターネット)記事である。

----------------------------------------------------------
http://www.asahi.com/special/MiddleEast/TKY200512090130.html
イスラエル「欧州に移せばよい」 イラン大統領が発言
2005年12月09日10時16分

 イランのアフマディネジャド大統領は8日、イスラム諸国会議機構(OIC)首脳会議出席のため訪問したサウジアラビアのメッカで記者会見し、「ドイツやオーストリアなどにシオニストの場所を移せばよい」と述べ、イスラエルの欧州移転を主張した。大統領は10月の反イスラエル発言で国際社会から強い反発を受けており、今回も新たな波紋を呼びそうだ。

 国営イラン通信によると、大統領は「ヒトラーは罪のないユダヤ人数百万人を殺したと欧州の国々は言い、疑う者を非難して投獄している」と、ナチスによるユダヤ人虐殺(ホロコースト)に疑問を示した。そのうえで「もし虐殺が事実だとしたら、それが欧州にとってイスラエルを支持する理由なのか。それなら欧州にシオニストの国を造ればいい」と述べた。

 10月の「イスラエルは地図から消されるべきだ」との発言に、欧州各国から強い反発を受けたことを念頭に発言したとみられる。

 イスラエルを認めないのは、79年のイスラム革命以降のイランの国是。イスラム教徒としてパレスチナへの連帯から、革命初期のイラン指導者は金曜礼拝などでこうした発言を繰り返し、学生や市民が参加する反イスラエルデモは現在も毎年続いている。
----------------------------------------------------------

 国連(正確には連合国)の1947年、パレスチナ分割決議は、本来の国連の仕組みに反する強引極まりない国際的な違法行為であった。国境線を変更しないことが、国連の原則である。それなのに、パレスチナに、ユダヤ人国家を作る策謀に、実は強制力の内「決議」で荷担し、その決議を振りかざす「侵略戦争」が続いているのである。

以下は、拙著の関連情報である。

----------------------------------------------------------
http://www.jca.apc.org/~altmedka/aus-68.html
『アウシュヴィッツの争点』
(その68)終章:核心的真実
~または人類史の最後にしてほしい情報操作の本音の真相~

「六〇〇万人の神話」の出発点は「見さげはてた即物的課題」か?
[中略]

「ホロコースト見直し論の父」として紹介したフランスのポール・ラッシニエの場合を考えてみよう。

 ラッシニエは、レジスタンス運動にくわわって、ナチス・ドイツのフランス侵略とたたかった。ゲシュタポに逮捕され、二年間にわたるナチ収容所での生活を経験した。戦後にはフランス政府から勲章を授与され、下院議員にもなっている。その「抵抗運動の英雄」のラッシニエが、みずからの実体験にもとづいて「ガス室はなかった」と主張し、各種の著作についての実証的な調査を積みかさね、自分でも何冊かの著作を発表していたというのに、なぜその主張がいままで少数派の憂き目を見ていたのだろうか。

 すでに紹介したように、ラッシニエは、『ヨーロッパのユダヤ人のドラマ』(『ホロコースト物語とユリシーズの嘘』所収)と題する著作のなかで、つぎのように断言していた。

「(ホロコーストの犠牲者数の計算は)しかるべき死体の数によって、イスラエルという国家にたいしてドイツが戦後一貫して毎年支払い、いまも支払いつづけている莫大な補償金の額を正当化するための課題でしかない」

 ラッシニエはさらに、「それは単に、純粋に、そして非常に卑劣なことに、即物的な課題でしかないのだ」という表現をもちいている。一九四八年までは存在していなかったイスラエルという国家にたいして、一九四五年以前の問題についての補償金を支払うという「イスラエル協定」については、その法的矛盾を指摘するとともに、「いかなる言語でも“詐欺”としか表現できない」という告発までしている。

 このラッシニエの告発は、決して突拍子もないものではなかった。永井清彦も『ヴァイツゼッカー演説の精神』のなかで「イスラエル協定」について、つぎのようにしるしている。

「この協定は日本では普通、『賠償』協定と呼ばれているが、実はボツダム協定にいう賠償の枠を越えた、『償い』の協定であった。イスラエルはかねてから、ドイツからの賠償を要求していた。しかし、戦時中には存在していなかったイスラエルに、賠償請求権があるかどうかについては法的な疑問がある、というのが戦勝四大国の立場であった」

 ラッシニエの言葉はたしかにきつい。だがわたしは、みずからの生命をナチス・ドイツとのたたかいで危険にさらした立場だけに、その上前をはねようとする策動へのいかりが、人一倍強かったのだと理解する。

 [後略]
----------------------------------------------------------
http://www.jca.apc.org/~altmedka/gulfw-58.html
『湾岸報道に偽りあり』
隠された十数年来の米軍事計画に迫る
補章:ストップ・ザ・「極右」イスラエル(1)

(その58)一九四七年国連決議パレスチナ分割地図の欠落報道

 四七年決議の票決は湾岸戦争とよく似た構造で、ヤルタ会談体制で東欧などでの利権を取り引したソ連がアメリカに同調している。しかし、当時はヨーロッパにマーシャル・プランなどの復興計画を展開中の超々黒字国家のアメリカが、軍事・経済援助をエサに強引な根回しを繰り広げたにもかかわらず、賛成三三、反対一三(全アラブ諸国を含む)、棄権一〇(それまでの委任統治国イギリスを含む)という結果だった。確かに過半数ではあるが、重要事項の決定では世間常識の線といえる三分の二にも達していない。

 しかも、現地のパレスチナ人はもとより、利害関係の当事者であるアラブ諸国のすべてが、戦争を決意するほど強い反対の意思を表明していたのである。

 分割案それ自体の作られ方にも重大な問題があった。当時の人口比率では約三分の一、それまでには国土の七%しか所有していなかったイスラエル側に、約五六・四%の土地を与える計算になっていた。アラブ国家に四二・八八%、エルサレム国際地帯に〇・六五%である。将来の移住計画もにらんでいたのであろうが、特に、ヨルダン川の水利を押える狙いと、地中海からアラビア湾に抜ける回廊を確保するという、スエズ運河制圧の意図が露骨に現われていた。アラブ側のパレスチナ国家は、なんともむちゃくちゃなことに、三分割される結果となるが、これをアラブ全体の立場から見ると、アラブ民族の歴史的世界が陸地の真中で完全に分断されることでもあった。

 以後の歴史的経過は、この分割地図の狙いどおりに展開したといってもよいだろう。この分割地図は、アラブ民族の大同団結を阻害し、結果として不可能にした最大の原因なのである。それ自体が大がかりな国際謀略だったのである。
----------------------------------------------------------
http://www.jca.apc.org/~altmedka/aus-69.html
『アウシュヴィッツの争点』
終章:核心的真実
(その69)世界ユダヤ人評議会の「情報機関」としてのユダヤ人問題研究所
極秘情報暴露の「脅迫」というイスラエル建国の裏話

 アメリカ最大の財閥ロックフェラーは、ドイツ最大の財閥I・G・ファルベンとの協力関係を戦争中も維持し、影響下にある南米の石油のドイツへの輸送をつづけていた。
 以上の材料による脅迫対象者のなかでも、中南米問題の調整役をホワイトハウスから請け負っていたこともあるネルソン・ロックフェラーの位置づけは、ことのほか大きかった。ヨーロッパの九票にたいして、中南米には一九票もあったのだ。
 ベン・グリオンらの脅迫作戦は基本的に成功した。だが、国連決議のつぎは戦争だった。
 [後略]
----------------------------------------------------------

上に戻る

2005.12.22

戦時宣伝ホロコーストの嘘はパトロン米軍敗北で暴かれる時期

辛口時評 051222
戦時宣伝ホロコーストの嘘はパトロン米軍敗北で暴かれる時期
http://www.asyura2.com/0510/war76/msg/1021.html

