『亜空間通信』521号(2003/03/18) 阿修羅投稿を再録

ブッシュ最後通告と呼応しイスラエル軍特殊部隊がヨルダン秘密共同戦線に参加

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

『亜空間通信』521号(2003/03/18)
【ブッシュ最後通告と呼応しイスラエル軍特殊部隊がヨルダン秘密共同戦線に参加】

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

転送、転載、引用、訳出、大歓迎!

 本日(2003/03/18)、阿修羅戦争25掲示板に、以下の投稿が出現した。時刻は10時過ぎだから、ブッシュの「最後通告」が発表されて以後である。

 以下の引用の後に、わが先月の2/21の予測を再録するが、当たって喜ぶような予測ではない。当たっても当たらなくても、実に気が滅入る話である。

----- 引用ここから ------------------------------
イスラエル軍の特殊部隊が(イラクを西側から攻めるための)ヨルダンの“秘密の共同戦線”に参加している
http://www.asyura.com/2003/war25/msg/1303.html
投稿者 佐藤雅彦 日時 2003 年 3 月 18 日 10:57:16:

●イスラエルが第二次湾岸戦争――正確には「対イラク・多国籍国家テロリズム」(International State Terrorism Against Iraq)、略称するなら「INSTAIQ」[インステイク]――に最初から参加しているのは公然の秘密のようです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

sraeli special forces join 'secret front' in Jordan
【イスラエル軍の特殊部隊がヨルダンの“秘密の共同戦線”に参加】

----------------------
AS HUNDREDS of thousands of men and machines mass in Kuwait, a
highly secretive military build-up is also under way on President
Saddam Hussein’s western flank. Special forces from the United
States and Britain have begun to conduct long-range
reconnaissance missions from their bases along the 113-mile
border between Iraq and Jordan, military sources have told The
Times. Remarkably, Israeli forces are also said to be involved.
【何十万人もの兵員と戦争機械がクウェートに続々と結集しているなかで、目下、サダム・フセイン大統領の守備範囲の弱点を西側から突き破るために、極秘部隊の集結が進みつつある。軍事筋がロンドン『タイムズ』紙に語った話によれば、米英から送りこまれた特殊部隊がイラクとヨルダンとの国境線に沿った113マイルの地域にいくつかの活動拠点を置いて、長距離に達する偵察活動をすでに開始した。ここで注目すべきは、イスラエル軍もこの極秘部隊に参加していると伝えられている点である。】

----------------------

Times Online
[ http://www.timesonline.co.uk/article/0,,5470-613868,00.html ]

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●以下は、上記のついての詳しい記事↓
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
TIMES
http://www.timesonline.co.uk/article/0,,5470-613868,00.html
War on Terror archive
March 17, 2003

Israeli special forces join 'secret front' in Jordan
( By Ian Cobain and Stephen Farrell )

AS HUNDREDS of thousands of men and machines mass in Kuwait, a highly secretive military build-up is also under way on President Saddam Hussein’s western flank.

Special forces from the United States and Britain have begun to conduct long-range reconnaissance missions from their bases along the 113-mile border between Iraq and Jordan, military sources have told The Times. Remarkably, Israeli forces are also said to be involved.

Jordan is highly sensitive about military activity in a swath of land 50 miles deep along its border with Iraq, where residents talk of the rumble of transport aircraft landing at remote airstrips.

Jordan acknowledges that American troops are there, but insists they are to defend its own territory and airspace.

One Western military expert said yesterday: “It is a very discreet operation, but the special forces are certainly there. You may not see any tanks dashing across the border from Jordan when the war begins, but there will be significant special forces activity.

“These forces are already providing targeting information on Iraqi assets -- so called Scud-hunting -- and as they push east towards Baghdad, you can expect to see a very fluid front line.”

The secrecy has two objectives: to keep Iraq guessing and to avoid provoking a Jordanian population bitterly opposed to the coming war.

On Saturday, about 5,000 people chanted “no to foreign troops in Jordan” as they demonstrated in Amman.

The US Air Force is already targeting Iraqi positions in the western desert and on Friday a B1B bomber was used for the first time to attack an installation just across the border.

