『亜空間通信』762号(2004/04/25) 阿修羅投稿を再録

小泉首相婦女暴行逮捕歴損害賠償請求事件で先方の代理人は悪名高いヤメ検弁護士と判明5/6公判

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

『亜空間通信』762号(2004/04/25)
【小泉首相婦女暴行逮捕歴損害賠償請求事件で先方の代理人は悪名高いヤメ検弁護士と判明5/6公判】

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

転送、転載、引用、訳出、大歓迎!

 本日(2004/04/25)、問題が問題なので、急ぎで、阿修羅戦争53掲示板に、投稿をしてしまったのだが、東京地方裁判所にて、きたる5月6日(木曜日)午前10時から10時30分の時間帯に決定したわが提訴の事件に関して、先方の小泉純一郎の代理人が、4月23日(金曜日)、まさに木で鼻を括ったような「答弁書」を、裁判所に提出した。「いずれも棄却する」だとさ。

 そこで、本日(2004/04/25)、阿修羅戦争53掲示板に、その旨の投稿をしたら、あっと言う間に、その先方の代理人の筆頭、野邊寛太郎が、悪名高いヤメ検(元検事)弁護士と判明したのである。

 以下、再録する。

------------------------------------------------------------
5/6.ポチ純代理人がヤメ検悪徳弁護士と判明し提訴効果絶大なり。
http://www.asyura2.com/0403/war53/msg/974.html
投稿者 木村愛二 日時 2004 年 4 月 25 日 13:07:46:CjMHiEP28ibKM

 糞ポチ純の代理人がヤメ検の悪徳弁護士と判明しただけでも提訴の効果絶大なり。

 改めて、阿修羅の同志に感謝する。傍聴支援にも参集されたし。

 きたる5月6日、午前10時から、霞ヶ関の東京地裁、6階、609号法廷にて、世紀の対決、乞うご期待!

 以下、関連情報を列挙する。なお、以下の1)のヒット数は、もう少しで1万5千になる。投稿から18日目だから、毎日平均で千に近い。結構、見て貰えたことになる。

1)------------------------------------------------------------
http://www.asyura2.com/0403/war50/msg/671.html
『亜空間通信』752号(2004/04/07)
【5/6/10時ポチ純婦女暴行逮捕歴損害賠償初弁論・東京地裁609号法廷・木村愛二が訴状陳述決定】

 
 さる3月30日の午後2時に、私、木村愛二は、湾岸戦争、カンプチアPKO、ゴラン高原出兵の違憲訴訟の原告であった経歴の上から、当然のこととして、東京でも、毎日、毎日の本人提訴、「イラク派兵違憲訴訟の会・東京」に加わり、その事務局の決定に従い、この決定の日に、イラク派兵違憲確認と損害賠償請求の提訴をしたのであるが、それと同時に、政策決定の責任者としての個人責任を追及も兼ねて、以下の訴状による小泉純一郎個人を被告とする「損害賠償請求事件」の提訴を行った。

 そこで、早速、口頭弁論の期日が決定したので、同じ想い、いや、同じ想いでなくても結構、裁判に興味のある諸氏に、傍聴支援を要請する。
[後略]
------------------------------------------------------------

2)------------------------------------------------------------
小泉純一郎を明日から「婦女暴行虐め」と改称する。文句あっか!
http://www.asyura2.com/0403/war53/msg/934.html
投稿者 木村愛二 日時 2004 年 4 月 25 日 00:54:14:CjMHiEP28ibKM

なお、昨日、小泉純一郎の代理人、野邊寛太郎他の弁護士の連名で、わが名誉毀損、損害賠償請求の訴状に対し、答弁書が、裁判所経由で届いた。わが提訴に対して、「請求をいずれも棄却する」との答弁である。

電話して、がっぽり儲けろ、絞り上げろ、と助言した。
------------------------------------------------------------

3)------------------------------------------------------------
悪質小泉情報操作首相ご用達弁護士は悪質商法疑惑企業の弁護も【お似合い、最適弁護士】
http://www.asyura2.com/0403/war53/msg/956.html
投稿者 FakeTerrorWatcher 日時 2004 年 4 月 25 日 09:45:58:ctKRGOvG/DIEQ
(回答先: 小泉純一郎を明日から「婦女暴行虐め」と改称する。文句あっか! 投稿者 木村愛二 日時 2004 年 4 月 25 日 00:54:14)

[中略]
 この企業の被害にあった人間が泣き寝入りすることなく司法の場に訴えたところ、この企業の救いに登場したのが、他ならぬ小泉ご用達弁護士野邊寛太郎。

 消費者を泣き寝入りにさせることに尽力する弁護士が悪質総理の弁護も行っているというわけだ。
[中略]
野邊寛太郎 (野邊寛太郎法律事務所)
野邊一郎
村岡みち代
------------------------------------------------------------