 今回のイラン大統領発言、「ホロコーストは作り話」は、1947年の「国連」決議を利用して、アラブの歴史的な領域を侵略し続けてきた「偽」イスラエル国家への痛打となった。

 日本では、『マルコポーロ』廃刊事件以来、「臥薪嘗胆」、「10年、一剣を研ぐ」想いの戦いを続けてきた私にとって、ヴェトナム戦争のテト攻勢にも等しい圧倒的な痛撃の絶好の機会となった。

 以下は、阿修羅ホロコースト掲示板への投稿である。

----------------------------------------------------------
ホロコーストの真相-『ホロコースト・ガス室神話検証』 -国際情報誌季刊「真相の深層」編集発行人  木村愛二氏
http://www.asyura2.com/0505/holocaust2/msg/476.html
投稿者 救国の草莽の志士 日時 2005 年 12 月 21 日 19:08:22: fzrYJ5Wj4Dt36
 イラン大統領の発言やらで、これまでは封印されていた「ホロコーストの真相」が明かされて、公然と「事実の検証」が行なわれるようになり、続いて世界中で「9・11の真相」追求と暴露へと歴史は展開する。第2次世界大戦とナチズムの勃興とヒトラーの仕掛け人の正体が暴かれる。いよいよ、日本でも「ホロコーストの真相」が明かされる。第一人者の登場の舞台が整ってきたようだ。
http://www.worldforum.jp(ワールド・フォーラム サイト) からの転載)
----------------------------------------------------------

 今を去ること7年前、1998年に、パリ地裁で拙訳『偽イスラエル政治神話』の原著者、ロジェ・ガロディの(敗訴に終わった)裁判を傍聴した後、現在の世界のホロコースト見直し論、または歴史見直し論の理論的指導者、フォーリソンは、安ホテルの一室で、自らの長期にわたる戦いの感慨を、録音してくれと言った。

 私は、ヴィデオ・カメラのレンズを覆って、録音だけしてきた。話の内容は、切り詰めて言うと、「なぜ、ホロコーストの嘘を、世間が認めないのか」という主旨の嘆きであった。

 私は、このフォーリソンの嘆きを受けて、「ホロコーストはイスラエルの侵略戦争プロパガンダ、戦時宣伝だから、パレスチナ紛争が決着しなければ、終わりにならない」と答えた。私は、ホロコースト神話はイスラエルの神様であるとし、その歴史的な例証として、日本の「生き神様」、天皇制と敗戦の実例を挙げた。

 どうやら、アメリカのイラク戦争における敗北が、その時期を定めたようである。

 ホロコーストの大嘘の暴露は、当然、その発端のシオニズムの狂信、ユダヤ人国家の建設に遡ることになる。

上に戻る

2005.12.16

イラン大統領ホロコースト「創作」欧米非難には苦い前史

辛口時評 20051216
イラン大統領ホロコースト「創作」欧米非難には苦い前史
http://www.asyura2.com/0505/holocaust2/msg/447.html
投稿者 木村愛二 日時 2005 年 12 月 16 日 13:40:11: CjMHiEP28ibKM

 最悪のユダヤ・シオニスト・ロビー、サイモン・ウィゼンタール・センターが、「ガス室はなかった」との主旨の記事を掲載した『マルコポーロ』誌を廃刊に追い込んだのは、1995年の春だった。

 以来、10年半、同じイスラム教国でも、アラブではないイランの大統領が、イスラエルを批判し、「ユダヤ人の大虐殺(ホロコースト)は作り話だ」との見解を示した。

 アラブ諸国からの呼応の情報も紹介された。

----------------------------------------------------------
アラブ首長国連邦の新聞にイラン大統領発言賞賛の記事[イラン国営通信]
http://www.asyura2.com/0505/holocaust2/msg/443.html
投稿者 はちまき伍長 日時 2005 年 12 月 16 日 00:27:45
----------------------------------------------------------

 これらの情報は、刻々、以下の掲示板に投稿されている。

----------------------------------------------------------
http://www.asyura2.com/0505/holocaust2/index.html
★阿修羅♪ホロコースト2
----------------------------------------------------------

 日本でも、短いながら、朝日・毎日・読売の一斉報道となった。

 以下、まずは、これも実に簡単な、CNN/AP記事である。

----------------------------------------------------------
CNN/AP【ホロコーストは「創作」と欧米を非難、イラン大統領】
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200512140032.html
2005.12.14
Webpostedat: 21:20 JST
- CNN/AP
テヘラン――イランのアフマディネジャド大統領は14日、南東部シスタンバルチスタン州の州都ザヘダンの集会で演説し、「ユダヤ人の大虐殺(ホロコースト)は作り話だ」との見解を示した。AP通信が報じた。欧州側からの反発は必至となっている。

今年8月に当選した大統領は10月末、イスラエルを地図から抹消すべきだと発言。その後、イスラエルは欧州に「国家を樹立すべき」だとの旨の主張も行っている。これらの発言で欧米の非難を集めたが、今回の言葉はこれに挑戦するような形になっている。

イスラム教強硬派の信条に与する大統領は演説で、「ユダヤ人に対する犯罪を行ったのは欧州人である。米国やカナダは国土の一部をユダヤ人国家に与えるべきだ」と指摘。「欧州人は、ホロコーストの名前で神話を作り上げている。それは神よりも貴い存在なのだ」などと述べた。

イランは、イスラエルを国家として認めていない。
----------------------------------------------------------

 この前段には、イスラエルの国際的な孤立の焦り、それ故の「勇み足」があった。

----------------------------------------------------------
国連はホロコースト記念日制定とホロコースト見直し論禁止を決議
http://www.asyura2.com/0505/holocaust2/msg/392.html
投稿者 木村愛二 日時 2005 年 11 月 23 日 18:36:09: CjMHiEP28ibKM

 国連はホロコースト記念日制定とホロコースト見直し論禁止を決議

フランスの歴史見直し論者フォーリソンの文章である。取り込むと化け文字が多くなるので、途中まで紹介する。

しかし、決議の採択は採決なし。議長は反対意見を問い、挙手なしで「採択」。

決議には強制力はない。この決議の提案国イスラエルは、自国への批判の決議をすべて無視している。

国際世論からの孤立を深めるイスラエル、シオニスト、ユダヤ人主流の焦りの表れでしかない。
[後略]
----------------------------------------------------------

 フォーリソンの論評は、イランでも報道された。

----------------------------------------------------------
フォーリソン「シオニストの権力は西洋のホロコースト神話信仰に由来」[テヘラン・タイムズ]
http://www.asyura2.com/0510/war75/msg/1442.html
投稿者 はちまき伍長 日時 2005 年 11 月 12 日 10:39:30: Zpc9bbdVkJn3c

先の国連総会「ホロコースト記念日決議」を受け、イランの通信社によるフォーリソン教授へのインタビューがテヘラン・タイムズのサイトに掲載されていました。
[後略]
----------------------------------------------------------

 イランは、「ホロコーストに関する言論弾圧」に関して、遅くとも、今から7年前の1998 年以来、イスラエル批判の論調を展開していた。「イランで、宗教指導者がフランスのホロコースト言論弾圧を非難する演説」を行っていた。

----------------------------------------------------------
http://www.jca.apc.org/~altmedka/glo-series.html
連載:シオニスト『ガス室』謀略周辺事態
(その29)世界各国に歴史見直し論の動き澎湃!

