編集長の辛口時評 2006年6月分-2

上に戻る

2006.06.28

日本の新聞は1940年の戦時体制のままの禍根を特殊指定が維持

辛口時評 060628
http://www.asyura2.com/0601/senkyo23/msg/471.html
日本の新聞は1940年の戦時体制のままの禍根を特殊指定が維持

 昨年来の新聞の特殊指定の見直し、ないしは維持に関して、新聞労連もマスコミ情報労組会議も、維持を主張した。

 特殊指定の廃止が、戸別配達(宅配)制度の崩壊につながり、多様な言論が失われるというのだが、いわゆる「美文」の文字面の主張だけで、実態の歴史的な研究、本質的な議論は、皆無である。

 新聞業界も、マスコミ業界全体も、労組は「企業別」、「企業内」の典型であり、はっきり言えば、「会社組合」、「御用組合」の限界を持っているのである。

 以下は、共同通信の配信記事である。

----------------------------------------------------------
http://topics.kyodo.co.jp/feature23/archives/2006/04/post_36.html
新聞宅配
2006年04月21日
特殊指定の維持求める 新聞労連が特別決議

 新聞労連(美浦克教委員長)は21日、東京都内で中央委員会を開き、公正取引委員会が見直しを検討している新聞の特殊指定について「多様な言論を守るため存続が必要」として維持を求める特別決議を採択した。

 決議文は、特殊指定の廃止が戸別配達(宅配)制度の崩壊につながるだけでなく、新聞の乱売を招く恐れがあると指摘。その上で「経営体力や資本力の差によって新聞が淘汰(とうた)され、多様な言論が失われる」としている。

 公取委は昨年11月に特殊指定見直しの方針を表明。これに対し、新聞労連は昨年12月、特殊指定改廃に反対する声明を出したほか、今年3月には公取委を訪れ、特殊指定堅持を訴えた。
----------------------------------------------------------

 私は、一ヶ月以上前に、以下の「辛口時評」の投稿を発表した。

----------------------------------------------------------
新聞「特殊指定」維持には大いに議論の余地あり。
http://www.asyura2.com/0601/hihyo3/msg/134.html
投稿者 木村愛二 日時 2006 年 5 月 24 日 22:02:48
----------------------------------------------------------

つい昨日、阿修羅マスコミ批評掲示板に、以下の投稿が現れた。

----------------------------------------------------------
日本の新聞は1940年の戦時体制が続いている。だから日本のマスコミの論調は画一的で硬直化した言論になる。
http://www.asyura2.com/0601/hihyo3/msg/240.html
投稿者 TORA 日時 2006 年 6 月 27 日 13:21:17
----------------------------------------------------------

「1940年の戦時体制」とは、太平洋戦争の開戦直前、日本の全国の新聞の「統廃合」による言論統制が行われたことである。
 以下は、拙著『読売新聞・歴史検証』の関係箇所の抜粋である。

----------------------------------------------------------
http://www.jca.apc.org/~altmedka/yom-11-2.html
『読売新聞・歴史検証』

[中略]

読売はとくに、昭和の戦時体制の下で大躍進をとげた。一九三八年(昭13)から始まる新聞統合の時期には、新聞用紙制限令によって一県一紙化を強制した国策以後、業界全体が、「表2」のような急激に変化した。

(画像:表2『現代の新聞』より)

 読売は、朝日と毎日と並んで、三大中央紙の独占的地位を固めただけでなく、さらには九州日報、山陰新聞、長崎日日新聞、静岡新報、樺太新聞、小樽新聞、大阪新聞を、次々に傘下に収めた。一九四一年(昭16)の日米開戦直前には、かつての名門紙ながら赤字転落中の報知を安値で買収するのに成功した。

[中略]

 陸軍省の記者クラブが問題を起こしたことがあった。その時係の役人が『新聞なんか東京に二つもあれば十分じゃないか』といったそうであるが、その時正力氏はこれを聞いて、すこぶる慌てたということである。もし東京に三つもあれば……といったとすれば、彼は慌てなかったに相違ないが、二つとすれば、それが朝日と東日[毎日系]であるにきまっている」

 この状況下での報知の買収は、当時の新聞用紙制限令による用紙の割り当て数、三〇万部の権利取得を含んでいた。務台光雄はそのとき正力から、かつての古巣だった報知の経営実権を任された。