At least 5,000 US troops are already in Jordan, according to an official source in Amman. One Western diplomat in the capital said, however, that the true figure was nearer 7,000. Thousands more are expected to arrive soon, and although some will be training Jordanian Armed Forces and manning the three Patriot anti-missile batteries defending Amman and the northern city of Irbid, about half are thought to be special forces troops.

Marwan Muasher, Jordan’s Foreign Minister, conceded last week that the number of foreign troops may have risen to 2,000 or 3,000.

“We are not denying that there are special forces troops in Jordan, we are not denying that there are US troops in Jordan . . . but I want to make it absolutely clear that their presence is for purely defensive purposes,” he said.

“There are no troops for any offensive operations, and there are no troops in the tens of thousands, as has been reported in the press.

“We have made it clear that we are not participating in this war.”

Scattered among the Americans are an estimated 100 British special forces troops, some of whom are thought to be from the Royal Marines’ Special Boat Service (SBS), the Marines’ equivalent of the SAS.

Intriguingly, members of Sayeret Matkal, Israel’s commando force, are also said by Western military experts to have carried out covert reconnaissance operations inside the Western Iraqi desert. They are thought to be pre-empting a repeat of the first Gulf War when Saddam fired 39 Scuds at Israel.

In return for its political gamble, Washington has promised Jordan an economic aid package worth hundreds of millions of dollars or more, according to one official source in Amman.

King Abdullah has said that he is confident that Jordanians will benefit “economically, politically and strategically” from the pragmatic position that he is taking.

But he added: “We wish we had a more understanding public.”
----- 引用ここまで ------------------------------

 以上に対して、私は、以下の「フォローアップ」を投稿した。

----- 引用ここから ------------------------------
不幸にして嬉しくもないが、またわが予測的中か:Re: イスラエル軍の特殊部隊がイラクを西側から攻める
http://www.asyura.com/2003/war25/msg/1319.html
投稿者 木村愛二 日時 2003 年 3 月 18 日 17:46:03:

(回答先: イスラエル軍の特殊部隊が(イラクを西側から攻めるための)ヨルダンの“秘密の共同戦線”に参加している 投稿者 佐藤雅彦 日時 2003 年 3 月 18 日 10:57:16)

 不幸にして嬉しくもないが、またわが予測的中か。

 以下のこと。

http://www.jca.apc.org/~altmedka/aku488.html
イラク攻撃はシャロン・ブッシュ2/21会談で決定説ありだが本日なので要注意
http://www.asyura.com/2003/war24/msg/498.html
投稿者 木村愛二 日時 2003 年 2 月 21 日 13:52:19:

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

『亜空間通信』488号(2003/02/21)
【イラク攻撃はシャロン・ブッシュ2/21会談で決定説ありだが本日なので要注意】

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 転送、転載、引用、訳出、大歓迎!

 本日は2月21日である。私は、1月末に、某所で、しかるべき筋からの情報として、アメリカ経由の情報として、この日にブッシュが電話でシャロンとイラク攻撃開始の日を決定するとの話を聞いた。

シャロンの出番となると、昨年来の憶測がある。イスラエル軍が一挙にパレスチナ西岸からヨルダンに侵攻し、南進し、イラクの北側のクルド自治区までを、ヨルダン領土にしてしまう作戦案が、かなり詳しく流れていた。

 アメリカとイギリスの軍は、CIAなどの秘密部隊による攪乱、陽動作戦により、イラク軍の注意を引き付け、その隙に乗じてイスラエル軍が侵攻する可能性がある。

 イスラエル軍には、空軍もあり、ミサイルもあり、戦車もあり、すべて最新鋭の軍備、中東の砂漠地帯での戦争での経験も豊かであり、アメリカ軍よりも、ずっと強い。

 これが成功すれが、流血は少なく、怪しげで卑しげな国際世論の上では、「勝てば官軍、負ければ賊軍」となる可能性もある。

 決定が本日だとすると、以後の情勢激変に要注意! 

 以上。


「イスラエル関与疑惑」関連記事総覧へ
アメリカ「ゲリラ攻撃」関連記事総覧へ

『亜空間通信』2003年03月分へ