 前回の(その28)で紹介したパレスチナ人からの通信には、スウェーデンの“ラディオ・イスラム”が、歴史見直し論運動の中心地のひとつとなっている、と記されていました。その前の(その25)は、逆の立場からの情報でしたが、ポーランドで大学の歴史学博士が、「ホロコースト見直し論」の本を頒布し、同国の反・見直し論の刑法に触れるにも関わらず「不起訴」となったとの情報でした。

 これらの動きは決して孤立したものではありません。これまでに私が、『歴史見直しジャーナル』で報じた各国の状況は、すべてを網羅しているものではありませんが、並べて見ると、まさに「澎湃!」の感がありますので、以下、簡略に紹介し直します。

スイス: 左派系フランス語新聞、『ル・ヌヴォー・コティデアン』[新・日刊紙](1996.9.2/3)が、ガロディの本(拙訳『偽イスラエル政治神話』)をきっかけにして、「ホロコースト」見直し論に対する言論禁止の法規制を疑う記事を2日、ともに広告なしの完全な1頁の全面で連載しました。

 題名は、「ガス室に関する論争」。少なくとも「言論で勝負すべきだ」という主旨の主張を、様々な角度から発表しているフランススの有力な論客として、写真入りで紹介されている4人の一番上には、ユダヤ人で、しかも、元欧州議会議長という超々有名人の女性、シモーヌ・ヴェイユが並んでいます。

トルコ:『フォワード』(1996.7.26)と題するアメリカの新聞の「短信」欄記事によると、イスタンブール発の「ユダヤ電報通信」が、「トルコ人作家が名誉毀損で提訴」と題する以下のような記事を配信しました。

 トルコ人作家が、ホロコースト否定論者として告発する論説記事によって人格と名誉を毀損されたと提訴した。その論説記事は、コラムニストのベドリ・バイカムが、5月19日付けのトルコ語日刊紙、シヤハ・ベヤズ(黒・白)に寄稿したもので、『ホロコースト/ユダヤ人の作り事』と題する本を、「卑劣なプロパガンダ」として弾劾していた。

 画家および作家として著名なトルコ人のバイカム氏は、インタヴューに応じて語った。「この本は、トルコのユダヤ人市民だけでなく、世界中のすべてのユダヤ人を傷つけると信ずる。私は、この長い歴史を持つ民主的な共和国のイスラム教徒の市民である。この国では、いかなる言語、宗教、人種による差別をも許してはならない」

 この本は、ヌリ・オズブダクがハルム・ヤハヤのペンネームで書き、この国のイスラム教福祉党と連携関係にあるトルコ語新聞で賞賛されたのだが、この党の指導者、ネクメッティン・エルバカンは、最近、首相になった。オズブダク氏は、この本の中で、アドルフ・ヒトラーとユダヤ人との間に緊密な協力関係があったこと、ホロコーストで死んだ六百万のユダヤ人は、実際には集団的なチフスの流行の犠牲になったことなどを主張している。この本によると、ナチは集中収容所を、罹病した住民を隔離し、疫病の流行を阻止するために使用した。

 オズブダク氏の弁護士、マヘメット・サヒムは、この本が、四つの異なる言語からなる百以上の記録の広範な調査に基づいていると語った。彼はまた、人々が、ホロコーストを、ユダヤ人に対するジェノサイドだと思い込むようになったのは、ユダヤ人のプロパガンダの結果だと語った。

ロシア: ソ連崩壊後、「常任理事国」の議席を継承するロシアでは、『ルスキー・ブェツニク』[ロシア新報](1997,23~24号)が「ホロコーストは嘘」と題する16頁特集を組みました。以前には世界で最大発行部数だった超有名新聞、元共産党機関紙の『プラウダ』[真実](1997.1.24)も、同趣旨記事を掲載しました。ロシアでは、上記のガロディの本が大評判とのことです。

ベルギー・ドイツ: ベルギーで発行されたドイツ語の雑誌、『自由な歴史研究のための季刊誌』(1997.3)の表紙には、上記のガロディの著書の主張への支持を表明したアベ・ピエール神父が写真で紹介され、「歴史見直し論の勝利」と大きく記されていました。

レバノン・ヨルダン・カタール・アラブ首長国連邦:『スミス・リポ-ト』(1998.2)によると、『偽イスラエル政治神話』発表後、ガロディは、ベイルート(レバノン)のアラブ民族フォーラム、シリアの情報省、ヨルダンの著述家協会などから招かれて、アラブ諸国を回りました。

 カタールでは、「ロジェ・ガロディ支持委員会」がメディア・キャンペーンと献金の受付開始を発表しました。この委員会は、宗教的指導者たちがガロディ支持の談話を発表する集会を企画しており、その際、ガロディの談話は衛星放送によって放映されました。

 その他にも、AFP電(98・1・14)によると、カタールやアラブ首長国連邦の「高位の人々」からの献金は、5万ドル(約六五〇万円)に達しました。ヨルダンの青年会議は、ガロディ支持の集会を開き、『偽イスラエル政治神話』は「イスラエルの拡張主義戦略を批判するもの」であり、ガロディが「神話」として批判した「ガス室」には「イスラエルがこれまでにパレスチナで要求し獲得してきたすべてを正当化する」意図ありと発表しました。その直後、ヨルダンのアラブ人権擁護機構は、「ナチのガス室の存在を否定してパリで裁判に掛けられているフランスの著述家で哲学者のガロディへの支持」を発表し、「彼の主張と政治的見解は、多くの知識人や歴史家によって認められ採用されている」と表明しました。

イラン・スウェーデン・アメリカ・フランス・日本: 最新技術が歴史の変化を加速しています。「中東のメディアが、ホロコーストの真実と、ホロコーストに関する言論弾圧に関して、トランポリンの役割を果たすなどということは、一年か二年前には誰も想像できなかった」。これが、アメリカで「唯一の見直し論月刊誌」を誇る「スミス・レポート」(1998.4)の表現です。

「トランポリン」とは、アラブ諸国ばかりか同じイスラム教国のイランで、宗教指導者がフランスのホロコースト言論弾圧を非難する演説を行い、それが短波放送でヨーロッパ向けに発射された事実を指しています。スウェーデンの“ラディオ・イスラム”についても、この記事に続けて紹介されていました。

「スミス・レポート」の編集・執筆・発行者で、アメリカの大学教授、ブラッドレイ・スミスが中心となって構築しているインターネット情報基地「CODOH」(ホロコースト公開討論委員会)のヒット数は、ガロディ裁判の時期(1998.1)に、約30%高まったそうです。その大部分がイスラム圏と推定されています。

 スミスは、「日本」の私(木村愛二)の活動も何度か紹介してくれました。私のホームページにも、CODOHへのリンクを設定してあります。そこからさらに世界中の見直し論情報基地へのサーフィングが可能です。

 私自身が、パリ地裁のガロディ裁判(1998.1)傍聴の場で知り合いになったパレスチナ人、バジル・アブエイドは、当時、大学院でぴったりのテーマ、博士論文「民主主義とテクノロジー」を作成中でした。

 バジルは私を、郊外のマンションの広々とした自宅に2度も招待してくれました。40歳で、フランス人女性の妻と二人の住まいです。そこで、日本では超々高級のトリュフを10個も使う家庭料理まで振る舞ってくれました。「仕事はインターネット」と称して、3畳ほどのインターネット専用室を設けていました。「収入は」と聞くと「モネー」(通貨の相場)と答えました。当時はバブル崩壊の日本の円の動きにも詳しくて、「欲張ってはいけない。必要なだけ相場から取り出す」と言っていました。こんな、したたかなアラブ人、モズレムが、世界の各地にいるのでしょう。
----------------------------------------------------------

 以上のごとく、現状は、当然の帰結である。

 この議論を、徹底的に展開することが、「極右」イスラエルの手を縛り、アメリカのアラブ侵略政策を押し止める最良の早道なのである。

 なお、「イラン大統領」の電網検索結果は、以下の状況である。

----------------------------------------------------------
イラン大統領 の検索結果 16 件中 1 - 16 件目 (0.35 秒) 