[中略]

 戦時体制下の新聞統合で「朝・毎・読」の全国三大紙体制が確立した。その「うまみ」をたっぷり吸収したからこそ、三大紙は、戦後の米軍占領下でも生き残り、さらに肥え太ったのである。読売の場合はとくに、部数に関する限りではあるが、この三大紙のドンジリからトップに踊りでた。

[中略]

 新聞統合政策は、内閣情報局と内務省を主務官庁として進められた。『新聞史話』(内川芳美、社会思想社)によれば、「具体的な統合実施過程では、各都道府県知事および警察部長、特高課長が指揮をとった」のである。

 口実はどうあれ、新聞統合政策は、だれの目にも明らかな言論統制の手段であったが、新聞用紙制限令の場合には、実際に、その証拠となる文書さえ発見されている。『現代史資料』(みすず書房)41巻所収の資料、「新聞指導方策について」は、内閣の専用罫紙にタイプされた高級官僚の提言である。そこで最善とされているのは、「新聞の営業部門を掣肘する方法」である。具体的には、「用紙供給権」を情報部が握ることであり、さらには、「新聞社収入の半額以上を賄う広告収入に容喙する」ことまでが提案されていた。日付は一九四〇年(昭15)二月、日米開戦の一年一〇か月前のことである。

[後略]
----------------------------------------------------------

上に戻る

2006.06.23

ユダヤ人問題の最終的解決はカザールの歴史を継ぐことの再論

辛口時評 060623
http://asyura2.com/0601/holocaust3/msg/261.html
ユダヤ人問題の最終的解決はカザールの歴史を継ぐことの再論

 歴史的に複雑な問題の解決には、主体的な条件の変化などの時期的な状況が必要となる。

 本日の辛口時評は、以下の継続である。

----------------------------------------------------------
http://www.asyura2.com/0505/holocaust2/msg/923.html
投稿者 木村愛二 日時 2006 年 5 月 10 日 23:38:18: CjMHiEP28ibKM
辛口時評060510

 シオニストは国際的孤立を自覚しカザール(ハザル)の歴史を継げ!
[中略]
 シオニストの中心は、本来のユダヤ人ではなくて、ユダヤ教に改宗したカザール(ハザル)人なのである。
[中略]
 カザール(ハザル)帝国の故地、クリミア半島、カスピ海周辺に、カザール(ハザル)の歴史博物館を築き、民族の歴史を継承することが、最高の解決の道である。ウクライナ、ロシアには、今も、何百万のユダヤ人がいる。すべて元・カザール(ハザル)人なのである。
----------------------------------------------------------

 その後、「毒を以て毒を制す」の類の発想だが、石原都知事が、パレスチナ人を日本の未返還の北方領土に移住させる案を発表しているのを知り、この「パレスチナ人」を「カザール(ハザル)人」に入れ替えて、以下の提案を発表した。

----------------------------------------------------------
http://www.asyura2.com/0601/holocaust3/msg/237.html
投稿者 木村愛二 日時 2006 年 6 月 13 日 22:12:58: CjMHiEP28ibKM
辛口時評060613
ユダヤ問題解決に日本とロシアが係争中の北方領土活用の妙案
----------------------------------------------------------

 しかし、この案は、あまり評判が良くなかった。日本が北方領土を提供しなくても、カザール(ハザル)帝国の故地のロシアには、まだまだ広い土地がある。ユダヤ資本も、パレスチナでやったように、ロシアの土地を買えば良いのである。

 国際世論の形成にも時期があるが、以下は、最新情報の投稿である。

「ユダヤ人」、実は、その9割が「ユダヤ教に改宗したカザール(ハザル)人」が、「ユダヤ人」と称して、イスラエルを領土にすることに、「ヨーロッパのユダヤ人」すらが、支持をためらう状況は、彼らの主体的な条件の変化をもたらす可能性が高い。

----------------------------------------------------------
http://www.asyura2.com/0601/holocaust3/msg/260.html
投稿者 木村愛二 日時 2006 年 6 月 23 日 19:41:35: CjMHiEP28ibKM
 イスラエルはヨーロッパのユダヤ人の支持を得られなくなる。
 ユダヤ人ではない若いヨーロッパ人は、イスラエルの領土の権利主張に懐疑的である。
----------------------------------------------------------
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/story/0,,1801566,00.html
Israel can no longer rely on the support of Europe's Jews