4)------------------------------------------------------------
ヤメ検弁護士 医療過誤裁判も?【ますます最適】
http://www.asyura2.com/0403/war53/msg/959.html
投稿者 FakeTerrorWatcher 日時 2004 年 4 月 25 日 10:34:58:ctKRGOvG/DIEQ
(回答先: 悪質小泉情報操作首相ご用達弁護士は悪質商法疑惑企業の弁護も【お似合い、最適弁護士】 投稿者 FakeTerrorWatcher 日時 2004 年 4 月 25 日 09:45:58)

[中略]
顔の医療レーザー脱毛で、10箇所以上のかさぶたと神経痛が発端で、クレームを言うと、
「暴力団を出す。殺す。」「美容整形していることをお前の上司にばらす。」
「医療ローンを払わないと、暴力団を遣して、顔をガスバーナーで焼く。」「裁判を起こしたら、お 前の母親の目をくりぬく。」
と日栄ばりの脅迫をしてきて、実際に、私の家族の自宅に脅迫電話をかけてきて、暴力団が 職場に嫌がらせをしに来たのです。
その後、カナクリに怒鳴りこんだ結果、カナクリの木下美樹という女医が私の主治医となり、カナクリも私に謝罪をしたのですが、
再度医療事故を起こし、今度は、一切の謝罪もなく、カルテを改竄して、小泉純一郎総理大臣の顧問弁護士を出してきて、
被害者である私を告訴してきたのです。
私は、現在でも、別のクリニックで顔と心の治療中です。
まだ他に酷い話がたくさんあるのですが、この辺で。
興味があれば、9月11日の午前11時から、東京地裁の6Fの611号室で、集中証拠調べがあるので、見にきてください。
元検事(カナクリ弁護士)vs元警察官(私)
元カナクリの女医vs現カナクリの女医(藤田佳子)
1回目は、アレキサンドライトレーザーによる、顔の火傷と神経痛。
2回目は、ダイオードレーザーによる、顔の火傷と神経痛。
化け物のような顔をして、痛みと恥じに我慢して会社に行ったのに、カナクリは、「暴力団を出す!」
「そんなにつらいのなら、自殺しろ!」「治療して欲しければ、追加費用を払え!」等々・・・

私はカナクリと医療過誤訴訟をしている者です。
カナクリの弁護士は、世田谷の宮坂に住んでいる野邊寛太郎という元検事のヤメ検で、小泉 総理大臣の顧問弁護士をしています。
でも、訴状を見ると大した事ないよ。
裁判所で野邊寛太郎に会うと、ドリフにいた中本工事に似ていて、スーツが似合わない!
それに、私の方が文章は上手です。
カルテはやはり改ざんされていましたね。
保全をしなかったのが失敗だった。(笑)
やはりカナクリは悪どいです。
まぁ、裁判以外にも、カタをつける方法は幾らでもあるので、気にしていないですが。
さて、カナクリの諸君、私は誰でしょう?
職員の方なら、私はカナクリの有名人なので、検討がつくでしょう。
------------------------------------------------------------

5)------------------------------------------------------------
ご協力感謝。とは思っていましたが。Re: ヤメ検弁護士・小泉顧問。
http://www.asyura2.com/0403/war53/msg/964.html
投稿者 木村愛二 日時 2004 年 4 月 25 日 10:54:01:CjMHiEP28ibKM
(回答先: ヤメ検弁護士 医療過誤裁判も?【ますます最適】 投稿者 FakeTerrorWatcher 日時 2004 年 4 月 25 日 10:34:58)

ご協力感謝。とは思っていましたが、やはりね。

Re: ヤメ検弁護士・小泉顧問。

これで、ますます面白くなってきた。

以下は、季刊『真相の深層』創刊号の編集後記からの関連部分の抜粋。

 日本国内の権力の実態暴露に関しても、高利貸しの大富豪、武富士会長、武井保雄の首を取って名を挙げ、単行本『銀バエ・実録・武富士盗聴事件』を世に問い、現在は超多忙の旧知、若手俊敏、山岡俊介が、積極的に寄稿を約束してくれた。木村は16年半にわたる不当解雇撤回闘争で、司法界の腐敗堕落をつぶさに体験し、その経験を長編サスペンス小説『最高裁長官殺人事件』に盛り込み、司法界の構造に迫ったが、山岡俊介にも、武富士盗聴事件を巡る警察・検察、通称ヤメ検、元検事の古参弁護士による弁護士会・司法界のボス支配の具体的な暴露を期待している。

 ただし、次号への山岡俊介の寄稿は、すでに受けていて、自民党幹事長の薄汚い御曹司、阿倍晋三の利権的背景になる。つまり、この「山椒は小粒でもピリリと辛い」雑誌の創刊号では、自民党総裁を斬り、次号では、幹事長を斬るのである。特大の特集は、創価学会・公明党の滅多切りである。乞うご期待!
------------------------------------------------------------

 取りあえず以上。


「イスラエル関与疑惑」関連記事総覧へ
アメリカ「ゲリラ攻撃」関連記事総覧へ

亜空間通信2004.4に戻る