ライブドア・ニュース ホロコーストは「神話」/イラン大統領、独反発
四国新聞- 15時間前
【テヘラン14日共同】保守強硬派のアハマディネジャド・イラン大統領は14日、「欧米がユダヤ人の虐殺と呼ばれる神話をでっち上げた」と述べ、ナチス・ドイツによるホロコースト ...
イラン大統領「ユダヤ人虐殺は神話」・国営テレビ演説 日本経済新聞
ホロコーストは「創作」と欧米を非難、イラン大統領 CNN Japan
「ユダヤ人虐殺は神話」イラン大統領が再び自説展開 読売新聞
TBS- ライブドア・ニュース- 関連記事 29 件
欧米の非難に反発 イラン大統領
USFL.COM- 12時間前
イランのアハマディネジャド大統領は12日、「欧州でのホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)が真実だとしても、なぜパレスチナ人が代償を払わなければいけないのか」とあらためて主張し ...
イラン大統領がホロコースト疑う発言 米国などから非難
CNN Japan- 2005年12月8日
... これに対し、イスラエル外務省のレゲブ報道官は「イラン大統領がユダヤ人やイスラエルについてとんでもない考えを口にしたのはこれが初めてではない。大統領はイスラエルだけでなく ...
イスラエルは欧州移転を イラン大統領
中国新聞- 2005年12月8日
【テヘラン9日共同】イランの保守強硬派のアハマディネジャド大統領は8日、イスラム諸国会議機構(OIC)特別首脳会議出席のため訪問したサウジアラビアのメッカで記者会見し ...
イスラエル「欧州に移せばよい」 イラン大統領が発言
朝日新聞- 2005年12月8日
イランのアフマディネジャド大統領は8日、イスラム諸国会議機構(OIC)首脳会議出席のため訪問したサウジアラビアのメッカで記者会見し ...
ホロコーストが実在したか疑問=イラン大統領
ロイター- 2005年12月8日
[テヘラン 8日 ロイター] イランのアハマディネジャド大統領は8日、ホロコーストが実在したかどうかに懐疑的な見方を示すと共に、イスラエルを欧州に移すべきだと発言した。イラン ...

ロイター イラン大統領のホロコースト発言、各国の非難浴びる
ロイター- 2005年12月10日
[ベルリン 9日 ロイター] ドイツ政府は9日、イランのアハマディネジャド大統領がホロコーストの実在について懐疑的な見方を示し ...
欧米、イラン大統領のホロコースト否定発言に強く反発
日本経済新聞- 2005年12月9日
【ロンドン=横田一成】イランのアハマディネジャド大統領がユダヤ人の大量虐殺を否定、イスラエルの「欧州移転」に言及したことに米欧などが強く反発している。国連は8日 ...
虐殺疑問視のイラン大統領発言、露「受け入れがたい」
読売新聞- 2005年12月9日
【モスクワ=五十嵐弘一】イランのアフマディネジャド大統領が8日、ナチス・ドイツによるホロコースト(ユダヤ人虐殺)の存在を疑問視する発言を行い、反発が広がっている。 ...
イラン大統領「イスラエルは欧州移転を」
TBS- 2005年12月9日
イランのアハマディネジャド大統領の発言がまた波紋を広げています。7日に開かれたメッカでの集会で、大統領は「ユダヤ人の政府はヨーロッパに移るべきだ」と発言 ...
イラン大統領「イスラエルは欧州移転を」
TBS- 2005年12月9日
国営イラン通信によりますと、アハマディネジャド大統領は今月7日、巡礼で訪れたメッカでの集会で、「数百万のユダヤ人がナチスによって虐殺された事実は受け入れがたい ...
アナン事務総長、イラン大統領の反イスラエル言論に驚き
CRI- 2005年12月8日
アナン国連事務総長は8日、イランのアフマディネジャド大統領がこのほど再度発表した反イスラエルの言論に驚きの声明を発表しました。 アナン事務総長は声明で ...
米英、無責任発言と非難 イラン大統領発言に
USFL.COM- 2005年12月9日
米国務省のエアリー副報道官は8日の記者会見で、イランのアハマディネジャド大統領がホロコースト(ユダヤ人大量大虐殺)に疑問を投げ掛けたことについて ...
イラン大統領、孤立深める・国会と対立や保守派分裂
日本経済新聞- 2005年11月30日
イラン指導部で保守強硬派、アハマディネジャド大統領の孤立が鮮明になってきた。核開発問題を軸とする外交から遠ざけられ、国会との対立で政権発足から4 ...
ネオコン?イラン大統領 内外で衝突、行政権縮小も
産経新聞- 2005年11月23日
核問題での強硬姿勢や「イスラエル抹消」の過激発言で欧米の批判を浴びるイランのアハマディネジャド大統領(49)。善悪二元論的な考え方や思想信条を広めようとする姿勢から ...
----------------------------------------------------------

以上。

上に戻る

2005.12.13

政策誤算・イラク人3万人・米兵2140人の犠牲を認めた米政権に寒々

辛口時評051213
政策誤算・イラク人3万人・米兵2140人の犠牲を認めた米政権に寒々
http://www.asyura2.com/0510/war76/msg/852.html
投稿者 木村愛二 日時 2005 年 12 月 13 日 14:28:44: CjMHiEP28ibKM

----------------------------------------------------------
 大統領の演説を聞いていた別の女性はさらに、イラク侵攻を正当化する根拠として01年9月の同時多発テロを使ったのはなぜかと質問した。
 ブッシュ大統領はこれに対して、同時多発テロによって自分の外交に対する考え方が変わり、米国への脅威には立ち向かわなくてはならないと決心したのだと説明。
----------------------------------------------------------

 イラク戦争に関する米情報が、いくつか続いた。その最後に、上記の「同時多発テロ」問題が出てきたのである。
 9.11事件を「アラブのテロリストの仕業」とする米政権の謀略と、それをそのまま報じたメディア、論者の犯罪性を、改めて痛感する。

----------------------------------------------------------
日経【米政権、イラク政策で誤算認める・支持回復へ軌道修正】
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20051213AT2M1000U12122005.html
米政権、イラク政策で誤算認める・支持回復へ軌道修正

 【ワシントン=加藤秀央】ブッシュ米政権がイラク政策に「誤算」があったと認める姿勢を見せ始めた。「米国の戦略は成果を生んできた」とする従来の主張に世論が不信感を抱いていると判断したとみられる。イラク治安部隊の拡充や経済復興などで軌道修正を明らかにすることにより支持回復を期待する打算の跡もうかがえる。

 ブッシュ大統領は経済復興をテーマとした7日の演説で「アプローチを修正した」と言明。発電所など大規模施設の建設を中心とした当初の戦略を改め、下水道や地方道路網の整備など生活に密着した小規模事業にも資源を集中させていると説明した。 (07:01)
----------------------------------------------------------
朝日CNN:イラク人犠牲者は3万人 ブッシュ米大統領が初めて言及
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200512130001.html
2005.12.13
Webpostedat: 10:40 JST
- CNN

フィラデルフィア(CNN) ブッシュ米大統領は12日、ペンシルベニア州フィラデルフィアで演説し、03年3月にイラク戦争を始めて以来、イラク人約3万人が犠牲になったと明らかにした。ブッシュ大統領がイラク人の死者について具体的な数字に言及するのは初めて。

国際問題を考える当地の民間団体の集まりで演説したブッシュ大統領は、客席にいた女性の質問に答えて、「当初の侵攻と、その後もイラク人に対して続いた暴力によって、約3万人が死亡したといえるだろう」と述べた。さらに「わが軍もイラクで約2140人を失っている」と米兵の犠牲にも言及した。