The feeling is growing that Jewish honour and heritage have been more convincingly preserved in the diaspora
[後略]
----------------------------------------------------------

 そこで再び、声を大にして、「シオニストは国際的孤立を自覚しカザール(ハザル)の歴史を継げ!」と叫ぶのである。

上に戻る

2006.06.20

615樺美智子追善デモ朝日記事に写った鳥打ち帽の因縁話

辛口時 評060620
http://www.asyura2.com/0601/senkyo23/msg/343.html
615樺美智子追善デモ朝日記事に写った鳥打ち帽の因縁話

←拡大    ←拡大

 1960年安保闘争で同窓の樺美智子が国会構内で死んだ日から46年目の6月15日、私は、元全学連幹部の呼び掛け人からの誘いに応えて、日比谷公園から国会までのデモ行進に参加した。

 翌日の6月16日の朝日新聞朝刊記事のカラー写真には、先頭の代表が掲げる樺美智子遺影の真後ろに、鳥打ち帽を被った「わが勇姿」があり、何人かの知人が気付いて、声を掛けてきた。

 だから、簡単に、鳥打ち帽を被っていた理由を説明して置きたいのである。

 以下は、 6 月15日の深夜の阿修羅掲示板への投稿である。

----------------------------------------------------------
朝日【平均年齢70歳、元全学連同志がデモ 「改憲許すまじ」】
http://www.asyura2.com/0601/senkyo23/msg/279.html
投稿者 木村愛二 日時 2006 年 6 月15日 23:52:29

デモ行進の先頭の写真の真ん中に、わが勇姿。鳥打ち帽を被っている。
----------------------------------------------------------
http://www.asahi.com/national/update/0615/TKY200606150390.html
平均年齢70歳、元全学連同志がデモ 「改憲許すまじ」

写真説明:樺美智子さんの遺影を掲げデモ行進する元全学連のメンバーたち=15日午後、東京都千代田区で
2006年06月15日21時55分

 かつて60年安保を闘った元全学連の「同志」たち約170人が15日、改憲阻止を訴えて国会周辺をデモ行進した。東大生、樺美智子さんの命が奪われた60年6月15日の国会突入から46年。平均年齢は70歳近い。車いすやつえの姿もあったが、高まる改憲論議に「死んでも死にきれない」と再び結集。「9条改憲を阻止するぞ」「平和主義を葬るな」と、雨の中、声を張り上げた。

 きっかけは、桃山学院大名誉教授の小川登さん(70)=大阪市=が教え子からもらった今年の年賀状。「改憲の動きに先生がどうなさるのか注目しています」とあった。

 安保闘争以後、政治運動からは距離を置いてきたが、1人で署名活動や国会傍聴を始めた。その活動に昔の仲間たちが共鳴し、この日のデモに。小川さんは「今は昔のような体力はない。70歳なりの闘い方で改憲の流れを断ち切りたい」。
----------------------------------------------------------

 鳥打ち帽を被ってデモに参加したのは、46年前の6月15日にも、鳥打ち帽を被っていたからである。しかも、この鳥打ち帽によって、国会の南門から突入して死んだ樺美智子を「救け出す学友」(写真集『怒りと悲しみの記録』)の一人が、私だったことが、分かったのである。しかも、その事実に気付いたのは、41年後のことであった。

 なぜ私が鳥打ち帽を被っていたかと言うと、その直前の6月3日に、首相官邸に躍り込んだ際、警官の樫の棍棒の一撃で、額の上を割られ、6針縫い、その傷口に絆創膏を貼り、また殴られる時の衝撃を和らげるために、タイルを折り畳んで、その上に鳥打ち帽を被っていたのである。  首相官邸で額を割られた際の写真(写真集『怒りと悲しみの記録』)は、以下に入っている。

----------------------------------------------------------
http://www.jca.apc.org/~altmedka/
憎まれ愚痴
http://www.jca.apc.org/~altmedka/profile.html
自己紹介
http://www.jca.apc.org/~altmedka/profile-anpo.jpg
60年安保:国会闘争で負傷
----------------------------------------------------------

 46年前の6月15日の国会南門突入に関しても、いずれ詳しく記す予定である。