ホワイトハウスのマクレラン報道官はこの後、大統領が挙げた「3万人」という数字は、マスコミ報道をもとにしたもので、「公式な政府推計ではない」と説明した。

大統領の演説を聞いていた別の女性はさらに、イラク侵攻を正当化する根拠として01年9月の同時多発テロを使ったのはなぜかと質問した。

ブッシュ大統領はこれに対して、同時多発テロによって自分の外交に対する考え方が変わり、米国への脅威には立ち向かわなくてはならないと決心したのだと説明。「そこでまず最初に、アフガニスタンのタリバンに立ち向かおうと決めた。タリバンはテロリストを保護していたからだ。次に決断したのは、ちなみにこれは私にとってとても辛い決定で、決して軽々しく決めたことではないのだが、サダム・フセインが脅威だということだった」と大統領は話した。

演説でブッシュ大統領は、イラクの民主化において04年6月の主権移譲と05年1月の総選挙が重要な一里塚だったと述べ、15日の国民議会選挙が新たに3つ目の大きな一里塚になると重要性を強調。「自由と民主主義の名において、何百万というイラク人がこの木曜日、自分たちの命をかけて投票する」「米国の最も優れた兵士たち16万人が、自分たちの命をかけて、イラク人が成功するよう努力している」と述べた。

また大統領は、米国が1776年に独立を宣言した際の「独立宣言の約束事が全ての米国人に行き渡るようになるには、4年にわたる内戦とその後100年にわたる苦闘が必要だった。イラクの自由化と民主化のプロセスを見る時、自分たちのこの歴史を念頭に置くことが重要だ」と述べ、米国の独立も一朝一夕に実現したのではないと強調した。
----------------------------------------------------------

 この記事に接して、即座に思い出した旧稿を、「バーバラ・ブッシュ」「美しい心」のキーワードで、電網検索したら、以下が出てきた。

----------------------------------------------------------
http://www.jca.apc.org/~altmedka/turedure-03-0517.html
随時追加「編集長日記風」 木村愛二の生活と意見 2003年05月分
2003年5月17日(土曜日)

ブッシュ・ブレア同盟の最大の武器は無感情と記憶喪失で、ブッシュの母親は自称「美しい心」をイラクでの戦死で乱されたくないと宣うと知り、わが心は寒々と戦く

 日本列島の古来から言葉の「おののく」は、安物辞書で「体や手足が恐ろしさや不安などで、ぶるぶるふるえる。わななく」と説明されている。ワープロ変換では、「戦く」となってしまうのであるが、やはり、これは、心理的な意味での「戦い」なのであろうか。戦々恐々とか、「武者震い」という表現もあって、戦いは恐いから、震えるのでもある。

 私は、かなり前に、本日の主題の材料、以下に紹介する1)をアメリカ人から受け取り、2)を日本の阿修羅戦争掲示板で発見した。その2度とも、「胃の腑が縮む」想いと同時に、「背筋が寒くなる」想いをした。「薄気味悪い」気分になった。自分が同じ「類」に属すことが、実に不愉快になった。

 いずれも、情報発信はアメリカからで、執筆者はアメリカ人で、掲載されている場所は、アメリカの独立系電網宝庫である。つまり、アメリカ「帝国」の足下からの告発なのである。

 1)は、今回のイラクにおける一方的な大量殺戮の国際的な政治的「指揮者」、ブッシュとブレアの「最大の武器」が、「無感情(冷淡)と記憶喪失である」とするものである。

 2)は、ブッシュの母親のバーバラが、ABC-TVのモーニングショウで、以下のように語った件である。

----- 引用ここから ------------------------------ 
「戦死者のBody bags(遺体袋)のことや、そしてその数、それがいつ起こるかについて、そして予想はなどとの情報を聞く必要がはたしてあるのかしら?
つまり、それらは私にとって意味のあることではないのです。
 何故このような事柄のために、私のこの美しい心を浪費する必要があるというの?」
----- 引用ここまで ------------------------------ 

 上記の「戦死者のBody bags(遺体袋)」は、アメリカ兵のことである。自国民で、しかも、息子のブッシュの命令で戦地に赴いた兵士の死に関してさえ、この調子なのだから、イラクで民間人が大量に殺され、少女の頭部がクラスター爆弾で吹っ飛んだことなどは、まったく念頭にないのであろう。

 わが戦きは、特に、この母親の言葉を知った時の方が、特に激しかった。言葉は悪いが、「胸糞悪い」気分に襲われた。ブッシュの親父の悪魔振りは、先刻承知だったが、両親がともに悪魔なのである。東部のワスプの典型の悪魔一家なのである。

 ただし、人種だの遺伝子だのだけのせいとは思わない。略奪を積み重ねた「富」に囲まれて育つ悪餓鬼どものあくどさに、ぞっとしたのである。

 いつぞや、日本の某大手都市銀行の警備員を長いこと勤めていた知人が、「こういう仕事をやっていると、人間が良く分かるようになる。金があると人間が悪くなるということが実感できる」と打ち明けてくれた。その通りなのである。ああ、貧乏人で良かったとは言いにくいが、まあ、その方が、心安らかに死ねるであろう。
[後略]
----------------------------------------------------------

上に戻る

2005.12.09

「自衛隊ミサイル防衛最前線」自主編集ヴィデオ製作の苦味

辛口時評 051209
http://www.asyura2.com/0510/war76/msg/760.html
「自衛隊ミサイル防衛最前線」自主編集ヴィデオ製作の苦味

 以下の番組の中心部分を18分のヴィデオに自主編集した。

----------------------------------------------------------
放送日時: 12/6(火) 21:54~23:10 テレビ朝日
公式サイト: 報道ステーション の番組公式サイト
 総力取材ミサイル防衛最前線の衝撃!!自衛隊のパトリオット発射訓練密着!イージス艦にも乗船取材敢行!日米一体化衝撃の現実とは
 米軍再編の中で、ミサイル防衛の分野でも海上発射型ミサイルSM3の共同開発など日米「一体化」が進む。
 番組では米ニューメキシコ州で自衛隊のパトリオットミサイル発射訓練に密着取材、日本メディアで初めて、コロラド州にある北方軍司令部などの内部撮影やSM3発射実験を行ったイージス艦の乗船取材を許可された。ミサイル防衛の最前線で今何が起こり、日米同盟はどこへ向かおうとしているのか。関係者の証言を交え、検証した。
----------------------------------------------------------

 何が「苦味」かと言えば、第一には、この18分の自主編集ヴィデオの頒布は、一応、版権問題をはらむからである。

 第二には、「報道ステーション」の頑張りは非常に高く評価するが、やはり、遅い時間に長い番組の中の一部分を見るのは、非常な苦痛である。録画して編集したのだが、その位置を探すのも、ひと苦労である。こういう状況では、この部分の視聴率は非常に低いに違いない。

 第三には、やる気になれば、この程度の番組を、民放でも作れるという事実を、わが人生の痛みとして感ずるからである。ああ、日本テレビで不当解雇され、16年半も戦ったのは、何のためだったのか。

 以下を参照されたい。

----------------------------------------------------------
放送メディアの歴史と理論
木村愛二

The History and the Theory of Broadcasting Media.
----------------------------------------------------------------------
NHK、フジテレビ、TBS、放送メディアの危機と再編。今、なにが問われているのか! 出発点において、内務官僚が操った日本の放送メディア史をたどり、うごめく電波独占支配の影武者たちを照らし出す。元日本テレビ調査課員だった著者が、電波をめぐる状況に鋭く切りこむ。
46判★350頁★2400円+税
ISBN4-7845-1451-1

冒頭陳述・NHK受信料の歴史と問題点
はしがき

序章 NHK・日本テレビ・フジテレビvsライブドア ・大手メディア騒動の一年
●「ネットとの融合、本格化」最新情報は「日テレ、番組ネット配信」の歴史的教訓
●「政治介入」云々以前にNHKそのものが最も強力な政治的圧力団体
●「マスメディア集中排除原則」に基づく行政指導の法網潜りが不当解雇の真因
●「公共性」「不偏不党」「公平」「公正」「中立」という電波の政治的特性
●「マスコミ・メディア・ジャーナリズム・ジャーナリスト」神話の批判的理解が必須条件
●民放労連関東地連で担当した『おしゃべりアンテナ』の創刊四十周年

第一部「歴史編」
日本の放送メディアの公史を事実で検証し直した正史としての通史
  ―その中心はNHKと大手新聞系列放送局―

第一章 内務・警察高級官僚が操った日本の放送メディア史
●「羊頭狗肉」の詐欺に等しい「放送論」のたぐい
●『テレガラーフ古文書考/幕末の伝言』発見の衝撃
●「政府自ら公企業として」経営の目論見もありと記す古書『ラジオ産業廿年史』
●東京放送局初代総裁・後藤新平は露骨な侵略主義者
●陰の仕掛け人は関東大震災の内務省「虐殺コンビ」
●新聞社側と実業家側が競合中に正力松太郎が読売乗り込み

第二章 ラディオ五〇年史にうごめく電波独占支配の影武者たち
●日本ラディオ前史の陰謀
●「東洋大放送局」の大風呂敷
●『放送五十年史』は謀略放送への関与を隠蔽と証言する元NHK職員
●忍法ラディオ一本化の術
●出願合戦、史上初のフィクサー
●「民間」の元・警察高級官僚
●後藤新平総裁かつぎ出しの「画策」の背景に無線電信電話機
●統一NHK理事長は総裁と張り合う汚職王
●読売新聞の社説と「満州国の独立」を支持する日本全国一三二社の「共同宣言」
●蘆溝橋事件から支那事変へと戦争を煽った日本の大手新聞

第三章 戦後の放送メディアの歴史をめぐる主要な問題点
●「武器」として建設された日本のテレヴィ放送網
●「テレビカメラはどこかね。そっち?」と首相言い
●敗戦後の大手新聞「ケイレツ」生き残り作戦
     「自らを罪するの弁」から「一斉に右へならへ」までの軌跡
     「新聞自体が生き延びるため」の基本条件を棚に上げた議論
     「社長……」と嗚咽しつつ、今度は米軍に妥協した戦後史
●アメリカの系列下に入った日本版「ザ・ネットワーク」戦略の展開
     巨大軍需会社がテレヴィ全国ネットワークを買収
     大手メディアによる「無視」という方法の隠蔽機能
     弱肉強食政策でマスコミ企業を握る力強いアメリカ
     湾岸戦争報道批判で自らの手抜き調査の告白と反省
     「三匹の盲目のネズミ」にも似たネットワークの迷走
     資産売却やレイオフやり放題のアメリカ式残酷物語
     ケイブルテレヴィとCNNの台頭による挟み撃ち
●湾岸戦争報道におけるアメリカ発の神託「ヴィデオ」
     宇宙空間から下る御神託『ヴィデオ』
     ネットワークによる国際的な思想支配にも経済的土台
     問題の「アメリカのジャーナリズム」の先輩は日本か
     大手メディアは「被害者」などではなく「共犯者」
●9・11事件、イラク戦争のアメリカ追随、右往左往「テロ」合唱
     右往左往「テロ糾弾」合唱と条件反射の基底にアメリカ発テレヴィ動画
     9・11事件のテレヴィ報道は史上空前の衝撃度
     「同時多発テロ」の「ネイミング」を、あの「大本営発表」NHKが今度は自認
     テレヴィ映像の魔術に引っかかった著名な論者たち
●マードックのフォックス・テレヴィが煽ったイラク戦争

第二部「理論編」
官製の公史のエセ理論を根本的に疑い調べ直す

第四章 権力を守護する象牙造りの「学説公害」神殿
●「公平原則」撤廃へ向けての世論誘導の企み
●当局発表鵜呑みの「学説公害」オンパレード
●著名大学教授や著名評論家らの社会的役割
●国際的にも非常に遅れた放送の歴史的研究
●アメション・ザアマス型のジャーナリズム論
●「ジャーナリズム本来」は、そんなに立派な仕事か
●歴史を調べずに当局見解をまねるエセ「理論」
●体制側の分裂によってはじめて表面化した矛盾
●メディアと言論の根本に潜む人権と人類史の深渕
●放送を片手間に論ずる失礼なジャーナリズム関係者
●明治維新の元勲伊藤博文以来の「学説公害」の実例
●当局見解に疑いを差し挟まない「封建的」学界(業界)
●周知だった「ナレアイ性」マスコミ研究の弊害
●「象牙の塔」研究所が守護する伝統的公式見解
●電波の「政治的」特性を理解することの重要性
●神話のカラクリがいつまでも続くカラクリの秘密
●国家による電波ジャックの事実を覆い隠す「希少性神話」
●「基本的事項」=「放送事業ハ公共的性質ヲ有スル」
●「厳重な監督」方針で当局が放送を一本化した真相
●禁固一〇年の重罪で脅しつけた国家の電波ジャック
●検閲済み新聞記事朗読から大本営発表への一本道
●ラディオ放送の独占化と非民主的な社会主義の関係

第五章 「天動説」から「地動説」への理論転換 233
●奇妙な矛盾に陥る反体制派の「公平原則」合唱
●「公共」を「希少」にスリ替えた公認「模範答案」
●立派な理論と実例がある「放送時間の分割使用」
●オランダ人の近代的な個性が放送制度にも反映
●「四次元空間神話」が支える独裁的な「編成権」
●「公共性」「不偏不党」「公平」「公正」「中立」
●「多様性の確保」や「複数意見の提出」は可能か
●無自覚または中途半端な「不偏不党」論議
●「不偏不党」を守れと力説する大学教授
●米騒動と日本新聞史上最大の筆禍「白虹事件」
●朝日新聞が権力に救命を懇願した屈辱の誓約
●戦後の「新」朝日新聞綱領に復古調の隠し味
●金髪で色白、ブロンド優先の言論の自由に疑問
●「公平原則」の現実にみるアメリカ民主主義の限界

第六章 「打って返し」を食う「公平原則」信奉者

●「公平原則」の霞に包まれたまま「再検討の時期」
●法学的な抽象用語だけで議論する世界の限界
●無線も有線も「すべてエスタブリッシュメント」
●「多元化神話」に潜む電波主権要求ガスぬきの罠
●古今東西、勝利の秘訣は敵の本陣を衝く基本戦略
●情報不足の危険な物真似論議に「ちょっと待った!」
●貧富の差がかつてなく増大したレーガン政権時代
●議会は「公平原則」復活まで放送関係の審議を拒否
●二重の神話利用による逆ハンディレースの押し付け
●規制緩和を推進したFCCの実態に重大な疑問
●市場の魔術によるドンデン返しの結果を予測か
●多国籍巨大企業が演出するメディアの魔女の祭典
●規制緩和でメディアの国際的大手支配は野放し
●「独占集中排除」のおざなり堤防は完全に決壊状態
●ライブドアのインターネット融合方針と市民ネット放送

終章 送信者へのコペルニクス的転回の道

●自らを組織してこそ本物の放送メディア主権者
●湾岸戦争から続いて発展する「民衆のメディア連絡会」
●マスメディアの限界を知りつつ批判と啓発を追求
●印刷・活字を含む「公共性」メディア全体解放の視点
●民衆の側に立つプレスマン(印刷兼執筆業)の伝統
●市民トム・ペインと『コモン・センス』の時代
●カレー選出のフランス国民議会議員と恐怖政治
●奴隷制大農園主・初代大統領ワシントンの背信
●奴隷制反対の筆をふるったペインの葬列に二人の黒人
●人間と市民の権利宣言の基本に立ち戻る議論展開を
●「受信料」問題と「公共放送・NHKの抜本的改革」
●「NHK受信料支払い停止運動の会」との連携は新たな可能性か

[資料1]放送法[抄]
[資料2]無線電信法[官報から罰則条文のみ抜粋]
[資料3]戦後日本の放送局における解雇事件
[資料4]「一般放送事業者に対する根本基準第九条の適用の方針」および
「一般法総事業者に対する根本基準第九条の適用の方針に基づく審査要領」(一九五九・九・一八付)
[資料5]総務省「一般放送事業者のマスメディア集中排除原則違反事例」に関する 報道資料
[資料6]日本版「ザ・ネットワーク」システム図
主要参考文献
あとがき
----------------------------------------------------------------------
著者略歴
木村愛二(きむら・あいじ)
1937年生れ。
1955年、防衛大学校(3期生)中退。
1961年、東京大学文学部英文科卒。日本テレビ調査部を経て、自由業。
著書:『古代アフリカ・エジプト史への疑惑』(鷹書房)、『NHK腐食研究』『湾岸報道に偽りあり』『読売新聞・歴史検証』(以上汐文社)、『アウシュ ヴィッツの争点』(リベルタ出版)、『9・11事件の真相と背景』『イラク「戦争」は何だったのか?』(木村書店)。
訳書:『偽イスラエル政治神話』(れんが書房新社)
季刊『真相の深層』(2004年4月創刊)編集・発行人
----------------------------------------------------------

 ともかく、ヴィデオを実費2千円で頒布する。郵送は無料とする。希望者は、以下に連絡されたい。
altmedka@jca.apc.org

 以下の講演会では、最初に、このヴィデオを上映する。

----------------------------------------------------------
http://www.jca.apc.org/~altmedka/annai.html#1207
「真相の深層」編集長:木村愛二 連続講演会 第3回
憲法改正こそ、世界支配を狙う米国の「日本人傭兵化」計画なのか?
三国志“空城之計”から生まれた憲法9条

平成18年1月14日(土曜)18:10~(講演:18:20~20:20)
中野サンプラザ8階研修室5番 参加費:3,000円(当日支払い)予約不要*****
● A級戦犯を合祀した靖国参拝に抗議しないアメリカの真意とは?
● 米国世界戦略の中の日本と日本人の役割とは?
● 「沖縄駐留海兵隊7千人削減」に隠された日米の軍事的一体化構想とは?
 在日米軍再編で合意 司令部統合で一体化加速
● 1980年の米上院委員会での統合参謀本部の作戦計画と政策部門の長官であるローソン中将の言葉「我々は18ヵ月前に日本の統合幕僚本部との間に軍と軍との直接関係を確立した」・・・?
● 憲法9条が成立されていなければ、韓国のように派兵制度が導入されていた。
● 幣原首相が画策し、マッカーサーをペテンにかけ日本を救った「戦争放棄」条項。
● 馬上脱糞の徳川家康も救った奇想天外のトリック「空城之計(三国志)」が憲法9条を作った!
J・E・S 電話:03-3364-7401
----------------------------------------------------------

上に戻る

2005.12.04

英保守紙デイリーメールの911謀略説一挙公開に日本大手メディア沈黙の恐米萎縮症唖然!

辛口時評 20051204
英保守紙デイリーメールの911謀略説一挙公開に日本大手メディア沈黙の恐米萎縮症唖然!
http://www.asyura2.com/0510/war76/msg/636.html
投稿者 木村愛二 日時 2005 年 12 月 04 日 14:03:40: CjMHiEP28ibKM

 本年、2005年12月1日発行の季刊『真相の深層』05冬8号には、イギリス発の記事、「英国随一の保守系大衆紙『デイリーメール』が911謀略説を一挙公開」(楡井研)を掲載した。

 阿修羅戦争掲示板には、以下の投稿があった。

----------------------------------------------------------
WTCビルはやっぱり爆弾によって倒壊された!(爆弾は44階と78階に仕掛けられた)
http://www.asyura2.com/0510/war76/msg/614.html
投稿者 馬鹿まるだし 日時 2005 年 12 月 03 日 17:22:51: XrXUVCoFJUfoI

詳しくは、以下の掲示板を見ていただいた方が早いだろう。
具体的な写真も多く掲載されており、この証拠は否定しえないはずだ。
これほどのスクープをマスコミさんがどこも報道しないなんて、ほんともったいないね(苦笑)

WTC Challenge - Above Top Secret Conspiracy Community
http://www.abovetopsecret.com/forum/thread149925/pg27
----------------------------------------------------------

 別途、個人宛のメールで、以下の2つの英文頁の紹介がが届いた。

1)----------------------------------------------------------
http://www.asile.org/citoyens/numero13/pentagone/erreurs_en.htm
Pentagon
Hunt the Boeing! And test your perceptions!

As everyone knows, on 11 September, less than an hour after the attack on the World Trade Centre, an airplane collided with the Pentagon. The Associated Press first reported that a booby-trapped truck had caused the explosion. The Pentagon quickly denied this. The official US government version of events still holds. Here's a little game for you: Take a look at these photographs and try to find evidence to corroborate the official version. It's up to you to Hunt the Boeing!
2)--------------------------------------------------
http://0911.site.voila.fr/addson.htm
WHAT'S THIS

Summarizing similar discrepancies relating to the World Trade Center attacks,
Marc Bernback, who was described on air as an employee of Fox News,
stated on live television that the plane he saw crash into the South tower
came down so low that he could make out the fact
that the commercial airliner had no windows.
This was repeated twice in the same interview.
Even the Fox anchorperson asked, could these have been cargo planes?
Marc went on to describe a blue, circular logo located on the front of the plane.
He also alluded to the fact that this plane
did not look like it was from around here;
speculating that the plane may have come from a military base
- not a commercial airport.
The producers of 911 In Plane Site later interviewed Marc Bernback
and he stands firmly behind his on-air account: "No windows"
----------------------------------------------------------

 日本語版のヴィデオ、『ボーイングを捜せ』もある。最早、911事件の自作自演謀略は、明々白々、事件の現場のニューヨークの市民の半分は、ブッシュ政権の仕業と見ているのに、当のアメリカの大手メディアだけでなく、日本の大手メディアも、いまだに、「アラブのテロリストの仕業」として取り扱っている。

 本日は、以下の講演をする。

----------------------------------------------------------

「911とイラク戦争の謀略」木村愛二連続講演第2回12/4

米ブッシュ政権がイラク大量破壊兵器の嘘隠蔽で大揺れの最中、さらに911事件の自作自演に遡る謀略の全貌を暴く!
以下は、主催者、J・E・S(日本教育システム)のダイレクト・メール宣伝。
----------------------------------------------------------
木村愛二 連続講演会 第2回 

米国によるCIAの謀略構想と世界制覇に向けた計画を暴く!
9.11事件とイラク戦争の謀略

“全ては計画書通りに遂行され、そして歴史は作られる…”
罪のない人々を犠牲にし、莫大な利潤を生む「戦争仕掛け人」のセオリーを初めて明かす!!

いかに私たちは、嘘と欲と傲慢に満ちた情報を信じて生きているのだろう。

国家レベルで遂行される高度な情報操作と映像に惑わされ、“真実の情報”から目を遠ざけようとする、彼らの真の狙いは一体どこにあるのか?

単なる国家利益のためか、それとも別な世界制覇を目論んでいるのか?

私たちは「自由」という名の“偽りの情報の囲い”の中で「飼い馴らされた奴隷」と化してはいないだろうか?

当日お話しすることは、全て遠い国で起きていること…と決して片付けないで欲しい。同じ地球に住み、同じ人間として、私たち一人ひとりには『真実を知る権利』があるはずです。

● 「9.11自作自演説」の根拠と、絶対に成功させたかった米国の裏事情を究明する!
● 「大量破壊兵器」など初めからないことを知ってて仕掛けたイラク戦争の目的とは?
● 目的は石油だけではない!常軌を逸したその構想と計画の内容とは?
● 湾岸戦争以前からのアメリカCIAによる「謀略の歴史的構造」とは?
● 隠蔽された十数年来のアメリカ軍事計画に迫る!
● 湾岸戦争からイラク戦争に至る、「緊急展開軍予算請求」の米上院委員会議事録とは?
● 南西アジアにおける合衆国の、余りにも卑劣な「安全保障上の関心と政策」とは?
● 「アメリカ+イスラエル=世界支配」構想の核心を突く!
● メディアの報道操作の仕組みはどこまで進んでいるのか?・・・など。

※講演内容は一部割愛・変更される場合があります。予めご了承下さい。

★開催日:平成17年12月4日(日曜)
★受付:18:10~
★講演開始:18:20~20:20迄
★場所:中野サンプラザ8階研修室2番
中野区中野4-1-1 電話:03-3388-1174
★参加費:5,000円(当日支払い)
★予約:不要(直接会場にお越し下さい)
★受付:J・E・S 電話:03-3364-7401
※当日の講演DVD等をご予約の方は、FAXにてご注文下さい。
ご注文FAX:03-3364-7407 
TEL:03-3364-7401(フリーダイヤル:0120-230-172)
 ご郵送は 〒164-0003 東京都中野区東中野3-16-18-2F JES
----------------------------------------------------------

 話の半分は、権力そのものの大手メディア批判、正体暴露、糾弾となる。

 しかし、騙されっぱなしの「一般大衆」の方にも、責任の一半がある。だから、「一半大衆」というである。

上に戻る

2005.12.03

高嶋教科書訴訟最高裁判決「湾岸戦争と情報コントロール(メディア操作)」批判脱落報道に喝!

辛口時評 051203
高嶋教科書訴訟最高裁判決「湾岸戦争と情報コントロール(メディア操作)」批判脱落報道に喝!

 以下は朝日新聞の電網(インターネット)記事である。

----------------------------------------------------------
http://www.asahi.com/national/update/1201/TKY200512010173.html
横浜教科書訴訟、執筆者側の上告棄却 最高裁
2005年12月01日12時50分

 92年の教科書検定で文部省(現文部科学省)に修正を求められ執筆を断念した高嶋伸欣(のぶよし)琉球大教授(63)が、「表現の自由を侵害された」として国に100万円の賠償を求めた訴訟の上告審判決が1日、あった。最高裁第一小法廷(横尾和子裁判長)は「当時の検定制度は憲法に違反しない」と判断。個々の検定意見も「裁量権の逸脱はなかった」として高嶋教授の上告を棄却し、教授が逆転敗訴した二審判決が確定した。89年に簡略化された新制度とそのもとでの検定の適否について最高裁が初判断を示した。

 32年間に及んだ故家永三郎氏による一連の教科書訴訟を引き継ぐ形で93年に提訴。検定制度の違憲性などを訴えてきた。

 主に問題になったのは、高嶋教授が91年に「新高校現代社会」(一橋出版)で執筆を担当した「現在のマスコミと私たち」「アジアの中の日本」について、旧文部省の調査官が述べた検定意見の適否。

 検定意見が違法となる場合としては、最高裁が家永訴訟の判決で「根拠となる学説状況の認識などについて見過ごしがたい誤りがあるとき」との一般基準を示している。第一小法廷はこれを踏まえ「いずれの検定意見についても誤りは認められない」と述べ、「検定意見に関する文相の判断は、裁量権の範囲を逸脱しておらず、違法とは言えない」と結論づけた。

 一審・横浜地裁は、調査官が4カ所の記述に対して述べた検定意見のうち、二つについて「裁量権を逸脱して違法」として20万円の支払いを命じたが、二審・東京高裁はこれを取り消して請求を棄却した。
 文科省は「誠に妥当な判決」とコメントした。

 〈問題になった検定意見〉 (1)福沢諭吉の「脱亜論」とアジアに好意的な勝海舟の「氷川清話」を対比させた記述について、「前後を端折って都合のいいところだけ抜き出した」(2)湾岸戦争で掃海艇を派遣したことをめぐる「東南アジア諸国から事前に意見を聞いて欲しかったという声が相次いだ」との記述に対し、「やや低姿勢である」――とした調査官の二つの指摘。一審・横浜地裁判決は、それぞれの検定意見について「学説状況の把握が不十分」「当てはめた検定基準が不明確」とし、違法と判断した。
 ----------------------------------------------------------

 上記の事件の原告、高嶋伸欣は、わが高校時代の友人の弟である。直接会って話したこともある。その話の核心部分は、彼が、自分の訴訟で、拙著『湾岸報道に偽りあり』を提出したという挨拶であった。

 上記の朝日新聞記事では、「湾岸戦争」と関係する部分は、「湾岸戦争で掃海艇を派遣したこと」だけになっている。

 非常に残念なことには、わが家の唯一の宅配紙、日経12/01記事も同様の状況である。

 拙著『湾岸報道に偽りあり』が関係する部分は、以下の「高嶋教科書訴訟を支援する会・公式WEBサイト」に記されているように、「湾岸戦争と情報コントロール(メディア操作)」なのである。

----------------------------------------------------------
http://www.jca.apc.org/kyoukasyo_saiban/INDEX1.html
高嶋教科書訴訟を支援する会・公式WEBサイト
SINCE 2000.9.

不当判決!! 最高裁を上告棄却、たった30秒で終わる

    *12月1日、午前10時30分。上告から3年以上も待たされた揚げ句の果て、上記のような結果となりました。棄却の理由さえ伝えられませんでした。しかも、少数意見もつかない裁判官全員一致という不当性の極めて高い判決となっています。

高嶋教科書訴訟とは…

 30回に及ぶ東南アジアの戦争の傷跡に学ぶ「マレー半島戦争追体験の旅」の取り組みで知られている高嶋伸欣さん(琉球大学教授・前筑波大学附属高校教員)は、1994年度からの新教育課程用の教科書検定で『新高校現代社会』(一橋出版)の執筆を断念させられました。文部省(当時)は新教科書検定制度の下で高嶋さんに対し、福沢諭吉の「脱亜論」・天皇死去の際の報道・湾岸戦争と情報コントロール(メディア操作)・掃海艇派遣の四つの内容について削除を命じました。高嶋さんは「違憲、違法な検定意見で執筆を断念させられ、精神的苦痛を受けた」として、1993年6月、居住地の横浜地裁に国家賠償を求める民事訴訟をおこしました。1965年に始まり、3つの訴訟を連続して提訴した家永三郎さんにつぐ、第2の教科書訴訟であります。

 第1審判決(98年4月)では、ペルシア湾への掃海艇派遣決定(91年)にアジアから異論があったことを削除させた検定官の発言を違法とする判決がでました。しかし、掃海艇派遣10年後の昨年、政府はインド洋に戦闘艦を派遣しました。また、福沢諭吉の「脱亜論」を削除させた検定意見についても違法としましたが、〈現代版脱亜論〉と言うべきアジア蔑視の中学歴史教科書は、検定に合格しています。第2審は2001年4月に結審したにもかかわらず、判決が遅れに遅れ、2002年5月29日に判決がでました。結果は、第1審の判決を覆し、前述した検定官の発言を適法と判断するという、まさに時代に逆行する、「不当判決」となりました。さらに、近年の教科書攻撃・反動化を反映したものと言えるでしょう。いうまでもなく、原告・弁護団は最高裁への上告を行いました。

 「高嶋(横浜)教科書訴訟」は学校における教育の自由を求める運動を全国各地に広げることを目的としています。また、強まりつつある「歴史修正主義」の動きを止める運動も進めていきます。私たちはこれらの実現のために、今後も横浜を拠点として闘っていきます。
---------------------------------------------------------- 

てなことで、「高嶋教科書訴訟を支援する会・公式WEBサイト」にもメールを送るが、年賀状などを送っている高嶋伸欣にも、「最高裁敗訴」の勲章を胸に、戦い続けるよう、激励の挨拶を送る。